「弾劾訴追」とは?

関連ニュース

米大統領の弾劾手続き 罷免へ高いハードル - 05月18日(木)19:49 

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領がロシア関連疑惑でコミー前連邦捜査局(FBI)長官に捜査中止を求めたとの報道を踏まえ、トランプ氏の弾劾を求める声が広がりつつある。だが、弾劾訴追を決議する下院、弾劾裁判を行う上院のいずれも与党・共和党が過半数を握る現状では罷免のハードルは高い。
カテゴリー:

今日の歴史(5月14日) - 05月14日(日)00:00 

1948年:北朝鮮が韓国への電力供給を中断 1952年:李承晩(イ・スンマン)大統領が大統領の直接選挙制と国会二院制実施に向けた憲法改正案を提出 1976年:ソウル・南山3号トンネル起工 1981年:慶尚北道・慶山で列車衝突事故、52人死亡・233人負傷 2004年:憲法裁判所の弾劾訴追棄却により盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が職務復帰 2007年:南北連結鉄道の通信開通、列車試運転準備へ 2009年:韓国と米国が朝鮮戦争戦死者の遺骨共同発掘作業に着手
カテゴリー:

韓国大統領選を日本はどう報じたのか? 新聞各紙の論調を徹底比較 - 05月11日(木)05:00 

朝鮮半島情勢が一時の緊迫した状態から落ち着きを取り戻しつつある中、朴槿恵前大統領の罷免を受けて行われた韓国大統領選挙。フタを開けてみれば下馬評通り、革新派の文在寅(ムン・ジェイン)氏の圧勝に終わりました。この結果は今後の日韓関係にどのような影響を及ぼすのか、マスコミでも意見が分かれているようです。はたして、今回の韓国大統領選の結果を、日本の主要な新聞各紙はどう報じたのでしょうか。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』の著者でジャーナリストの内田誠さんが詳細に分析しています。 韓国大統領選の結果を、各紙はどう報じたか 【ラインナップ】 ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…「韓国大統領に文在寅氏」《読売》…「韓国大統領に文氏」《毎日》…「韓国大統領に文在寅氏」《東京》…「韓国大統領に革新系・文氏」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「「反朴」受け皿は文氏」《読売》…「対北包囲網に暗雲」《毎日》…「対北朝鮮 融和模索へ」《東京》…「日米韓 対北連携に溝」 ハドル 当然のように、韓国大統領選の結果を各紙、1面トップでも解説面でも大きく扱っています。今日のテーマは…韓国大統領選の結果を、各紙はどう報じたか、です。 「反朴」受け皿 【朝日】は1面トップと2面の解説記事「時時刻刻」、3面に日韓関係についての記事、12面に識者の意見を紹介する「考論」、13面に韓国経済についてなど、16面...more
カテゴリー:

【為替】「ロシアゲート」疑惑は円高の扉を開くか=鈴木健吾氏 - 05月18日(木)03:07 

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN18D0L9 [東京 17日] - 相変わらずトランプ米大統領の周辺が騒がしい。ここにきてロシアに関する疑惑が強まっている。 9日には、ロシアによる昨年の米大統領選への関与を捜査しているとした米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を突然解任。捜査つぶしではないかとの見方から、ニクソン大統領が自らの不法行為との関係を捜査していた特別検察官を解任し、正副司法長官を辞任させたウォーターゲート事件にちなみ、「ロシアゲート」という言葉も飛び出した。 さらに10日にホワイ...
»続きを読む
カテゴリー:

朴正煕政権で投獄された文在寅大統領は朴一族の天敵 - 05月11日(木)16:00 

 若い学生からベビーカーを押した母親、杖をついた老夫婦まで、彼が町を歩けば老若男女が殺到する。 「さながら韓流スターです。選挙戦を通じて、一強体制はほぼ揺るぎません」(韓国の全国紙記者)  9日、韓国で大統領選が行われ、最大野党『共に民主党』の文在寅氏(64才)が当選した。北朝鮮への融和政策を掲げ、「米国にも言うべきことは言う」という文氏の姿勢に、トランプ米大統領が早くも警戒しているといわれているが、彼の存在に最も肝を冷やしているのが日本の首相官邸だ。弱者救済を掲げて青年期より権力と闘ってきた文氏は、筋金入りの「反日」だからだ。  文氏は1953年1月、韓国南部の巨済島に生まれた。両親は朝鮮戦争中に戦火を逃れて北朝鮮から韓国にやってきた避難民だった。幼少時は貧しく、トウモロコシのおかゆで飢えをしのいだ。月謝が払えずに授業の途中で教室から追い出されたこともあったという。  名門・慶煕大学に進学後は、朴槿恵前大統領(65才)の父親である朴正煕政権に対する民主化闘争に明け暮れ、反政府デモを主導して逮捕・投獄されている。 「デモ中に催涙ガスを浴びて失神したこともあるほど、激しい権力闘争を繰り広げてきました。ちなみに失神した際に彼を看病した女性が、今の夫人です。卒業後は人権派弁護士として活動し、政治の師と仰ぐ盧武鉉政権では大統領秘書室長を歴任して、彼の右腕として働きました。当時は激務のあまり...more
カテゴリー:

「弾劾訴追」の画像

もっと見る

「弾劾訴追」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる