「年率換算」とは?

関連ニュース

景気回復局面の日本はなぜデフレから脱却できないのか - 02月23日(金)12:23 

日本政府が発表したデータをみると、2017年第4四半期の実質GDP(国内総生産)は年率換算で0.5%となり、日本経済は8四半期連続のプラスとなり、1980年代末のバブル崩壊以降で最長の成長記録を達成した。 ...
カテゴリー:

【GDP速報値】29年10~12月期 実質年率0・5%増 8四半期連続プラス成長 約28年ぶりの長さ - 02月14日(水)12:37  newsplus

内閣府が14日発表した平成29年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、 物価変動を除く実質で前期比0・1%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0・5%増だった。 プラス成長は8四半期連続。バブル期の昭和61年4~6月期から平成元年1~3月期まで12四半期連続のプラスとなって以来、 約28年ぶりの長さとなった。ただ、成長率は昨年7~9月期の年率2・2%からは鈍化した。  項目別では、個人消費が0・5%増と2四半期ぶりにプラスとなった。スマートフォンや自動車のほか...
»続きを読む
カテゴリー:

GDP:28年ぶり8期連続増 実質で年0.5%プラス - 02月14日(水)09:56 

 内閣府が14日発表した昨年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.1%増、年率換算では0.5%増となり、8四半期連続のプラス成長を記録した。プラスが8四半期(2年間)続いたのは、1986年4~6月期から89年1~3月期まで12四半期連続となったバブル期以来約28年ぶり。堅調な輸出や設備投資に支えられ、景気回復が長期にわたり続いていることが示された。
カテゴリー:

10-12月期実質GDPは年率+0.5%、8四半期連続のプラス - 02月14日(水)09:00 

[東京 14日 ロイター] - 内閣府が14日に発表した2017年10-12月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス0.1%、年率換算プラス0.5%と、8四半期連続でプラス成長となった。ロイターが事前にまとめた民間調査機関の予測中央値は前期比プラス0.2%、年率プラス0.9%だった。
カテゴリー:

米1月住宅着工9.7%増、許可件数07年6月以来高水準 - 02月17日(土)02:40 

[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が16日発表した1月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比9.7%増の132万6000戸だった。
カテゴリー:

実質GDP、28年ぶり8四半期連続増:識者はこうみる - 02月14日(水)11:34 

[東京 14日 ロイター] - 内閣府が14日に発表した2017年10─12月期国内総生産(GDP)1次速報によると、実質GDPは前期比で0.1%増加、年率換算で0.5%増加した。ロイター事前予測の前期比0.2%、年率0.9%を下回った。
カテゴリー:

10~12月期GDP 年率0・5%増 8カ月連続プラス成長 - 02月14日(水)09:10 

 内閣府が14日発表した平成29年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・1%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0・5%増だった。プラス成長は8四半期連続。
カテゴリー:

GDP:年0.5%増 8四半期連続プラス 10~12月 - 02月14日(水)08:59 

 内閣府が14日発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.1%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で0.5%増だった。プラス成長は8四半期連続。
カテゴリー:

「年率換算」の画像

もっと見る

「年率換算」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる