「後半戦」とは?

関連ニュース

放送開始から1年半、いまこそ知りたい「仮面ライダーエグゼイド」のススメ! - 04月25日(水)06:00 

2016年10月~17年8月にTV放送された「仮面ライダーエグゼイド」。本日4月25日(水)発売のVシネマ『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング PartIII「仮面ライダーゲンムVSレーザー」』(18)で、同作としてのソフトリリースはほぼ完了する。それを記念して“ゲームと医療”という異色の要素の組み合わせで描かれたヒット作の魅力を改めてひも解いてみる。 【写真を見る】TV放送スタート時は、かけ出しの研修医だった永夢(中央)も、戦いを通じて大きく成長(『ブレイブ&スナイプ』)/[c]2018石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 ■ 4人の医師ライダーが、ゲーム病患者を治療 ゲームのバグから生まれ、人々の暮らしを蝕む謎のウイルス“バグスター”。ゲームが得意な研修医・宝生永夢(飯島寛騎)は、仮面ライダーエグゼイドに変身することを決意、普段は看護師・仮野明日那として行動するゲームキャラクター、ポッピーピポパポ(松田るか)のサポートでバグスターを倒し、ウイルスに感染した患者の命を救っていく――。本作はゲームと医療を「ウイルス」という共通項でひも付け、シンプルなバトル・アクションの設定として見事に昇華させている。 本作では、永夢のほかに天才外科医・鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ(瀬戸利樹)、無免許医・花家大我/仮面ライダースナイプ(松本享恭)、監察医・九条貴利矢/...more
カテゴリー:

けやき坂46小坂菜緒、胸キュン萌ゼリフでハートをわしづかみ! - 04月24日(火)11:45 

4月23日の「KEYABINGO!4 ひらがなけやきって何?」(日本テレビ系)では、「1期生vs2期生 ガチンコ6番勝負!」が行われ、小坂菜緒が番組でおなじみの妄想カメラマン・加美山カメラマンの心をつかんだ。 【写真を見る】リップを塗るしぐさでは反則級のかわいさを披露した宮田愛萌 対決の3回戦「萌ゼリフ対決」で、ひらがなけやき推しメン検討中の加美山カメラマンに向かって、お題「新学期、隣の席の男子をドキドキさせる一言」に沿った萌ゼリフを各メンバーが発表。 カメラのレンズ越しに映したメンバーの中から、加美山カメラマンがひらがなけやきの推しメンを決めるというもので、推しメンに選ばれたメンバーは、その後の番組内で加美山カメラマンから多く撮影されることが約束(?)されるという企画。 最初は2期生から、話題の15歳・小坂菜緒が「どうせ帰るん1人やろ? しょうがないなぁ。菜緒が一緒に帰ったげる」と大阪弁を交えてアピール。 一番近くで直接レンズ越しに見ている加美山カメラマンは思わずニヤけてしまい、額の汗を拭うほどの破壊力だったこと証明。 続いて同じく2期生の渡邉美穂がチャレンジ。「あ、加美山くん隣の席なんだね。本当は学校行くのちょっとつらいけど加美山くんが隣の席なら毎日頑張って学校これるかも?」と、人懐こい満面の笑みで語り掛けた。 さらに1期生の柿崎芽実、2期生の丹生明里、富田鈴花、1期生の加藤史...more
カテゴリー:

欅坂46・小池美波、いつかは吉本新喜劇の舞台に立ちたい!? - 04月23日(月)21:00 

4月22日深夜の「欅って、書けない?」(テレビ東京系)では、欅坂46企画プレゼン大会の前半戦を放送。各メンバーが必死でアピールする企画内容に対して、MCの土田晃之が、番組で検討するかどうかをジャッジした。 【写真を見る】小池美波は「芸人ネタ修行をしたい」と熱望!土田晃之の後押しで「吉本新喜劇」の舞台を目指す!? 1人目のプレゼンターは、キャプテンの菅井友香。菅井は「ロケの極意を勉強しよう!」という企画テーマを提案し、番組内の食レポ企画でメンバーが上手にレポートできなかったシーンや、キャンペーンロケでオンエアではカットされていた自らのコメントをVTRで振り返りながら、「このままじゃまずい、ロケがお上手な芸人さんとかに叩き込んでいただきたい」と訴えた。このアピールに対して土田は「VTRを見ていて、このままじゃいけないと思った」とし、菅井の企画を前向きに検討すると判定した。 2人目の小池美波は「芸人ネタ修行をしたい」と提案。以前に東京ホテイソンと番組でネタを披露した時に「こんなに人を笑顔にするのが楽しいんだ」と人を笑わせることに目覚めたという小池は、いま気になっているおすすめの若手芸人を紹介。さらにもう一つの提案として、小学生のころから毎週見ていた吉本新喜劇の舞台に立ちたいという夢もアピール。これには土田も「小池は声が小さいので、まずは舞台で鍛えてもらった方がいいかも」と、この提案も前向...more
カテゴリー:

松森杏佳、姉妹Vならずも…最終ホールまで優勝を争っての2年連続3位タイ - 04月22日(日)19:11 

<フジサンケイレディスクラシック 最終日◇22日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,376ヤード・パー71)> 結果的には首位と2打差・3位タイとなったが、最終18番まで優勝を争った上での3位だった。 【フォトギャラリー】フジサンケイレディス 熱戦の様子を写真でお届け 「フジサンケイレディスクラシック」最終日、姉の彩夏との史上2組目の姉妹Vを狙った松森杏佳の、最終18番グリーンに降り立った時点のスコアはトータル9アンダー。先にトータル10アンダーでホールアウトしていた永峰咲希、菊地絵理香に追いつくために約15メートルのバーディパットを果敢に狙ったが、決めることはできず。返しのパーパットも外れ、ボギーフィニッシュとなった。試合後には「カップ3〜4つくらい切れる難しいライン。首位のスコアがわかっていたので、狙いにいきました」と力強く語った。 優勝こそならなかったが、520万円を獲得し、今季の獲得賞金額は700万円を超えた。QTランク19位の資格でツアー参戦するリランキング対象者だが、「アース・モンダミンカップ」で区切られる第1回目のリランキング以降の出場権を確実にしたことには「頭の片隅にはずっとあったので…ホッとしています」。 初のツアーフル参戦となった2017年も今大会で3位となり、シーズン折り返し地点では獲得賞金は1,000万円超え。初シード獲得も視野に入れる位置だっ...more
カテゴリー:

お稽古?社会貢献?あなたにあういまどき趣味はどのタイプ? - 04月22日(日)11:00 

「長寿社会になり、私たちはこれまでになく長い『人生の後半戦』を過ごすことになりました。その貴重な時間を自分のために使うのにうってつけなのが、まさに趣味です。そもそも趣味とは、自分が時間とお金をつぎ込んで、幸せを感じられるもののことだと私は考えています。これまで多くの女性は『母』『妻』『娘』『嫁』と、人のために生きてきましたが、だからこそ、50歳以降は自分を大切にしてほしいのです。誰のためでもなく自分のために生きる絶好の手段として、ぜひ、趣味という生きがいを持ちましょう」 こう語るのは、自身も「アラ還」であるキャリアカウンセラーの小島貴子さん。だが、実際に新たな趣味を始めてみようと思っても、現在、『英語』『ヨガ・ピラティス』『フィットネスクラブ』『書道』『フラワーアレンジメント』などなど、趣味の世界は百花繚乱!「運命の相手」探しは、どうやって始めたらいいのだろう? 「興味のあるものが浮かばない人は、趣味を通じて自分は何を手に入れたいのかを考えてみるといいでしょう。健康維持なのか、自分磨きなのか、はたまた誰かの役に立ちたいのか。誰かに誘われるまま始めると続かないことが多いので、目的を念頭に置きながら、気になるものにチャレンジしてみましょう。まずは体験教室の利用もオススメです。いきなり道具や衣装を買いそろえても、続かなければ痛い出費になりますから。まずは3回、続けられるかがポイントで...more
カテゴリー:

リヴァプールの好調を示す「33」と「8」。CL準決勝ローマ戦で攻守は噛み合うか - 04月24日(火)19:59 

2007−08シーズン以来の準決勝で、さらに上を目指すリヴァプール。シーズン後半戦で残してきた目に見える結果を、ローマ戦でも残せるか。
カテゴリー:

【テニス】<錦織圭>「サムライは生き返った」 強敵次々撃破の復活劇を海外メディアも賛辞連発! - 04月24日(火)07:37  mnewsplus

男子テニスのモンテカルロ・マスターズで世界ランク22位の錦織圭(日清食品)は世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)にストレートで敗れた。4大大会に次ぐ格付けの「マスターズ1000」初制覇はならなかったが、欧州メディアは「サムライは生き返った」「1週間パーフェクトだったラファに思い切りの良さを披露」と右手首の故障からの復活劇を称賛している。  モンテカルロでキャリア11度目の優勝を果たしたナダル。全仏オープン10度優勝を誇る「赤土の帝王」に敗れたものの、日本のエースの復活劇も海外で大きな話題を呼んで...
»続きを読む
カテゴリー:

アプガ(2)に中学生2人がサプライズ新加入!7人体制で活動2年目に突入!! - 04月23日(月)06:00 

アイドルグループのアップアップガールズ(2)が、4月21日に東京・新宿BLAZEでワンマンライブ「アップアップガールズ(2) 1st LIVE #アプガ2サプライズ」を開催。新メンバー追加のサプライズ発表が行われた。 【写真を見る】サプライズで登場した新メンバーの2人。佐々木ほのか、12歳(左)。中川千尋、13歳(右)。2人とも特技は空手というのがアプガらしいところ アプガ(2)はアップアップガールズ(仮)の妹分として結成されたグループで、メンバーは高萩千夏(20歳)、吉川茉優(19歳)、鍛治島彩(18歳)、橋村理子(18歳)、中沖凜(17歳)の5人組。昨年8月にCDデビューを果たし、5月1日(火)には早くも両A面の3ndシングル「っていう初恋のお約束/ハッピース LOVE」をリリースする。 デビューの場となった新宿BLAZE凱旋ライブということでメンバーも気合十分。3rdシングル2曲を含む9曲の新曲を引っ提げての構成は、ポップス、バラード、ロカビリー風ありというバラエティ溢れる内容に。後半戦突入前にはチアリーディング風の新衣装にもチェンジし、ボンボンを手にした可愛らしいダンスも披露。アプガ(仮)の妹分とは言っても路線継承ではなく、「アプガ(2)はアプガ(2)らしく」というのが伝わる王道アイドルのパフォーマンスを見せていく。 この日は北海道や京都など遠方から駆けつけたファンも多くお...more
カテゴリー:

女優生活50年・丘みつ子 没頭しつづける「陶芸・篆刻」趣味 - 04月22日(日)16:00 

これから迎える人生の後半戦には、新しい「自分らしさ」と出合うための趣味が必要。それは浮き沈みの激しい芸能界を生き抜いてきた大女優でも同じこと。その活躍の陰にあった意外な「趣意」の存在とは。 「私、もともと『興味しんしん性』なんです(笑)。10代後半のころから、お茶やお花など、ほんとにいろんなお稽古事をしてきました。女優デビューは20歳。当時はまだ、俳優や監督の引き抜きを禁じる、映画会社の『五社協定』がかろうじて残っていた時代で、若かった私は、『映画会社の専属俳優』という守られた立場で仕事をしていました」 そう話すのは、女優の丘みつ子さん(70)。その後、五社協定は崩壊し、丘さんは突然、世間にぽんと放り出されることに。「会社に守られていない役者はなんて弱いんだろう」と、思ったという。 「でも、ありがたいことに主演作が続くなど、お仕事はたくさんいただけて。あまりに忙しいので、デビューから1年あまりで、すべての趣味をやめてしまったくらいです。その後、20代半ばになると、覚えなければいけない台本の量が多すぎて、プレッシャーから拒食症に。そのストレスを解消するためにお酒を飲み歩くという、不摂生な生活に変わっていきました」(丘さん・以下同) 転機が訪れたのは27歳ごろ。 「新人といわれる時期もすぎ、守られていない役者がどれだけ弱いか、ということを感じた経験から、『この先、何か自分の中...more
カテゴリー:

『渡る世間』女優・中田喜子語る「DIYで変わった私の人生」 - 04月22日(日)11:00 

これから迎える人生の後半戦には、新しい「自分らしさ」と出合うための趣味が必要。それは浮き沈みの激しい芸能界を生き抜いてきた大女優でも同じこと。その活躍の陰にあった意外な「趣意」の存在とは。 「私がDIY(家具などを手作りすること)にハマったのは、20代前半。仕事でヨーロッパへ行ったことがきっかけでした。若いご夫婦のご自宅で、手作りのキッチンを見せていただいたんです」 こう語るのは、女優の中田喜子さん(64)。ヨーロッパでは階段だけ、キッチンだけなど、家のパーツが店で売られており、その夫婦は自分たちで自宅をリフォームしていた。 「素朴なキッチンでしたが、『お金をかけずにここまで立派なものが作れるんだ』と衝撃を受けました。そして、自分でもやってみたい、自分なら何ができるかと考え、帰国後すぐに、壁紙を貼り替えてみることに。当時はハウツー本もありませんでしたから、文字どおり手探りでのスタートでした」(中田さん・以下同) そのほかにも、中田さんは汚れた木製の家具にやすりをかけてきれいに塗り直したり、いすの座面を張り替えたり。カーテンに別の生地を付け足して雰囲気を変えてみたりと、試行錯誤しながら、いろいろなことにチャレンジしていった。 「30代に入ると、家の壁の左官までやってしまいました(笑)。一軒家の壁をすべて塗ったんです! それも、もちろん我流。東急ハンズやメーカーに電話でやり方...more
カテゴリー:

もっと見る

「後半戦」の画像

もっと見る

「後半戦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる