「引っ越し」とは?

関連ニュース

【生きていて、なかなかこういう出会いってないと思うから。】VOL.32 村上虹郎さん - 05月27日(土)10:00 

藤沢周氏の小説『武曲』を原作に、熊切和嘉監督がメガホンをとった映画『武曲 MUKOKU』。現代版剣豪映画にして、現代日本版『スター・ウォーズ』とも言える、"剣"を通じた男同士の熱い闘いが話題を呼んでいます。本作で、主演の綾野剛さんの相手役として、天性の"剣"の才を持つラップ好き高校生・羽田融を演じた村上虹郎さん。剣を棄てた男と、剣に出会った男。ふたりの男の魂を揺さぶるようなぶつかり合いを、等身大で演じきる凄さ、半端ない! 映画の裏側を、虹郎さんに伺いました。 ◆◆◆ ──ラップのリリック作りに夢中な高校生が、剣に出会う。どのように役と向き合っていきましたか? 「天才剣士の役と言われるけど、ほんとに天才役なのかな。それは僕のなかで今でも定かではないです。大して意味もわからない単語、純粋に言葉というものに興味を持つということ。それ、不思議と気持ちがわかるんです。高校時代に僕も、言葉を連ねたくなる時期がありました。でもそれって、周りから見ると異様な人に見える。メンヘラのようにも見えて、実際に融(村上さんの役名)はそういう扱いもされているんだけど。ただ融が周りと違うのは、台風の洪水で死にかけた経験を持っているということ。彼のように身近に死を感じたことのある人間って、ちょっと価値観が変わりますよね。たいした違いではないんだけど、ちょっと違うだけで、進む方向が変わる。そういうことだと思...more
カテゴリー:

【映画】「坂道のアポロン」淳兄役はディーン・フジオカ、百合香役は真野恵里菜 - 05月26日(金)20:38 

http://natalie.mu/eiga/news/234114 2017年5月26日 6:00 知念侑李(Hey! Say! JUMP)の単独初主演作「坂道のアポロン」に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀が参加するとわかった。 小玉ユキのマンガを三木孝浩が実写映画化した本作は、長崎・佐世保に引っ越してきた高校1年生の西見薫を主人公とする青春音楽ラブストーリー。 心を閉ざしがちな薫が、クラスメイトとの出会いを通してジャズの魅力に目覚めていくさまを描く。 知念が薫を演じるほか、学校一の荒くれ者・川渕千太郎に中川大志、千太郎の幼なじみで薫が思い...
»続きを読む
カテゴリー:

立てこもり事件 逮捕の男は鹿児島県から車で上京か - 05月26日(金)17:06 

25日、東京・浅草のマンションで、包丁を持った男が元交際相手の母親を人質にして立てこもった事件で、男は鹿児島県の実家から車で都内に来ていたことが警視庁への取材でわかりました。男は元交際相手と別れて都内から引っ越したあとも、頻繁に電話をかけていたということで、警視庁は、男が執ように会おうとして事件を起こしたと見て調べています。
カテゴリー:

知念侑李主演「坂道のアポロン」で、ディーン・フジオカがトランペット奏者に - 05月26日(金)06:00 

2018年公開の、Hey! Say! JUMP・知念侑李主演映画「坂道のアポロン」の主要キャスト第2弾が発表され、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀が出演することが分かった。 【写真を見る】中川大志が“札付きの不良”に! 幼なじみは小松菜奈 原作は、「このマンガがすごい!2009」オンナ編で1位を獲得し、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞した、小玉ユキの同名漫画。都会から長崎・佐世保市へと引っ越してきた転校生で、周囲に心を閉ざしがちな主人公・西見薫を中心に、若者たちの恋と友情、そして音楽が交錯する青春ラブストーリー。 メガホンを取るのは、映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(2016年)、「ホットロード」(2014年)などを手掛け、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督。 主人公・薫を演じるのは、映画単独初主演となる知念だ。そして、学校一の荒くれ者で、“札付きの不良”と恐れられるクラスメート・川渕千太郎を中川大志、千太郎の幼なじみで町のレコード屋の娘、薫が想いを寄せる心優しい女の子・迎律子を小松菜奈が演じることが既に発表されている。 今回、出演が発表となったディーンが演じるのは、千太郎と律子の幼なじみで、千太郎が「淳兄」と呼び、まるで実の兄のように慕う桂木淳一。また、真野は千太郎が一目ぼれするミステリアスな美女・深堀百合香を、梅雀は迎律子の父親でレコード店・ムカエ...more
カテゴリー:

「坂道のアポロン」にディーン・フジオカ&真野恵里菜&中村梅雀が参戦! - 05月26日(金)06:00 

 第57回小学館漫画賞を受賞した小玉ユキ氏の人気少女漫画を、「Hey! Say! JUMP」の知念侑李主演で映画化する「坂道のアポロン」に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀が出演することが明らかになった。  映画は、内気な男子高校生が経験するクラスメイトとの友情や恋を、ジャズを交えて瑞々しく描く。長崎・佐世保に引っ越してきた西見薫(知念)は、優等生だが内気な性格の高校1年生。札付きの不良と恐れられるクラスメイトでジャズドラムが得意な川渕千太郎(中川大志)や、優しい迎律子(小松菜奈)と出会い、心を開いていく。三木孝浩監督がメガホンをとる。  ディーンは、千太郎と律子の幼なじみで、千太郎が兄のように慕うトランペット奏者・桂木淳一役を演じ、ジャズの名曲「But Not For Me」で歌声を披露する。「お酒を飲みもしないのにジャズバーに行ってはセッションで歌っていた、思い出の『But Not For Me』を本作品で歌えて、大変嬉しく思います。音楽が好きで、ジャズが好きで、チェット・ベイカーが好きで、だからトランペッターが歌うというキャラクターに特別に強い憧れがありました」と今作への思い入れを語っている。  一方の真野は、千太郎が一目惚れする美女・深堀百合香に扮する。「三木監督の作品に携わりたい」という願いがかなったと歓喜し、「ちょっぴりミステリアスで恋に揺れる女性を大切に...more
カテゴリー:

多くの文化人も旅立った「尾道駅旧駅舎」が取り壊しへ - 05月27日(土)07:01 

[Jステーション-広島ホームテレビ]2017年5月16日放送の広島HOMEテレビ「Jステーション」で、建て替えのため営業を終了した尾道駅舎が紹介されました。JR尾道駅の旧駅舎が、建て替えのため営業を終了し、開業から125年余りの歴史に幕を下ろしました。夜のJR尾道駅でおこなわれていたのは、営業を控える仮駅舎への引っ越し作業。一方で、駅舎との別れを惜しみ、記念撮影をする人の姿も見られました。新駅舎は来年夏完成予定利用者からは、「初めて社会人になって来た場所なので、これから新生活が始まるというところですごく思い出深い」といった声や、「伝統があって、皆さんも歴史を感じられる所なので、私もそういう駅を毎日使えてよかったなと思っている」といった声が聞かれました。旧駅舎は、1891年(明治24年)開業、その後増改築を繰り返してきました。尾道に居住した志賀直哉や林芙美子をはじめ、小泉八雲や菊池寛ら多くの文化人が利用したことが記録されているということです。全面的な建て替えを控え、5月14日におこなわれた旧駅舎とのお別れイベント「ありがとう尾道駅舎」。参加者は125年を超える歴史を感じながら、慣れ親しんだ駅舎との思い出をかみしめました。JR尾道駅の片岡茂樹駅長は、「私も入社時はこちらで駅員をしておりました。それからしばらくたって、駅長としてこの駅に赴任し、建て替えという大プロジェクトを進めてまいりま...more
カテゴリー:

【オネエが斬る!】ママ友との付き合いなんて、仕事の接待だと思えばいいのよ - 05月26日(金)20:00 

性格の合わないママ友との関係は、多くのママにとって大きな悩みになっているようだ。「教えて!goo」でも、「ママ友と距離を置きたいけど」という質問があった。産院で知り合ったママ友との関係について、アドバイスを求めるものだ。そこで、「他人へのアドバイスだけはお手の物」というagari先生に、苦手なママ友との上手な付き合い方を聞いてみた。 ■自分がママ友グループから排除されるのが怖いんでしょ 質問を見たagari先生は、「ママ友、大変らしいわね~」と、まずは同情の一言。agari先生なら、どう対応します? 「まずね、大前提としてオカマは一生ママ友とは縁がないのよ。だからこれからの私の意見は想像でしか話せないから、見当違いかも知れないわ。大変だってことはよく聞くわ、ママ友関係って。この人だけじゃなく、相手も逆に悩んでいるかもしれないわよ。『嫌いだけど取り繕っています』って感じで。結局、苦手意識があるってことは、お互いが話していてツマンナイってことなんじゃないかしら。友達として合わなければ、付き合わなきゃいいだけなんだけど、ただの友達っていうわけでもないみたいだから、難しいかもしれないわね」(agari先生) 本当の意味で『友達』とはいえないママ友との付き合いは、職場の人間関係などに近いものがあるのだろう。 「でもさ、相談者に限っていえば、子供が足かせになっているわけでもないし、相...more
カテゴリー:

【大学生の生活費のリアル】バイトで月17万! 仕送りなしの完全自立生活【学生記者】 - 05月26日(金)10:00 

こんにちは、横浜市立大学の里慶です。 一人暮らしのみなさんは、毎日の生活費をやりくりするのに困ってはいませんか? 仕送りをもらいながら、なんとか支払っているという人も中にはいるでしょう。今回は、仕送りなしで何から何まで自分でやっている私の経験談を元に、月にどのくらいお金がかかっているのか、どのように節約しているのかご紹介していきます。 ■プロフィール 住んでいる地域:神奈川県横浜市金沢区 居住形態:一人暮らし 学年:大学4年生 サークル・部活:英語部 ■1ヶ月の生活費の内訳は? <支出> 食費:5万円 家賃:4万円 光熱費:1万円 通信費(携帯代):1万円 娯楽費(外食費・ファッション費など):2万円 その他雑費(日用品の購入、部費、交通費など):3万円 <収入> アルバイト代:17万円 仕送り:0円 奨学金の有無:あり(5万円) ■生活のリッチ度を5段階評価するなら? 超リッチ生活・ちょっと贅沢生活・庶民派生活・ ちょっと貧乏生活 ・カツカツ生活 選んだ理由:遠征費や合宿など、突発的にかかる費用のためにある程度貯金が必要なので、日々節約しています。 ■一番お金がかかるポイントは? アルバイトでへとへとになるので、自炊する気になれず外食や出来合いの...more
カテゴリー:

映画『坂道のアポロン』ディーン・フジオカが出演 劇中で歌声披露 - 05月26日(金)06:00 

 俳優で歌手のディーン・フジオカが、人気グループ・Hey! Say! JUMPの知念侑李が主演する映画『坂道のアポロン』(2018年公開)に出演していることが25日、わかった。トランペットを演奏する役柄のため、2016年8月から練習を開始。劇中では、自身が「お酒を飲みもしないのにジャズバーに行ってはセッションで歌っていた」という思い出の楽曲「But Not For Me」で歌声も披露する。 【画像】『坂道のアポロン』原作カット  原作は、『このマンガがすごい!2009』オンナ編で1位を獲得し、『第57回小学館漫画賞』一般向け部門を受賞した、小玉ユキ氏の人気漫画。フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化(2012年4月~6月放送)され、本格的なジャズセッションが話題を呼んだ。  メガホンを取るのは、『先生!』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『ホットロード』などを手がける三木孝浩監督。都会から長崎県・佐世保市へと引っ越してきた転校生で、周囲に心を閉ざしがちな主人公・西見薫を映画単独初主演の知念が演じ、学校一の荒くれ者で、“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎役で中川大志、千太郎の幼なじみで薫が想いを寄せる町のレコード屋の娘・迎律子役で小松菜奈の出演が発表されていた。  ディーンが演じるのは、千太郎と律子の幼なじみで、千太郎が「淳兄」と呼び、まるで実...more
カテゴリー:

親だけじゃない!ママ友トラブルで巻き添いに遭った「子供の悲劇」 - 05月25日(木)09:00 

(MIXA next/iStock/Thinkstock)近年よく見聞きするようになったママ友トラブル。親同士のいざこざで済ませられたらいいが、中には子供にまで被害がいってしまうこともあるらしい。しらべぇ取材班は、人々に話を聞いてみた。(1)不仲になったママ友の子供まで無視する「子供同士が仲良くて、うちの娘もなついていたママ友がいたんですが、とあるきっかけで不仲に。私を完全無視するような関係になりました。そこで当たるのが私だけならいいんですが、娘が挨拶してもまるで存在していないかのように無視。大人気ないし、子供は関係ないのに…。娘からも『なんで○ちゃんのママは私のことが嫌いになっちゃったの?』と聞かれて、すごく切ないです…」(女性・45歳)(2)嫌いなママ友の子供に意地悪をする「子供時代のことなんですが、うちの母親と不仲な同級生のお母さんがいたんです。僕とその人の息子とは仲良かったので、よく遊んでいたんですが。彼の家に遊びに行くと、彼の母親から『あんたは入っちゃダメ』と言われたり、みんなにはおやつをあげているのに自分にだけくれなかったり…。当時は、子供ながらに『なんでこんな意地悪されるんだろう?』と思うことがありました。親が嫌いだと、その子も憎くなるんですね…」(男性・30歳)▪️ママ友とは距離を置いたほうがいい関係を築けるかも?しら...more
カテゴリー:

もっと見る

「引っ越し」の画像

もっと見る

「引っ越し」の動画

Wikipedia

  • redirect 引越し...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる