「弱体化」とは?

関連ニュース

いつ裏切るかわからない? 「立憲民主党」から漂うウサン臭さ - 10月19日(木)08:00 

前回掲載の「なぜ野党寄りのマスコミは急に期日前投票を呼びかけなくなったのか」では、世論調査で自公優勢がわかった途端に「期日前投票」を呼びかけなくなった一部マスコミの「思惑」を鋭く指摘した無料メルマガ『マスコミでは言えないこと』の著者でITジャーナリストの宮脇睦(みやわき・あつし)さん。今回は「立憲民主党」を支持できない理由を解説しています。 1分でわかる「立憲民主党」のウサン臭さ 第48回衆議院選挙も、いよいよ最終コーナーに差し掛かりましたが、「安倍のバーカ」をデフォルトとする左派というか、日本の弱体化を目指すかのメディアが、文字通り「希望の党」と見いだしているのが、新党「希望の党」から排除された連中で集まった「立憲民主党」です。 地上波テレビに登場する政治評論家、政治ジャーナリストは反安倍、アンチ自民ばかりで、アリバイ作りのように田崎史郎氏が登場し、中立的な意見を述べますが、そんな彼でもニヤニヤと安倍首相をDisり、それは抑制的な「批判」の枠内ですが、つまりは安倍応援団が誰もいないという一事を持って、「放送法違反」であることは明らかです。 放送法の第四条にはこうあります。 一 公安及び善良な風俗を害しないこと。 二 政治的に公平であること。 三 報道は事実をまげないですること。 四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。 「二」の政治的...more
カテゴリー:

「帰国した戦闘員らが東南アジアに新たな拠点」 米軍高官がIS弱体で危機感も表明 - 10月18日(水)00:47 

 米太平洋軍のハリス司令官は17日、訪問先のシンガポールで講演し、イラクやシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)が弱体化するのに伴い「帰国した戦闘員らが東南アジアに新たな拠点をつくろうとしている」と危機感を表明、各国が協力して迅速に対応する必要があると語った。
カテゴリー:

「イスラム国」の“首都”ラッカを制圧 10/17 21:57更新 - 10月17日(火)21:57 

クルド人主体の民兵組織の報道官は17日、過激派組織「イスラム国」が首都と位置づけるシリア北部の都市ラッカを制圧したことを明らかにした。イラクのモスルに続き、その象徴ともいえる都市を失うかたちで、組織は一気に弱体化することになる。
カテゴリー:

総選挙勝利でも弱体化する「メルケル政権」 連立与党からして足並みがそろっていない | グローバルアイ | 東洋経済オンライン - 10月14日(土)15:00 

9月末に行われた独総選挙の結果は、欧州連合(EU)に教訓をもたらした。EUの安定を支えてきたドイツでさ…
カテゴリー:

中国の夢は日本の悪夢。侵略されたいなら「憲法9条」を変えるな - 10月10日(火)22:00 

衆院総選挙の争点のひとつにもなっている「憲法9条改正問題」。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では著者の伊勢雅臣さんが、過去に中国が他国に対して行ってきたこと、そして今まさに進めつつあることなどを具体的に上げ、なぜ憲法を変えなければいけないのか、専門家の著書などを引きながらわかりやすく解説しています。 憲法9条が招く国難 2016年春、ワシントンの民間軍事問題研究機関「国際評価戦略センター」は、中国の東シナ海戦略についての調査報告書を公表した。そこでは中国が尖閣諸島の奪取のための軍拡を急速に進めている様子が報告されていた。 例えば、尖閣諸島から約360キロの浙江省の南ジ列島でヘリコプター発着を目的とする新軍事基地の建設を始めた。同じく約320キロの地点にある同省温州市で、日本の海上保安庁にあたる「海警」の新しい基地の建設を始める事を明らかにした。 高速大型のホバークラフトを配備し、新鋭の重量級ヘリの開発にも着手した。さらに軍用航空機と軍艦の拠点として機能する「洋上基地」の東シナ海での配備を決めた。 この報告書は、中国が尖閣だけでなく、沖縄を含む琉球諸島全体の奪取を目論んでいると結論づけている。それが成功した暁には米軍はグアム以東に駆逐され、西太平洋は「中国の海」となり、わが国はそこに浮かぶ孤島列島となってしまうだろう。 この「国際評価戦...more
カテゴリー:

焦点:イラン内部で権力闘争再燃、米大統領の核合意「否認」受け - 10月18日(水)22:10 

Parisa Hafezi [アンカラ 15日 ロイター] - 米国が新たに示したタカ派的な姿勢を受けて、イランは直ちに団結して対抗する構えをみせているが、イランの強硬派は、この対立につけこみ、西側に対する親和姿勢を取る国内ライバルを弱体化させようと画策している。アナリストや内部の事情に詳しい関係筋が明らかにした。 トランプ大統領が13日、2015年に締結した歴史的なイラン核合意を破棄する
カテゴリー:

イラン内部で権力闘争再燃、米大統領の核合意「否認」受け - ロイター発 World&Business - 10月18日(水)00:00 

米国が新たに示したタカ派的な姿勢を受けて、イランは直ちに団結して対抗する構えをみせているが、イランの強硬派は、この対立につけこみ、西側に対する親和姿勢を取る国内ライバルを弱体化させようと画策している。アナリストや内部の事情に詳しい関係筋が明らかにした。
カテゴリー:

焦点:イラン内部で権力闘争再燃、米大統領の核合意「否認」受け - 10月16日(月)17:20 

[アンカラ 15日 ロイター] - 米国が新たに示したタカ派的な姿勢を受けて、イランは直ちに団結して対抗する構えをみせているが、イランの強硬派は、この対立につけこみ、西側に対する親和姿勢を取る国内ライバルを弱体化させようと画策している。アナリストや内部の事情に詳しい関係筋が明らかにした。
カテゴリー:

トランプ米大統領、オバマケアを弱体化させる大統領令に署名 - 10月13日(金)09:11 

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は12日、医療保険制度改革(オバマケア)のもとで導入された保険商品に対する規制を緩和する大統領令に署名した。小規模事業者や個人向けの保険商品や購入手段の選択肢を増やす内容で、オバマケアの弱体化を図る意味合いがある。
カテゴリー:

【国際】「核兵器禁止条約、一発も減らせない」米政権が改めて反対強調 - 10月07日(土)12:00  newsplus

 核兵器禁止条約の実現に貢献した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞が決まったことについて、米国務省の報道官は6日、朝日新聞の取材に対し、「平和賞授与で米国の条約に対する立場が変わることはない。米国は条約を支持せず、署名もしない」と述べ、改めて条約反対の姿勢を強調した。  報道官は「核兵器禁止条約は世界をより平和にすることはなく、結果的に一発も核兵器を減らすことにならない」と指摘。その上で「条約は、核抑止を必要とする現在の危機を無視している」と批判した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「弱体化」の画像

もっと見る

「弱体化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる