「後遺症」とは?

関連ニュース

まるで本物のカップル!山田孝之&長澤まさみ、ハワイでラブラブセルフィー!? - 05月20日(日)12:00 

『銀魂』(17)などで知られるコメディ界の鬼才・福田雄一監督が初めて手掛けるラブストーリー映画にして、山田孝之と長澤まさみがダブル主演を務めることで注目を集めている『50回目のファーストキス』(6月1日公開)。このたび本作から、山田が演じる大輔と長澤が演じる瑠衣の“思い出のラブショット”画像が一挙に到着した。 【写真を見る】夜景バックのロマンティックなツーショット写真も!/[c]2018 『50回目のファーストキス』製作委員会 本作はハワイのオアフ島を舞台に、事故による後遺症で記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣と、彼女に一目惚れしたプレイボーイの大輔との運命の恋を描いたラブストーリー。瑠衣が同じ日を繰り返していることを知った大輔は、毎日“初対面”の彼女に一途に愛を告白しつづけ、やがて2人は結ばれるのだが…。 このたび到着したのは、記憶障害を抱えた瑠衣にあの手この手を使って毎日愛を告白しつづけた大輔の、機転と努力によって結ばれた2人の思い出を映し出した7枚の写真。パイナップル畑や夜景、公園での自撮りなど、作品の舞台となるハワイの魅力と2人のラブラブぶりが堪能できるものばかりだ。 そんな2人を演じた山田と長澤は『そのときは彼によろしく』(07)以来11年ぶりの共演となった。「大輔が瑠衣のことを知ろうとするのと一緒で、僕も1ヶ月長澤さんを観察しました」と振り返る山田は、イメ...more
カテゴリー:

長澤まさみ&山田孝之『50回目のファーストキス』ラブショット一挙公開 - 05月20日(日)12:00 

 長澤まさみと山田孝之がダブル主演を務める映画『50回目のファーストキス』から、長澤演じる瑠衣と、山田演じる大輔のラブショット7枚が公開された。【写真】長澤まさみ&山田孝之『50回目のファーストキス』ラブショット<フォトギャラリー> 本作はハワイのオアフ島を舞台に、事故の後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう瑠衣と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネイター大輔の恋を描いたラブストーリー。『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』の福田雄一が脚本と監督を務めた。 長澤と山田は2007年の映画『そのときは彼によろしく』で初共演し、本作で約11年ぶりの再共演を果たした。山田は長澤の印象について、「非常に頭の回転が速い人で、何か言葉を言ったときにすごく早く処理するんですけれど、その落としどころがちょっと変わっている」と明かしている。長澤は、「最近のとってもユーモアのある山田さんのお芝居を今回すごく楽しみにしていたので、やっぱりさすがだなぁという風に思う日々でした。どれだけ引き出しがあるんだろうと思わされる山田さんのお芝居が一緒に演じていてもとても楽しい、と思いました」と撮影を振り返っている。 今回、解禁となったのは、二人の思い出のラブショット7点。パイナップル畑や夜景、公園での自撮り写真、博物館でのお遊びショット、ビーチでのデート写真など、大輔と瑠衣の携帯に収められた写真は、「こんな...more
カテゴリー:

西城秀樹さん名曲これからも…バーモント秀樹のぶれない芸風 - 05月19日(土)22:00 

歌手の西城秀樹さん(63)の訃報を受け、西城さんのものまねで知られるものまねタレントのバーモント秀樹(年齢非公表)が17日にブログを更新。西城さんを追悼した。 バーモントは西城さんとの2ショット写真を掲載。「西城秀樹さん。」のタイトルで、「西城秀樹さんの訃報テレビで知りました。とてもビックリしております。信じられません。ショック過ぎて言葉が見つかりません」と胸中を吐露。 西城さんと対面した際のことを、「楽屋挨拶の時も~大変お優しくて~とても嬉しかったのを覚えております」と振り返った。 また今後について、「これからも秀樹さんの数々の名曲~微力ながらステージで真面目に歌い~伝えさせて頂きたく思っております」と意気込んだ。 「20以上のレパートリーがあるようですが、十八番はもちろん西城さん。その際は、西城さんの代表曲『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』で着用したアメリカ国旗風の衣装に、地毛の長髪姿。いわば“正統派”のものまねです」(芸能プロ関係者) そして、そのものまねはストイックなまでにぶれることがないというのだ。 「西城さんのネタもそうですが、20年以上、持ちネタを一語一句変えようとしない。アドリブも挟まないため、『「カセットテープ芸人』と呼ばれています。親交のあるお笑いコンビ・オードリーの春日俊彰さんは出演した番組でその芸を評して、『完成さ...more
カテゴリー:

脳梗塞:「血管内治療」で回復率4割超高く 兵庫医大調査 - 05月18日(金)08:30 

 脳梗塞(こうそく)の発症後、詰まった血の塊をカテーテル(細い管)で取り除く「血管内治療」を受けると、後遺症がなく回復した割合が、受けない場合より4割以上高いとする調査結果を、兵庫医大などのチームが米国心臓協会誌に発表した。血管内治療ができる施設は全国に約160カ所あり、チームは施設への速やかな救急
カテゴリー:

新御三家もう一度見たかった 西城秀樹さん死去にファンの悲痛 - 05月17日(木)19:00 

5月17日に西城秀樹さん(享年63)が急性心不全で亡くなったとの報道を受け、西城さんと同じく“新御三家”として活躍した郷ひろみ(62)と野口五郎(62)らがコメントを発表した。 郷は“新御三家”の関係性について「長男は五郎、次男は秀樹、末っ子が僕でした」とコメント。「秀樹が先に逝ってしまったこと、とても悲しい気持ちでいっぱいです」と心境を明かし、こう思い出を回想した。 「デビュー当時、右も左も分からなかったぼくに『ひろみ、何か分からないことがあったら、俺に聞いてくれる?』と親身になってくれたこと、一生忘れません。心からお悔やみ申し上げます」 いっぽう野口はショックのあまり、直接対応することは難しい状態だという。事務所を通じ、「あまりにも突然で今は言葉が見つかりません。気持ちの整理がつくまで、少し時間を下さい。申し訳ございません」と動揺がうかがえるコメントを発表した。 野口は西城さんが15年に行った還暦コンサートにサプライズで登場し、ケーキをプレゼント。熱い抱擁を交わし、「何か一緒にやろう」と約束をしていた。 ネットでは西城さんの訃報を受け、“新御三家”についてのコメントが溢れている。 《御三家にとっては心をもがれる思いでしょうね……何時もライバルとして歌を競い合って来たの...more
カテゴリー:

映画『50回目のファーストキス』 山田孝之&長澤まさみのラブショット公開 - 05月20日(日)12:00 

 俳優の山田孝之、女優の長澤まさみがW主演する映画『50回目のファーストキス』(6月1日公開)より、2人の写真が20日、解禁された。 【写真】山田孝之がお茶目 博物館でのお遊びショット  同作は、『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一氏が脚本・監督を務め、王道ラブストーリーに挑戦。ハワイのオアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネイター大輔(山田)との一生に一度の運命の恋を描く。  解禁された写真は、瑠衣にあの手この手を使って毎日告白し続ける大輔の機転と努力により結ばれた2人の思い出の“ラブショット”7枚。パイナップル畑や夜景、公園での自撮り写真、博物館でのお遊びショット、ビーチでのデート模様など、大輔と瑠衣の携帯に収められた微笑ましい写真の数々が披露された。  山田と長澤は、社会現象とまでなった『世界の中心で、愛をさけぶ』のドラマ(山田)・映画(長澤)にそれぞれ出演し、2007年には映画『そのときは彼によろしく』で初共演。今回約11年ぶりの共演となったが、山田は「しっかりとコミュニケーションをとるのは、今回がほぼ初といっていいくらいです。大輔が瑠衣のことを知ろうとするのと一緒で、僕も1ヶ月、(長澤さんが)どういう人なんだろうと観察はするんですが、僕の...more
カテゴリー:

「50回目のファーストキス」山田孝之&長澤まさみのラブショット一挙公開! - 05月20日(日)12:00 

 山田孝之と長澤まさみが共演するラブストーリー「50回目のファーストキス」の新場面写真が、このほどお披露目された。役に扮した山田と長澤の姿をとらえており、思わず「こんな恋愛してみたい!」と感じてしまうようなショットばかりだ。 ・【フォトギャラリー】「50回目のファーストキス」場面写真  アダム・サンドラーとドリュー・バリモアの共演で大ヒットした2004年のハリウッド映画を、「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」などのコメディ作品で手腕をふるってきた福田雄一監督がリメイク。ハワイ・オアフ島でツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしているプレイボーイの弓削大輔(山田)と、事故の後遺症で眠ると記憶がリセットされてしまう女性・藤島瑠衣(長澤)の純愛を描く。  公開された場面写真は、記憶障害を抱えた瑠衣と、あの手この手を使って彼女に毎日愛を告白し続ける大輔のラブラブなツーショットを活写。瑠衣と大輔の携帯に収められている写真という設定で、パイナップル畑や美しい夜景、公園をバックに自撮りをする光景や、博物館でのお遊びショット、ビーチでのデートの様子など、2人の大切な思い出が切りとられている。  平川雄一朗監督作「そのときは彼によろしく」で初共演を果たした山田と長澤。「しっかりとコミュニケーションをとるのは、今回がほぼ初といっていいくらいです」と明かした山田は「大輔が瑠衣のことを知ろうとするのと一...more
カテゴリー:

西城秀樹さんにさくらももこも哀悼「私達の世代にとって本当のスター」 - 05月18日(金)12:53 

 歌手の西城秀樹さんが16日に急性心不全のため死去したことが17日、わかった。63歳だった。2003年と2011年に二度脳梗塞で倒れて右半身麻痺の後遺症を抱えながらも、それでも復活を諦めずにリハビリに励んでいた西城さん。同じく昭和から平成を駆け抜けた芸能界のスターたちから、続々と追悼メッセージが届いている。【写真】西城さんの死を悼み芸能人が思い出を投稿 ピンクレディーのケイとして活躍した増田恵子はブログを更新し、「ただただショックで…信じたくないです!」と投稿。同じマネージャーに面倒をみてもらった縁もあり、「大先輩なのに、勝手に兄のように感じていました」と偲んでいた。  タレントの早見優は、「秀樹さんにはデビューの時から可愛がっていただき、20代の時にはドラマでも共演させていただきました」とコメントし、2ショットを掲載。「あまりの若さで天国に召されて、悲しいです」と故人を悼んだ。  また女優の三田佳子は西城さんと共演したTBSドラマ『憧れ共同体』を懐かしみ、「こんなに早く遠くに行ってしまうとは思いませんでした」と突然の別れを悲しんでいる。  アンパンマンの声優としても知られる女優の戸田恵子は、西城さんとかつて家族ぐるみの付き合いだったという。シンガポール旅行で撮影したという2ショットを掲載し、「今、写真見ながらも、全く信じられない気持ちで、何で今、写真見てるんだろうなんて思ったりし...more
カテゴリー:

ローラ絶唱の夢かなわず 西城秀樹さん、充電期間の死去 - 05月17日(木)23:49 

 16日に63歳で亡くなった西城秀樹さんの通夜は25日午後6時、葬儀は26日午前11時、いずれも東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で営まれる。 2度の脳梗塞(こうそく)で右半身まひの後遺症を抱…
カテゴリー:

岩崎宏美、西城さん死去で報道陣にお願い 不自由な姿でなく「元気な西城秀樹を」 - 05月17日(木)18:27 

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと・たつお)さんが16日午後11時53分、急性心不全のために63歳で亡くなった。歌手の岩崎宏美(59)が同日、都内で会見を行い、西城さんの死を悼んだ。 【動画】西城秀樹さん、最後のアルバムでの力強い歌声  岩崎と西城さんは同時期に活躍。岩崎は後輩ながら、近年は西城さんをヒデキと呼んでいたという。取材を受ける準備をしているときに訃報を聞いたという。「まだピンと来ていない」とぼう然とした表情を浮かべた。時おり、目に涙を溜めながら、西城さんの人柄について「いつも元気がよくて、明るい人」としのんだ。特徴的な歌声について「誰にもまねできないでしょうね」と話した。  自身の妹が出演するミュージカルを観劇した際に、家族連れの西城さんと会ったのが最後だった。「すごくすてきなファミリーだった。ミュージカルよりもヒデキ家族のすてきさの方が思い出に残っているぐらい幸せそうでした」と回想した。  2003年と11年の2回、脳梗塞を発症。右半身麻痺の後遺症が残った。「訃報が出てからニュースで出ているんですけど、できることなら不自由になってからの映像は控えてもらいたいなって思いました。私たちの中には、すごく元気な西城秀樹の印象がたくさんある。できれば、そういった姿をたくさん流して...more
カテゴリー:

もっと見る

「後遺症」の画像

もっと見る

「後遺症」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる