「幼児」とは?

関連ニュース

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法 - 06月23日(金)11:00 

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。 この記事の監修ドクター  産婦人科医長 加藤智子 先生 浜松医科大学医学部医学科卒業、社会医療法人財団新和会八千代病院勤務。日本産科婦人科学会(専門医)、日本医師会(認定産業医)、日本抗加齢医学会(専門医)、NPO法人女性と加齢のヘルスケア学会(更年期カウンセラー)、日本産婦人科内視鏡学会、日本女性心身医学会、検診マンモグラフィ読影認定医、日本気象予報士会東海支部(気象予報士)。女医+(じょいぷらす)所属。 妊娠や子育て、不妊治療、婦人科疾患など皆様が不安なことが多い女性の一生をサポートし、皆さまの悩みに少しでもこたえられるような情報を提供できたらと思います。医師そして気象予報士としての視点でも健康についてアドバイスしていきます。 乳腺炎とは?予防法ってあるの? 「乳腺炎」は、乳腺に炎症がおこることで発症する病気のこと。主な症状は、おっぱいの腫れ、しこり、痛み、発熱などです。 授乳期に多い「急性うっ滞...more
カテゴリー:

【医療】せき止め薬「コデイン」含んだ医薬品 12歳未満への使用禁止へ - 06月23日(金)07:41 

「コデイン」含んだ医薬品 12歳未満への使用禁止へ | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170623/k10011027441000.html?utm_int=news_contents_news-main_003 6月23日 4時02分 「コデイン」という成分を含んだせき止めの薬などの医薬品について、厚生労働省は子どもが服用すると、ごくまれに呼吸困難などを引き起こすおそれがあるとして、12歳未満への使用を2年後をめどに禁止することを決めました。 「コデイン」はせき止めの薬などの成分として広く使われ、厚生労働省によりますと、この成分を含む市販薬はおよ...
»続きを読む
カテゴリー:

【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア - 06月23日(金)07:00 

出産後の身体の変化にはいろいろありますが、産後半年くらいからの「抜け毛」にびっくりするママも多いのではないでしょうか? シャンプーのあと、排水口にびっしりと付く抜け毛に「この状態はいつまで続くの?」と不安になることもあるはず。今回は産後の抜け毛の原因と、抜け毛のケア方法について解説します。 この記事の監修ドクター 産婦人科専門医 高橋しづこ先生 1995年、米国オレゴン州私立Reed Collegeを卒業。1997年、東海大学医学部へ入学。同大卒業後、東京大学医学部大学院より医学博士。その後は日赤医療センターや山王メディカルセンターで非常勤医師。A型・いて座。自身は39歳で第1子、41歳で第2子と、43歳で第3子高齢で出産。高齢不妊・妊娠・出産のつらさや痛みが分かるぶん、患者さんのお話にはできるだけ真摯に耳を傾けたいというのが信条。趣味はサイクリングで、通勤にもロードバイクを愛用するアクティブな一面も。 出産後の女性の抜け毛とは 出産後の抜け毛は、出産を経験した女性のおよそ7割が経験していると言われています。「産後脱毛症」や「分娩後脱毛症」とも呼ばれることもあるこの抜け毛の原因とはどのようなものなのでしょうか? 産後に抜け毛が増える2つの理由 産後の抜け毛の原因は、大きく分けて「ホルモンバランス」と「毛髪サイクル」が変化...more
カテゴリー:

ワーママでも浮かない!慌てない!「参観日コーデ」完全攻略 - 06月22日(木)21:15 

出典:https://itmama.jp 今年4月に娘が幼稚園に入園し、先日初めての保育参観を経験しました。 寒色系の落ち着いた服装でまとめた、いわゆる“ネイビーママ”の多い私立幼稚園。 私は入園式の時と同様に「何を着て行けばよいのだろう?」と当日のコーディネートを色々と悩みました。 ちなみにIt Mama編集部のママは息子さんの参観に行った際、午前中のみのスケジュールだったので午後から出勤しようと仕事着+パンプスで出かけたところ、行程のなかに砂場遊びがあり「もしよろしければお母さま方もどうぞ」と言われ焦った経験があるそうです。 そういった予期せぬ展開でも対応できるよう、準備万端で臨みたいですよね。 そこで今回は「これを着れば大丈夫!」といった保育参観オススメのファッションと、「あると役に立つかも!?」なオススメアイテムを当日のスケジュール別でご紹介します。 どれもシンプルでありながら、品を保ちつつ取り入れやすいものなので是非参考にしてください。 「定番」ネイビーママスタイルのコツ 出典:https://itmama.jp 定番とも言えるネイビーママのパンツスタイル。 でも定番であるだけに“無難”になりがちでもあるので、足元はきれいカラーなパンプスを履いてみましょう。 シンプルだからこそ、形の良いものや素材の良いものを着るとセンスの良さが際立ちます! ちなみにこうしたコーディネー...more
カテゴリー:

「ねえ、これ読んで」「また?」なぜ幼児は同じ話を何度も聞きたがるのか - 06月22日(木)17:00 

自分の子どもや親戚の子どもなど、幼児に絵本を読んであげる機会は男女共にあるだろう。そんなとき、ふと気になるのが、何度も同じ絵本を読んでほしいとせがんでくることだ。そもそも、なぜ幼児は何度も同じ絵本を読んでほしいのか、子どもの発達に詳しい教授にその理由を聞いてみた。幼児は仮説検証で楽しんでいた今回話を聞いたのは、東京学芸大学 幼児教育学講座を担当する岩立京子教授だ。幼児はなぜ同じ話を何度も聞きたがるのか。「大人は話の筋を一度理解してしまえば新鮮味が薄れてしまいますが、幼児は楽しみ方が違うので、毎回、毎回、少しずつ新鮮味があるのです。幼児が話を聞きたいときは受け身で聞いているのではなく、話の筋を予測し、積極的に想像しながら聞きます。まずは、その『予測や仮説どおりであることが確認されたこと』が、楽しいのです。いわば、幼児の仮説検証です」大人が応えてくれること自体・読み方のバリエーションの変化も楽しい「また、自分が要望すれば、それに大人が応えてくれる。そうしたコミュニケーションができるのも嬉しいので、何度も話を聞きたがります。大人も、幼児が面白がるように読もうとすれば、読み方に少しはバリエーションが加わったりもするので、その点も多少は新鮮味があるのでしょう」幼児は大人とは異なる、ある意味、高度な楽しみ方をしているようだ。幼児は大人よりはるかに繰り返しに強かったところで、大人からすれば、何度...more
カテゴリー:

日本のよいものを選定する「おもてなしセレクション」製薬会社の幼児用地下足袋が受賞記念の割引キャンペーン 6月23日~30日開催 - 06月23日(金)10:00 

妊活応援サプリメントの製造販売を行うゲンナイ製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:上山永生)の幼児用地下足袋『FUMFUM(ファンファン)』は、2017年6月22日、日本全国からおもてなしの心にあふれた製品・サービスを選定・発掘し国内外に紹介していくプログラム「おもてなしセレクション」2017年度第3期商品部門で、受賞しました。この受賞を記念し、『FUMFUM』を定価から1,000円引きで購入できるキャンペーンを、6月23日から30日まで当社ウェブサイトで開催します。
カテゴリー:

幼児が道路に飛び出し 危機一髪 - 06月23日(金)07:14 

 中国南西部、貴州省の道路に設置された監視カメラの映像です。左折レーンに止まる1台のオートバイ。そこから突然、幼ない子どもが道路を駆け出します。
カテゴリー:

過保護・過干渉の「ヘリコプターペアレント育児」子どもへの影響は…? - 06月22日(木)22:00 

「子どものために良かれと思って……」子どもが困難にぶち当たったとき、パタパタパタと飛んできて助ける。子どもが困らないように頭上を旋回し見守る。これが行き過ぎると“ヘリコプターペアレント”になってしまいます。 そこで、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が教育専門家としての経験を元に“ヘリコプターペアレントに育てられると、どうなるか”についてお話します。   筆者は仕事で保育園や幼稚園で多くの幼児に接してきましたが、こんな光景がありました。 ●忘れ物 保育士が持ち物のハンカチやタオルを忘れた子に「忘れ物をしないようにね」と注意すると「だってママが入れてくれなかったんだもん!」と親のせいにする。  ↓ 子どもは帰宅後「ママ、どうしてハンカチ入れてくれなかったの」と親を責める  ↓ 母親は「ごめんね。ママが入れ忘れちゃって……」と子どもに謝る  ↓ 次回、忘れたときは、ママが保育園に慌てて飛んできて届ける。 これが“ヘリコプターペアレント”です。 子どもはどうなるかというと… ・自分の物を自分で準備する習慣がいつまでもつかない ・忘れ物をしても人のせいにして、自分のことを反省しない 結果、“自分のことを自分でできる子”になかなかなれないのです。 子ども同士の喧嘩 (C)あべゆみこ 「優しい子になってほしい」「友達とトラブルを起こしてほしくな...more
カテゴリー:

【医師監修】産後の悪露(おろ)でママが知っておきたい4つの疑問 - 06月22日(木)19:00 

初めて出産を経験したママの多くは、無事に分娩を終えた後に、少なくない量の出血が続くことに驚くのではないでしょうか。自分の状態が正常なのかどうか、まず不安になるものです。ここでは、産後の悪露とはどういうものか、いつまで続くのか、量や色、臭いはどのように変化するのかなど、知っておくと安心な情報をご紹介します。 この記事の監修ドクター 産婦人科専門医 高橋しづこ先生 1995年、米国オレゴン州私立Reed Collegeを卒業。1997年、東海大学医学部へ入学。同大卒業後、東京大学医学部大学院より医学博士。その後は日赤医療センターや山王メディカルセンターで非常勤医師。A型・いて座。自身は39歳で第1子、41歳で第2子と、43歳で第3子高齢で出産。高齢不妊・妊娠・出産のつらさや痛みが分かるぶん、患者さんのお話にはできるだけ真摯に耳を傾けたいというのが信条。趣味はサイクリングで、通勤にもロードバイクを愛用するアクティブな一面も。 悪露(おろ)について 産後に悪露(おろ)が出るメカニズムを知って、上手に対応しましょう。産褥パッドの準備についても、あらかじめ考えておく必要があります。 悪露って何?産後に生じるメカニズムとは 悪露とは、出産後の産褥期間に排出される分泌物のこと。悪露には、子宮内に残った胎盤、卵膜、子宮内膜、血液など、多...more
カテゴリー:

目の周りや額の太田母斑が気になる…治療して治せる? - 06月22日(木)15:00 

太田母斑は生まれてから1年以内に現れることがあり、暗めの青い色を特徴とするシミです。目の周りや頬など、比較的目立つところにできることが多いです。今回は、太田母斑の概要、原因、治療法について解説します。 太田母斑とは?原因は? 太田母斑は、通常のシミより更に皮膚の奥深いところにあるシミで、額や目の周り、頬に多く発生します。原因はまだはっきりしていませんが、メラニン色素の異常によって起こるということがわかっています。西洋人より東洋人に起こりやすく、日本人では0.1~0.2%に見られると推定されています。 生まれてから1年以内に出現することがほとんどですが、20~40代になってから発症することもあります。乳幼児の時にシミが生じると、10代後半になってシミが拡大する、色が濃くなることもあります。太田母斑には傷みやかゆみなどは伴わないため、本人が気にならないのであれば特に治療の必要性はありません。 太田母斑の治療は? 太田母斑の治療は、以前はドライアイスを用いた圧抵療法が主流でしたが、近年はレーザー治療が多く行われるようになっています。 先ほどの項目でも述べたように、太田母斑は通常のシミより皮膚の奥深いところにあるため、一般的なシミの治療で用いられるレーザーではパワー不足で届きません。そのため、太田母斑の治療では、高出力を短時間で照射する特別なレーザーが用いられ、正常な色素細胞...more
カテゴリー:

もっと見る

「幼児」の画像

もっと見る

「幼児」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 子供...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる