「彫刻家」とは?

関連ニュース

アート鑑賞、質問次々 イサム美術館、瀬戸芸作品視察 皇太子ご夫妻来県 - 11月19日(日)09:23 

18日に来県した皇太子さまは午後から、香川、岡山両県の島々を舞台に3年ごとに開かれている「瀬戸内国際芸術祭」に出品されたアート作品や、世界的彫刻家のイサム・ノグチの石彫作品などを鑑賞された。
カテゴリー:

メキシコのおすすめ観光地20選! 世界一を争う人気ビーチや世界遺産をチェック - 11月16日(木)12:00 

観光名所やグルメなど、日本人なら「なにがあるのか想像がつかない」という人も多そうなメキシコ。メキシコが多くの世界遺産を保有しており、世界でも1、2を争うレベルのビーチがあることを知っていましたか? 今回はそんなメキシコの知られざるおすすめ観光スポットをピックアップ! いますぐメキシコに行きたいと思える観光地を紹介します。 ■メキシコの治安 外務省の海外安全情報(危険情報)によりますと、メキシコ国内では殺人強盗等の犯罪が多く、また誘拐事件も多数発生しています。夜間の単独行動は避け、陸路の長距離移動は昼間のみするようにしましょう。身代金目的の誘拐がビジネス化しているため、気をつけて行動しなければなりません。例えば拉致されて1日の限度額いっぱい(およそ6,000ペソ)をATMから引き出させる行為を何日も繰り返す「短時間誘拐(express kidnap)」や、「狂言誘拐(virtual kidnap)」などで誘拐を装って金銭を要求したりするという被害も報告されています。しかし、これは警察に届けられた一部の事象ですので、さらに多くの被害がメキシコ国内にはあると思いましょう。 そして現在ゲレロ州(タスコ市を除く)、チワワ州フアレス市、タマウリパス州マタモロス市、レイノサ市及びヌエボ・ラレド市、ミチョアカン州にレベル2の渡航注意勧告(不要不急の渡航はしない)が出ています。コリマ州及び...more
カテゴリー:

動画:完成間近の氷の彫刻、英スコットランドで氷の祭典 - 11月15日(水)11:54 

【11月15日 AFP】英スコットランドのエディンバラでは、17日に開幕する氷の祭典「The Ice Adventure: A Journey Through Frozen Scotland(アイス・アドベンチャー:凍ったスコットランドを旅する)」を前に、氷の彫刻家たちが作品の仕上げに取り掛かっている。≫続きを読む
カテゴリー:

ついに福岡に上陸!「ルドルフ2世の驚異の世界展」に行ってきた!! - 11月14日(火)12:15 

芸術の秋がやって来ました。福岡でも毎年秋になると、色んな展覧会や美術展が開催されます。今回行ってきたのは、12月24日(日)まで福岡市博物館(福岡市早良区)で開催中の「神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展」。強烈なチラシのビジュアルが、印象に残っている人も多いはず! 【写真を見る】ルドルフ2世が愛した芸術家たちの作品は、どれも必見! 早速行ってきたので、展覧会の一部を紹介します! ……が、ルドルフ2世って誰?と思う方もいるでしょう。なので、まずはそこからですね。16世紀末から17世紀初頭、神聖ローマ帝国の皇帝として君臨したのが、ハプスブルク家のルドルフ2世。彼は、芸術と学問の“偉大なる庇護者”として知られています。(当時も今も、芸術家は有名になるまではパトロン無しでは創作活動を続けられないのです!) このルドルフ2世は、とにかく何事にも貪欲!学問も、自分がいい!と思った芸術も、追求せずにはいられない。当時、彼が帝都としたプラハの宮廷では、天文学者や科学者、数学者、錬金術師などが研究に没頭できる環境を与えただけでなく、ジュゼッペ・アルチンボルドをはじめとする優れた芸術家たちが皇帝のために作品を創作していました。それに加えて、工芸品や最新機器が大好きだった彼は、世界各国から芸術品や工芸品から珍獣や新種の植物まで、集めに集めて「驚異の部屋」と称される膨大なコレクションを作っていた...more
カテゴリー:

ジェフリー・ラッシュ×アーミー・ハマーで巨匠の素顔に迫る「ジャコメッティ」予告公開 - 11月13日(月)10:00 

「英国王のスピーチ」や「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるオスカー俳優、ジェフリー・ラッシュが、彫刻家アルベルト・ジャコメッティを演じた「ジャコメッティ 最後の肖像」の予告編が、公開された。彫像...
カテゴリー:

皇太子ご夫妻:育樹祭式典出席で香川県入り - 11月18日(土)20:14 

 皇太子ご夫妻は18日、第41回全国育樹祭の式典出席などのため香川県入りされた。皇太子さまは高松市内のイサム・ノグチ庭園美術館を訪問。地元産出の石などで創作した彫刻家のノグチ氏の作品を鑑賞し、「どんな道具を使って彫ったのですか」などと尋ねていた。育樹祭関係者との懇談会にも出席した。皇太子妃雅子さまは、負担を考慮し、美術館見学や懇談には参加せず、宿舎で休んだ。ご夫妻は19日に同県まんのう町で開かれる育樹祭式典に臨み、帰京する。【大久保和夫】
カテゴリー:

子どもと行きたい!「インスタ映え」するフォトジェニックな遊びスポット5選 - 11月16日(木)12:00 

日本とは思えない絶景や、目を疑いたくなる不思議な写真が撮れるスポットを5カ所ご紹介します。 【画像】子どももニコニコ♪「インスタ映え」必至のおでかけスポット 画像は、実際にインスタグラマーさんがインスタグラムに投稿されたものをお借りしました。 「死ぬまでに行きたい世界の絶景」に匹敵するような世界観に、子どもたちも大興奮まちがいなし! お子さんと一緒に、フォトジェニックな旅を楽しみませんか。 アートの一部になって撮影できる「養老天命反転地」 世界的に有名なアーティストの故・荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏が30数年に及ぶ構想を実現した、養老公園内にある「養老天命反転地」(岐阜県養老町)。作品の中を回遊しながら、全身を使って作品を鑑賞するという、とても不思議で斬新なモダンアートです。 インスタグラマー・@nononaho73さんの画像にある「養老天命反転地記念館」は、十二単の羽衣を着た天女が空から舞い降りたかのような色鮮やかな建物。24色の壁に囲まれた建物内には自然光が降り注ぎ、光の効果でさらに多くの色が作り出された、とても美しい空間です。 他にも、建物内の机や壁、天井が上下左右を全く無視した配置になっている「極限で似るものの家」や、曲がりくねった回遊路が続く「宿命の家」など、日常と非日常が混じり合った不思議な世界が広がっています。 作品から受けるイ...more
カテゴリー:

完成間近の氷の彫刻、英スコットランドで氷の祭典 - 11月15日(水)09:37 

【11月15日 AFP】英スコットランドのエディンバラでは、17日に開幕する氷の祭典「The Ice Adventure: A Journey Through Frozen Scotland(アイス・アドベンチャー:凍ったスコットランドを旅する)」を前に、氷の彫刻家たちが作品の仕上げに取り掛かっている。≫続きを読む
カテゴリー:

ジェフリー・ラッシュ×アーミー・ハマーで巨匠の素顔に迫る「ジャコメッティ」予告公開 - 11月13日(月)10:00 

 「英国王のスピーチ」や「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるオスカー俳優、ジェフリー・ラッシュが、彫刻家アルベルト・ジャコメッティを演じた「ジャコメッティ 最後の肖像」の予告編が、公開された。  彫像「歩く男I」などで知られ、“20世紀で最も重要な芸術家”と称されるジャコメッティの知られざる姿を描く本作。「トランスフォーマー」シリーズや「スポットライト 世紀のスクープ」「美女と野獣」の俳優スタンリー・トゥッチが監督・脚本を務め、ラッシュに加えて「コードネーム U.N.C.L.E.」「ノクターナル・アニマルズ」のアーミー・ハマーらが出演する。  舞台は1964年のパリ。ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)に、個展会場で「絵のモデルになってほしい」と声をかけられたアメリカ人作家で美術評論家のジェイムズ・ロード(ハマー)が、巨匠の意外な素顔や内に秘めた苦悩を目撃していく。  予告編では、ジャコメッティとロードのユーモラスな掛け合いから始まる。「アゴを引け。少し右へ。行き過ぎ。そこだ、動くな」とロードに細かく指示を出したあげく、まじまじと顔を見つめて「冷酷な顔だな」と渋い顔で言い放つジャコメッティの姿や、「参った……」と頭を抱えるロードの姿が笑いを誘う。さらにはジャコメッティの弟、妻、愛人らが次々と登場し、ジャコメッティが大金を受け取る光景を目撃したロードは驚がく。だが、型破りな生...more
カテゴリー:

卓越した技能 優れた造形力 日展彫刻部門で最高賞 池川直さん(高松出身) 「常に新たな表現領域に挑む」 - 11月13日(月)09:39 

高松市出身の彫刻家池川直(すなお)さん(59)=鹿児島市在住=が日展主催の公募美術展「改組新第4回日展」の彫刻部門で最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。
カテゴリー:

もっと見る

「彫刻家」の画像

もっと見る

「彫刻家」の動画

Wikipedia

彫刻家(ちょうこくか)とは、芸術家美術家のなかでも立体作品、造形物としての彫刻を作る人のことを称する。

著名な彫刻家

[[ベンヴェヌート・チェッリーニ 「|サリエラ(黄金の塩容れ)」 1500年11月3日 -

| [[ジャンボローニャ 「[[サビニの女たちの略奪」 1529年 - 1571年2月13日

| [[ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ 「|サン・ピエトロ大聖堂の天蓋」 1598年11月3日 -

| [[アントニオ・カノーヴァ 「ペルセウスとメドゥーサの首」 | 1757年11月1日 -

| [[オーギュスト・ロダン 「考える人」 | 1840年11月12日 -

| [[フランソワ・ポンポン 「フクロウ」 | 1855年5月9日 -

| [[アントワーヌ・ブールデル 「アダム」 | 1861年10月30日 -

| [[アリスティド・マイヨール 「夜」 | 1861年12月8日 -

| [[カミーユ・クローデル 「カミーユの頭像」 | 1864年12月8日 -

| [[ジャン・アルプ(ハンス・アルプ) 「バラを食べるもの」 | 1886年9月16日 -

| [[オシップ・ザッキン 「メッセンジャー」 | 1890年7月14日 -

| [[黄土水 「釈迦像(釋迦出山)」 | 1895年7月3日 -

| [[アレクサンダー・カルダー 「[[モビール」 1898年7月22日 -

| [[エミリオ・グレコ 「|サン・ピエトロ大聖堂の教皇ヨハネス23世の囚人訪問」 1913年10月11日 -

| [[ニキ・ド・サンファル 「射撃絵画」 | 1930年10月29日 -

| [[ミゲル・ブレイ 「[[最初の寒さ」 1866年10月 - 1936年1月22日

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる