「幼少期」とは?

関連ニュース

【芸能コラム】ポスト芦田愛菜は誰だ?今後期待の子役たち 『3月のライオン 前編』ほか - 03月24日(金)18:17 

 年が明けたのはついこの間…と思っていたら、早くも桜の季節。卒業式も終わり、間もなく各地で進学・入学の時期を迎える。そんな中、“天才子役”芦田愛菜が、名門中学に進学するというニュースが世間をにぎわせた。 子どもが大人に成長するのは世の常。芦田と同学年の鈴木福、鈴木梨央などもそろってこの春から中学生となり、もはや子役とは呼べない年ごろになってきた。となると、次に活躍するのは一体誰なのか。現在活躍している子役たちの中から、有望株をピックアップしてみたい。 まずは、現在公開中の映画『3月のライオン 前編』に出演した新津ちせ。主人公・桐山零(神木隆之介)の世話を焼く川本三姉妹の末っ子モモを演じて、はつらつとした演技を披露している。 アニメーション映画『君の名は。』の監督、新海誠の娘ということで注目を集めたが、母は女優の三坂千絵子。『3月のライオン』の出演もオーディションで勝ち取ったとのことで、その演技力は母親譲りと言える。声優と俳優の垣根もなくなりつつある昨今、いずれは新海監督のアニメーションに出演する機会が訪れるかも…? 続いては、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、主人公・井伊直虎の幼少期おとわを演じた新井美羽。2006年生まれの10歳ながら、4回にわたって主演を務め、物語を軌道に乗せる役割を果たした。その評判も上々で、第11回にもワンシーン出演しており、反響次第では再び出演する機...more
in English
カテゴリー:

岡本夏美、元祖アイドル麻雀プロを描いた映画で主演 2017年夏公開 - 03月24日(金)13:08 

雑誌「Seventeen」のモデルを務めるほか、女優としても活躍する岡本夏美さんが、今年夏公開の映画『女流闘牌伝 aki -アキ-]』で主演。原作は、元祖アイドル麻雀プロ・二階堂亜樹が原案をつとめたコミックス『aki』。岡本さんは主人公・亜樹を演じる。岡本さんは「アキちゃんの感情に寄り添って、表現できたらいいなと思います」と意気込んでいる。 原作コミックスは家出、中卒、親の離婚、倒産、一家離散…など二階堂さんの知られざる過去を描いた物語。二階堂さんは実家の家業が雀荘であったということもあり、幼い頃から麻雀に親しんでいた。幼少期に両親が離婚。姉妹は父親の親戚に預けられた。 そして、中学 3 年生の頃、高校には進学せず雀荘を転々とし、プロデビュー後「最年少女子プロ」のキャッチフレーズとそのルックスで脚光を浴び、テレビや雑誌などへも出演。数々の麻雀大会やイベントに出場、多岐にわたる活躍をみせている。 そんな二階堂さんをモデルとした主人公を演じるにあたり岡本さんは「アキちゃんは、自分の意思をしっかり持っていて、ただまっすぐ前を向いているなと思いました。 周りに対して、大人に対して、繊細な感情を持っていながら、麻雀の愛をひたむきに信じる力がある。 共感できる部分も、尊敬できる部分もあります」と語っている。 映画『女流闘牌伝 aki -アキ-]』は2017年夏に公開。 ...more
in English
カテゴリー:

成長するって、親の知らない我が子の一面が増えていくってこと - 03月24日(金)12:00 

ある日の夕方、保育園のお迎えの時間が、同じクラスのお友だちのお母さんと重なり、声をかけられた。お互いの近況など少し世間話をして、さあ外に出ようかと靴を履いていたときに、娘を指して「〇〇ちゃんはすごくしっかりしてるよね」と意外な一言が飛び出てきた。 びっくりして「えーーっ?」と声が裏返ってしまった。 その日、お迎えに行くとすぐさま私のところへ走ってきて、そのまま勢いよく部屋を飛び出そうとしていた娘に、「ちゃんとおかたづけしたー?」とたずねてくれたのはそのお友だちのほうだったからだ。 おかたづけした?の言葉にハっとなり、照れ笑いしながらおもちゃを片付けに戻る娘の様子に苦笑していたところだったので、「いやいや、お宅のお子さんの方がよっぽどしっかりしているのでは……」と言いかけたのだが、話をよく聞いてみると、そのお母さんが保育参観した日、お散歩中に右左を逐一確認していた、とのことだった。 「よく周りのことを見ていて感心したよ。ほんと長女って感じ」とまで言われてしまい、まあ長女は長女だよな、一人っ子だから当たり前だけど。確かに気になることがあるとじーっと見てることも多いし、慎重派ではあるな、と状況をなかなか把握できないものの、褒めてもらった言葉はありがたく受け取りたいので、娘には「しっかりしてるねって言われたよ、嬉しいね」と振ってみた。 娘も何のことかはよく分からないけど、ちょっ...more
in English
カテゴリー:

岡本夏美主演!麻雀界のアイドル波瀾万丈の人生を熱演 - 03月24日(金)07:00 

「Seventeen」専属モデルで、女優やタレントとしても活躍中の岡本夏美が、2017年夏公開の映画「女流闘牌伝 aki[アキ]」で主演を務めることが決定した。元祖アイドル麻雀プロ・二階堂亜樹の知られざる過去を描いた二階堂自身原案のコミックス「aki」を原作に、家出、親の離婚、倒産、一家離散など波瀾(はらん)万丈の半生を描く。 【写真を見る】元祖アイドル麻雀プロとして活躍する二階堂亜樹 人気・実力ナンバー1麻雀女流プロ・二階堂は、実家の家業が雀荘であったということもあり、幼い頃から麻雀に親しんでいた。 幼少期に両親が離婚し、姉妹は父親の親戚に預けられたという二階堂。中学3年生の頃、高校には進学せず雀荘を転々とし、プロデビュー後「最年少女子プロ」のキャッチフレーズとそのルックスで脚光を浴び、テレビや雑誌などへも出演。数々の麻雀大会やイベントに出場、多岐にわたる活躍を見せてきた。 今回の映画化について二階堂は「映画化のお話を聞いたときは、正直とても驚きました。自分のことを漫画にしていただけでもうれしかったのですが、単行本、ついには映画化ですからね。 10代の頃にはまさかそんなことが自分の人生にあるなんてつゆほども思っていなかったかと。人生って本当に何があるか分からないものです。 何に焦がれたのか。何者になりたかったのか。誰かの何かになれたのか。まだまだ道半ばですが、そんな半生を物語とし...more
in English
カテゴリー:

「私はHIV感染者です、メッセージを書いて下さい」ボードを持って立つ青年に、人々が寄せた言葉とは - 03月23日(木)17:17 

ロンドンの街角に立つ目隠しをしたひとりの青年、Georgeさん。手には「私はHIV感染者です。私へのメッセージを書いてください」と書かれたボード。足を止めた人々が彼に書いたメッセージとは?文面はもちろん、書く人の表情や仕草にも注目です。様々な人が寄せる愛のメッセージ「私たちがついてる」「気を強く持って、人生のために戦うのよ」「あなたの勇気には価値がある」「愛は勝つ!」「優しさは世界を変えられる」「僕らはいつでも君の味方だよ、笑顔を忘れずに」「君が誰か、何を持っているかじゃなくて、何をするかが大事だよ」メッセージを寄せた後に、しっかりとハグをしてくれる人も。「問題ない、それでも貴方は世界に一人だけの貴方!」「それでも貴方は素敵よ」「君は僕で、僕は君」中にはイタリアやスペインなど、他の国から来た人の言葉もあります。握手や微笑みをくれたり、優しく言葉をかける人も多く、老若男女様々な人がメッセージを寄せてくれました。目隠しをしているので、心ない言葉を書かれるリスクもあります。しかしボードにあったのは、あたたかなメッセージばかり。思わず涙が浮かびます。HIVの感染者は、隣にいたり会話するだけで感染するという誤った知識の広まりのせいでお店に入れてもらえないなどの差別を受けた歴史があります。実際に私も幼少期を過ごした海外で、HIV感染者と同じ場所にいるのは危険だと言われたり、「異性愛者でないから...more
in English
カテゴリー:

「ムーンライト」監督の同級生・深田晃司が指摘するあえて描かない勇気 - 03月24日(金)18:00 

 第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた「ムーンライト」の試写会が3月23日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、メガホンをとったバリー・ジェンキンス監督と同世代で、「淵に立つ」が第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門の審査員賞を受賞した深田晃司監督が登壇した。 ・「ムーンライト」トークイベントの模様はこちら!  米マイアミの黒人コミュニティで生きるセクシャルマイノリティのシャロンの人生を幼少期、少年期、青年期の3つの時代に分けて描く本作。アカデミー賞授賞式での誤発表という話題が先行しがちだが、深田監督は何よりも「ものすごくシンプルな構成にびっくりした」と語る。「この映画の強さは、物語が黒人たちだけで進んでいくところ。いわゆる“ブラックムービー”にありがちな記号を用意周到に避けている。例えばスパイク・リーの映画とはまったく違うし、LGBTをテーマに描かれた数年前の『チョコレートドーナツ』のように社会との軋轢(あつれき)を描くわけでもない。当たり前のように、黒人コミュニティにおける恋愛の話になっている」と語る。  シンプルな構成ゆえ「劇的な瞬間の描写がことごとく避けられている」のも大きな特徴であり、深田監督が映画人として共感を覚えた部分。「感情をむき出しにしたり、怒りで社会を撃つのではない。“省略”の効かせ方が面白い! 僕も、劇的なシーンをどう描くのかは、いつも考えさせられる。クライ...more
in English
カテゴリー:

札幌でアートを楽しむスポット3選! - 03月24日(金)13:00 

札幌は実はアートな街でもあるんです! 市内にはアートスポットも多く、街ナカに何気なく作品が置かれていたりします。今回は札幌でアートを楽しめるスポットを3つ紹介します! たまにはゆっくり芸術鑑賞してみてはいかがですか? モエレ沼公園/6~9月開放のモエレビーチ/写真提供:モエレ沼公園 ■ モエレ沼公園 札幌市内を一望できるモエレ山、レストランやギャラリーがあるガラスのピラミッドなどアートパークとして風格を感じる園内。全部で15の施設が美しく、そして整然と配置されています。公園の東側にはエゾヤマザクラを中心とした2300本の桜が咲くサクラの森もありますよ。 こちらは、彫刻家イサム・ノグチが29歳の時に考案したプレイマウンテン。60年以上の時を経て実現したものです! イサム・ノグチは幼少期を日本で過ごし米、仏で彫刻を学びました。園内の売店ではノグチがデザインした照明なども販売していますよ。 6~9月にはモエレビーチが開放! 小さな子供でも遊べる人気のスポットです。 文化活動の拠点となる公園を象徴するモニュメント、ガラスのピラミッド「HIDAMARI」も必見! 写真提供:モエレ沼公園 ■住所:札幌市東区モエレ沼公園1-1 ■電話:011・790・1231 ■営業時間:7:00~22:00(入場は~21:00。施設毎に営業時間は異なる。) ■休み:なし(園内各施設には定休日あり) ■料金:...more
in English
カテゴリー:

お互いに好きなのにうまくいかないのはなぜ? アタッチメント理論で分かる、タイプ別うまく付き合う方法 - 03月24日(金)08:00 

 大好きな恋人。彼が自分のことを好きなのも、大切に思ってくれているのも分かるけれど、それでも自分のほうが彼を想う気持ちが強いのでは…などと考えて不満に思ったり、場合によってはケンカになったりすることってありますよね。お互いに好きなのにどうしてうまくいかないことがあるのでしょうか? 仲直りのメールまですれ違い… 「すべきことをする」男と「したいことをする」女 「それは自分と相手のアタッチメント(愛着)のタイプに違いがあるからなのかもしれません。アタッチメントの理論とは、元来、発達心理学において、乳幼児の母親に対する行動を観察することから生まれたものですが、大人の恋愛にも応用できます」とは、ライフアドバイザーの永瀬久嗣さん。  好きな人に対する接し方は乳幼児も大人も通じるものがあるのですね。アタッチメントのタイプとはどのようなものなのでしょうか? ●アタッチメント(愛着)には3つのタイプ 「アタッチメントには『安定型』『回避型』『不安型』の3つのタイプがあり、このタイプが違うことで、人との距離の取り方や恋人と離れているときの心境などが違ってきます。各タイプには適した付き合い方があるので、お互いのアタッチメントの違いを理解し、折り合いをつけることができれば、良好な恋愛関係を続けることができるでしょう」(永瀬さん)  アタッチメントのタイプは、次のA~Cの特徴で分かるそうです...more
in English
カテゴリー:

12星座【子どもに好かれる】ランキング 射手座は激甘、わがままなんでも許しちゃう! - 03月23日(木)18:00 

 子どもが好きでも、そうでなくても、なぜか子どもになつかれて、「遊んで!」と慕われる人がいます。では、どんな人が子どもに好かれるのでしょうか? 12星座ランキングでみていきましょう。 ■第1位 牡羊座……子どもと同じ感覚で遊べる  無邪気で天真爛漫な牡羊座。いくつになっても幼いときの気持ちを忘れません。子どもからしたら、牡羊座は「大人の人」ではなく、「一緒に遊ぶお友達」。遠慮することなく、牡羊座を遊びの仲間に入れるでしょう。そして牡羊座も、子どもと一緒に夢中になって、鬼ごっこをしたり、泥遊びを楽しむのです。 ■第2位 射手座……子どもに甘い  何ごとにも寛大な射手座ですが、子どもに対しては激甘になります。叱ったりすることは、まずないでしょう。子どもが何かを壊しても怒らず、「わんぱくだね~」とニコニコ。何か買ってとお願いされたら、2個も3個も買い与えるタイプです。子どもたちの間では、「この人は何でもわがままを聞いてくれる人」認定されているかもしれません。 ■第3位 蟹座……自分の子どものようにかわいがる  12星座の中でも、お母さん的な存在の蟹座。子どもという存在そのものに愛着を感じているので、他人の子どもでも、自分の子どものようにかわいがります。子どもが飽きるまで、時間も気にせず、ずっと遊びに付き合ってあげたりもするでしょう。世話好きで優しい蟹座のそばは居心地がいいので、子どもはい...more
in English
カテゴリー:

エロと芸術は両立できるのか? ヌードデッサン会に潜入してきた - 03月23日(木)15:56 

『ヌードデッサン』。どこか淫靡な響きでありながら、ほんのりとアートのエッセンスが漂ってくる……。普段はエロ系実話誌などで編集・記者をしている僕だが、幼少期はマジメに絵画教室に通っていた。現在でも仕事の息抜きに油絵を嗜んでいるほど。とはいえ、美大やデザイン系専門学校などには通っておらず、知人の女性に頼むわけにもいかない。これまでヌードデッサンをする機会などなかったのである。  そんなわけで今回は趣味と実益(!?)を兼ねて、関東近郊で行われているヌードデッサン会に潜入取材してみることにした。キレイなお姉ちゃんの全裸を前にしたら、エンピツ以外のモノも握りたくなってしまうかも……!? ◆参加者の男性たちはエロ目的でないことは一目瞭然  ヌードデッサン会当日。我がホームタウンの新宿でまず向かったのはドン・キホーテ。デッサン用のスケッチブックやエンピツなどの文具をゲットする。購入後、中年男性が路地裏で新品のエンピツをガリガリと削る光景は、平和な日曜に相応しくない、周りからしたら不審者そのものだったであろう。  それはさておき、電車を乗り継ぎ、会場の最寄駅に向かう。開始時刻10分前に会場へ到着。さっそく受付で予約の旨を伝えるとともに、参加費2000円を支払う。そしてヌードデッサンが開催されるフロアに、いざ潜入。開始時間にはまだ余裕があるのに、すでにフロア内の椅子は9割以上埋まった状態だっ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「幼少期」の画像

もっと見る

「幼少期」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT子供...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる