「徳永えり」とは?

関連ニュース

明日のわろてんか:12月13日 第63回 トキと風太が一計を案じ… … - 12月12日(火)13:00 

 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説「わろてんか」は第11週「われても末に」を放送。13日の第63回では、てん(葵さん)と藤吉(松坂桃李さん)に仲直りしてもらうため、トキ(徳永えりさん)と風太(…
カテゴリー:

「わろてんか」のキーパーソン、大野拓朗が明かすオーディション必勝法!? - 12月10日(日)17:01 

連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は、12月11日(月)より第11週に突入する。 【写真を見る】キースの幼少期を演じていた、まえだまえだ・前田旺志郎とそっくり!?/(C)NHK ヒロイン・てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は夫婦げんかをし、古参の芸人たちは待遇改善を求めてストライキを決行。月の井団吾(波岡一喜)や団真(北村有起哉)といった新たな登場人物も動き出し、物語に加速度がついている。 全151回のうち5分の2の放送を終えた本作で、実はこの人が物語を動かしているのではと思うほど、良くも悪くもヒロインたちに影響を与えている人物がキースだ。トラブルメーカーであり、藤吉の生涯の友でもあるキーパーソン、キースを演じる大野拓朗のインタビューを紹介する。 ■ オーディションで射止めたキース役 ──本作への出演が決まった時のお気持ちは? 飛び上がるぐらいうれしかったです! オーディションを受けたのですが、「その場で監督が“キースは大野くんで”と思ってくださっていた」と後から聞いて、さらにうれしかったですね。 同時に、やっぱり僕は三枚目路線の役なんだなって、改めて思いました(笑)。自分で言うのもなんですが、三枚目路線は得意分野だと自覚していて。認めてもらえるようになってきたという、喜びも感じています。 ──「とと姉ちゃん」(2016年)に続いて...more
カテゴリー:

『わろてんか』ワンオペ育児に妻ブチ切れ! 「おしめ替えない、夜泣き知らんぷり」 - 12月05日(火)15:00 

©NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.いよいよNHKの連続テレビ小説『わろてんか』も10週目に突入。てん(葵わかな)の「ごりょんさん」(昔の良家や商家で使われていた敬称)と肝っ玉母さんぶりも板についてきましたが、まだまだ夫・藤吉(松坂桃李)の手綱さばきには手こずっているようです。先週の副題は「女のかんにん袋」。てんは文字どおり、リリコ(広瀬アリス)からもらった「かんにん袋(きんちゃく袋)」に、子育てに非協力的な藤吉への不平不満を叫んでいきます。それにしても、父親となっても相変わらずダメ亭主のままである藤吉。いや、さらに拍車がかかったというべきか。特に先週は、かなり奥さま方を敵に回したのではないでしょうか?■妻のかんにん袋が切れるとき©NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.風太(濱田岳)が会いに来たので、てんは藤吉とともに3人で夕食をとろうと待っていました。ところがさんざん待たされた後、酔っぱらって帰ってきた藤吉は、てんの料理をひっくり返してしまいます! 風太はここでもまた、藤吉にブチ切れ。てんの苦労を代弁し、藤吉を叱りつけますが、藤吉は「寄席のことを何もわかってないくせに」と逆ギレ状態に。てんも、藤吉に頼んでいた初節句のかぶとのこ...more
カテゴリー:

「わろてんか」61話。ボンクラ夫には愛人がいて、正妻がないがしろにされているように見えちゃう - 12月12日(火)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第11週「われても末に」第61回 12月11日(月)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太61話はこんな話ゆう(中村ゆり)は団真(北村有起哉)の元から出ていってしまい、てん(葵わかな)は藤吉(松坂桃李)から寄席の仕事をしなくていいと言われてしまう。 繰り返される伝書鳩パターンゆうに出て行かれて、ふて寝する団真の傍らに、折れた扇子が置いてある。それによって、落語なんてほんとならとっくに辞めていたという彼の言葉は本心ではないのだろうと、感じさせる。てんと藤吉にもそういう象徴的な小道具があればいいのに(てんはたまに小鳥の根付を握りしめているが)。てんと藤吉の、言葉にならない言葉を代弁するのは、トキ(徳永えり)と亀井(内場勝則)だ。喧嘩すると口を利かなくなるのがお決まりらしい夫婦の伝書鳩になる。でも、この伝書鳩たちは優秀なのかそうでないのか、藤吉はだんだんイライラして、「もうええわ」と一喝。口利かないふたりの間を、伝書鳩が行き来するパターンは、てんと藤吉夫婦のお約束として、楽しい。いつの間にやら、すり替わり夫を日本一の席主にしたい一心で5年もがんばってきたのに、しばらく休めと言われて、悲しくなるてん。なぜか突如として、藤吉がよくできた人で、てんが足手まといキャラのようになっている。こ...more
カテゴリー:

「わろてんか」面白くない芸人役の藤井隆に期待! - 12月10日(日)15:00 

12月9日に第60回の放送を終え、そろそろ折り返し地点も見えようというところの連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】葵わかな、お尻でドン!藤井隆との攻防にほっこり/(C)NHK 葵わかな演じるヒロイン・てんと夫の藤吉(松坂桃李)は経営する寄席を増やし、忙しい毎日を送っている。しかし、月の井団吾(波岡一喜)や団真(北村有起哉)といった新たな登場人物が巻き起こす騒動に、夫婦の仲も怪しくなってきた。 そして、古参の芸人たちは待遇改善を求めてストライキを決行。12月11日(月)から始まる第11週に向けて、課題が山積みとなっている。 そんな暗雲垂れ込めるストーリーの中で、視聴者に安定した“笑い”を届けているのが藤井隆だ。“全く面白くない芸人”役でありながら、その表情やせりふ回しで登場当初から「面白過ぎる」との呼び声が高い。 今後の展開が期待される万丈目吉蔵役・藤井のインタビューを紹介する。 ■ “面白くない芸人”役は、気が楽です(笑) ──“朝ドラ”への出演は「まんてん」(2002〜03年)に続く15年ぶり2回目ですが、本作への出演が決まった時のお気持ちは? 寄席が舞台になる物語の中で、芸人の役をやらせていただくのは本当に光栄です。ただ、万丈目は出演者発表会見でも、「全く面白くない芸人」と紹介されたんです。だから、本当に気が楽で...more
カテゴリー:

「わろてんか」52話。松坂桃李が体現する「ぬるい地獄」のおそろしさ - 12月01日(金)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第9週「女のかんにん袋」第52回 11月30日(木)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭52話はこんな話家庭を顧みない藤吉(松坂桃李)に、ついにてん(葵わかな)も堪忍袋の尾が切れた! 次第に膨れていく堪忍袋寄席の仕事でてんが手一杯のなか、隼也はすっかりリリコになついてしまった。藤吉は、相変わらず兜を買ってこず、寄席買収に夢中。52話は、歌子(枝元萌)とトキ(徳永えり)とてんの3人が、洗濯場でわちゃわちゃ。男はなんで鈍いのか、と愚痴を言い合う。堪忍袋のなかに文句を言って、キュッと絞ったときの紐の音が痛快だ。堪忍袋をよく見ると、小鳥柄だった。「わろてんか」には小鳥がいっぱい。 「忙しいからではなく寂しいからだと聞こえた」夕方、てんは、また袋に向かって「藤吉のどアホー」と怒鳴ると、それを伊能栞(高橋一生)に見られていた。さすが、栞。よくわかってらっしゃる「忙しいからではなく寂しいからだと聞こえた」と優しい。見られて困るてんから目をそらしてあげるのも紳士的。「男は鈍い」ので、「寂しい」と言葉にしてもいいとてんの背中を押す栞。「寂しい」と言ってしまうと歯止めが利かなくなる気がしていたとためらうてんは、まったく、我慢強い。それをいいことに、藤吉は、芸人の給料にまで手を出してしまい、てん...more
カテゴリー:

「徳永えり」の画像

もっと見る

「徳永えり」の動画

Wikipedia

徳永 えり(とくなが えり、1988年5月9日 - )は、日本の女優。大阪府吹田市出身。フラーム所属。ファッション雑誌ピチレモンの準グランプリを獲得し、専属モデルを経る。現在、映画テレビドラマなどで活躍。

略歴

中学2年生のとき、第7回ピチモデルオーデション(2002年 - 後期)で準グランプリを獲得、同誌で読者モデルとして活躍した。応募のきっかけは、芸能活動をしている知り合いの母の薦めであった。本人は、何気なく、特別な動機もなしに応募したと語っている。当時、同誌上では「徳永えりな」を名乗っていた。同誌では、主としてメイク・ヘアアレンジの顔アップ写真のモデルを担当した。2005年5月号をもって同誌専属モデルを卒業、2005年12月号に「卒業あいさつ」が掲載された。

ピチモデル中にフラームのオーディションに自分で応募して合格。

2004年、フジテレビ系ドラマ放課後。で女優デビュー。このときより「徳永えり」として活動している。

2006年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる