「弥生時代」とは?

関連ニュース

唐古・鍵遺跡:集落首長居館か 2楼閣描いた土器片 奈良 - 04月21日(金)20:56 

 奈良県田原本町教委は21日、弥生時代の全国最大級の環濠(かんごう)集落として知られる国史跡「唐古(からこ)・鍵(かぎ)遺跡」で、楼閣の一部を描いた土器片1片が新たに見つかったと発表した。楼閣と大型建物が描かれたつぼの存在が既に明らかになっているが、今回の土器片も同じつぼの一部で、つぼに楼閣が二つ描かれていたことを示すとしている。
in English
カテゴリー:

【GW2017】埼玉県、7つの博物館・美術館イベント情報 - 04月19日(水)14:45 

 埼玉県立博物館と美術館では、ゴールデンウィーク期間中に家族で楽しめるさまざまな展示や体験プログラムなどのイベントを開催する。中学生以下は入館無料。この機会に親子で足を運び、埼玉県の歴史や文化、自然などに触れてみてはいかがだろうか。 今回イベント情報が公開されたのは、「県立歴史と民族の博物館」「県立さきたま史跡の博物館」「県立嵐山史跡の博物館」「県立自然の博物館」「県立川の博物館」「県立近代美術館」「さいたま文学館」の7施設。 旧石器時代から現代までの歴史と民族を学べる「県立歴史と民族の博物館」は、5月5日に「博物館子どもまつり」と「弥生時代復元住居見学会」を開催。また5月7日まで開催される企画展「縄文の空間~暮らしと願い~」では遺跡から発掘された土器や土偶などを展示するほか、藍染めやまが玉作り体験も行う。 川や水に親しみながら学べる「県立川の博物館」では、5月3日から7日まで「GWまつり」を開催。ストーンペインティングやロボットステージ、ロボサッカーなどを開催するほか、人気のウォーターアスレチック施設「荒川わくわくランド」も開園している。 「県立近代美術館」では、5月5日と6日に体験イベント「カラフルな洗濯ばさみで絵を描こう!」を開催。また4月22日から「MOMAS(モマス)コレクション第1期」と題して、モネの作品をはじめとする西洋近代絵画の名品と日本の近代絵画を展示。美術館サポ...more
in English
カテゴリー:

【話題】魏志倭人伝・奴国の銅戈再現=弥生の技術で鋳造/福岡 - 03月10日(金)08:30 

 福岡県春日市教委は、2014年に同市の須玖遺跡群・須玖タカウタ遺跡で出土した弥生時代中期前半(紀元前2世紀頃)の青銅器の土製鋳型を分析し、当時に近い技術で再現した鋳型で武器の銅戈どうかを鋳造する実験に成功した。  須玖遺跡群は魏志倭人伝に出てくる「奴国」の中枢部とされ、北部九州で青銅器生産の中心的な役割を果たしたとされる。14年に見つかった土製鋳型は、青銅器生産が始まった最初期の技術を解明する手がかりになるとして注目されている。  同市教委文化財課の森井千賀子主査は「出土した土製鋳型には、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【考古学】広島県福山市で前方後円墳や弥生土器を確認、周囲に複数の遺跡存在か - 04月20日(木)22:13 

福山市神辺町上御領の大東地区で、前方後円墳や特殊な弥生土器が相次いで確認された。 前方後円墳は市内5例目で、3番目の大きさ。 周囲に複数の遺跡が存在する可能性が高まっており、発見した市民グループ・自転車と遺跡を楽しむ会は 「活動の成果が出てうれしい。これをきっかけに専門家による本格的な発掘につながれば」と期待している。 前方後円墳は、全長48メートル程度で、後円部は直径27メートル程度とみられる。 井原市との境の山の尾根筋(標高約190メートル)に位置し、 後円部には「大仙神社」がある。約3...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【弥生時代】魏志倭人伝の「奴国」の青銅製武器、当時に近い技術で再現することに成功 - 03月11日(土)01:16 

 福岡県春日市教委は、2014年に同市の須玖遺跡群・須玖タカウタ遺跡で出土した弥生時代中期前半(紀元前2世紀頃)の青銅器の土製鋳型を分析し、当時に近い技術で再現した鋳型で武器の銅戈(どうか)を鋳造する実験に成功した。  9月に市奴国の丘歴史資料館である考古企画展で公開する。  須玖遺跡群は魏志倭人伝に出てくる「奴国」の中枢部とされ、北部九州で青銅器生産の中心的な役割を果たしたとされる。 14年に見つかった土製鋳型は、青銅器生産が始まった最初期の技術を解明する手がかりになるとして注目されている...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「弥生時代」の画像

もっと見る

「弥生時代」の動画

Wikipedia

弥生時代(やよいじだい)は、北海道・沖縄を除く日本列島における時代区分の一つであり、縄文時代に続き、古墳時代に先行する。およそ紀元前3世紀中頃(この年代には異論もある)から、紀元後3世紀中頃までにあたる時代の名称である。

弥生時代は、水稲耕作による稲作の技術をもつ集団が列島外から北部九州に移住することによって始まったとされる。しかし、1994年、縄文末期に属する岡山県総社市南溝手遺跡(みなみみぞていせき)の土器片中からプラント・オパール(イネ科植物の葉などの細胞成分)が発見され、さらに同県真庭市美甘(みかも)姫笹原の4500年前の土器にもプラントオパールが発見され、2005年には岡山県...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる