「強制隔離」とは?

関連ニュース

訃報:高瀬重二郎さん95歳=元ハンセン病療養所協議会長 - 05月18日(金)02:30 

 全国ハンセン病療養所入所者協議会(旧・全国ハンセン病患者協議会)の会長を務め、ハンセン病患者の強制隔離を定めた「らい予防法」の廃止(1996年4月)に取り組んだ高瀬重二郎(たかせ・じゅうじろう)さんが16日、岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で亡くなった。95歳。葬儀は18日午前1
カテゴリー:

「差別、今も実感」 ハンセン病家族訴訟 県内から金城さん初証言 熊本地裁   - 05月12日(土)06:15 

 国が長年続けたハンセン病強制隔離政策のため、患者本人だけでなく、家族も深刻な偏見や差別を受けたとして、元患者の家族で沖縄県内在住の244人を含む508人が国に謝罪と損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が11日、熊本地裁で開かれた。ハンセン病回復者の母を持つ県内の金城正樹さん(46)が法廷で証言し、差別や...
カテゴリー:

性器をぱちぱちとはじく看護婦の顔には薄笑いが浮かんでいた - 05月17日(木)15:42  news

出来上がった畝を見下ろし、くわに手を置いて一息入れていた時だった。 突然、背後から男性職員2人に羽交い締めにされ引きずり出された。 必死にもがく男性を押さえ、職員は耳元で言い放った。「おまえの番だ」。 連れて行かれた場所は手術室だった。 手術台に寝かされた男性はふんどしを看護婦にはぎ取られた。 指で性器をぱちぱちとはじく看護婦の顔には薄笑いが浮かんでいた。 沖縄県名護市済井出にあるハンセン病療養施設「沖縄愛楽園」に強制隔離された男性(97)は、1947年ごろ、強制された断種の様子を初めて証言...
»続きを読む
カテゴリー:

ハンセン病療養所:私たちが懸け橋に 人間回復の橋30年 - 05月09日(水)14:00 

高校生が歴史伝える冊子作製  二つのハンセン病療養所がある岡山県瀬戸内市の長島と本州を結び、「人間回復の橋」と呼ばれた邑久(おく)長島大橋が9日、開通から30年を迎えた。島に強制隔離された人たちの証言や、隔離政策からの解放を象徴する架橋の歴史を後世に伝えようと、広島県の高校生たちがハンセン病に関する
カテゴリー:

「強制隔離」の画像

もっと見る

「強制隔離」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる