「年率換算」とは?

関連ニュース

GDP、9四半期ぶりマイナス 1~3月期年率0.6%減 内需勢い欠く - 05月17日(木)06:14 

 内閣府が16日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.2%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0.6%減だった。マイナス成長は9四半期ぶり。個人消費と企業の設備投資が減り、住宅投資が落ち込むなど内需が勢いを欠いた。
カテゴリー:

【内閣府】1ー3月GDP 年率-0.6% 2年3か月ぶりのマイナス★6 - 05月16日(水)22:28  newsplus

1~3月実質GDP、年率0.6%減 9期ぶりマイナス 内閣府が16日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.2%減、年率換算では0.6%減だった。マイナスは9四半期ぶり。消費や設備投資、住宅投資が振るわず、内需が勢いを欠いた。輸出の伸びも鈍化した。 QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比年率で0.1%減だった。生活実感に近い名目GDP成長率は前期比0.4%減、年率では1.5%減だった。名目は6四半期ぶりにマイナスになった。 実質GDPの内訳は、内需が0.2%分の...
»続きを読む
カテゴリー:

GDP年0.6%減:野菜高、消費に影響 1~3月期 - 05月16日(水)21:05 

 内閣府が16日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.2%減、この状況が1年間続いた場合の年率換算で0.6%減となり、9四半期(2年3カ月)ぶりのマイナスに沈んだ。天候不順を背景にした個人消費の落ち込みが主因で、内需が依然として弱含みなこ
カテゴリー:

日本の1~3月期GDP、9四半期ぶりのマイナス成長 - 05月16日(水)17:04 

日本政府が16日に発表した今年1~3月期の国内総生産(GDP)は年率換算で0.6%減と、9四半期ぶりのマイナス成長に陥った。 日本のGDPは昨年10~12月期まで8四半期連続で伸び続け、1980年代後半のバブル期以降では最長のプラス成長を記録していた。 しかし今期は、ロイターが先週まとめた市場予想の0.2%減をさらに下回る数字となった。 英市場調査会社キャピタル・エコノミクスのマーセル・シーリ...
カテゴリー:

西村康稔官房副長官「年度を通してみればプラス」1~3月期GDP速報値 - 05月16日(水)13:40 

 西村康稔官房副長官は16日午前の記者会見で、内閣府が発表した平成30年1~3月期国内総生産(GDP)速報値が物価変動を除く実質で前期比0・2%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0・6%減となり2年3カ月ぶりにマイナス成長となったことについて「年度を通してみれば3年連続で名目、実質ともプラス成長になっている。回復基調にある、成長軌道に乗っているとの基本的なトレンドには変わりはないと認識している」と述べた。
カテゴリー:

米4月住宅着工は3.7%減、建設許可1.8%減 市場停滞続く - 05月17日(木)04:17 

[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が16日発表した4月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比3.7%減の128万7000戸だった。用地や熟練労働者が不足する中、住宅市場が引き続き低迷していることを示唆した。市場予想は131万戸だった。
カテゴリー:

米国:4月の住宅着工3.7%減 2カ月ぶりマイナス - 05月16日(水)22:07 

 米商務省が16日発表した4月の住宅着工件数(速報、季節調整済み)は、年率換算で前月比3.7%減の128万7000戸で、2カ月ぶりに減少した。前年同月比は10.5%増だった。
カテゴリー:

【内閣府】1ー3月GDP 年率-0.6% 2年3か月ぶりのマイナス★5 - 05月16日(水)18:18  newsplus

1~3月実質GDP、年率0.6%減 9期ぶりマイナス 内閣府が16日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.2%減、年率換算では0.6%減だった。マイナスは9四半期ぶり。消費や設備投資、住宅投資が振るわず、内需が勢いを欠いた。輸出の伸びも鈍化した。 QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比年率で0.1%減だった。生活実感に近い名目GDP成長率は前期比0.4%減、年率では1.5%減だった。名目は6四半期ぶりにマイナスになった。 実質GDPの内訳は、内需が0.2%分の...
»続きを読む
カテゴリー:

【内閣府】1ー3月GDP 年率-0.6% 2年3か月ぶりのマイナス★4 - 05月16日(水)13:44  newsplus

1~3月実質GDP、年率0.6%減 9期ぶりマイナス 内閣府が16日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.2%減、年率換算では0.6%減だった。マイナスは9四半期ぶり。消費や設備投資、住宅投資が振るわず、内需が勢いを欠いた。輸出の伸びも鈍化した。 QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比年率で0.1%減だった。生活実感に近い名目GDP成長率は前期比0.4%減、年率では1.5%減だった。名目は6四半期ぶりにマイナスになった。 実質GDPの内訳は、内需が0.2%分の...
»続きを読む
カテゴリー:

【内閣府速報値】1~3月実質GDP、9期ぶり減 消費・住宅投資低迷 年率0.6%マイナス - 05月16日(水)12:40  bizplus

日本経済新聞 2018/5/16 10:36 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3056779016052018MM0000/ (実質GDP増減率の内訳) (1~3月期のGDP増減率の内訳)  内閣府が16日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた 実質の季節調整値で前期比0.2%減、年率換算で0.6%減だった。15年10~12月期以来、9四半期ぶりの マイナス成長となった。野菜やガソリンなど身の回り品の値上がりで個人消費が低調だったほか、 住宅投資も落ち込んだ。  実質GDPの減少率は市場予測の中心値(年...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「年率換算」の画像

もっと見る

「年率換算」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる