「役所広司」とは?

関連ニュース

俳優の仲代達矢、生涯現役役者の真髄に迫る - 05月24日(水)06:00 

俳優の仲代達矢が、5月24日の『探検バクモン』(NHK総合、毎週水曜20:15)に出演。現在84歳の仲代は、演劇・映画・TVドラマで60年以上にわたり活躍、文化勲章の栄誉にも輝いた日本を代表する俳優。6月には主演映画の公開を控え、今も第一線で活躍する彼の自宅に併設された、俳優育成のための「無名塾」に爆笑問題が潜入する。同番組は爆笑問題のふたりが毎回、普段は入れないところに潜入し、外からはうかがい知れないディープな裏側を探り出す教養エンターテインメント。役所広司・益岡徹・若村麻由美など数多くの個性派俳優を輩出してきた「無名塾」。現在11人が籍を置く「無名塾」の厳しい稽古を見学。今年4月、200人を越える応募の中から塾生の座を勝ち取った6人の第30期生はどんな方たちなのか? 今年実際に出題された“仲代式入塾テスト”に爆笑問題が挑戦。「自転車に乗った人が財布を落とし、ネコババしようかどうしようか迷う」というお題に挑む。つづいて、稽古場とエレベーターで繋がった自宅の寝室に立ち入りを許された爆笑問題。そこに積まれていたのは、筆で書かれたセリフの束! 毎回台本の全てを筆で書き写し、寝室の壁に貼り出して役を体にしみこませるのが仲代スタイル。生涯現役役者の真髄がここにある。最後は塾生を交えてのトーク。芸を次世代に残すことの難しさで悩みを同じくする名優と爆笑問題。黒澤明監督の戦国スペクタクル巨編『影...more
カテゴリー:

真田麻垂美、16年ぶりの女優復帰 役作りで10キロも増量 - 05月17日(水)20:06 

 女優・真田麻垂美(39)が17日、都内で映画『心に吹く風』(6月17日公開、ユン・ソクホ監督)の完成披露試写会イベントに参加。2001年から休業していた真田にとって同作が16年ぶりの復帰となるが、役作りに時間をかけ体重を10キロも増やしたことを明かした。 【写真】ユン・ソクホ監督、眞島秀和らも登壇  真田は1996年に役所広司らが出演する映画『眠る男』でデビュー。山崎まさよし主演の映画『月とキャベツ』のヒロイン・ヒバナ役や朝ドラ『ひまわり』に森村真紀役で出演したが2001年の映画『忘れられぬ人々』を最後に女優業を休業。その後は米国に滞在するなど表舞台から遠ざかっていた。  そんな真田は「この作品が私は16年ぶり。偶然の出会いから今回の作品に携わるようになった」と明かし「初恋のピュアな純粋なお話なので心を開放してリラックスして見ていただけたら」と魅力を語った。  久しぶりの映画となったが役作りに妥協はなく、撮影にあたって10キロも増量したという。「(演じた)春香という女性を考えたら、普通のことを当たり前にできる女性でありたいなと思った。毎日を大切に生きることをしようと。自分の生活を変えて(春香に)合わせたら朝、昼、晩と、しっかりご飯を食べた。春香になっていったら自然に10キロ太ったんです」と苦笑いで入念な役作りを振り返った。  出演の経緯については「最後に映画に出演した後...more
カテゴリー:

【ドラマ】<デーブ・スペクター氏>全テレビドラマやめるべき「下手な役者多すぎ」「芸能プロの意向優先」 ★4 - 05月16日(火)23:32 

毎日、秀逸なジョークで楽しませてくれるデーブ・スペクター氏(放送プロデューサー)のツイッターに、4月23日、いつもとはだいぶ趣の異なる投稿がされた。 「つかぬ事を言いますが、全てのテレビ局が全てのドラマを止めた方がいいと思います。進化してないし海外ドラマから何も学習してないし、相変わらず視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング。2年間の休憩してリセットする事を勝手ながら勧める。オチがなくてすみません」(※原文ママ)  これに対して、インターネット上には賛否両方の反応が現れた...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドラマ】<デーブ・スペクター氏>全テレビドラマやめるべき「下手な役者多すぎ」「芸能プロの意向優先」 ★3 - 05月16日(火)13:39 

毎日、秀逸なジョークで楽しませてくれるデーブ・スペクター氏(放送プロデューサー)のツイッターに、4月23日、いつもとはだいぶ趣の異なる投稿がされた。 「つかぬ事を言いますが、全てのテレビ局が全てのドラマを止めた方がいいと思います。進化してないし海外ドラマから何も学習してないし、相変わらず視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング。2年間の休憩してリセットする事を勝手ながら勧める。オチがなくてすみません」(※原文ママ)  これに対して、インターネット上には賛否両方の反応が現れた...
»続きを読む
カテゴリー:

【ドラマ】<デーブ・スペクター氏>全テレビドラマやめるべき「下手な役者多すぎ」「芸能プロの意向優先」 - 05月15日(月)22:45 

毎日、秀逸なジョークで楽しませてくれるデーブ・スペクター氏(放送プロデューサー)のツイッターに、4月23日、いつもとはだいぶ趣の異なる投稿がされた。 「つかぬ事を言いますが、全てのテレビ局が全てのドラマを止めた方がいいと思います。進化してないし海外ドラマから何も学習してないし、相変わらず視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング。2年間の休憩してリセットする事を勝手ながら勧める。オチがなくてすみません」(※原文ママ)  これに対して、インターネット上には賛否両方の反応が現れた...
»続きを読む
カテゴリー:

俳優の仲代達矢、生涯現役役者の真髄に迫る - 05月23日(火)18:27 

俳優の仲代達矢が、5月24日の『探検バクモン』(NHK総合、毎週水曜20:15)に出演。現在84歳の仲代は、演劇・映画・TVドラマで60年以上にわたり活躍、文化勲章の栄誉にも輝いた日本を代表する俳優。6月には主演映画の公開を控え、今も第一線で活躍する彼の自宅に併設された、俳優育成のための「無名塾」に爆笑問題が潜入する。同番組は爆笑問題のふたりが毎回、普段は入れないところに潜入し、外からはうかがい知れないディープな裏側を探り出す教養エンターテインメント。役所広司・益岡徹・若村麻由美など数多くの個性派俳優を輩出してきた「無名塾」。現在11人が籍を置く「無名塾」の厳しい稽古を見学。今年4月、200人を越える応募の中から塾生の座を勝ち取った6人の第30期生はどんな方たちなのか? 今年実際に出題された“仲代式入塾テスト”に爆笑問題が挑戦。「自転車に乗った人が財布を落とし、ネコババしようかどうしようか迷う」というお題に挑む。つづいて、稽古場とエレベーターで繋がった自宅の寝室に立ち入りを許された爆笑問題。そこに積まれていたのは、筆で書かれたセリフの束! 毎回台本の全てを筆で書き写し、寝室の壁に貼り出して役を体にしみこませるのが仲代スタイル。生涯現役役者の真髄がここにある。最後は塾生を交えてのトーク。芸を次世代に残すことの難しさで悩みを同じくする名優と爆笑問題。黒澤明監督の戦国スペクタクル巨編『影...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカ、映画『空飛ぶタイヤ』出演で長瀬智也と初共演 - 05月17日(水)04:00 

 長瀬智也主演で映画化する池井戸潤原作のベストセラー小説『空飛ぶタイヤ』にディーン・フジオカが出演することが決定した。長瀬とディーンは、本作が初共演となる。【関連】「ディーン・フジオカ」フォトギャラリー 本作は、トラックの脱輪事故をきっかけにその真相を究明しようとする様々な人物の姿を描いた物語。トラックの整備不良を疑われた運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬)は、製造元である大手自動車会社・ホープ自動車に再調査を要求。調査内容に疑問を抱くホープ自動車のカスタマー戦略課・課長の沢田悠太は、会社が隠すある“重大な事実”に気付くことに……。 初共演となるディーンには「以前に音楽番組でギターを弾いている映像を見て、音楽好きなんだという印象があった」と話す長瀬は、クランクイン当日から「ずっと音楽の話をして盛り上がっています」と現場の様子を告白。「全然気取らないし、お芝居に集中するときはしっかり集中する楽しい人。感覚的に自分に近いものを感じています」と印象を語っている。 一方、ディーンは「現場でずっとお話する中で、本当に気持ちのよくて楽しい方」と長瀬の印象を吐露。「スカッと晴れたカリフォルニアみたいなイメージ」と、長瀬に太鼓判を押している。 さらに、ディーンが「現場の仕度場所がカラオケボックスで、待ち時間にみんなでカラオケをしたのが印象的(笑)。作品のプロデューサーがビースティ・ボーイズなど、ジャケ...more
カテゴリー:

東出昌大「全力で銀幕に存在したい」 小林薫、アジア進出の「深夜食堂」に喜び - 05月16日(火)20:42 

 「第26回日本映画批評家大賞」の授賞式が16日、東京都内で行われ、小林薫、東出昌大をはじめ、受賞者が出席した。 『聖の青春』で、主人公・村山聖(松山ケンイチ)の最強のライバルであり、憧れの存在でもあった羽生善治氏を演じた東出が助演男優賞を受賞した。 東出は「映画の現場が大好きです。クランクイン前日は胃が痛くて、晴れやかな気持ちで現場に入ることはできませんが、全力ではあったと思う」と振り返り、「これからも全力で銀幕に存在したいと思います」と力強く宣言した。 小林は『続・深夜食堂』で主演男優賞を受賞した。2009年のテレビシリーズから「めしや」のマスターを演じ続け、少ないせりふにも関わらず圧倒的な存在感を示す演技を褒められると「おっしゃる通り、『いらっしゃい』『あいよ』『お待ち』というのがせりふの大半を占めます」と返して笑いを誘った。 「主演男優賞は小林で大丈夫か、ふさわしいのかという声が僕の方にも聞こえてきそうですが、それは承知しています。今日は代理で受け取る気持ちで来ました」と謙虚に語り、「深夜食堂」が日本を飛び出てアジアに進出している現状を受けて、「この広がりも日本映画への一つの貢献。こういう形での力の与え方もあるんじゃないかと思って、そういう意味でも喜んでいます」と語った。 『続・深夜食堂』で主演男優賞を受賞した小林薫 【関連記事】 ・波瑠、不倫する妻役に「ばかだなと思って見...more
カテゴリー:

【ドラマ】<デーブ・スペクター氏>全テレビドラマやめるべき「下手な役者多すぎ」「芸能プロの意向優先」 ★2 - 05月16日(火)09:33 

毎日、秀逸なジョークで楽しませてくれるデーブ・スペクター氏(放送プロデューサー)のツイッターに、4月23日、いつもとはだいぶ趣の異なる投稿がされた。 「つかぬ事を言いますが、全てのテレビ局が全てのドラマを止めた方がいいと思います。進化してないし海外ドラマから何も学習してないし、相変わらず視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング。2年間の休憩してリセットする事を勝手ながら勧める。オチがなくてすみません」(※原文ママ)  これに対して、インターネット上には賛否両方の反応が現れた...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】島崎遥香、宝塚トップスターの神対応見て反省 塩対応「後悔しています」 - 05月10日(水)10:27 

元AKB48の島崎遥香が10日、都内で行われた『ドリームジャンボ宝くじ』『ドリームジャンボミニ1億円』の発売初日イベントに登場。 宝塚歌劇団の星組トップスター・紅ゆずるの神対応を見た島崎は「反省しています」と塩対応していたことを後悔していた。 会場となった西銀座チャンスセンターには紅のファンが集結。紅は入退場のたびにファンに手を振るなど神対応を連発し、黄色い声援を浴びた。 そんな紅を見ていた島崎は「本当にファンの方を大事にしている。私は反省しました。ファンの方に塩対応と言われていたので」と猛省。 続け...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「役所広司」の画像

もっと見る

「役所広司」の動画

Wikipedia

役所 広司(やくしょ こうじ、1956年1月1日 - )は、日本俳優。本名、橋本 広司(はしもと こうじ)。

長崎県諫早市出身。ワイ・ケイ事務所所属。身長179cm。俳優・仲代達矢主宰の無名塾出身。

来歴・人物 公務員から俳優へ

長崎県諫早市で生まれる。大村市長崎県立大村工業高等学校卒業後、上京して千代田区役所土木工事課に勤務。友人に連れられて観劇した仲代達矢主演の舞台公演どん底に感銘を受け俳優への道を志す。200倍もの難関である仲代が主宰する俳優養成所「無名塾」の試験に合格。芸名は前職が役所勤めだったことに加え、「役どころが広くなる」ことを祈念して仲代が命名。入塾初日に...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる