「広島県呉市」とは?

関連ニュース

【岩手】「この世界の片隅に」「君の名は。」野外上映、トークイベントやライブも 8月26、27日に花巻でフェス - 08月15日(火)23:18  moeplus

イーハトーブフェスティバル2017(実行委主催)は26、27の両日、花巻市高松の宮沢賢治童話村で開かれる。 アニメ映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)と「君の名は。」(新海誠監督)を野外上映。 トークイベントや音楽ライブも行い、 第一線で活躍するアーティストに影響を与えた賢治の魅力を幅広い世代に発信する。 フェスは4年目。 26日午後6時半から上映の「この世界の片隅に」は 広島県呉市を舞台に戦争で穏やかな日常を失い、そこから立ち直っていく市民の姿を丁寧に描いた作品。 女優のん(本名能年玲奈...
»続きを読む
カテゴリー:

「池上彰の戦争を考える」シリーズ第9弾、元特攻隊員にインタビューを敢行 - 08月13日(日)07:03 

テレビ東京系列にて、8月19日(日)19時54分から『池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~』が放送される。2010年から始まった、この「池上彰の戦争を考える」シリーズ。第9弾となる今回は、太平洋戦争末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証する。「十死零生(じっしれいせい)」という言葉が表す通り、生きる望みはゼロ、死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃「特攻」。元特攻隊員の貴重な証言を得て、戦争の真の姿を伝える。なぜ元特攻隊員たちは、今声をあげるようになったのか、特攻から得られる教訓を私たちはどう生かしていけばいいのかを、池上が解説する。 また、池上は宮崎美子と共に鹿児島県知覧を訪問。特攻隊の出撃基地があった鹿児島県知覧で見つけたのは、特攻隊員たちが残した数々の遺書。23歳の若者が出撃前に婚約者に残した手紙には「あなたは過去を忘れ、将来に生きて」「会いたい、話したい、無性に」と心の叫びが綴られていた。そして、元特攻隊員にインタビューも敢行。すでに高齢になった元特攻隊員たちが「今伝えなければ、残すことができない」そんな思いで語った真実に迫る。さらに池上と宮崎は、広島県呉市の大和ミュージアムを訪れる。日本の最高技術を結集し建造された史上最大の戦艦大和は、山口県徳山沖から出航し沖縄に向かう途中、鹿児島沖でアメリカ軍の攻撃を受け撃沈した。そんな大和の最後の出撃は、実...more
カテゴリー:

「池上彰の戦争を考える」シリーズ第9弾、元特攻隊員にインタビューを敢行 - 08月10日(木)18:29 

テレビ東京系列にて、8月19日(日)19時54分から『池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~』が放送される。2010年から始まった、この「池上彰の戦争を考える」シリーズ。第9弾となる今回は、太平洋戦争末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証する。「十死零生(じっしれいせい)」という言葉が表す通り、生きる望みはゼロ、死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃「特攻」。元特攻隊員の貴重な証言を得て、戦争の真の姿を伝える。なぜ元特攻隊員たちは、今声をあげるようになったのか、特攻から得られる教訓を私たちはどう生かしていけばいいのかを、池上が解説する。 また、池上は宮崎美子と共に鹿児島県知覧を訪問。特攻隊の出撃基地があった鹿児島県知覧で見つけたのは、特攻隊員たちが残した数々の遺書。23歳の若者が出撃前に婚約者に残した手紙には「あなたは過去を忘れ、将来に生きて」「会いたい、話したい、無性に」と心の叫びが綴られていた。そして、元特攻隊員にインタビューも敢行。すでに高齢になった元特攻隊員たちが「今伝えなければ、残すことができない」そんな思いで語った真実に迫る。さらに池上と宮崎は、広島県呉市の大和ミュージアムを訪れる。日本の最高技術を結集し建造された史上最大の戦艦大和は、山口県徳山沖から出航し沖縄に向かう途中、鹿児島沖でアメリカ軍の攻撃を受け撃沈した。そんな大和の最後の出撃は、実...more
カテゴリー:

広島と長野にある「日本一短い県道」、どちらが日本一? その驚きの「短さ」とは - 08月13日(日)10:10  news

「日本一短い国道」は、神戸市にある国道174号で、およそ187mです。 県道になるとこれよりもさらに短いのですが、実は「日本一短い県道」には、ふたつの説が存在します。 うちひとつは、広島県呉市内にある広島県道204号安登(あと)停車場線です。 JR呉線・安登駅の駅前広場から、国道185号までの区間で、長さはわずか10.5m。 幅は18.7mで、長さより幅のほうが上回っているというものです。現地には地元の安浦町観光協会によって「日本一短い県道」とする案内看板が立てられています。  広島県西部建設事務所呉支所によると、...
»続きを読む
カテゴリー:

池上彰の戦争を考えるSP第9弾、テーマは「特攻」 美化する風潮に警鐘 - 08月13日(日)07:00 

 2010年からテレビ東京系で放送されているジャーナリスト・池上彰氏による『池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~』が、きょう13日(後7:54~9:54)に放送される。今回は太平洋戦争末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証する。 【写真】スタジオ出演者が整列  「特攻」とは、「十死零生(じっしれいせい)」という言葉が表すとおり、生きる望みはゼロ、死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃だ。今回のテーマとした思いを池上氏は次のように語る。  「私たち日本人にとって、8月というとやはり戦争の事を考えざるを得ない季節ですよね。そして戦争を知る人がどんどん少なくなってくると、何かこう、戦争を美化する、そういう動きがあるんですね。ところが、今、特攻隊の生き残りの人たちが次々に声を上げています。そして『特攻隊は決して美化できるようなものではない』と、おっしゃっているんですね。戦争を美化するような動きに対して、『いやいや、本当の戦争を知ってほしい』と、多くの人が今、思うようになったのではないかと思うんです。そういう人たちの話を今こそ聞く必要があるのかな、そういう意識を持ってこの番組を作りました」。  池上氏は、女優の宮崎美子とともに特攻隊の出撃基地があった鹿児島県知覧市を訪問。そこで特攻隊員たちが残した数々の遺書に触れ、特攻隊員の残したメッセージを読み解いていく...more
カテゴリー:

【広島】釣りで海に転落 80歳男性が9時間超漂流(救命胴衣なし)…救助 呉市 - 07月31日(月)00:13  newsplus

広島県呉市沖で海に転落し行方不明になっていた80歳の男性が、9時間以上漂流した後に、ようやく救助された。男性は衰弱しているものの、意識はあるという。 救助されたのは、岡山県から広島県呉市倉橋島に釣りに来ていた80歳の男性。 呉海上保安部によると、男性は29日夕方、倉橋島から約200メートル離れたコンクリートブロックで、1人で釣りを始めた。 翌朝6時に渡船が迎えに行くと、男性の姿はなく、救命胴衣などが残されていたという。 海上保安部が捜索したところ、午後3時、約7キロ離れた海上で、ヘリに手を振...
»続きを読む
カテゴリー:

「広島県呉市」の画像

もっと見る

「広島県呉市」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる