「年以降」とは?

関連ニュース

稀勢、先代師匠・隆の里の「偉大さ実感」 腰高は相変わらず、今後の課題に - 03月28日(火)15:30 

改めて思う。稀勢の里と先代師匠(元横綱隆の里=故人)。この師弟は本当によく似ている。年6場所制となった1958年以降、新横綱の優勝は稀勢の里でわずか4人目。その…
in English
カテゴリー:

抗生物質は飲みきるのが大事!聞き慣れない「薬剤耐性菌」の脅威と対策 - 03月28日(火)11:45 

今冬は、風邪やインフルエンザ、感染性胃腸炎などで、ご自身やお子さんが体調を崩して、医療機関を受診した方もいたのではないでしょうか。 そんなとき、“抗菌薬”や“抗生物質”などと呼ばれる薬を処方されることがあると思います。皆さん耳にしたことはあると思いますが、こうした薬がどんな薬か、ご存知でしょうか? 実は最近、この抗菌薬などの不適切な使い方が問題になっています。そして、そのことから、薬が効かない菌“薬剤耐性菌”が増加していることが、世界的に危惧されているのです。 薬が効かない菌が増えてしまうと、今まで普通に薬で治せていたような病気が治せなくなってしまうことも。 今回は、政府広報オンライン等の内容を参考に、薬剤耐性菌の脅威と、この菌を増やさないために私たちが気をつけたほうがいいことについてお伝えします。   抗菌薬は、“菌”には効くけど“ウイルス”には全然効かない まず、細菌とウイルス、そして薬との関係について、確認しておきましょう。 感染症、かぜのような病気などにかかったときに、抗菌薬を処方された経験のある方は多いと思います。 この抗菌薬ですが、感染症やかぜなどの病気を何でも治してくれるわけではありません。細菌性の病気に効果はある薬なのですが、ウイルス性の病気には効かないのです。 なので、ウイルス性の病気(たとえば、インフルエンザウイルスやノロウイルス)に感染した場合には、...more
in English
カテゴリー:

公開中「ドラえもん映画」興収26億超、新記録期待 - 03月27日(月)20:57 

 公開中の「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の興行収入が26億円を超え、現声優陣で制作された06年以降の新シリーズ(計12作)の累計興収が400億円を突破したことが27日、分かった。配給の東宝が発表した。  累計観客動員数は…
in English
カテゴリー:

食事と一緒に、食事の後に 「うち飲みボトル」でくつろぎタイム - 03月27日(月)17:01 

 時間を気にせずくつろげるし、お店から帰らなくていいし、眠くなったらすぐ寝られる。おうちでお酒を飲む「うち飲み」っていいよね。ここのところ「働き方改革」や「プレミアムフライデー」も提唱されていて、今後、仕事から帰宅後や休日に家でゆっくり過ごす時間が増える人もいるかもしれない。サントリースピリッツは、この春新発売のスピリッツ・リキュールの商品ラインナップを「うち飲みボトル」をキーワードにPR。食事中や食後にいろいろな味わい、スタイルでお酒を楽しむことを提案している。 同社の推計では、「自宅での瓶のお酒の消費の推移」は、購入者数、購入金額ともに2012年以降、増加傾向にあるという。また酒類全体の中で見たときに、スピリッツ・リキュールは、食前よりも「食事中」、「食後」、「くつろぎながら」といったシーンで出現する割合が高めだという。こういった傾向から「多様な味わい、自分好みの飲み方を、自宅での幅広いシーンで気軽に楽しめるボトルのリキュール・スピリッツにチャンスが到来した」と見ている。 食事中にすすめるのはまず、4月4日にリニューアル発売する「サントリーアイスジン」、「同アイスウォッカ」(ともに500ml、税別770円、アルコール度数37%)と、度数25度でかんきつ系の味わいを効かせた「サントリーアイスジン」、「同アイスウォッカ」(ともに500ml、税別700円)。ソーダ割りで食事とともにジ...more
in English
カテゴリー:

『I.D.BUZZ』—次世代EVとして甦ったワーゲンバス - 03月27日(月)12:00 

「ワーゲンバス」ことフォルクスワーゲン『タイプ2』は、1980年代のサーファーブームを知る大人の男性にとって懐かしく、憧れだったクルマだ。60年代後半のアメリカのヒッピームーブメントの際に西海岸の若者の支持を集めたワーゲンバスは、80年代に入ると日本でも人気となり、サーフボードを積むとサマになるおしゃれなクルマとして、マツダ『ファミリア』とともにサーファーたちの定番となった。その唯一無二の存在感から、いまだに熱心なファンも存在し、キャンパーに改造してアウトドアライフを愉しむ人も多い。このワーゲンバスのデザインをモチーフにしたEV(電気自動車)のコンセプトモデルが2016年1月のデトロイトショーに登場し、会場を沸かせた。 80年代のワーゲンバスと同様に、サードプレイスとしての性格を受け継ぐ『I.D.BUZZ』 『タイプ2』は、もともとフォルクスワーゲンの商用車部門が取り扱い、マイクロバスや貨物車、トラックなどの用途のために開発されたクルマだ。 しかし、かつてサーファーに愛用され、現在もキャンパーとして活用するユーザーが多いことでもわかるように、1980年代以降は極めて趣味性の高い、「サードプレイス」用途のクルマとして人気を集めてきた。 フォルクスワーゲンがデトロイトショーで公開した『I.D.BUZZ』は、フロントマスク中央の大きな「VW」エンブレム、ウェストラインを境に塗り分...more
in English
カテゴリー:

工業利益31.5%増加 過去最高に 1~2月 - 03月28日(火)12:04 

国家統計局が27日に発表した工業企業の財務状況データをみると、今年1~2月には、全国の一定規模以上の工業企業(年売上高2000万元以上の企業)の利益が1兆156億8千万元(1元は約16.1円)に達し、前年同期比31.5%増加した。総額が過去最高を記録しただけでなく、増加率も2012年以降で最高を更新した。 ...
in English
カテゴリー:

高槻市・やよい軒への巡礼の歴史 ついに新聞も取り上げた...3月25日の「やよいちゃんパニック」が拡大するまで - 03月27日(月)21:00 

毎年3月25日、大阪府高槻市の「やよい軒」は「THE IDOLM@STER(アイマス)」シリーズの聖地となり、多くのやよいP(ファン)が同店を訪れる。「やよいちゃんパニック」として知られるそれは、ゲームに登場するアイドルの1人、「高槻やよい」の誕生日が3月25日であること、名前の要素が店名に含まれていることから、同店を「聖地」とし、誕生日に「巡礼」するというものだ。ネット上で盛り上がり続けたこの「やよいちゃんパニック」を、朝日新聞(ウェブ版)に掲載されると、ツイッターでは大きな話題となった。このように、今では大手新聞社も掲載するほどの「やよいちゃんパニック」だが、どのような経緯で広まったのだろうか。その調査結果を、時系列で解説する。2008年から2011年~ブレイクの兆し~2008年―――。日本でツイッターが本格的に使われ始めた2008年には、すでに「高槻のやよい軒」について言及されている。しかし、あくまでも「言及され始め」というレベルであり、現在ほどの盛り上がりはない。SNSの外側、匿名掲示板などではすでにメジャーなネタだった可能性もあるが、ツイッター上での認知度は非常に低い段階だ。ただ、一部のコアなファンが、ゴールデンウィークを利用し、高槻市のやよい軒を訪れた動画をニコニコ動画にアップしている。2009年―――。前年と同程度のつぶやき数が確認できるが、そこまで大きな変化は見られ...more
in English
カテゴリー:

「KLabGames NEXT VISION」詳報レポート。「Japanese IPs」「Global Growth」「Original Creations」という“3つの軸”とは - 03月27日(月)19:51 

 KLabは2017年3月25日,新作ゲームラインナップ発表会「KLabGamesNEXTVISION」を開催した。本発表会は,同社が2017年以降に展開するゲームタイトルを「JapaneseIPs」「GlobalGrowth」「OriginalCreations」の“3つの軸”から紹介するというものだ。本稿ではその内容をレポートしていく。
in English
カテゴリー:

【青森】十和田湖遊覧船放置、行政手詰まり長期化も... 実質オーナー「俺は所有者ではなく債権者。撤去の責任はない」 - 03月27日(月)15:40 

2017年03月27日 月曜日  十和田湖の十和田湖遊覧船企業組合(青森県十和田市)が昨年2月に事業を廃止し、1年が経過した。当初、予想された遊覧船放置の懸念は現実化し、船は今も国立公園内の湖で野ざらしの状態が続く。青森県や国は企業組合に撤去を求めるのが精いっぱいで、問題は景観を害したまま長期化の様相を見せている。  県が管理する十和田市の宇樽部(うたるべ)地区の桟橋には、企業組合所有の遊覧船4隻、別会社所有の小型船1隻(いずれも今月3日時点)が2015年11月の運航終了以降、ずっと係留されている。小...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

縮小傾向のトクホコーラの突破口となるか、本日発売『コカ・コーラ プラス』をコーラ好きが飲んでみた! - 03月27日(月)00:00 

2012年に「メッツコーラ」(キリン)や「ペプシスペシャル」(サントリー)の登場でブームを呼んだトクホコーラ/炭酸飲料だが、2014年以降は市場縮小の憂き目に。そんな現状を打ち破るべく投入された『コカ・コーラ プラス』は、本当に美味しいのか、検証! ■トクホ機能はうれしいけれど、やっぱり美味しいコーラがいいと言う市場のわがままに、果たして応えられるか!? 健康のためにトクホコーラに一旦は切り替えたものの、結局のところ味わいの面で今ひとつということで離れてしまったという調査報告を元に、コカ・コーラの『コカ・コーラ プラス』(470ml・希望小売価格 税抜158円・2017年3月27日全国発売)は、その美味しさに焦点を合わせて開発されたという。 ちなみに日本上陸60年の歴史の中で、コカ・コーラが期間限定以外で日本向け新製品を投入するのは初めて。2007年から10年の月日をかけて取り組んだというから、その本気ぶりがわかるもの。美味しいものへのこだわりが強いものの、高齢化社会を迎えて健康意識も高いという特殊市場に合わせての製品というのがコンセプトだ。   ヘルシー系では近年、機能性表示食品が注目を集めているが、それよりもコストも時間も莫大にかかるのがトクホ(特定保健用食品)の称号を得ること。ヒットしなければシャレにならないのがトクホ製品。だからこの『コカ・コーラ プ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「年以降」の画像

もっと見る

「年以降」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる