「弾道ミサイル発射」とは?

関連ニュース

年内に第二次朝鮮戦争が勃発?プロがみた米国の開戦パターン - 02月19日(月)19:40 

平昌五輪への出場を北朝鮮が決め、南北両国の関係性は「統一」に向けて一歩進んだようにも見えます。そんな中、アメリカは北朝鮮への限定的な先制攻撃を意味する「鼻血作戦」を検討していると表明。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北野幸伯さんがその作戦の詳しい内容を解説するとともに、過去のアメリカの開戦パターンから見える今後の動きについて分析しています。 アメリカ、北朝鮮に「鼻血作戦」??????? 北朝鮮核問題ですが、五輪のおかげで「緊張緩和」状態。 五輪後、韓国は、中国、ロシア、北朝鮮の「対話派」に取り込まれたままになる? そして、北朝鮮の核は「事実上の容認状態」になる? こんな事態を恐れている人は、たくさんいることでしょう。何となく最近は、トランプさんも、ペンスさんも「対話派」になってきているような。 アメリカで依然として強い「強硬派」 夕刊フジ2月17日付は、「いや、そんなことはない! アメリカは変わっていない」という主旨の記事を掲載しています。見てみましょう。 ドナルド・トランプ米政権で、北朝鮮への強硬発言が相次いでいる。平昌(ピョンチャン)冬季五輪を利用した「微笑外交」で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権を骨抜きにし、「核・ミサイル開発」の時間稼ぎを続けているからだ。北朝鮮の核保有を断固容認できないトランプ政権が、限定的な先制攻撃を意味する「鼻血(blo...more
カテゴリー:

【対北朝鮮】 コーツ米国家情報長官 「どう対応するか決断のときはかつてないほど迫っている。米国の存亡に関わる脅威だ」 - 02月14日(水)11:06  newsplus

コーツ米国家情報長官は13日、上院情報特別委員会の公聴会で証言し、 核・弾道ミサイル開発を進める北朝鮮にどう対応するかについて「決断のときはかつてないほど迫っている」と述べ、 北朝鮮が米本土攻撃能力を確保するのを阻止する時間は少なくなりつつあるとの見方を示した。 コーツ氏は、北朝鮮が今年も弾道ミサイル発射を複数回にわたって強行するだろうと予測。 また、北朝鮮の李容浩外相の発言を引き合いに、金正恩体制が太平洋上の大気圏内での水爆実験を検討している可能性に言及した。 同氏はまた、北朝鮮は核保有を...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国 けさのニュース(2月8日) - 02月08日(木)10:30 

◇韓国が国連に崔輝氏の制裁免除を要請 北派遣の高官級代表団メンバー   韓国の国連代表部が国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に、平昌冬季五輪(9日開幕)に合わせ北朝鮮が派遣する高官級代表団の一人、崔輝(チェ・フィ)朝鮮労働党副委員長に対する制裁の免除を要請したことが7日(現地時間)、国連筋の話で分かった。北朝鮮の度重なる弾道ミサイル発射に対し国連安保理が昨年6月に採択した制裁決議により、崔氏は国連加盟国への渡航が禁じられている。北朝鮮が7日(日本時間)に韓国に送った高官級代表団の名簿には、団長の金永南
カテゴリー:

【安倍内閣】北朝鮮ミサイルに備える迎撃システム導入や九州豪雨の災害復旧費などの補正予算案が可決 - 自民党、公明、維新が賛成 - 02月03日(土)14:36  newsplus

災害復旧費などを盛り込んだ2017年度補正予算案は30日夕の衆院本会議で採決され、 自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決、参院へ送付された。 31日から参院予算委員会で審議入りし、2月1日の参院本会議で可決、成立する運びだ。 補正予算案は九州北部豪雨の災害復旧費や北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えるための 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入関連経費など2兆7073億円の歳出を追加。  (※詳細・全文は引用元へ→ 時事通信 18/01/30-17:14) https://www.jiji.com/jc/arti...
»続きを読む
カテゴリー:

日刊ゲンダイ「アベ政権における国是は「朝鮮人差別」なのだと、改めて絶望した」 - 01月31日(水)11:53  news

二極化・格差社会の真相 ミサイル避難訓練の狙いは「朝鮮人差別」なのだろう 2018年1月30日 弾道ミサイルを想定した住民避難訓練(C)日刊ゲンダイ  アベ政権における国是は「朝鮮人差別」なのだと、改めて絶望した。ネトウヨこそが、“期待される人間像”ということか。  1月22日、東京都内で初めて行われた内閣官房など主催の「弾道ミサイル発射を想定した住民避難訓練」を現場で見学した感想だ。東京メトロ後…  この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。 https://...
»続きを読む
カテゴリー:

ミサイル対応を追加、学校の危機管理マニュアル手引改定案…文科省 - 02月14日(水)15:45 

 文部科学省は平成30年2月14日、北朝鮮による弾道ミサイル発射時の対応を盛り込んだ「学校の危機管理マニュアル作成の手引」改定案と学校設置者の対応状況をまとめた調査結果を公表した。手引書には、ミサイル発射情報を受けた避難行動の流れなどを具体的に記載している。 新しい手引書では、3章「個別の危機管理」における「新たな危機事象への対応」の中で、弾道ミサイル発射への対応を追加している。2017年度中に改定作業を終え、私立も含め全国の学校に配布予定。 Jアラート(全国瞬時警報システム)により弾道ミサイル発射の緊急情報が発信された際は、「学校にいる場合(校舎内・校舎外)」「校外活動中」「登下校中」「自宅などにいる場合」と、児童生徒がいる場所や状況に応じた避難行動を記載している。 たとえば、登校前や下校後で児童生徒が自宅などにいる場合については、「安全確認が取れるまで待機し、身の安全を確保することが必要」と明記。教室で授業中の場合には、「地下室や窓のない部屋にすぐに移動することが難しい場合は、窓からなるべく離れて床に伏せて頭部を守ること、机の下に入って頭部を守ることなどが考えられる」としている。 「弾道ミサイル発射に係る学校安全に関する学校設置者等の対応状況調査」の結果によると、弾道ミサイルが発射された場合の学校の対応について、自治体の危機管理部局や関係機関と連携(検討中を含む)している学校設...more
カテゴリー:

米情報長官、対北朝鮮「決断の時近づく」=核放棄の意思見られず - 02月14日(水)08:22 

 【ワシントン時事】コーツ米国家情報長官は13日、上院情報特別委員会の公聴会で、「(核・ミサイル開発を続ける)北朝鮮にどのように対応するか、決断の時は近づいている」と証言した。米政府は、北朝鮮が数カ月以内に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を完成させる可能性があるとみており、それまでに何らかの行動を起こす必要があると警告した形だ。 コーツ長官は「われわれは平和的解決を目指し、さまざまな方法で北朝鮮に最大限の圧力をかけている」と説明。一方で、「米国の存続を脅かす可能性があるという事実に向き合わなければならない」と述べ、事態の深刻さを強調した。 また、北朝鮮が今年も弾道ミサイル発射実験を継続するだろうと予測。「金正恩(朝鮮労働党委員長)は体制存続には核兵器が不可欠だと信じている」と述べ、平昌冬季五輪をめぐって南北融和のムードが広がっても、北朝鮮が核放棄に応じる可能性は低いと示唆した。 【時事通信社】
カテゴリー:

今日の歴史(2月7日) - 02月07日(水)00:00 

1946年:南朝鮮国防警備隊総司令部が創設 1964年:ケニアと国交樹立 1967年:統合野党の新民党誕生 1972年:ベトナムに駐留していた青竜部隊の指揮本部と主力部隊が帰還 1999年:イスラエルと投資保障協定を締結 2001年:サムスン電子が世界初の4ギガDRAMを開発 2006年:サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が一族の私財8000億ウォンを社会に還元すると発表 2016年:北朝鮮が衛星打ち上げと称し長距離弾道ミサイル発射
カテゴリー:

【日刊ゲンダイ】斎藤貴男「ミサイル避難訓練の狙いは「朝鮮人差別」なのだろう」「アベ政権における国是は「朝鮮人差別」なのだ」 - 01月31日(水)18:04  seijinewsplus

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/222203  アベ政権における国是は「朝鮮人差別」なのだと、改めて絶望した。ネトウヨこそが、“期待される人間像”ということか。  1月22日、東京都内で初めて行われた内閣官房など主催の「弾道ミサイル発射を想定した住民避難訓練」を現場で見学した感想だ。東京メトロ後… 斎藤貴男ジャーナリスト 1958年生まれ早大商卒業、英国・バーミンガム大学大学院修了(国際学MA)。『日本工業新聞』入社後、『プレジデント』編集部、『週刊文春』の記者を経て独立。弱者の視...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】朝鮮大学校系団体の不正会計、刑事告訴の請求却下 東京都小平市監査委 - 01月31日(水)08:53  newsplus

http://www.sankei.com/smp/politics/news/180131/plt1801310007-s1.html  朝鮮大学校(東京都小平市)関係者らが幹部を務める「小平市ごみ減量推進実行委員会」に拠出した市の補助金約150万円が不正に使われたとして、住民らが刑事告訴を求めた監査請求について、市監査委員は30日までに、請求を却下した。市は委員会幹部が偽領収書を作成して不正会計を行ったと断定済み。今後、小林正則市長が告訴の適否を判断することになる。  監査結果によると、不正に使われた補助金が市に返還されていることから「違法・不当な公金の...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「弾道ミサイル発射」の画像

もっと見る

「弾道ミサイル発射」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる