「弱体化」とは?

関連ニュース

【パヨク速報】南北首脳会談で朝鮮戦争終結へ⇒トランプ「祝福」⇒在韓米軍撤退同盟破棄⇒中国の属国化へ - 04月24日(火)09:56  news

しょせんは米中の掌で踊る南北朝鮮 / 北朝鮮は分割占領か、単独占領か(抜粋) 鈴置:4月17日に安倍首相と会談した後のトランプ大統領の発言が興味深い。 「南北首脳会談で朝鮮戦争を(正式に)終結させることができるかもしれない。 それを祝福する」と語ったのです。 ・South Korea is meeting, and has plans to meet, with North Korea to see if they can end the war. And they have my blessing on that.  韓国では、文在寅大統領と金正恩委員長が「朝鮮戦争は終結した」と宣言 すると予想する人が増えている。そ...
»続きを読む
カテゴリー:

政治記者が明かす、安倍政権「激ヤバ未来予想図」 - 04月22日(日)06:30 

 大手メディアの調査で、不支持率が支持率を大きく上回った安倍政権。森友問題に関する財務省の文書改ざん問題で、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を見た国民が、安倍首相にNOを突きつけた形だ。そんな世論の一方で、政界付近で取材を続ける大マスコミの記者たちは政権をどう見ているのだろうか。テレビや全国紙の政治記者に、匿名を条件に話を聞くと、意外な答えが出た。 ■新聞やテレビの政治記者が暴露  まず、支持率の下落がはなはだしい安倍政権だが、記者のほとんどが「すぐには倒れない」といった趣旨の回答だった(以下、カッコ内に、記者の所属をテレビ局か全国紙かだけ示す)。「証人喚問直前の佐川さんは、前川さん(喜平前文科次官)のように、裏側すべてを暴露する“反乱”を起こすのではと注目されていました。だが、結果は逆。“知らぬ存ぜぬ”を繰り返す姿を見て、安倍政権の恐ろしさを再認識した官僚や関係者は多く、取材を重ねても口を塞ぐ人ばかり。森友問題で倒れる現実味は薄いと感じました」(テレビ局)  とはいえ、安倍政権が安泰というわけではない。「様子見の人は多い。“すぐに倒れることはないけど、ずっと続くわけではなさそう”と」(全国紙)  なぜなら、自民党内には“不満”が燻っており、「手厳しい意見を繰り返す石破茂元幹事長は言うに及ばず、首相批判を公の場で行うと決意した若手議員もいるそうです」(全国紙)  ...more
カテゴリー:

ジャニーズ事務所の弱体化?以前では考えられなかった、堂本剛の行動 - 04月20日(金)23:10 

KinKi Kidsの堂本剛が、自身のプロジェクト「ENDRECHERI」にかかわるロゴマークやキャラクターの商標登録を個人で進めていることを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じて...
カテゴリー:

アベノミクスの罠…裁量労働制で経済成長はありえない! 壮大な嘘に国民は「お別れ」を - 04月20日(金)15:00 

森友・加計問題、自衛隊の日報隠蔽に続き、財務次官“セクハラ”辞任で安倍政権が末期状態だ。 窮地に立たされている政権の命綱は「アベノミクスによる経済成長」のはずだが、この経済政策の成果も「都合のいいデータ」によって築かれた砂上の楼閣だったとしたら──。 今、話題の一冊『アベノミクスによろしく』(インターナショナル新書)の著者・明石順平氏は「アベノミクスは大失敗だった」と断言。同書では政府や国際機関が発表した公式データを用いながら、アベノミクスの幻想を打ち破っている。 なぜ、大失敗だったのか? 菅義偉(すが・よしひで)官房長官への厳しい追及で一躍、その名が知られた東京新聞社会部記者・望月衣塑子(いそこ)氏との対談で語る――。 前回記事では、若い世代が安倍政権を支持する理由として挙げる「雇用の改善」も「アベノミクスとは関係ない」と看破。この第3回では「働き方改革」の“罠”を見破る──。 *** 望月 アベノミクスの嘘というか、「アベノミクスの罠」という意味では、国会で議論されている「働き方改革」も象徴的です。厚労省が作った資料の「不適切なデータ」が問題になり、関連法案から「裁量労働制の対象拡大」が取り下げられました。 ...more
カテゴリー:

若い世代が安倍政権を支持する雇用改善もアベノミクスとは無関係!? そもそも経済は「全然潤ってない」 - 04月19日(木)11:00 

働き方改革法案に盛り込まれていた裁量労働制に関する「不適切なデータ」、森友学園への国有地売却問題をめぐる「決済文書改ざん」、そして自衛隊の「日報隠蔽」──今、安倍政権への信頼が大きく揺らいでいる。 安倍政権が高い支持率を維持してきた最大の理由はアベノミクスによる経済成長と言われているが、政権の命綱であるこの経済政策の成果も「都合のいいデータ」によって築かれた砂上の楼閣だったとしたら──。 今、話題の一冊『アベノミクスによろしく』(インターナショナル新書)の著者・明石順平氏は「アベノミクスは大失敗だった」と断言。同書では政府や国際機関が発表した公式データを用いながら、アベノミクスの成果が幻想に過ぎないことを看破している。 なぜ、大失敗だったのか? 菅義偉官房長官への厳しい追及で一躍その名が知られた東京新聞社会部記者・望月衣塑子(いそこ)氏との対談で語る――。 前回記事では、「実質賃金が下がった理由」「実質GDP成長率は民主党政権時代の3分の1」など、アベノミクスの実態を明かしたが、この第2回では、若い世代が安倍政権を支持する理由となっている「雇用の改善」の裏側を暴く──。 *** 望月 株価上昇はアベノミクスの最もわかりやすい成果...more
カテゴリー:

【安倍政権】閣僚が次々造反 安倍政権は「麻生辞任」が終わりの始まり - 04月22日(日)09:19  seijinewsplus

まさに政権末期だ。次々にスキャンダルが押し寄せている安倍政権。末期的なのは、閣僚たちが半ば公然と“造反”し始めていることだ。閣僚をコントロールできなくなったら、政権の終わりは近い。  アベ1強が続いた、この5年間、閣僚が安倍首相に逆らうことは皆無だった。独裁者に恨まれたら、どんな仕打ちをされるか分からないと怯えたからだろう。ところが、ここにきて空気が一変している。安倍首相が困ると承知しながら、自分の考えに従って行動し始めているのだ。  そもそも、モリカケ疑惑が再びここまで大きくなったのは、斎藤...
»続きを読む
カテゴリー:

日銀・黒田総裁の続投は誰も後釜に座りたくなかっただけ? それでも絶望してはいけない…アベノミクス、恐怖のワーストシナリオ - 04月21日(土)11:00 

森友・加計問題、自衛隊の日報問題に続き、財務次官“セクハラ”辞任で安倍政権が末期状態だ。 窮地に立たされている政権の命綱は「アベノミクスによる経済成長」のはずだが、この経済政策の成果も「都合のいいデータ」によって築かれた砂上の楼閣だったとしたら──。 今、話題の一冊『アベノミクスによろしく』(インターナショナル新書)の著者・明石順平氏は「アベノミクスは大失敗だった」と断言。同書では政府や国際機関が発表した公式データを用いながら、アベノミクスの幻想を打ち破っている。 なぜ、大失敗だったのか? 菅義偉(すが・よしひで)官房長官への厳しい追及で一躍その名が知られた東京新聞社会部記者・望月衣塑子(いそこ)氏との対談で語る――。 前回は、“アベノミクスの罠”として裁量労働制に関する「不適切なデータ」騒動を挙げながら、この経済政策の根本的な間違いをズバリ指摘。この最終回では、アベノミクスの行き着く末路、恐怖のワーストシナリオを語る──。 *** 望月 日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁の「続投」が決まりました。ただ、これはアベノミクス開始当初からの目標であった「年2%の物価上昇」を6年連続で延期するなど経済政策がうまくいっていないので、結局「誰...more
カテゴリー:

立憲民主党、自分達が出した法案の審議中、審議拒否し退席…憲政史上初 - 04月20日(金)19:56  news

生活保護法の一部改正について立憲民主党が提出した法案が、立憲民主党によって審議拒否される珍事件があった。麻生大臣の辞任を求めて国会をボイコットしたようだ。 国会唖然。提案者の池田真紀議員(立憲民主党)がいなくなっている。 与党が法案について質問しようとしたところ、なぜか回答役の池田真紀議員がいなくなっていることが判明。仕事を無責任に放棄したとして誰もが驚いた。 生活保護のことなんて本当はどうでもいいから、とにかく自民党の弱体化を狙うべく麻生大臣の辞任を求めるというのが立憲民主党の狙いのようだ...
»続きを読む
カテゴリー:

【書評】日本人は知らない、中国が経済成長で失った「正しさ」 - 04月20日(金)03:56 

お隣の国のことでも知らないことは多くあるようです。今回、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介するのは、20年で40回中国に足を運んだ著者が、中国内部のことを詳しく綴った一冊。中国という国の大きすぎる歪み、そしてその原因は一体何なのでしょうか? 『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』 川島博之・著 講談社 川島博之『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』を読んだ。著者は東京大学大学院農学生命科学研究科准教授、専門は環境経済学、開発経済学。世界の食料生産についての研究で、世界各国の農村を取材して回った。この20年間で40回ほど中国を訪問している。留学生を通訳代わりにして、農村を訪ね歩いたフィールドワークをもとに書いた一冊である。 中国を13億人の国とみてはいけない。先進国形の消費社会に住んでいるのは4億人だけなのだ。中国は、都市戸籍を持つ4億人と、農民戸籍を持つ、搾取される側の9億人からなる国、「戸籍アパルトヘイト国家」である。「戸籍アパルトヘイト」を止められない中国の失速は目前に迫っている、というのだ。この本では、農民戸籍と都市戸籍をキーワードにして、中国の近未来を語る。 中国政府は国民を都市と農村に2つに区別、それぞれを上位から下位まで5ランクに分け、各層の平均所得を発表している。この感覚は日本人には理解できない。これがアパルトヘ...more
カテゴリー:

弱体化する政権の命綱「アベノミクスの成果」も都合のいいデータで作られた幻想だった!? - 04月18日(水)06:00 

働き方改革法案に盛り込まれていた裁量労働制に関する「不適切なデータ」、森友学園への国有地売却問題をめぐる「決裁文書改ざん」、そして自衛隊の「日報隠蔽」──今、安倍政権への信頼が大きく揺らいでいる。 安倍政権が高い支持率を維持してきた最大の理由はアベノミクスによる経済成長と言われているが、政権の命綱であるこの経済政策の成果も「都合のいいデータ」によって築かれた砂上の楼閣だったとしたらーー。 今、話題の一冊『アベノミクスによろしく』(インターナショナル新書)の著者・明石順平氏は「アベノミクスは大失敗だった」と断言。同書では政府や国際機関が発表した公式データを用いながら、アベノミクスの成果が幻想に過ぎないことを看破している。 なぜ、大失敗だったのか? 菅義偉(すが・よしひで)官房長官への厳しい追及で一躍、その名が知られた東京新聞社会部記者・望月衣朔子(いそこ)氏との対談で語る──。 *** 望月 世の中にはなんとなく「アベノミクスで経済は上向いている」という認識があると思います。確かに、2012年の第二次安倍政権成立以前に8千円台だった日経平均株価が今では2万円台にまで上がっている。しかし、依然としてデフレマインドが続いているし、人々の購買力が上がって豊かにな...more
カテゴリー:

もっと見る

「弱体化」の画像

もっと見る

「弱体化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる