「建築物」とは?

関連ニュース

内部公開直前で注目が集まる「太陽の塔」 世界遺産登録への動きも - 02月18日(日)06:00 

[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年2月6日放送の「これどうなん?ニュース」のコーナーで、世界遺産の登録を目指す「太陽の塔」について紹介していました。太陽の塔は、芸術家の岡本太郎さんがデザイン。1970年に大阪で開催された日本万国博覧会のために作られました。 2025年登録をめざす世界遺産の登録基準は、「人間の創造的才能を表す傑作である」「現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統または文明の存在を伝承する物証として無二の存在である」「歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である」など10項目のうち1つでも満たせば良いそうです。太陽の塔とイメージが近い世界遺産、ニューヨークの自由の女神像は、1886年完成、1984年に登録されています。また、シドニーのオペラハウスは、1973年完成、2007年に登録されていて、太陽の塔よりも後に作られています。松井府知事は、現在誘致している2025年の大阪万博にあわせて登録をめざす方針で、まずは2020年の国の有形文化財登録に申請予定だそうです。3月19日から太陽の塔の内部公開が開始され、早くも予約でいっぱいのようで、さらに太陽の塔の人気が高くなりそうです。太陽の塔の内部を見られるこのチャンスに、ぜひ行ってみたいですね!(ライター:Nana.) 【関連記事】スイッ...more
カテゴリー:

秋田市でCCRC拠点整備事業へ参画/大京 - 02月16日(金)09:00 

「秋田市中通二丁目地区優良建築物等整備事業」外観完成イメージ  (株)大京は、秋田市中通における日本版CCRC拠点整備事業へ参画する。
カテゴリー:

【東京】明治、大正期の日本で最も高い建築物「凌雲閣」の記憶 記念碑に残す 遺構出土の工事現場にファン殺到 - 02月15日(木)12:47  newsplus

凌雲閣のものとみられるれんがを見物する人たち=台東区で 「浅草十二階」と称され、明治、大正期の日本で最も高い建築物だった「凌雲閣(りょううんかく)」の基礎部分とみられるれんが、コンクリートが出土した台東区のビル工事現場(浅草二)に連日、多くの歴史ファンらが見物に訪れている。反響の大きさを受け、港区のビル事業主が現場の一部に記念碑を設置することを決めた。 (井上幸一) 土地を所有し、鉄骨三階建ての貸店舗ビルを建てているのは合同会社「Yours(ユアーズ)」(田辺淳代表)。「近隣の方に限らず遠...
»続きを読む
カテゴリー:

知られざる名建築「聴竹居」、その発見と再生を綴った1冊が発売! - 02月13日(火)16:07 

京都府乙訓郡大山崎町に、ひっそりと佇む「聴竹居(ちょうちくきょ)」。これは、1928(昭和3)年に、建築家・藤井厚二の自邸として建てられた名作住宅だ。和洋の生活様式の統合とともに、日本の気候風土との調和を目指した昭和初期の「日本の住宅」として、先駆性、歴史的・文化的価値が高く評価され、昨年、国の重要文化財に指定されている。『木造モダニズム建築の傑作 聴竹居 発見と再生の22年』発売情報(PC)“実験住宅”と称した家を何棟も建て、住み心地を検証し続けた藤井厚二の最後の作品でもある「聴竹居」は、細部にわたって凝らされた意匠のみならず、さまざまな住居としての創意工夫が施されている。現在は一般公開もされ、地元住民を中心とした維持・保存活動が行われている「聴竹居」は、「環境共生住宅の原点」といわれ、日本の住宅の理想形を実現した建築と認められながらも、長らく知る人ぞ知る存在であった。そんな「聴竹居」は、どのようにして発見され、再生されたのか。その歩みを綴った1冊『木造モダニズム建築の傑作 聴竹居 発見と再生の22年』が3月17日(土)に発売される。本書から「聴竹居」の魅力を通して、地域に根ざした建築物の価値とその歴史や文化を見直し、古い建物を未来へ引きついでいくことの大切さを感じることができるだろう。■『木造モダニズム建築の傑作 聴竹居 発見と再生の22年』 松隈章2018年3月17日(土)発...more
カテゴリー:

もう今さら聞けない…「IoT」って一体ナニ? - 02月11日(日)18:00 

「IoT(Internet of Things)」という言葉が世間を賑わせて久しいが、この言葉の意味を具体的に説明できる人は意外に少ないのではないだろうか?「“IoT”って“モノのインターネット”のことでしょ?」…確かにそうなのだが、それは直訳に過ぎず、正体は曖昧としたままだ。そんな「IoT」について、説明している一冊を紹介したい。2016年に出版された『IoTとは何か 技術革新から社会核心へ』(坂村健著、KADOKAWA刊)だ。著者の坂村氏は2000年代に話題になった「ユビキタス・コンピューティング」研究の先駆者として知られているが、実は「IoT」は、「ユビキタス・コンピューティング」の発展形と考えてよいものなのである。本書では、そんなIoT研究の第一人者である著者が、「IoT」とはどのようなものを指すのか、「IoT」によって実現可能なことは何なのか、「IoT」の発展によって訪れる未来像などを語っている。また、2016年当時ではあるが、実社会における実証実験や事例も豊富に紹介されているので、具体的なイメージを持って「IoT」を理解することができるだろう。■「IoT」は単なる「リモコン」ではない「IoT=モノのインターネット」と聞くと、真っ先に頭に思い浮かぶのは、家庭内の機器を外出中でもスマホでコントロールすることや、AIスピーカーのようにインターネットにつながった家電などではない...more
カテゴリー:

レトロな洋館と桜のコラボ!神戸「北野異人館街」の春景色 - 02月16日(金)21:03 

神戸・北野の異人館街は、海と山が接近した風光明媚なロケーション。春には、異国情緒あふれる建築物と桜の共演が楽しめる。カメラを片手に歩きながら、春の異人館街の風景を切り取ってみよう。<※情報は『関西から行く!奇跡の絶景桜(2018年2月23日発売号)』より> 【画像を見る】3種あるピッツァから選べるランチ1670円。 ピッツァにドリンク、ミニサラダが付く ■ レトロな洋館を彩る、神戸・北野の春景色 1868(慶応3)年の神戸港開港に伴い外国人住宅地として誕生した北野異人館街。レトロで優雅な館を利用したブティックやレストランも多く、華やいだ雰囲気のエリアを優しい薄紅色に染まった桜のベールがかれんに包む。北野天満神社や北野広場のほか、界隈にある館の中から優雅に見る桜の景色もおすすめ。 【桜DATA】見ごろ:3月下旬〜4月上旬 ベストタイム:午前中 本数:ソメイヨシノなど約100本 ライトアップ:なし ■北野異人館街<住所:神戸市中央区北野町 電話:078-251-8360(北野観光案内所) 時間:観覧自由 休み:なし 料金:観覧無料 駐車場:周辺の有料駐車場利用 アクセス:各線三宮駅より徒歩15分> ■ 本格ナポリピッツァが味わえる「Pizzeria Azzurri」へ立ち寄り! 北野異人館街から徒歩10分のところにある「Pizzeria Azzurri(ピッツェリア アズーリ)」は、ナ...more
カテゴリー:

LIXILと地域工務店の実証プロジェクト、国土交通省の公募事業に採択 - 02月15日(木)19:08 

LIXILと地域工務店との協働によるIoT技術を活用した実証プロジェクトが、国土交通省が募集する「平成29年度サステナブル建築物等先導事業」に採択された。
カテゴリー:

労災かくしで解体業者を送検 匿名の投書で発覚 穴水労基署 - 02月14日(水)05:07 

 石川・穴水労働基準監督署は、労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、建築物の解体工事などを営む森田工業㈱(羽咋郡宝達志水町)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第100条1項(報告等)違反の疑いで金沢地検に書類送検した。 事件は同労基署に匿名で送られてきた投書により発覚した。投書は同社が労災かくしを行っているとする内容だったという。投書を受け同労基署が捜査に着手したところ、労働災害が認めら……[続きを読む]
カテゴリー:

古代ギリシャからバロック、モダニズムまで、意匠をテーマに西洋建築を読み解く「名建築の歴史図鑑」発売 - 02月13日(火)10:43 

株式会社エクスナレッジは、古代ギリシャやローマ、ゴシック、バロック、モダニズムに至るまで、その様式や歴史から西洋建築の魅力を紹介した「名建築の歴史図鑑」を2月9日に発売した。A5変型判/240P/2,800円(税抜)。 美しいアーチや凝った装飾を持つ西洋建築は、現代でも人気が高く、古跡や大聖堂、美しい街並みなどを見に出かける観光客も多い。本書は、古代から現代まで、西洋建築の“意匠”をテーマに、様々な時代・様式の建築物を読み解いていく建築図鑑だ。それぞれの様式に対して、視覚的特徴から6つのキーワードを挙げ、解説文と写真を掲載。古代ギリシャやローマの建築、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンスにバロック、ロココ、そしてモダニズムに至るまで、各時代ごとに多彩に花開いた建築文化をその魅力と共に紹介する。それぞれの章や項目の初めでは、建築様式が出来上がるまでの時代背景や流れを解説しており、それぞれの建築様式を歴史と共に理解していけるようになっている。西洋建築への理解を深めるために、また旅行の予習にと幅広く活用して欲しい一冊だ。 株式会社エクスナレッジ価格:2,400円(税抜)オーウェン・ホプキンス 著, 百合田 香織 訳URL:http://www.xknowledge.co.jp/Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/47678...more
カテゴリー:

【想像図あり】 住友林業、平成53年までに高さ350mの総木造高層ビルを建てる構想を発表 - 02月09日(金)11:28  news

高さ350メートルの木造建築 住友林業構想、53年目標  住友林業は8日、平成53年を目標に高さ350メートルの木造の超高層建築物を建設する 構想を発表した。東京・丸の内に建てることを想定し、総工費は約6000億円。建築物の 木造化による環境都市づくりを目指す。これほど高い木造建築物は現在、世界的にも見当たらないという。  地上70階建てで、延べ床面積は45万5000平方メートル。店舗のほか、オフィス、ホテル、 住宅の入居を見込む。住友林業の手掛ける一戸建て住宅の8000棟分に当たる18万...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「建築物」の画像

もっと見る

「建築物」の動画

Wikipedia

建築物(けんちくぶつ、フランス語 bâtiment フランス語のbâtiment(バチマン)は、動詞 「bâtir バチール」(トンカチやのこぎりなどを使って)造る、建てる、というニュアンスの動詞から派生した名詞。特筆すべきことは、フランス語の場合、同じ動詞「bâtir」から派生した語に「bateau バト」(=船)もある。つまりフランス人の概念枠では「建物」も「舟」も、bâtirという行為によってできる物体であり、両者はしばしば似たようなものとして挙げられている。実際、西洋の伝統的木造船を造ること(造船)は、木造の家を建てるの共通するような道具や、かなり似た工程で行われる。
結局、伝統的木造船を造るのは、「大工」と大きく分類される人々(木工の職人)が行っているのである。(日本では伝統的に船を造る人を「船大工」と言う/言った。)、英語 building動詞「build」(造る。建てる。)という動詞の派生語。)は、建築された物体広辞苑「建築物」。建築された構造物建造物(けんぞうぶつ)という言葉もあるが、場合により使い分けがなされている。

日本の法律用語の「建築物」と、刑法や文化財保護法に見られる「建造物」の使い分けについては「日本と建築物」の節を、英語「building」と、日本語でカタカナ表記の外来語の「ビルディング」とについては「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる