「弁論」とは?

関連ニュース

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第2回戦。タイトな解釈にねじ込むコロプラ | パテントマスター・宮寺達也のブログ - 04月26日(木)12:35 

任天堂 VS コロプラ特許訴訟・第2回戦。タイトな解釈にねじ込むコロプラ | パテントマスター・宮寺達也のブログ出典: Wikipedia 東京地方裁判所 4月23日午後2時、任天堂とコロプラの特許侵害訴訟の第2回口頭弁論が東京地裁で開かれるはずであった。私は第1回口頭弁論を傍聴し裁判資料を読み、 任天堂がコロプラを訴えた裁判資料を読んだけど、コロプラの勝ち目が見えません というブログを書いた。そこで「第2回の口頭弁論も取材する」と約束していたので再び傍聴すべく、時間に余裕を持って東京地裁に到着した。しかし...
カテゴリー:

同一労働での正社員との格差訴訟で最高裁弁論 - 04月24日(火)01:54 

 正社員と非正規社員の仕事内容が同じ場合、待遇に格差があるのは違法かどうかが争われた裁判で、最高裁は双方の主張を聞く弁論を開きました。
カテゴリー:

賃金格差訴訟:6月に統一判断へ 最高裁 - 04月23日(月)20:12 

 同じ仕事内容なのに正社員だけに支給される手当があるのは不当だとして、浜松市の物流会社「ハマキョウレックス」の契約社員が手当の支給を求めた訴訟の上告審弁論が23日、最高裁第2小法廷=山本庸幸(つねゆき)裁判長=であり、小法廷は6月1日に判決を言い渡すと決めた。
カテゴリー:

手当が少なくて基本給高いのが素直な会社なんだがな。手当多いのは税金対策だろ。 - 04月23日(月)17:28  news

正社員との「手当格差」どこまで認められるか…物流大手「ハマキョウレックス事件」最高裁で弁論 https://www.bengo4.com/c_5/n_7772/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

同一労働の待遇格差訴訟、最高裁で弁論 - 04月20日(金)23:07 

 正社員と非正規社員の仕事内容が同じ場合、待遇に格差があるのは違法かどうかが争われた裁判で、最高裁は双方の主張を聞く弁論を開きました。
カテゴリー:

【最高裁】正社員と契約社員の手当「不合理格差」 再雇用賃下げ判決と同日 6月1日に統一判断へ - 04月24日(火)14:01  newsplus

同じ仕事内容なのに正社員だけに支給される手当があるのは不当だとして、浜松市の物流会社「ハマキョウレックス」の契約社員が手当の支給を求めた訴訟の上告審弁論が23日、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)であり、小法廷は6月1日に判決を言い渡すと決めた。 労働契約法20条は、無期雇用の社員と有期雇用の社員について、仕事内容が同じであれば労働条件に「不合理な格差」があってはならないと定めている。判決日は定年後の再雇用の賃下げを巡る「長沢運輸」訴訟と同じで、最高裁は2件の判決で「不合理な格差」...
»続きを読む
カテゴリー:

非正規格差 統一判断へ 最高裁、6月に2訴訟判決 - 04月23日(月)23:06 

 同じ仕事をしている正社員と契約社員の手当に格差を設けることが労働契約法が禁じた不合理な格差にあたるかどうかが争われた訴訟の上告審弁論が23日、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)で開かれ、結審した。判決は6月1日。定年退職後に再雇用された嘱託社員の賃金引き下げの当否が争われた訴訟も同日に判決期日が指定されており、最高裁はどのような場合が不合理な格差にあたるのか、初の統一判断を示す見通し。
カテゴリー:

手当格差も6月1日判決=正社員と非正規雇用-最高裁 - 04月23日(月)19:18 

 正社員と非正規社員の賃金をめぐり、手当の格差の違法性が争われた訴訟の上告審弁論が23日、最高裁第2小法廷で開かれ、山本庸幸裁判長は判決期日を6月1日に指定した。定年後再雇用での賃下げが争点となった別の格差訴訟と同じ日で、同小法廷は、不合理な労働条件の格差を禁じた労働契約法の解釈について統一判断を示す見通し。 弁論が開かれたのは、運送会社「ハマキョウレックス」(浜松市)で契約社員の運転手として働く男性(55)が、仕事内容が同じ正社員と手当などに格差があるのは不当と訴えた訴訟。一審大津地裁彦根支部は2015年、通勤手当の差額分のみ不合理としたが、二審大阪高裁は16年、無事故手当や作業手当なども違法と認定し、会社側に77万円を支払うよう命じた。 会社側は「人材獲得のため、正社員にだけ手当を支給することは合理的だ」と主張。男性側は「『同一労働同一賃金』の理念に基づき法を解釈すべきだ」と訴えた。 横浜市の運送会社「長澤運輸」に定年後再雇用された運転手3人が賃下げを違法と訴えた訴訟の上告審判決も、同じ第2小法廷が言い渡す。判決は今国会に関連法案が提出された「同一労働同一賃金」の議論に影響を与える可能性がある。 【時事通信社】
カテゴリー:

<大川小・争点を語る>(中)組織的過失 震災前に対策の余地 - 04月21日(土)06:05 

仙台高裁は昨年3月29日の控訴審第1回口頭弁論後の非公開協議で、「本件(大川小の津波被害)は教員個人の責任の限度を超える事案」と指摘した。その上で、遺族と石巻市・宮城県の双方に東日本大震災前の学校や市
カテゴリー:

最高裁:「定年後の再雇用 仕事同じで賃金減」巡り弁論 - 04月20日(金)19:45 

結審し判決は6月1日に  仕事内容は同じなのに定年後の再雇用で賃金を減らされたのは違法だとして、横浜市の運送会社「長沢運輸」で働く契約社員の運転手3人が正社員との賃金差額を支払うよう同社に求めた訴訟の上告審弁論が20日、最高裁第2小法廷(山本庸幸=つねゆき=裁判長)であった。運転手側は逆転敗訴した2
カテゴリー:

もっと見る

「弁論」の画像

もっと見る

「弁論」の動画

Wikipedia

弁論(べんろん)とは元来は弁論術雄弁術修辞学)の対象となる言語表現のこと。おおむね演説(スピーチ)と同義だが、「話されたもの」だけでなく「書かれたもの」も弁論には含まれるので演説とは多少のニュアンスの違いがある。

法学上は上記の意味の他、訴訟行為の一種として用いられる。

関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる