「弁護団」とは?

関連ニュース

名義貸し被害、消えぬ借金に落胆 弁護団、那覇で相談会 - 09月25日(月)07:20 

 県内で20代大学生らを中心に広がる「名義貸し」被害。数十万~数百万円の借金を背負う被害者が500人以上いるとみられている。沖縄名義貸し事件被害弁護団(団長・折井真人弁護士)は24日、那覇市松尾の沖縄弁護士会館で、2回目の無料説明会を開催した。被害者やその家族ら約60人が訪れ、返済義務が残ること...
カテゴリー:

【大津地裁】生活保護費切り下げは憲法違反 滋賀の受給者12人(33歳~)が集団訴訟★2 - 09月24日(日)06:40  newsplus

 生活保護費の引き下げは憲法に定める生存権を侵害しているとして、滋賀県の大津市、守山市の受給者らが22日、両市を相手取り、引き下げ処分の取り消しと国に1人1万円の慰謝料を求める訴訟を大津地裁に起こした。  訴えを起こしたのは、両市に住む33~83歳の受給者12人。訴状によると、生活保護費は3年間で平均6・5%削減されており、憲法が保障する最低限度の生活を営めないとしている。  弁護団の永芳明事務局長は「国は『物価が下がっている』と引き下げ理由を説明するが、計算方法が統計学上の初歩的なルールを...
»続きを読む
カテゴリー:

千葉・原発避難訴訟:前橋原告弁護団 賠償額に一定の評価 - 09月22日(金)21:38 

 22日の東京電力福島第1原発事故を受けた避難者訴訟の判決で、千葉地裁は国の賠償責任を認めた3月の前橋地裁判決から一転、国の責任に対する訴えを退ける判断をした。  前橋地裁訴訟の原告弁護団(鈴木克昌団長)は「前進があった」と賠償額についての判断は一定の評価をしたものの、国の責任を認定しなかったことについては、「原発は絶対に事故を起こしてはいけない施設。国と東電は、敷地の高さを超える津波を予見できたのなら、調査研究に真剣に取り組むべき義務があったはず。千葉地裁は国と東電の不誠実、怠慢を見落としている」と厳しく批判した。【杉直樹】
カテゴリー:

【音楽】ニュー・オーダー、元ベーシストのピーター・フックとの争いに終止符 - 09月21日(木)21:54  mnewsplus

2017/09/21 ニュー・オーダー、元ベーシストのピーター・フックとの争いに終止符  ニュー・オーダーと元ベーシストのピーター・フックとの間で続いていた、英高等法院での争いにようやく終止符が打たれたようだ。  フロントマンのバーナード・サムナー、ドラマーのスティーヴン・モリス、そしてキーボーディストのジリアン・ギルバートがフック抜きでニュー・オーダーを再結成した2011年以降、約200万ポンド(約3億円)以上の未払いロイアリティが発生していた主張するフックが訴訟を起こし、今年中に裁判が始まる予定だった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

5分で終わった東京朝鮮高校無償化裁判。1200人集結した集会で支援者ら悔しさ爆発 - 09月19日(火)21:00  liveplus

 開廷してから5分後、原告側の弁護団が「不当判決」「朝高生の声、届かず」の幕を掲げると取り込んでいたマスコミの無数のフラッシュが焚かれ、さらにその周辺からは泣き叫ぶ声と怒号が巻き起こった。  東京朝鮮中高級学校(東京都北区)が高校の授業料無償化から朝鮮高校が除外されたことは不当だとして訴えていた判決が東京地裁で出された瞬間だった。  9月13日午後1時半、東京地裁にはを約1500人が86席分の傍聴券を求めて列を作った。現役の朝高生も多く並んでおり、7月28日の大阪地裁での同様の裁判では勝訴しているためか...
»続きを読む
カテゴリー:

【大津地裁】生活保護費切り下げは憲法違反 滋賀の受給者12人(33歳~)が集団訴訟★3 - 09月24日(日)11:42  newsplus

 生活保護費の引き下げは憲法に定める生存権を侵害しているとして、滋賀県の大津市、守山市の受給者らが22日、両市を相手取り、引き下げ処分の取り消しと国に1人1万円の慰謝料を求める訴訟を大津地裁に起こした。  訴えを起こしたのは、両市に住む33~83歳の受給者12人。訴状によると、生活保護費は3年間で平均6・5%削減されており、憲法が保障する最低限度の生活を営めないとしている。  弁護団の永芳明事務局長は「国は『物価が下がっている』と引き下げ理由を説明するが、計算方法が統計学上の初歩的なルールを...
»続きを読む
カテゴリー:

【大津地裁】生活保護費切り下げは憲法違反 滋賀の受給者12人が集団訴訟 - 09月23日(土)11:11  newsplus

 生活保護費の引き下げは憲法に定める生存権を侵害しているとして、滋賀県の大津市、守山市の受給者らが22日、両市を相手取り、引き下げ処分の取り消しと国に1人1万円の慰謝料を求める訴訟を大津地裁に起こした。  訴えを起こしたのは、両市に住む33~83歳の受給者12人。訴状によると、生活保護費は3年間で平均6・5%削減されており、憲法が保障する最低限度の生活を営めないとしている。  弁護団の永芳明事務局長は「国は『物価が下がっている』と引き下げ理由を説明するが、計算方法が統計学上の初歩的なルールを...
»続きを読む
カテゴリー:

「不当判決」「大変遺憾」=原告ら怒りと戸惑い-千葉 - 09月22日(金)17:30 

 「不当判決だ」。22日にあった東京電力福島第1原発事故避難者訴訟の千葉地裁判決。国への請求を棄却した判断に、原告側からは怒りと戸惑いの声が上がった。判決言い渡し後、法廷から出てきた福武公子弁護団長は「国の責任を認めなかったことは遺憾」と厳しい表情で語った。 22日午後2時5分ごろ、千葉地裁の正門前に「国の責任を否定」「東電の損害賠償を一部認める」と書かれた2枚の幕が掲げられた。法廷に入れきれずに正門周辺で待っていた原告住民らは「えー」と戸惑いの声を上げた。 判決後、地裁近くの弁護士会館で原告側の集会が開かれた。「不当判決抗議」の紙が掲げられる中、弁護団の滝沢信事務局長が判決骨子を読み上げ、「大変残念」と語気を強めた。原告らは時折、「何でだ」などと不満を示した。 福島県浪江町から避難してきた原告の瀬尾誠さん(65)が「闘いはこれから始まる」と話すと、参加者から拍手が起きた。ただ、集会は終始重苦しい雰囲気で、全国の同種訴訟の弁護団や原告らからは「おかしな判決」「勇気のない判決」と非難が相次いだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

裁判官が現地視察=名取市津波訴訟、遺族要望-仙台地裁 - 09月21日(木)15:25 

 東日本大震災の津波により、宮城県名取市閖上地区で長男ら家族4人が犠牲となったのは、市の防災無線が機能せず避難が遅れたためなどとして、仙台市の40代夫婦らが名取市に計約6770万円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁の高取真理子裁判長ら裁判官3人が21日、夫婦らと共に現地視察を行った。 2014年の提訴後、裁判官の視察は初めて。遺族側が実施を求めていた。 高取裁判長らは同日、原告が「無線が聞こえていれば逃げていた」と主張する閖上公民館の跡地や、市役所の防災無線室などを確認した。原告側弁護団は「(現地は)かさ上げされ震災直後とはかなり違うが、当時の地図を基に、公民館の位置や津波のひどさを確認してもらえた」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

5分で終わった東京朝鮮高校無償化裁判。1200人集結した集会で支援者ら悔しさ爆発 - 09月19日(火)15:55 

 開廷してから5分後、原告側の弁護団が「不当判決」「朝高生の声、届かず」の幕を掲げると取り込んでいたマスコミの無数のフラッシュが焚かれ、さらにその周辺からは泣き叫ぶ声と怒号が巻き起こった。  東京朝鮮中高級学校(東京都北 […]
カテゴリー:

もっと見る

「弁護団」の画像

もっと見る

「弁護団」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる