「彫刻家」とは?

関連ニュース

【猫】35万人超が癒された♪「ねこ休み展 冬 2018」過去最大規模で開催 - 01月18日(木)12:10 

人気彫刻家「はしもとみお」とのコラボも! ねこだらけの冬がくる ねこ休み展 冬 2018 1月26日(金)~2月25日(日) / 東京都 / TODAYS GALLERY STUDIO 【フォトギャラリー】これは可愛すぎるよ…!展示ねこ&グッズ画像まとめ(75枚) 2018年1月26日(金)から2月25日(日)まで、浅草橋・TODAYS GALLERY STUDIOにて「ねこ休み展 冬 2018」が開催される。 合同写真&物販展の「ねこ休み展」は、35万人以上を動員した人気の猫クリエイターが集結するイベント。出展者のトータルSNSフォロワー数はなんと200万人超え。さまざまな地域で開催されているが、浅草橋で行われる今回の冬の『本祭』では、新作メインの展示となり、過去最大出展者・最大規模となる。 <主な内容> 今回のねこ休み展は、話題の彫刻家の「はしもとみお」とのコラボが実現。リアルで温かみのある作品が人気の「はしもとみお」が、スター猫・ホイップの立体作品を作成。立体作品になったホイちゃんをなでなですることができる。 さまざまなメディアで話題となっている、まるで会話しているような猫も。ならママ(@nala_take)が動画にて初参戦。会話をしている様子を動画で楽しめる。 鼻提灯猫、島ねこなどが注目を集めた、写真家・あおいとり。同展を持って活動休止を発表しているため、今回...more
カテゴリー:

視力ほぼゼロで一流ホテルマンに!驚きの実話がスゴい - 01月13日(土)15:45 

 こんにちは。映画ライターの此花さくやです。  イケメン、恋愛、スポ根、涙……みんなが大好きな要素が全部盛りの映画『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』が、1月13日(土)に公開されます。ドイツで大ヒットを記録した本作、女性の五感を刺激しまくるその見所をご紹介します。 ◆5%の視力しか残されていないのに一流ホテルマンに!?  一流のホテルマンを目指して学校に通っているサリー(コスティア・ウルマン)を襲った突然の悲劇。それは、先天性の病気による網膜剥離でした。卒業を控えてサリーに残されたのは健常者の5%以下の視力。  それでも真面目で努力家のサリーは、普通の学校を無事卒業し、障害を隠したままミュンヘンの5つ星一流ホテル「バイエリッシャー・ホフ」のインターンに合格します。このインターンを無事終了すれば、ホテルでの就職は決まったようなもの。ぼんやりとした視界しかないのに、接客業の最高峰であるホテルマンを一体どうやって務めるのか……!?  荒唐無稽な話に聞こえますが、意外にも本作は実話! 本物のサリヤ・カハヴァッテ、通称サリーは10代のときに視力のほとんどを失いましたが、周囲の反対を押し切って盲学校へは行かずに大学へ進学。その後、弱視であることを隠してホテルでの接客業や美食調理法でキャリアを積みました。  ほとんど見えていない秘密を隠していた期間はなんと15年間! 現在...more
カテゴリー:

『おおきなかぶ』の挿絵を描いた彫刻家が教える大切なことが深い - 01月12日(金)20:10 

子どもの頃、絵本『おおきなかぶ』(初版1962年、福音館書店刊)が大好きでした。あの、うんとこしょ、どっこいしょ、という掛け声や、愛らしい動物たちとお爺さん、お婆さんのユーモラスな挿絵が魅力的だったからです。 あの挿絵を描いていたのは、2011年に亡くなった日本を代表する彫刻家・佐藤忠良(さとう・ちゅうりょう)さん。その佐藤さんが40年ほど前にまとめた小学一年生用の図工の教科書に寄せた言葉が、いま読んでも目からウロコだとツイッター上で話題となっています。 投稿したのは、アートディレクターで美大にて准教授もつとめるカイシトモヤさん(@room_composite)。 一体どんな言葉だったのか、まずは当該ツイートを早速ご覧ください。 彫刻家の佐藤忠良さんが40年くらい前にまとめた、小学校1年生用の図工の教科書に書かれている文章。これほどにかんたんな表現で、人間が芸術活動をする意味を説明している文章があるだろうか。 pic.twitter.com/0EGkXprilV — カイシトモヤ (@room_composite) 2018年1月11日 深い、、、というか忘れていました、この初心。無邪気に粘土や絵の具、石や枯れ枝をガッチャンコしてたあの幼少期。。そこに奇をてらう下心などありませんでした。 芸術活動、創作活動をする原点はこれですよね、クリエイティブな物事に関わっている人は今一度、この...more
カテゴリー:

超リアル! 粘土からグラディエーター版ハルクの胸像を作るタイムラプス動画 - 01月07日(日)20:00 

Image: Steven Richter/YouTube インクレディブルな出来栄え! 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』にて、ソーが自国への転送中にはぐれて辿り着いた惑星サカールで、偶然出会う旧友ハルク。彼は闘技場で行われている格闘大会のチャンピオンとして君臨しており、グラディエーターとなりソーと熾烈な戦いを繰り広げたのでした。その時の勇姿を、粘土で成形して作ったゴム型から、見事な胸像にした芸術家が現れました。7分ほどのタイムラプス映像で、プロの手業をご覧ください。作者のスティーヴ・リヒターさんは、映画の小道具などを手掛けるトム・スピナ・デザイン社に勤める彫刻家とのこと。ですがこのハルクは仕事ではなく、自宅で趣味として制作したのだそうです。肌の質感までリアルに再現しており、 どうなるのかなと思っていたら? ラバーキャストにしてウレタン樹脂を流し込んだのですね。おかげで、中身が空洞&忠実にグリーンなハルクが生まれたのでした。いやしかし、職人技で眼球も歯も個別にこしらえ、さらには毛を糊付けするというのも勉強になりますね。あまりの完成度に、ハルク・スマッシュ並の衝撃を受けてしまいました。Image: YouTubeSource: YouTube via Laughing SquidAndrew Lisz...more
カテゴリー:

名女優と不倫関係!? 20世紀最大の彫刻家ジャコメッティの素顔 - 01月05日(金)15:46 

 こんにちは、映画ライターの此花さくやです。  20世紀で最高の彫刻家のひとりと評されるアルベルト・ジャコメッティは、1920年代から60年代半ばまでパリで活躍しました。2017年6月に東京の国立新美術館で行われたジャコメッティの大回顧展も大盛況だったとか。  ジャコメッティについてよく知らない人も、針金のように非常に細く長く引き伸ばされた人物の彫刻を見たことはあるのではないでしょうか。彼の芸術的功績は高く、スイスのお札の顔になっているほどです。  そんな天才・ジャコメッティでも、ひとつの作品を生み出すまでに大変な苦悩がありました。1964年にジャコメッティの肖像画のモデルとなった美術評論家のジェイムズ・ロードは、その時の体験をのちに『ジャコメッティの肖像』という一冊にまとめています。それを映画化したのが、2018年1月5日(金)より公開される『ジャコメッティ 最後の肖像』。  今回は本作の見所とともに、彼の知られざる素顔に迫ってみたいと思います。 ◆見たままを描きたい  1964年9月12日、ジャコメッティ(ジェフリー・ラッシュ)は知人のアメリカ人美術評論家であるジェイムズ・ロード(アーミー・ハマー)の肖像画に取り掛かります。カンバスに簡単なスケッチを描くだけ、それもほんの1時間か2時間程度で終わるはずだったのに、1日が数日に、数日が1週間になり……とうとう18日間も...more
カテゴリー:

冬こそ猫に萌え萌え♪今年最初の「ねこ休み展」は猫づくしのニャイトパーティーを開催 - 01月17日(水)10:30 

35万人以上を動員した猫クリエイターたちの祭典「ねこ休み展」の2018年第1弾の開催が決定!今回は1月26日(金)から2月25日(日)にかけて、TODAYS GALLERY STUDIO(東京・浅草橋)で開催する。 JOEの作品 本展を最後に活動を休止する写真家・あおいとりをはじめ、ホイップ(ホイ主)、JOE、jun.k、牧野直樹、灯さかすなど、SNSのトータルフォロワー数が200万人を超える人気作家が大集合。展示会の新情報をひと足先に公開! ■ 有名作家に自分の愛猫をイラスト化してもらえる! 過去にスター猫のふーちゃん、うらちゃん、ホイップちゃんなどを描いてきた作家・福嶋吾然有に愛猫を描いてもらえるという、猫オーナーにとってはニャンともうれしい企画。応募期間に会場内で福嶋吾然有のグッズ、もしくは公式図録を購入すると応募券が配布され、抽選で1名に愛猫のイラストがプレゼントされる。さらに、次回開催の「ねこ休み展」(春頃を予定)で、そのイラストが展示される。自分の愛猫が有名になれちゃう可能性も…!? ■ 猫の日である2月22日(木)は“ニャイト”パーティーを開催 2月22日(木)は営業時間を22時まで延長し、19時からパーティー&トークショーを行う。来場者には当日限定の特典(先着)として「ねこ休み展」ゆかりの作家陣によるスター猫のトレーディングカードが配られる予定だ。 他にも、sko...more
カテゴリー:

小学1年生の図工教科書で見つけた一文に、「芸術活動の意味」を改めて考えさせられた - 01月12日(金)21:11 

東京造形大学准教授のカイシトモヤ (@room_composite)さんは、小学1年生向け図工教科書に書かれていた彫刻家・佐藤忠良(ちゅうりょう)さんの言葉を、Twitter上で紹介しました。 彫刻家の佐藤忠良さんが40年くらい前にまとめた、小学校1年生用の図工の教科書に書かれている文章。これほどにかんたんな表現で、人間が芸術活動をする意味を説明している文章があるだろうか。 pic.twitter.com/0EGkXprilV— カイシトモヤ (@room_composite) 2018年1月11日 技よりも、感性を大切に。 仰る通り、これは芸術を学ぶ上で、最も大切な教えに違いありません。 ネットの反応 ●なんだか涙が出てきた。私が子どもたちに本当に伝えたい文章がここに書いてあった ●岡本太郎の「うまくあってはならない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない」に通ずるものがありますね ●この文章を理解していたら、絵を描くことも、工作も、嫌いにならなかったかもしれないなぁ ●素敵。こうして自分の作品や他の人の作品を大事にする気持ちも知っていくんだろう 大人である私たちも改めて心に刻みこむべき、素晴らしい一文ですね(*´∀`*)
カテゴリー:

アーミー・ハマー、ドMで傍迷惑な巨匠に振り回される。快作「ジャコメッティ 最後の肖像」 - 01月08日(月)09:45 

2日のはずが18日に延長! 地獄のジャコメッティ肖像画マラソン1964年のパリ。ジャコメッティは自身の展示会で、ニューヨークから来た美術評論家・作家のジェイムズ・ロードにモデルになってくれるよう依頼する。「2日あれば描き上げられる」というジャコメッティの言葉を信じ、快諾するロード。彼にとっても、世界的巨匠の仕事を間近で見られる貴重な機会だ。断る手はない。ジャコメッティの自宅兼アトリエに向かうロード。そこは古びて汚く、とても巨匠のアトリエとは思えない建物だった。そこかしこに転がる製作中の作品に圧倒されつつ、ロードはジャコメッティの指示通りに座る。対面にはイーゼルを前にしたジャコメッティ。不機嫌そうにタバコをくゆらせつつ、彼は絵筆を取る。1日目が終わっても、作品は完成に程遠い。しかもジャコメッティはフラリと現れた愛人で娼婦のカロリーヌに気を取られ、その日はお開きに。2日目も3日目もジャコメッティは絶不調。やむなくロードは帰りの飛行機を順延し、電話で小言を言ってくる恋人に頭を抱える。開き直って「肖像画は完成しないものだ」と不吉なことを言い出すジャコメッティ。果たしてロードの肖像画は無事完成し、彼はニューヨークへ帰ることはできるのか。ガサガサとした質感の、ひょろ長い人物像で知られるジャコメッティ。あのひょろひょろした造形は、彼の目に映った人間の姿から余分なものを極限まで削ぎ落として、その先...more
カテゴリー:

ゴッホ、ゴーギャン、ジャコメッティ…美の巨匠たちを映す作品が続々公開 - 01月07日(日)12:00 

 オスカー俳優ジェフリー・ラッシュと実力派アーミー・ハマーが共演する「ジャコメッティ 最後の肖像」が1月5日公開した。スマッシュヒットを記録している「ゴッホ 最期の手紙」をはじめ、「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」、ドキュメンタリー「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」など現在上映中の作品、待機作「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」まで、この冬は美術界の巨匠とその作品を扱う映画が目白押しだ。ドラマ作品では映画界を代表する名優達が個性豊かに芸術家を演じ、綿密な考証を基に再現されたアトリエが映し出される。映画、美術ファン必見の新作アート映画の見どころを紹介する。 ▼「ジャコメッティ 最後の肖像」スタンリー・トゥッチ監督(公開中)  細長く引き伸ばされた彫刻で知られる、フランスで活動した芸術家アルベルト・ジャコメッティが最後の肖像画に挑んだ様子を描いたドラマ。名優ジェフリー・ラッシュは、身長や筋肉量にもこだわる徹底した役作りで、歩き方や猫背というシルエットまでジャコメッティを意識。まるで本人が乗り移ったようななりきりぶりで、狂気のような創作への執念、金に頓着せず決まり切った日課に従い、妻アネットの前で堂々と愛人に会うなど、変人と天才は紙一重ともいえる芸術家の姿を体現。一方、ジャコメッティのよき理解者でモデルでもあった日本人哲学者の矢内原伊作と妻アネットのただならぬ関係も映す。アトリエは...more
カテゴリー:

名女優と不倫関係!? 20世紀最大の彫刻家ジャコメッティの素顔 - 01月05日(金)15:46 

 20世紀で最高の彫刻家のひとりと評されるアルベルト・ジャコメッティは、1920年代から60年代半ばまでパリで活躍しました。2017年6月に東京の国立新美術館で行われたジャコメッティの大回顧展も大盛況だったとか。
カテゴリー:

もっと見る

「彫刻家」の画像

もっと見る

「彫刻家」の動画

Wikipedia

彫刻家(ちょうこくか)とは、芸術家美術家のなかでも立体作品、造形物としての彫刻を作る人のことを称する。

著名な彫刻家

[[ベンヴェヌート・チェッリーニ 「|サリエラ(黄金の塩容れ)」 1500年11月3日 -

| [[ジャンボローニャ 「[[サビニの女たちの略奪」 1529年 - 1571年2月13日

| [[ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ 「|サン・ピエトロ大聖堂の天蓋」 1598年11月3日 -

| [[アントニオ・カノーヴァ 「ペルセウスとメドゥーサの首」 | 1757年11月1日 -

| [[オーギュスト・ロダン 「考える人」 | 1840年11月12日 -

| [[フランソワ・ポンポン 「フクロウ」 | 1855年5月9日 -

| [[アントワーヌ・ブールデル 「アダム」 | 1861年10月30日 -

| [[アリスティド・マイヨール 「夜」 | 1861年12月8日 -

| [[カミーユ・クローデル 「カミーユの頭像」 | 1864年12月8日 -

| [[ジャン・アルプ(ハンス・アルプ) 「バラを食べるもの」 | 1886年9月16日 -

| [[オシップ・ザッキン 「メッセンジャー」 | 1890年7月14日 -

| [[黄土水 「釈迦像(釋迦出山)」 | 1895年7月3日 -

| [[アレクサンダー・カルダー 「[[モビール」 1898年7月22日 -

| [[エミリオ・グレコ 「|サン・ピエトロ大聖堂の教皇ヨハネス23世の囚人訪問」 1913年10月11日 -

| [[ニキ・ド・サンファル 「射撃絵画」 | 1930年10月29日 -

| [[ミゲル・ブレイ 「[[最初の寒さ」 1866年10月 - 1936年1月22日

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる