「弥生時代」とは?

関連ニュース

【ν速歴史部】淡路の弥生遺跡から後漢期の鋳造銭発掘 交易の可能性 卑弥呼の時代の数百年以上前 - 05月20日(土)12:04 

南あわじ入田稲荷前遺跡で弥生時代の渡来銭3枚出土 「海上交易示す重要史料」 兵庫 2017.5.19 07:00 南あわじ市八木入田の入田稲荷前(いりたいなりまえ)遺跡で、弥生時代に中国からもたらされたとみられる 青銅製の渡来銭「貨泉(かせん)」3枚が重なった状態で出土し、同市教委が18日、発表した。 貨泉は全国各地で見つかっているが、3枚同時に発掘されるのは珍しく、市教委は 「渡来人との交易もうかがわせ、弥生時代の流通を考えるうえで畿内への玄関口となる淡路島が 海上交易の要所だったことを後押しする重要...
»続きを読む
カテゴリー:

弥生時代の日本へ 中国の貨幣を発見=淡路島 - 05月19日(金)16:33 

紀元14~40年にかけて中国古代「新」「後漢」時代で鋳造されたとみられる貨幣「貨泉」3枚が、兵庫県淡路島の入田稲荷前(いりたいなりまえ)遺跡で見つかった。
カテゴリー:

彦根・稲部遺跡:鉄器工房遺構が水没 周囲の水田しみ出す - 05月17日(水)15:08 

 滋賀県彦根市彦富町の「稲部遺跡」で、弥生時代終末から古墳時代初め(3世紀前半)の鉄器工房群の遺構が水没していることが分かった。周囲の水田から水がしみ出したのが原因とみられ、柱穴などが浸食される恐れもある。中国の史書「魏志倭人伝」に記述のある「三十国」の一つとみられる重要な遺跡で、市は国史跡指定を目指している。市教委は管理が不十分だったと認め、対策を検討している。【西村浩一】
カテゴリー:

交流示す縄文土器=東北影響、沖縄で出土 - 05月19日(金)21:10 

 沖縄県北谷町の遺跡で出土した縄文晩期の「亀ケ岡式土器」を分析したところ、西日本で作られたことが分かったと、町教育委員会が19日発表した。亀ケ岡式土器は東北地方で多く見つかっているが、沖縄県で出土したのは初めて。町教委は縄文から弥生時代にかけての本土との交流を示す遺物とみている。 町教委によると、土器片は2003年3月に返還された米軍基地跡地の「平安山原(はんざんばる)B遺跡」で出土した。東北の亀ケ岡式土器と同様に、「工」の字を組み合わせた文様や朱に塗られた跡があった。 弘前大学(青森県弘前市)の関根達人教授らが分析したところ、文様の微妙な違いや土器片に含まれる物質の特徴から、西日本で製作されたことが分かった。 関根教授は、東北の亀ケ岡式土器の影響を受けた北陸・中部地方の人たちが移動し、西日本で作った土器が沖縄に運ばれたとみている。 【時事通信社】
カテゴリー:

ヒガンバナ きもいよな 毎年勝手に生えてくる 吉野ヶ里公園にヒガンバナ - 05月18日(木)15:57 

弥生時代の大規模な集落の跡に整備されている神埼市と吉野ヶ里町にまたがる吉野ヶ里歴史公園で、幼稚園児らがヒガンバナの球根を植えました。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5083430521.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

「弥生時代」の画像

もっと見る

「弥生時代」の動画

Wikipedia

弥生時代(やよいじだい)は、北海道・沖縄を除く日本列島における時代区分の一つであり、縄文時代に続き、古墳時代に先行する。およそ紀元前3世紀中頃(この年代には異論もある)から、紀元後3世紀中頃までにあたる時代の名称である。

弥生時代は、水稲耕作による稲作の技術をもつ集団が列島外から北部九州に移住することによって始まったとされる。しかし、1994年、縄文末期に属する岡山県総社市南溝手遺跡(みなみみぞていせき)の土器片中からプラント・オパール(イネ科植物の葉などの細胞成分)が発見され、さらに同県真庭市美甘(みかも)姫笹原の4500年前の土器にもプラントオパールが発見され、2005年には岡山県...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる