「幼少期」とは?

関連ニュース

ハリウッドで活躍する27歳の日本人アーティスト・田島光二。プロが使うiPad Proの使い方とは「一番描き心地がいいのは純正のメモアプリ」 - 10月18日(水)12:10 

Image: Copyright © 2014 Kouji Tajima Art, All rights reserved. 27歳、ハリウッドの最前線で活躍する日本人アーティストをご存知でしょうか?彼の名前は田島光二。現在ハリウッド映画の制作に携わる田島さんは、日本の専門学校でCGを学び、在学中に出会った3DCG制作をきっかけに現在のコンセプトアーティストのキャリアをスタート。彼の腕前は、学生時代、インターネットに公開していた自主制作作品をきっかけに『スター・ウォーズ』のルーカスフィルムから就職のオファーが来るほど。しかし英語が話せず断念した ルーカス・フィルムのオファーを糧に、その後ヨーロッパ最大のVFXスタジオ・Double Negative(ダブル・ネガティブ)にコンセプトアーティストとして所属しました。最近では『ブレードランナー 2049』や『パシフィック・リム:アップライジング』などのコンセプトアートを手がけ、ハリウッドの最前線で活躍しています。 Image: CLAUDETTE CARRACEDO 田島光二さん そんな弱冠27歳でハリウ...more
カテゴリー:

泣き歌の貴公子林部智史、坂本九役でドラマ初出演 - 10月18日(水)12:00 

松下奈緒と清野菜名がW主演を務める帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月~金曜12:30~12:50)。その第45話(12月1日放送)で、“泣き歌の貴公子”の異名を誇るアーティスト・林部智史が俳優デビューすることがわかった。初のドラマ出演にして、昭和の大スター、故・坂本九さん、という大役に挑む。本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。現在は子役・豊嶋花が徹子の幼少期を演じているが、豊嶋からバトンを引き継ぐ清野は11月より本格的に登場し、15歳からの徹子を演じていく。今回、林部が出演するのは、徹子(清野菜名)がレギュラー出演していた伝説の音楽バラエティー番組『夢であいましょう』のシーン。劇中、坂本九さんの代名詞ともいえる世界的大ヒット曲『上を向いて歩こう』を歌い上げる。出演にあたって、林部は坂本さんの妻・柏木由紀子さんとも対面し、「笑顔で」とアドバイスをもらったことを告白。“泣き歌の貴公子”として知られる林部が、やさしい笑顔で坂本さんの世界的大ヒット曲...more
カテゴリー:

【国際】銃乱射事件「犯人はIS」説がにわかに真実味を帯びてきた 有力記者が次々指摘 - 10月18日(水)09:55  newsplus

間違いなく「成功者」だったのに、なぜ 10月2日の朝、15番フリーウェイを、ロサンゼルスからラスベガスへ向けて走った。途中、車のラジオが速報を告げる。 <銃撃犯スティーブン・パドックの父親は、1960年代、銀行強盗を犯し、FBIが最も探し求める10人の指名手配犯の一人でした――> 事件は10月1日の午後10時5分に発生した。 スティーブン・パドックが、ラスベガスの高級ホテル『マンダレイベイ』の32階のスウィートルームから、 通りの反対側で行われていたカントリーミュージックの屋外コンサート会場めがけて、10分間に渡...
»続きを読む
カテゴリー:

井上真央、“毒親”仲間由紀恵と初共演で対峙!ドラマ『明日の約束』が初回から熱い - 10月17日(火)17:50 

井上真央主演の新ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜22:00~)が、17日より初回20分拡大でスタート。第1話から仲間由紀恵演じる“毒親”とのバトルが繰り広げられる。本作は、井上演じるスクールカウンセラー・藍沢日向が勤務する椿が丘高校で起きた、男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の不可解な死の謎を追う完全オリジナルのヒューマン・ミステリー。「最後に味方になってあげられる大人」として、生徒に暖かい眼差しを向けていた日向が、ある日、不登校の圭吾のことを気にかけ、担任教師の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問に向かう。そこで息子に過干渉で過保護な“毒親”真紀子(仲間由紀恵)と出会ったことから、穏やかな日常は急変していく。真紀子は息子への日向の接触を妨げ、家庭訪問や聞き取り自体を「息子にとってのストレス」だ、として強くけん制。さらに突き刺すような眼差しで、不登校自体を学校のせいだと主張する。そんな彼女に対して、日向は疑念と反発を抱く。初回から対峙することになる初共演の井上と仲間。井上が「日向にとって、手ごわい」と語る真紀子との対決は、今後、緊迫感を増しながら、物語の大きな軸として描かれていく。また、“毒親”真紀子と謎の死を遂げる息子・圭吾の関係も物語の鍵を握る。圭吾を「圭ちゃん」と呼び、溺愛する真紀子は、息子の外部との接触を制限するために、ささいな行動の変化も見逃さない。スマートフ...more
カテゴリー:

矢口真里と元NMB48の須藤凜々花が生共演! - 10月16日(月)23:30 

10月17日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて放送される『矢口真里の火曜The NIGHT』に、元NMB48の須藤凜々花が生出演する。 同番組は、タレントの矢口真里がお笑い芸人・元巨匠の岡野陽一と繰り広げる2時間のトークバラエティ番組。 番組内では、「須藤凜々花の100歳年表」と題し、幼少期の様子から、アイドルを目指そうと思ったきっかけ、NMB48活動中の裏話、そして噂の彼氏との出会いや結婚にいたるまでのマル秘エピソードなど、須藤の軌跡を振り返りながらも、「これまで」だけでなく「これから」の“りりぽん”の魅力をとことん掘っていく。 また、須藤は同番組に出演することに対し「生放送ということで非常に楽しみです! 皆さん、夜更かししてぜひ観てください」とコメント。 前回の放送で、結婚時期について言及しネットニュースを騒がせた矢口。りりぽんとの共演で、一体どんな赤裸々トークが生放送で飛び出すのか注目! 波乱の予感がする『矢口真里の火曜The NIGHT』をぜひ、お見逃しなく! ©AbemaTV 【関連リンク】 “ツヨカワクイーン”RENA快勝「年末観に来いや!」 永作博美の女優論“助けられることがあるかどうか” “カトパン似”ポッチャリ芸人のダイエット企画が始動!
カテゴリー:

峯田和伸&松重豊&村上淳、クセの強い男たちが柄本佑主演映画に参戦! - 10月18日(水)12:00 

 柄本佑が主演し、編集者・作家の末井昭氏によるエッセイを映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」に、峯田和伸、松重豊、村上淳が出演していることがわかった。クセの強すぎる男たちが、主人公・末井昭を取り巻く面々に扮している。 ・【動画】「素敵なダイナマイトスキャンダル」特報  白夜書房の取締役編集局長を長らく務めたことでも知られる末井氏の生い立ちを基に、「パビリオン山椒魚」「ローリング」などの冨永昌敬監督がメガホンをとった青春グラフィティ。幼少期に実母が隣家の息子と不倫の末にダイナマイト心中するという衝撃の体験をした末井(柄本)は、高校卒業後に上京し、キャバレーの看板描きを経てエロ雑誌業界に入る。やがて伝説のエロ雑誌「ウィークエンド・スーパー」「写真時代」などの編集長となり、写真家・荒木経惟らとのタッグで80年代を席巻していく。  NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などに出演し、お茶の間にも親しまれるようになった峯田は、看板描きをしていた末井の同志となる近松役。「撮影が始まり、主演の柄本佑さんのどんより濁った黒い瞳をみて、僕はうっとりとしました。言い知れぬ色気がありました」と振り返り、「だから僕はそのままその気持ちを身体にのせて、静かに、だが太い幅の小便を勢いよく壁にぶつけるように、柄本さんに、この作品にぶつかっていったんだ」とコメントを寄せている。  さらに松重は、エロ雑誌...more
カテゴリー:

“泣き歌の貴公子”林部智史、坂本九役でドラマ初出演 - 10月18日(水)10:59 

松下奈緒と清野菜名がW主演を務める帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月~金曜12:30~12:50)。その第45話(12月1日放送)で、“泣き歌の貴公子”の異名を誇るアーティスト・林部智史が俳優デビューすることがわかった。初のドラマ出演にして、昭和の大スター、故・坂本九さん、という大役に挑む。本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれる。現在は子役・豊嶋花が徹子の幼少期を演じているが、豊嶋からバトンを引き継ぐ清野は11月より本格的に登場し、15歳からの徹子を演じていく。今回、林部が出演するのは、徹子(清野菜名)がレギュラー出演していた伝説の音楽バラエティー番組『夢であいましょう』のシーン。劇中、坂本九さんの代名詞ともいえる世界的大ヒット曲『上を向いて歩こう』を歌い上げる。出演にあたって、林部は坂本さんの妻・柏木由紀子さんとも対面し、「笑顔で」とアドバイスをもらったことを告白。“泣き歌の貴公子”として知られる林部が、やさしい笑顔で坂本さんの世界的大ヒット曲...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】ナボコフによる時間の織物、広がりゆくタペストリーの経験 - 10月17日(火)19:39 

『アーダ』の邦訳は、かつて早川書房《ハヤカワ・リテラチャー》に斎藤数衛訳があったが、こんかい日本を代表するナボコフ研究家・若島正の手によって新訳がなされた。これは歪んだ家族の物語であり、衒学的なエロチカであり、プルースト『失われた時を求めて』のナボコフ流変奏だが、同時にオルタナティヴ・ヒストリー(別な世界線)を扱った小説でもある。Webで公開されている浩瀚なThe Encyclopedia of Science Fictionの「Alternate History」の項でも、フィリップ・ロス『プロット・アゲンスト・アメリカ』やマイケル・シェイボン『ユダヤ警官同盟』などと並んで言及されている。  ナボコフのことだから、平然とその世界のなかから----しかも非常に微視的なやりかたで----語り進めるので、読者は歴史の全体像を容易につかむことはできないのだが、さいわい若島さんが「解説」で見取り図を提示してくれている。引用しよう。 『アーダ』の小説世界は、「アンチテラ」および「テラ」と呼ばれる双子惑星(もしくは兄妹惑星)からできている。物語中の出来事のほとんどが起こるのはアンチテラにおいてであり、アクワをはじめとして、アンチテラの住人のうち狂気に陥った者だけが、妄想として「麗しのテラ」の実在を信じている。しかし、この小説を読めばわかるように、テラは我々が住むいわゆる現実世界にほぼ相当...more
カテゴリー:

井上真央、毒親仲間由紀恵と初共演で対峙!ドラマ『明日の約束』が初回から熱い - 10月17日(火)17:45 

井上真央主演の新ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜22:00~)が、17日より初回20分拡大でスタート。第1話から仲間由紀恵演じる“毒親”とのバトルが繰り広げられる。本作は、井上演じるスクールカウンセラー・藍沢日向が勤務する椿が丘高校で起きた、男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の不可解な死の謎を追う完全オリジナルのヒューマン・ミステリー。「最後に味方になってあげられる大人」として、生徒に暖かい眼差しを向けていた日向が、ある日、不登校の圭吾のことを気にかけ、担任教師の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問に向かう。そこで息子に過干渉で過保護な“毒親”真紀子(仲間由紀恵)と出会ったことから、穏やかな日常は急変していく。真紀子は息子への日向の接触を妨げ、家庭訪問や聞き取り自体を「息子にとってのストレス」だ、として強くけん制。さらに突き刺すような眼差しで、不登校自体を学校のせいだと主張する。そんな彼女に対して、日向は疑念と反発を抱く。初回から対峙することになる初共演の井上と仲間。井上が「日向にとって、手ごわい」と語る真紀子との対決は、今後、緊迫感を増しながら、物語の大きな軸として描かれていく。また、“毒親”真紀子と謎の死を遂げる息子・圭吾の関係も物語の鍵を握る。圭吾を「圭ちゃん」と呼び、溺愛する真紀子は、息子の外部との接触を制限するために、ささいな行動の変化も見逃さない。スマートフ...more
カテゴリー:

【ドラマ】朝ドラ「わろてんか」…”ベタな展開”に視聴者の感想は真っ二つ - 10月16日(月)18:42  mnewsplus

10月にスタートし、20%前後の好調な視聴率を記録している連続テレビ小説『わろてんか』。 このドラマを「“ベタな朝ドラ”」と評する「テレビウォッチャー」主任研究員の大石庸平さんが視聴者の声をもとに、今後の見どころを解説する。 『わろてんか』は、吉本興業の創業者・吉本せいをモデルに、“笑い”を商売とするために奮闘した女性の一代記。 実在の偉人がモデルで、夢に向かってひた走るヒロインを子役が演じる幼少期からスタートする今作は、 これまでの朝ドラのフォーマットにのっとったまさに“ベタ”な朝ドラと言っていいだろ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「幼少期」の画像

もっと見る

「幼少期」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT子供...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる