「強姦致死」とは?

関連ニュース

琉球新報「黙秘権行使するやつは順法精神と人権意識が欠けている」 - 11月17日(金)07:41  news

将来ある20歳の女性の命が奪われた痛ましい事件である。被告の権利とはいえ、黙秘権行使は許し難い。 うるま市で昨年4月、女性会社員を暴行し殺害したとして、殺人罪などに問われた元海兵隊員で当時軍属だったケネス・フランクリン・シンザト(旧姓ガドソン)被告の裁判員裁判初公判が那覇地裁で始まった。 被告は罪状認否で「殺すつもりはなかった」と述べ、殺人罪の起訴内容を否認した。強姦致死と死体遺棄の罪は認めた。 その後の被告人質問で、被告は黙秘権を行使した。少なくとも被害女性、遺族に謝罪すべきである。事件...
»続きを読む
カテゴリー:

【沖縄地裁】うるま市 女性(20)殺害、元米軍属の男(33)が「殺してもいない」と殺意否認…初公判 - 11月16日(木)13:32  newsplus

昨年4月、沖縄県うるま市の女性会社員(当時20歳)が殺害された事件で、殺人、強姦ごうかん致死罪(現・強制性交致死罪)などに問われた元米軍属のケネフ・フランクリン・シンザト被告(33)の裁判員裁判の初公判が16日午前、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)で始まった。 シンザト被告は罪状認否で、「殺すつもりはなかったし、殺してもいません」と殺意を否認した。  起訴状などでは、シンザト被告は昨年4月28日夜、うるま市内でウォーキング中の女性を乱暴目的で襲い、棒で頭を殴打。両手で首を絞め、ナイフで首付近を数回...
»続きを読む
カテゴリー:

元米海兵隊員が殺人罪を否認 米軍属女性暴行殺人 強姦致死、死体遺棄は認める - 11月16日(木)10:16 

 2016年4月に発生した米軍属女性暴行殺人事件で、殺人や強姦致死などの罪で起訴された元米海兵隊員で事件当時軍属の被告(33)の裁判員裁判初公判が16日午前10時、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)で開廷した。被告は殺人罪について「殺すつもりはなかった」などとして起訴内容を否認、強姦(ごうかん)致死と死...
カテゴリー:

被告人質問、供述拒む 女性殺害事件の元米軍属、初公判で殺意否認 検察「犯行は計画的」、17日に第2回公判 - 11月17日(金)06:00 

 2016年4月に沖縄県で発生した米軍属による女性暴行殺人事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われた元米海兵隊員で事件当時軍属だったケネス・フランクリン・シンザト(旧姓ガドソン)被告(33)の裁判員裁判初公判が16日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)で開かれた。起訴事実についてケネス被告は強姦(ごうかん...
カテゴリー:

沖縄女性殺害:元米軍属、無罪主張 初公判 - 11月16日(木)11:34 

 沖縄県うるま市の会社員女性(当時20歳)が昨年4月に殺害された事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元米海兵隊員で米軍属だったケネフ・フランクリン・シンザト被告(33)は16日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で「殺すつもりはなかったし、殺していない」と述べ殺人罪について無罪を主張した。強姦致死と死体遺棄の罪については認めた。過重な基地負担に苦しむ沖縄で繰り返された米軍関係者による事件を市民がどう裁くのか注目される。
カテゴリー:

「強姦致死」の画像

もっと見る

「強姦致死」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる