「引き札」とは?

「引き札」の画像

もっと見る

「引き札」の動画

Wikipedia

引き札 、または 引札 (ひきふだ)は、江戸、明治、大正時代にかけて、商店問屋、仲買、製造販売元などの宣伝のために作られた広告チラシである。広告の歴史資料としてだけでなく、独特の色合いと大胆な図柄から美術品としての価値もある印刷物として蒐集の対象ともなり、各地の博物館に所蔵されるほか、展覧会も開かれている。

概要

初期の引き札は一色か二色であったが、色鮮やかな引き札は、浮世絵の衰退期に、文明開化で商業活動が盛んになったのに合わせて、日本の木版、石版、銅版、活版印刷の発展とともに大量に作られた、商店のチラシ、折り込み広告、手配りのビラ景品付録などの印刷物である。商品の広告だけでなく、開店、改装のお祝い、得意先配り、街頭配りなどにも使われた。

浮世絵に次ぐ手作りの風合いを持った最後の一般印刷物で、また近代広告の元祖である。広告キャッチコピーの先駆けでもある。今では...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる