「年公開」とは?

関連ニュース

ロリータ18号・石坂マサヨが語る伝説のロックバンド「ラモーンズ」 - 11月18日(土)21:28 

パンクロックの元祖とも言われる伝説のロックバンド、ラモーンズ。バンドはメンバーチェンジを繰り返しながら1996年に解散。それから20年以上がたち、2014年にはバンドのオリジナルメンバー4人は全てこの世を去った。しかし、「Blitzkreig Bop(電撃バップ)」や「Do You Remember Rock‘N’Roll Radio?(リメンバー・ロックンロール・レイディオ?)」など、簡潔にしてインパクトのある楽曲は、現在でも人気は高い。しかし、そのファンクラブが現在も活動を続けているのは、世界で唯一、日本だけだという。ファンクラブの会長で、音楽雑誌『BURRN!』創刊メンバーでもあるyuki kuroyanagiさんが10万字の書き下ろしと多数の未発表写真で構成した書籍『Thank You RAMONES』(リトルモア刊)が、10月末に発売された。メンバーのジョニー・ラモーンと88年から文通を続け、他のメンバーとも交流があったyukiさんが07年に発表した著書『I Love RAMONES』の「その後」を記した本という位置づけになる。今もファンクラブの入会希望者の中には、バンドが実際に活動した時代を知らない若い世代も多い。本書中で、yukiさんは、そんなファンたちとニューヨークやLA、ラモーンズ「聖地巡礼」の旅に出る――。メンバーの人間らしさが分かる本著者と同じくラモーンズを愛...more
カテゴリー:

本郷奏多、3年連続タッグを組んだカメラマンのサプライズに大喜び! - 11月18日(土)16:15 

 俳優の本郷奏多が11月18日、東京のSHIBUYA TSUTAYAで行われた「本郷奏多カレンダー2018 -be fashionable-」発売記念イベントに出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  18年版となる同カレンダーのテーマは、本郷を“より大人っぽく、ファッショナブル”に撮影すること。おしゃれコーデに挑戦し、スタイリッシュな姿を披露している本郷は「ファッションには一切興味がなくて。こういう機会でしかかっこいい服を着る機会がないので、楽しみながらやりました」と撮影を述懐。撮影中のメイキングに加え、本人直筆の50問50答を掲載しているが「家でバーッと10分位で書いたんですけど、まさか直筆で掲載されるとは……。めちゃくちゃ雑な字が載ってしまったことが恥ずかしい」と苦笑しつつ「面白い回答があると思うので、クスっとしていただけるかなと思います」とアピールしていた。  11月15日に27歳の誕生日を迎えた本郷。司会者が「サプライズをご用意しています!」と言葉を投げかけると、「結構です」とクールに切り返して笑いを誘ったが、目の前に現れた人物には驚きを隠せず。バースデイケーキを携えて登場したのは、16&17年版のカレンダーに引き続き、撮影を担当した大学の同級生で親友のカメラマン・小暮和音氏。予想外のサプライズに「わー、スゲー! ありがとう! 今日は来ないって聞い...more
カテゴリー:

「5人にとって、大切な母校のような作品です」新垣結衣が助演女優賞を受賞!! - 11月18日(土)08:00 

'17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」の最優秀助演女優賞には、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」でフライトドクター・白石恵を演じた新垣結衣が選ばれた。 あ 7年ぶりの新作で、新垣演じる白石は、救命のリーダーとして新人のフェローたちに対して立派に指導する姿が描かれた。悩み苦しみながらもフェローを叱りつける姿勢や、戸田恵梨香演じる緋山との友情を感じさせるシーンもあり、視聴者からは「7年前の白石からは考えられない成長ぶりが良かった」と絶賛の声が聞こえた。 放送終了後、'18年公開の映画化が決定し、今後さらなる活躍が期待される。そんな新垣から、受賞の感想のコメントを聞いた。 ――ドラマアカデミー賞、最優秀助演女優賞おめでとうございます。受賞のお気持ちをお聞かせください。 大変驚いています。ありがとうございます!! ――7年ぶりに主要キャストが全員そろっての新シリーズとなりましたが、新シリーズ決定を聞いた当時の率直な感想と、撮影を終えての感想をお聞かせください 何度か集まる度に「もう一度みんなで一緒に仕事がしたいね」と話していましたが、7年たってまさかそれが本当に実現できるとは思っていませんでしたので嬉しい気持ちと、当時を思い出しての緊張と、7年たってどのように描かれるのかと、いろんな...more
カテゴリー:

【テレビ】"さんま"の青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ - 11月18日(土)05:07  mnewsplus

2017-11-18 05:00 さんまの青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ  タレントの明石家さんまが司会を務める26日に日本テレビ系『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』(後7:00)で、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が脚本を手がけるさんまの17歳の頃の実話を描いたドラマ『ずっと笑ってた』を放送することがわかった。 ただただ人を笑わせることに夢中だった杉本高文(さんま)役には、今年公開の映画『君の膵臓をたべたい』が話題となった俳優・北村匠海が抜てき。さんまが思い...
»続きを読む
カテゴリー:

初代デスノートの戸田恵梨香かわいすぎwwww - 11月17日(金)22:16  news

11月17日(金)今夜オンエアされる日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で昨年公開され大ヒットした 『デスノート Light up the NEW world』がテレビ初放送される。今回は劇場公開時の本編を再編集し「特別版」としてのオンエアとなる。 http://www.cinemacafe.net/article/2017/11/17/53948.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】シシャモ、ワニマ、ピストル…何人知ってる?『紅白歌合戦』初出場組はあのCMの人 - 11月18日(土)20:51  mnewsplus

11月16日、今年の年末に放送される『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。そうそうたるアーティスト名が並ぶなか、今回初出場を果たしたのは10組だ。活動の節目に悲願の初出場となったアーティストもいれば、これまであまり馴染みのない名前もあるだろう。とはいえ、CMやドラマで彼らの楽曲が使用されることも多く、実は「聴いたこと、見たことある!」アーティストも多いはず。今年の年末を彩るフレッシュかつ話題性抜群の初登場組に迫りたい。 ◆『ドコモの学割』でCM出演も果たしたSHISHAMO  昨年から2019年までの4ヵ年...
»続きを読む
カテゴリー:

シシャモ、ワニマ、ピストル…何人知ってる?『紅白歌合戦』初出場組はあのCMの人 - 11月18日(土)08:40 

 11月16日、今年の年末に放送される『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。そうそうたるアーティスト名が並ぶなか、今回初出場を果たしたのは10組だ。活動の節目に悲願の初出場となったアーティストもいれば、これまであまり馴染みのない名前もあるだろう。とはいえ、CMやドラマで彼らの楽曲が使用されることも多く、実は「聴いたこと、見たことある!」アーティストも多いはず。今年の年末を彩るフレッシュかつ話題性抜群の初登場組に迫りたい。 一目でわかる!『第68回NHK紅白歌合戦』出場歌手一覧 ◆『ドコモの学割』でCM出演も果たしたSHISHAMO  昨年から2019年までの4ヵ年は、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、「夢を歌おう」を共通テーマに掲げている『NHK紅白歌合戦』。特に今年は「視聴者の皆様の夢を応援し、明るい気持ちで新年を迎えられるように」(番組制作陣)という思いのもと、出場者が決定。紅組4組、白組6組の初出場組も、エネルギッシュで瑞々しいアーティストや歌手たちがそろった。  まずは神奈川県川崎市出身の平均年齢22歳の3人組ガールズバンド、SHISHAMO(シシャモ)。ギター&ボーカルの宮崎朝子、ベースの松岡彩、ドラムの吉川美冴貴というメンバー構成だ。2010年、高校の軽音楽部でバンドを結成し、13年11月にデビュー。今年1月、堤真一と綾野剛が出演するN...more
カテゴリー:

リメイク版『IT』と映画『打ち上げ花火』の意外な共通点とは - 11月18日(土)07:30 

(©ニュースサイトしらべぇ)1986年公開、1990年に映画化された、ホラーの巨匠スティーブン・キングの作品、『IT』。子供を狙う殺人ピエロ『ペニーワイズ』のインパクトは当時多くの観客を恐怖のどん底に陥れたものだが、11月にリメイク版『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』も公開された。■ITと打ち上げ花火の共通点じつはリメイク版は、2017年夏に公開し物議を醸した映画『打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか』と多くの共通点があるのをご存じだろうか?実写ホラー映画とアニメ作品に共通点があるなんて信じられないという人もいるだろうが、気にしながら見ると数倍面白く感じること間違いナシ。その共通点は以下のとおりだ。(1)子供たちの恋愛が描かれている作品『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』は主人公のビルと転校生のふとっちょベンは、ヒロインのベバリーに恋をする。『打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか』もヒロインと主人公とライバルの恋が描かれており「空想+恋愛」という意味では完全に共通している。(2)主要人物がイケメンと美女『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』の主人公グループは学校で負け犬チームなのに、ほぼ全員がイケメン。ペニーワイズを演じるビル・スカルスガルドも超絶イケメンである。...more
カテゴリー:

さんまの青春時代を又吉脚本でドラマ化 本人役は北村匠海、ヒロインは飯豊まりえ - 11月18日(土)05:00 

 タレントの明石家さんまが司会を務める26日に日本テレビ系『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』(後7:00)で、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が脚本を手がけるさんまの17歳の頃の実話を描いたドラマ『ずっと笑ってた』を放送することがわかった。ただただ人を笑わせることに夢中だった杉本高文(さんま)役には、今年公開の映画『君の膵臓をたべたい』が話題となった俳優・北村匠海が抜てき。さんまが思いを寄せる同級生役には女優・飯豊まりえが起用された。 【写真】学ランにメガネ姿の東野幸治も出演  「高校の時、俺が今まで経験したことのない大爆笑の連発。あの“笑い”を忘れられない。高校時代の俺が、いまだに最高で、男としての頂点」とさんま自身が語る自身の黄金時代。彼にとっては、学校は学びの場ではなく、人を笑わせる最高の舞台だった…。凡人の想像を超える壮大ないたずらや、片思いの女の子との甘酸っぱい思い出の数々。さんまとの感動のエピソードが描かれる“絶対に笑わない鬼”として恐れられていた体育教師は神保悟志が演じ、東野幸治とアンジャッシュ・渡部建も“同級生役”として出演する。  まさかのさんま役、しかも“神がかっていた”高校時代のオファーに北村は「とにかくびっくりしました」と驚きを隠せない。お笑い界のレジェンドを演じることに「僕で大丈夫なのかな?」とプレッシャーもあったがそうだが「人を...more
カテゴリー:

ど素人がヘマを繰り返す外しの面白さがたまらない! - 11月17日(金)20:09 

【週末シネマ】『ローガン・ラッキー』 スティーヴン・ソダーバーグ監督の復帰作! 2013年公開の『サイド・エフェクト』を最後に映画監督引退を表明していたスティーヴン・ソダーバーグが、4年ぶりに監督復帰を果たした『ローガン・ラッキー』。レース会場に集まる現金強奪を企てる男たちの物語は、ソダーバーグが手がけて大ヒットさせた『オーシャンズ』シリーズに通じるクライム・エンターテインメント作だが、主人公はドレスアップしたプロ集団ではなく、犯罪ど素人の兄弟。そこから想像のつく通り、主役はスタイリッシュに決めきれず、ヘマを繰り返す行程が逆にスリリングという外しの面白さがたまらない。 ローガンとは主役の兄弟の苗字。有望なアメフトのスター選手だったのが、故障のせいで夢破れた兄のジミー(チャニング・テイタム)と、人気者の兄の陰に隠れがちだったことから軍隊に入り、イラクで左手を失くした弟・クライド(アダム・ドライヴァー)はウェストヴァージニア州の田舎町に暮らしている。ローガン家のジンクス(不運は連鎖する)に呪われ、離婚とリストラと不運が重なり、幼い愛娘との交流もままならなくなりそうな不運に見舞われたジミーが一発逆転を狙ったのが、かつての職場で全米最大級のNASCARレース会場地下にある金庫。バーを経営するクライドと運転のうまい美容師の妹(ライリー・キーオ)、あくまで地元レベルだが、伝説の爆破犯で服役...more
カテゴリー:

もっと見る

「年公開」の画像

もっと見る

「年公開」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる