「幼なじみ」とは?

関連ニュース

佐藤健、朝ドラヒロイン永野芽郁を絶賛 「大スターになる」   - 01月18日(木)18:18 

 4月2日からスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のスタジオ取材会が18日、都内の同局で行われ、ヒロイン楡野鈴愛(すずめ)役の永野芽郁と、その幼なじみ・萩尾律を演じる佐藤健が出席した。  連続テレビ小説第98作「半分、青い。」は脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷・岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語を描く。  クランクインから約2カ月が経過。冒頭のあいさつで、佐藤は「手応えを感じまくっております。まず台本が面白い。この朝ドラも、たくさんの人に愛されて大ブレークするんだろうなと思っている。期待してもらって大丈夫です」と自信をのぞかせた。  佐藤は永野について、「『きっと大スターになるんだろうな』と思っている。鈴愛は、ある意味、誰が演じてもブレークするような魅力的なキャラクター。永野さんが(言葉を)発すれば、動けば、それで鈴愛として成り立つ。シンクロ率100%。物おじせず、ものすごくビッグな共演者といても、自分のペースでお芝居できる人」と熱く語った。さらに、「なんかチュンとしている。鈴愛(すずめ)だけに。そこがいい」とコメント。撮影中のリラックス方法を聞かれると「現場で撮った永野芽郁のムービーを見ること」と明かした。  佐藤から「大スターになる...more
カテゴリー:

【女優】佐藤健、永野芽郁(18)を絶賛 大ブレークを予言「大スターになる」 - 01月18日(木)15:20  mnewsplus

女優の永野芽郁(18)と俳優の佐藤健(28)が18日、都内でNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(4月2日スタート、月~土曜前8・00)の取材会を行った。 同作は高度成長期の終わりから現代を舞台に、岐阜県に生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)の上京後の挫折、離婚などを経験しながらも明るく生き抜く姿を描く。 撮影を開始し2カ月たち、鈴愛を演じる永野は「ようやく岐阜弁に慣れてきた」と笑顔。 対してヒロイン幼なじみ・萩尾律を演じる佐藤は「手ごたえを感じまくっています。本...
»続きを読む
カテゴリー:

佐藤健、永野芽郁が大ブレイクすると熱弁 永野は「感動しちゃった」 - 01月18日(木)14:32 

 4月にスタートするNHK連続テレビ小説『半分、青い。』のスタジオ取材会が18日同局で行われ、ヒロインを務める永野芽郁が共演の佐藤健とともに登場した。岐阜ロケなど撮影が始まって2ヵ月経ち、永野は「ようやく岐阜弁に慣れてきて、鈴愛という役にも慣れてきました」と語ると、佐藤は「手応えを感じまくっています。台本が本当におもしろいし、現場で撮影していて、これは永野さんは大スターになるんだろうなと感じています」と相手役を絶賛した。【写真】『半分、青い。』スタジオ取材会フォトギャラリー 本作は、連続テレビ小説の第98作目。大阪万博の翌年、1971年に生まれた楡野鈴愛(にれの・すずめ)が漫画家を目指して現代社会で奮闘し、やがて一大発明を成功させるに至るまでを描く。 鈴愛の幼なじみ・萩尾律役を演じる佐藤は“永野の大ブレイク”論について、「まず台本を読んだ時点で“鈴愛”というキャラクターが大好きになったんですね。ものすごく魅力的で、きっと観てくださる方も鈴愛のことが大好きになって、ドラマの中で鈴愛を観てればいいというくらい。それを演じるのが永野さんでもうぴったり! 当て書きじゃないかとびっくりしたんですよ。難しい芝居を要求されても飄々とというか、永野さんが動けばそれは鈴愛になる。シンクロ率100%! また堂々としていて怖気付かず、ビッグな共演者の方といても自分をしっかり持っている。自分のペースで芝居...more
カテゴリー:

佐藤健が熱弁「永野芽郁は『半分、青い。』で大スターになる」 - 01月18日(木)13:30 

 4月2日スタートのNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(月~土 前8:00 総合ほか)のスタジオ取材会が18日、東京・渋谷の同局で行われ、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁とヒロインの幼なじみ・萩尾律役の佐藤健が出席した。10月下旬にクランクインしてから3ヶ月弱。互いの印象、感想などを語る中、佐藤は「手応えを感じまくっております。永野さんは大スターになるんだろうな、朝ドラとしても愛されて大ブレイクするだろうな。期待してもらって大丈夫です」と、はっきり、キッパリ太鼓判を押した。  佐藤は、永野が「スターになる」と感じる理由も熱弁。「まず、台本を読んだ時点で鈴愛というキャラクターが大好きになった。きっと観てくださる方も鈴愛のことが好きになって、鈴愛が何をするか、それを観ているだけでいいという状態になるくらい、極論を言って、誰が演じてもある程度はブレイクするような、それくらい魅力的なキャラクターなんです。さらに、それを演じているのが永野さんで、ぴったり」。さらに、ことばに力を込めてもう一度「ぴったりなんです。それにびっくりした」。  まだ続く。「難しいお芝居を求められているのにひょうひょうと、永野さんが発すれば、動けば、鈴愛として成り立っていて、シンクロ率100%。というのもありながら、堂々としている感じや怖気づかない感じ、ビッグな共演者がいても自分をしっかり持っていられるし、自分のペ...more
カテゴリー:

12星座【人生やり直したい】ランキング 蟹座は記憶力がよすぎて過去が忘れられない! - 01月18日(木)12:00 

 ドラマ『リピート~運命を変える10か月~』(日本テレビ系)は、「過去の後悔」を理由に、時間旅行するストーリーです。誰もが、過去に戻って人生やり直すことができたらどんなにいいだろうか……と一度は思うことはあるはず。人生やり直せるものならやり直したいと密かに願っている星座を、ランキング形式で紹介します。 ■第1位 蟹座……記憶力がよすぎて過去が忘れられない!  記憶力抜群の蟹座がダントツの第1位です。過去のことをあれやこれやと覚えているため、過去に対する思い入れも人一倍になるのは当然のこと。数年前どころか、数十年前まで記憶をさかのぼり、「幼稚園でケンカした直後に引っ越してしまった幼なじみと仲直りしたい」など、遠い思い出をフラッシュバックさせるでしょう。 ■第2位 蠍座……大爆発して終わった恋を取り戻したい  蠍座が過去を悔やむのは、十中八九の確率で恋愛絡み! 極限までため込んで大爆発させ恋が終わる……その繰り返しだったため、戻れるものなら戻りたいと願うのは当然のこと。ただ、「過去に戻ることができたら、ため込まず小出しにしていこう!」ではないのが蠍座流です。「次こそもっとため込み、絶対に大爆発は起こさないぞ!」という思考なので、仮に過去へ戻ったとしても、同じ過ちを犯す危険性大……。 ■第3位 魚座……前世で徳を積みたい!  12星座イチの妄想キング・魚座の時間旅行は、幼稚園や終わった恋...more
カテゴリー:

永野芽衣&佐藤健は「自然に2人でいる」オフでも"幼なじみ"の仲の良さ - 01月18日(木)15:22 

女優の永野芽郁と俳優の佐藤健が18日、東京・渋谷のNHKで行われた2018年度前期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の取材会に出席。お互いの印象や現場での様子などを語った。
カテゴリー:

佐藤健、朝ドラ永野芽郁に太鼓判「大スターになる」 - 01月18日(木)15:05 

 4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のスタジオ取材会が18日、東京・渋谷の同局で行われた。ヒロインの鈴愛(すずめ)役を演じる女優永野芽郁(18)について、幼なじみを演じる俳優佐藤健(28)は「この朝ドラで大ブレー…
カテゴリー:

佐藤健、永野芽郁は「大スターになる」朝ドラでのブレイク予言 - 01月18日(木)13:45 

女優の永野芽郁と俳優の佐藤健が18日、東京・渋谷のNHKで行われた2018年度前期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の取材会に出席。永野演じるヒロインの幼なじみ役を務める佐藤は「永野さんは大スターになる」とブレイクを予言した。
カテゴリー:

永野芽郁、朝ドラヒロインとシンクロ率100%!佐藤健が絶賛「大スターになる」 - 01月18日(木)13:00 

 NHKの平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」のスタジオ取材会が1月18日、東京・渋谷の同局スタジオで行われ、主演の永野芽郁と共演の佐藤健が出席した。 ・【フォトギャラリー】永野芽郁と佐藤健、その他の写真はこちら  昨年10月下旬に岐阜県東濃地方でクランクインし、現在は関東近郊ロケやスタジオ収録が順調に進行中。ヒロイン・鈴愛(すずめ)役の永野は「撮影に入って約2カ月、ようやく岐阜弁に慣れて、今では日常会話も岐阜弁です」と充実の面持ちで、鈴愛の幼なじみであるクールな理論派・萩尾律役の佐藤は「手応えを感じまくっております。本当に面白く、期待してもらって大丈夫です。撮影していて、永野さんはきっと大スターになるんだろうなと思った」と褒めちぎった。  物語は片耳の聴力を失いながらも、持ち前のユニークな発想力を生かし少女漫画家を目指していた鈴愛が、高度成長期終盤から現代までを“七転び八起き”で駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げる姿を描く。佐藤は鈴愛というキャラについて、「台本を読んだ時点で、僕が幼なじみ役というのもありますが、鈴愛というキャラが大好きになった。見てくださる方も本当に好きになり、鈴愛を見ていればいい、という状態になるくらい魅力的」と評したうえで、「それを演じるのが永野さん。『当て書きだろう』というくらいピッタリすぎて。永野さんが発すればそれが鈴愛になるし、“シンク...more
カテゴリー:

『anone』第2話、心に刺さる名セリフ連発に視聴者も震える - 01月18日(木)10:52 

 女優の広瀬すずが主演を務めるドラマ『anone』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第2話が17日に放送され、劇中で交わされる心に響くセリフの数々に、放送終了後もインターネット上では、視聴者がセリフを“名言”として噛みしめる投稿が相次いだ。【写真】「広瀬すず」フォトギャラリー 『anone』は、『Mother』や『Woman』『カルテット』などを手がけた坂元裕二が脚本を務めるヒューマンドラマ。家族を失い社会からも疎外され、生きるすべを失った少女、余命半年を宣告された男、刑期を終え死に場所を探していた女、そして謎多き老女。生きてきた場所や背景もまったく違う男女の人生が“ある事件”をきっかけに交錯するさまを描いていく。 第2話は広瀬演じるヒロインのハリカが、田中裕子演じる亜乃音の元を訪ねるところからスタート。かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと彦星(清水尋也)の病気を治すためにはお金が必要であることを知ったハリカは、亜乃音から札束の真相を聞かされることに。さらに札束が発見された床下の穴から、失踪した亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝己)と写っている写真が出てくる。亜乃音は探していた娘が自分に隠れて夫と会っていたことにショックを受ける。一方、舵(阿部サダヲ)が幼なじみの男に言われるままカレー店を乗っ取られようとしていることを知ったるい子(小林聡美)は、何か...more
カテゴリー:

もっと見る

「幼なじみ」の画像

もっと見る

「幼なじみ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 幼馴染...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる