「弓道場」とは?

関連ニュース

弓道 黒髪地区弓道連盟合同7月例会など - 08月17日(木)06:20 

弓道◇黒髪地区弓道連盟合同7月例会(7月21日・有田龍弓会泉山弓道場)=男女混合10射競技 (1)永尾一博(山内)(2)森哲郎(有田)(3)渕上知紀(同)(4)福田守秀(同)(5)草場光満(山内) ◇第62回多久市民体育大会弓道競技(8月5日・市アーチェリー場) 近的の部(1)野田吾良(北多久)(2)桃崎華花(多久高)(3)野崎良二(同)▽遠的の部(1)野田吾良(2)野中浩行(北多久)(3)...
カテゴリー:

「弓道場」の画像

もっと見る

「弓道場」の動画

Wikipedia

弓道場(きゅうどうじょう)とは弓道弓術を行うための道場近的場と遠的場の2種類がある。危険を伴う弓矢を扱うので、安全に配慮した設計がなされている。県や市、町立の公共運動施設に併設されていることが多い。

設備概要 射場

射手が的に向かって弓を引く場所。審判員席がある方向を脇正面、的の方向を的正面という。また脇正面には上座があり神棚、日章旗などが置かれる。

  • 射位: 的面からの距離が28メートル(近的)の位置。
  • 本座: 射位から数歩下がった位置。
  • 審判席: 競技などで審判、審査員が座る。
矢道・矢取り道
  • 矢道: 射場と的場までの矢が通る広間。途中に落ちた矢を保護するなどのためにが敷かれる。砂利、土、人工芝を用いることがある。
  • 矢取り道: 矢道の脇には矢取り道が設けられ、的場に矢を取りに行く者はここを通る。
的場

近的の的場を説明する。

  • 安土: 近的の安土場的を侯串(こうぐし、ごうぐし)で刺し立て、矢を受け止めるための土盛り。安土には主に川砂または土が使用され、川砂や山砂、大鋸屑(おがくず)を適度に混ぜ合わせ、50度前後の傾斜をつけ盛る(塩分を含む海砂は矢が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる