「年金支給」とは?

関連ニュース

好景気なのに10年で500万円減!「退職金」はなぜ減った? - 11月16日(木)11:00 

「60歳のときに受け取った約1,500万円の退職金のうち、住宅ローンの残高850万円を一括返済し、残りは、若いときから夫婦の夢だったスペイン旅行と、オーロラツアーがついたカナダ旅行に。38年間、働き続けた“自分へのご褒美”だったんです」 こう語るのは、5年前に食品メーカーを定年退職したAさん。Aさんはその後、65歳まで“継続雇用制度”で働き、今年から世帯で月20万年ほどの年金受給者となったが……。 「このまま平均寿命まで生きたとしても、子どもへの援助、住宅修繕費、自分の介護費用などもあり、毎月5万円ほど赤字に。とても年金だけでは生活できません。老後資金がまったく足りないことがわかった今、退職金に手を付けずに、運用しておけばと、夫婦で口論ばかり。悠々自適な暮らしは無理。これから、また働かないといけません」 Aさんはこう後悔を口にしたーー。 年金の支給額が引き下げられるなかで、老後を支える役割が増している退職金。ところが、退職金の平均支給額が、大企業の場合、10年間で500万円以上も減少している。『退職金貧乏』(祥伝社新書)の著者で、久留米大学の塚崎公義教授が解説する。 「バブル崩壊後、不況に陥っていた20年ほど前に、日本の会社の体質が大きく変わりました。それまで“従業員の共同体&rdqu...more
カテゴリー:

【社会】"意識高い系"をバカにしてきた50代の末路 - 11月02日(木)15:26  bizplus

これからのキャリア形成では、なにが正解なのか。マーケティング戦略アドバイザーの永井孝尚さんは「『あなたという商品』の価値を高める方法を考えるべき」といいます。永井さんの知人に「お金さえもらえばいい」といって、受け身の仕事を続けてきた55歳の男性がいます。49歳で子会社に転籍。給与減を補うために転職を志しましたが、まったくうまくいきません。どこで間違ったのか。教訓とあわせてお伝えしましょう――。 「もっと要領よくやればいいじゃないか……」 今どきのキャリアをどう考えたらいいのか。失敗から学ぶことはたくさ...
»続きを読む
カテゴリー:

年金を前倒しで受給するのは損なのか?「16年8ヶ月」の分かれ道 - 11月07日(火)05:00 

以前掲載の「年金を65歳よりも早く貰うと、どれほど『損』をするのか?」では、年金の「繰り上げ受給」は受取額が少なくなることをお伝えしました。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では著者のhirokiさんが、実際にどのくらい「損」するのか事例を挙げて、本来貰える額と比較しながらわかりやすく解説するとともに、繰り上げ請求の際の注意点も詳述しています。 年金の「繰上げ受給」で、知っていたほうがいい「16年8ヶ月」の分かれ道 昭和36年4月1日以前の男性、昭和41年4月1日以前の女性で全体の年金受給資格期間が10年以上、かつ、厚生年金期間が1年以上(厚生年金期間と共済期間合わせて1年以上でも良い)あれば、生年月日別に65歳前から老齢厚生年金や共済からの老齢厚生年金が貰えます。 ※注意 65歳前からの共済からの老齢厚生年金は男女とも昭和36年4月1日以前生まれの人に限る。 しかし、65歳前から貰えるっていってもまだ国民年金(老齢基礎年金)の支給がないので、老齢厚生年金は報酬に比例する部分のみの支給となるためあまり厚生年金期間や共済期間が長くない人はかなり年金額が低くなります。だから、65歳前から年金が貰えるから請求したもののあまりの金額の低さに驚かれるかもしれません。もしくは、60歳になったけど年金の支給開始年齢に到達していないが為に無年金期間が生じ、何ら...more
カテゴリー:

「年金支給」の画像

もっと見る

「年金支給」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる