「弥生時代」とは?

関連ニュース

「松帆銅鐸」ミルクチョコに 淡路島牛乳、来春から販売 - 11月16日(木)23:36 

 淡路島牛乳(兵庫県南あわじ市市善光寺)は同市松帆地区で一昨年に見つかった弥生時代の青銅器「松帆銅鐸」をかたどったミルクチョコレートを開発し、15日、お披露目した。来春からの販売を予定している。
カテゴリー:

【福岡】弥生の硯、福岡の遺跡で初の完全形…文字使用か - 11月15日(水)11:00  newsplus

弥生の硯、福岡の遺跡で初の完全形…文字使用か 2017年11月15日 07時14分  http://www.yomiuri.co.jp/culture/20171114-OYT1T50132.html  福岡県筑前町にある弥生時代中期~後期の薬師ノ上やくしのうえ遺跡で、弥生時代では初めてとなる完全な形の硯すずりが出土していたことが、同町教育委員会の調査でわかった。  専門家は「弥生時代の日本で文字が書かれていた可能性を示す発見」としている。  硯は長さ15・3センチ、幅6・3センチ、厚さ0・9センチで、真ん中で二つに割れている。2003年に集落跡から出土し、用途...
»続きを読む
カテゴリー:

弥生のすずり初の完形品か 国学院大教授 再鑑定、学会発表へ 福岡・筑前町14年前に出土 - 11月09日(木)06:00 

福岡県筑前町の薬師ノ上遺跡で14年前に出土した石片が、弥生時代後期前半(1世紀前半)のすずりとみられることが、国学...
カテゴリー:

【歴史】国宝「金印」は本物? 後世のニセモノでは、との声が後を絶たず[朝日新聞]★3 - 10月24日(火)22:43  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASK9Q55KYK9QTLZU001.html  志賀島(しかのしま、福岡市)から見つかった国宝「金印」。はるか2千年ほど前、弥生時代の日本と中国の国際交流を裏付ける物証として有名だ。ところがこの金印、後世のニセモノでは、との声が後を絶たず、今も真贋(しんがん)論争が続行中なのだ。  まばゆく光る金印は印面2センチ余り四方で、手のひらにすっぽり収まる小ささ。ヘビを模した鈕(ちゅう、つまみ)を持ち、「漢委奴国王」の5文字が刻まれる。  江戸時代に志賀島で水田の溝の修理中に出土したとされ...
»続きを読む
カテゴリー:

【歴史】国宝「金印」は本物? 後世のニセモノでは、との声が後を絶たず[朝日新聞] - 10月24日(火)18:23  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASK9Q55KYK9QTLZU001.html  志賀島(しかのしま、福岡市)から見つかった国宝「金印」。はるか2千年ほど前、弥生時代の日本と中国の国際交流を裏付ける物証として有名だ。ところがこの金印、後世のニセモノでは、との声が後を絶たず、今も真贋(しんがん)論争が続行中なのだ。  まばゆく光る金印は印面2センチ余り四方で、手のひらにすっぽり収まる小ささ。ヘビを模した鈕(ちゅう、つまみ)を持ち、「漢委奴国王」の5文字が刻まれる。  江戸時代に志賀島で水田の溝の修理中に出土したとされ...
»続きを読む
カテゴリー:

【古代】弥生土器にシカ描く 豊作のシンボル? 大分・四日市遺跡 - 11月15日(水)23:25  newsplus

http://www.sankei.com/region/news/171115/rgn1711150006-n1.html  大分県玖珠町の四日市遺跡で、シカや矢尻が描かれた約2千年前(弥生時代中期)の土器の破片2点が見つかり、 県立埋蔵文化財センターが発表した。 弥生時代にシカは豊作のシンボルだったとされ、角や尾などを写実的に表現。 同センターは「2つの土器をセットにして農耕の祭祀に使ったのではないか」としている。  シカを描いた土器はつぼ型で、口の部分に2頭を線刻していた。 いずれも縦横約6センチで、1頭は枝分かれした角に、胴体を斜線で埋めていた...
»続きを読む
カテゴリー:

弥生土器にシカと矢尻のデザイン 大分・四日市遺跡 - 11月10日(金)19:52 

 大分県玖珠町の四日市遺跡で、シカや矢尻が描かれた約2千年前(弥生時代中期)の土器の破片2点が見つかり、県立埋蔵文化財センターが10日、発表した。弥生時代にシカは豊作のシンボルだったとされ、角や尾などを写実的に表現。同センターは「二つの土器をセットにして農耕の祭祀に使ったのではないか」としている。
カテゴリー:

出雲の弥生集落遺跡で島根初、中国製銅鏡「破鏡」出土 8日から公開 島根 - 11月07日(火)18:31 

 1世紀後半頃の中国で作られたとみられる銅鏡の破片が、島根県出雲市の弥生時代(2世紀頃)の集落遺跡から見つかり、同市文化財課が6日発表した。意図的に割られた「破鏡」とみられ、弥生時代の遺構から中国製鏡が出土したのは、島根県内では初めて。8日から同市の出雲弥生の森博物館で公開される。
カテゴリー:

【歴史】国宝「金印」は本物? 後世のニセモノでは、との声が後を絶たず[朝日新聞]★2 - 10月24日(火)20:00  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASK9Q55KYK9QTLZU001.html  志賀島(しかのしま、福岡市)から見つかった国宝「金印」。はるか2千年ほど前、弥生時代の日本と中国の国際交流を裏付ける物証として有名だ。ところがこの金印、後世のニセモノでは、との声が後を絶たず、今も真贋(しんがん)論争が続行中なのだ。  まばゆく光る金印は印面2センチ余り四方で、手のひらにすっぽり収まる小ささ。ヘビを模した鈕(ちゅう、つまみ)を持ち、「漢委奴国王」の5文字が刻まれる。  江戸時代に志賀島で水田の溝の修理中に出土したとされ...
»続きを読む
カテゴリー:

朝日新聞「国宝の金印はニセモノ、志賀島の田んぼから出土なんて馬鹿しか信じない」 - 10月24日(火)10:28  news

志賀島(しかのしま、福岡市)から見つかった国宝「金印」。はるか2千年ほど前、弥生時代の日本と中国の国際交流を 裏付ける物証として有名だ。ところがこの金印、後世のニセモノでは、との声が後を絶たず、今も真贋(しんがん)論争が続行中なのだ。 まばゆく光る金印は印面2センチ余り四方で、手のひらにすっぽり収まる小ささ。ヘビを模した鈕(ちゅう、つまみ)を持ち、 「漢委奴国王」の5文字が刻まれる。 江戸時代に志賀島で水田の溝の修理中に出土したとされ、福岡藩の碩学(せきがく)、亀井南冥(なんめい)が 中国...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「弥生時代」の画像

もっと見る

「弥生時代」の動画

Wikipedia

弥生時代(やよいじだい)は、日本列島における時代区分の一つであり、紀元前10世紀頃から、紀元後3世紀中頃までにあたる時代の名称。採集経済の縄文時代の後、水稲農耕を主とした生産経済の時代である。縄文時代晩期にはすでに水稲農耕は行われているが、多様な生業の一つとして行われており弥生時代の定義からは外れる藤尾慎一郎、弥生文化の輪郭 : 灌漑式水田稲作は弥生文化の指標なのか、「国立歴史民俗博物館研究報告」 178、国立歴史民俗博物館、2013年3月、p.96-97。。

2003年に国立歴史民俗博物館(歴博)が、放射性炭素年代測定により行った弥生土器付着の炭化米の測定結果を発表し、弥生時代は紀元前10世紀に始まることを明らかにした藤尾 慎一郎、今村 峯雄、西本 豊弘、弥生時代の開始年代 ―AMS-炭素14年代測定による高精度年代体系の構築―、「総研大文化科学研究」 1、総合研究大学院大学文化科学研究科、2005年8月、p.73。。当時、弥生時代は紀元前5世紀に始まるとされており、歴博の新見解はこの認識を約500年もさかのぼるものであった。当初歴博の新見解について研究者の間でも賛否両論...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる