「弾道ミサイル」とは?

関連ニュース

中国党幹部、対日関係改善に前向き=北朝鮮には冷淡 - 10月21日(土)14:58 

 【北京時事】中国共産党中央対外連絡部の郭業洲副部長は21日、日本との関係について「好機と試練に直面している。双方は好機を捉え、両国関係の改善を進めるべきだ」と述べ、改善に前向きな考えを示した。開会中の党大会に合わせて行われた記者会見で語った。 今年は日中国交正常化45周年で、日本は12月に東京で日中韓首脳会談を開催し、李克強首相の初訪日実現を目指している。しかし、郭氏は「トップレベルの相互訪問は国民の理解が必要だ」と慎重な態度を崩さなかった。 一方、郭氏は、北朝鮮に対しては「人員の交流は互いの必要性と都合次第だ」と冷淡だった。郭氏は「中朝には伝統的な友好協力関係がある」と述べたものの、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩体制への不満をにじませた。 【時事通信社】
カテゴリー:

イラン核合意破棄「戦争への一歩」=米をけん制-パルリ仏国防相 - 10月21日(土)07:16 

 【ワシントン時事】フランスのパルリ国防相は20日、ワシントンで講演し、イランと欧米など主要6カ国が2015年に締結した核合意について「破棄すれば(合意に批判的な)イラン強硬派を勢いづけ、将来の戦争に向けた一歩となる」と述べ、合意破棄も辞さない姿勢のトランプ米政権を強くけん制した。 トランプ大統領は先に発表した対イラン包括戦略で、ミサイル開発などを理由とした制裁発動が可能になるよう、核合意を検証する米国内法の改正を議会に要請した。パルリ氏は「(イランによる)弾道ミサイルや地域不安定化の活動に関しても真剣に考えるべきだし、われわれは現に取り組んでいる」と述べ、核以外の問題には現行の合意と切り離して対処する考えを示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【東京】小平市、朝鮮大学校に補助金 関連団体経由で物品購入…同校「大学内で米日帝国主義を壊滅できる力をより一層…」★3 - 10月20日(金)10:39  newsplus

 東京都小平市が、同市にある朝鮮大学校の元職員が幹部を務める団体に毎年約200万円の補助金を支出し、同団体が補助金を原資として同校にイベントのポスター制作や飲食物などを発注していたことが18日、分かった。市が明らかにした。同校は、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を崇拝している。  市によると、団体は市役所に事務局がある「小平市ごみ減量推進実行委員会」。少なくとも同校職員2人と元職員1人の計3人が今月1日時点で在籍し、うち現職1人が会計担当、元職員は副実...
»続きを読む
カテゴリー:

【北朝鮮情勢】「衛星飛ばす」と北朝鮮 禁止の国連決議非難 - 10月19日(木)22:53 

 19日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮代表は17日、国連総会第4委員会での演説で「国家宇宙開発5カ年計画に従い今後、静止衛星をはじめとする実用衛星をより多く打ち上げる」と述べ、日米韓が事実上の長距離弾道ミサイル発射と見なす衛星打ち上げを続ける方針を示した。
カテゴリー:

全面戦なら「初期にミサイルで北の基地を焦土化」 韓国陸軍  - 10月19日(木)17:10 

【ソウル、鶏竜台聯合ニュース】韓国陸軍は19日、中部の忠清南道・鶏竜台の陸軍本部で行われた国会国防委員会による国政監査で、朝鮮半島で全面戦が起きれば早い段階で3種類の弾道ミサイルを発射し北朝鮮の核・ミサイル施設と長距離砲基地を焦土化する作戦概念を整備していることを明らかにした。
カテゴリー:

琉球新報「9条は日本を守るヘイワの砦。憲法改正で崩して良いのか」 - 10月21日(土)08:46  news

<社説>憲法改正 平和の「砦」崩していいか 憲法9条は日本の平和を守る「砦(とりで)」である。 その普遍的価値を未来へつなぐのか、それとも崩すのか。どちらが日本にとっていいのかを、真剣に考えることが国民に求められている。 弾道ミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮の不穏な動きを引き合いに、安倍晋三首相は衆院選を「国難突破」と位置付ける。争点の一つは、憲法改正である。 憲法改正を巡っては、平和主義の根幹である9条が対立軸となる。9条が形骸化すれば、日本の国の形は大きく変容する。日本の将来がかか...
»続きを読む
カテゴリー:

<社説>憲法改正 平和の「砦」崩していいか - 10月21日(土)06:01 

 憲法9条は日本の平和を守る「砦(とりで)」である。その普遍的価値を未来へつなぐのか、それとも崩すのか。どちらが日本にとっていいのかを、真剣に考えることが国民に求められている。  弾道ミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮の不穏な動きを引き合いに、安倍晋三首相は衆院選を「国難突破」と位置付ける。争点...
カテゴリー:

「超強硬対応」また警告=北朝鮮、「布告なき戦争」と米非難 - 10月20日(金)07:39 

 【ソウル時事】北朝鮮の団体「朝鮮平和擁護全国民族委員会」は19日、談話を出し、米韓両軍による海上合同演習を受け「米国が事実上、われわれに対し宣戦布告なき戦争を開始した」と強く非難した。また「戦争を仕掛けてくるなら、われわれは想像できない超強硬対応で米本土の焦土化という史上最悪の大災難をもたらす」と主張。似たような警告を2日連続で行った。 朝鮮中央通信が伝えた。談話は米韓演習の目的について、金正恩朝鮮労働党委員長ら首脳部を狙う、いわゆる「斬首作戦」計画の実行可能性を検討することにあると訴えた。強い警戒感をあらわにしている。 北朝鮮の別の団体「北侵核戦争演習反対全民族非常対策委員会」も18日、米韓演習を批判。「超強力対応措置」が準備されていると主張していた。「適切な自衛措置が任意の時刻に断行される」と威嚇しており、演習に対抗し、弾道ミサイル発射など挑発を仕掛ける恐れもあるとみられている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【軍事】 米、北朝鮮標的にトマホーク発射の準備命令 - 10月19日(木)21:52  newsplus

米外交専門誌フォーリン・ポリシー(電子版)は18日、米軍が9月、日本海にいた米艦に 北朝鮮を標的に巡航ミサイル「トマホーク」発射に向けた準備命令を出していたと報じた。 北朝鮮が同15日に中距離弾道ミサイル「火星12」を発射したことに対応したものとみられる。軍関係者の話として伝えた。 トマホークは米軍の精密誘導攻撃兵器で、標的に精密に突入し、破壊するのが特徴。 米軍は4月のシリア攻撃でも使用した。同誌は「(準備命令は)初めて聞く話ではないが、 トマホーク発射の可能性が高まっていることを示す重要な指標...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】小平市、朝鮮大学校に補助金 関連団体経由で物品購入…小平市長「外国人であろうと不自由のないサービスを提供していく」★2  - 10月19日(木)14:02  newsplus

 東京都小平市が、同市にある朝鮮大学校の元職員が幹部を務める団体に毎年約200万円の補助金を支出し、同団体が補助金を原資として同校にイベントのポスター制作や飲食物などを発注していたことが18日、分かった。市が明らかにした。同校は、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を崇拝している。  市によると、団体は市役所に事務局がある「小平市ごみ減量推進実行委員会」。少なくとも同校職員2人と元職員1人の計3人が今月1日時点で在籍し、うち現職1人が会計担当、元職員は副実...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「弾道ミサイル」の画像

もっと見る

「弾道ミサイル」の動画

Wikipedia

弾道ミサイル(だんどうミサイル、)は、大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶ対地ミサイルのこと。弾道弾とも呼ばれる。弾道ミサイルは最初の数分の間に加速し、その後慣性によって、いわゆる弾道飛行と呼ばれている軌道を通過し、目標に到達する。

歴史

;V2/A4 ペーネミュンデ博物館のV2 世界初の弾道ミサイルは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツが開発したA4(V2ロケット)である。液体酸素エタノール燃料とするこのミサイルは大戦中に3000発以上が使用され、主にロンドン、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる