「年シーズン」とは?

関連ニュース

ゴールデンウィークは、富士スピードウェイでSUPER GT観戦! - 04月25日(火)18:09 

5月3日(水)、4日(木)の二日間、静岡県・富士スピードウェイにて2017年シーズンのSUPER GT第2戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 2 FUJI GT 500km RACE」が行われる。 【写真を見る】2015年、2016年の第2戦富士を優勝している23号車 SUPER GTは、国内外のGTカーが年間8戦を戦うレース。トヨタ、日産、ホンダがメーカーの威信をかけて争うGT500クラスと、国内外の多彩な車種が参戦するGT300クラスの2クラスに分かれて混走。毎回波乱のレース展開で人気が高い。 第2戦の富士は、GW中に行われることもあり、毎年SUPER GTシリーズでは最多の観客動員数を誇る。今レースの注目は、2015年、2016年の第2富士で優勝している23号車「MOTUL Autech GT-R」、そして開幕戦で勝利した37号車「KeePer TOM'S LC500」。そして14年ぶりにGT500クラスに戻ってきたTeam Mugenだ。開幕戦では表彰台を独占したレクサス勢に対して、日産、ホンダの巻き返しに期待がかかる。 期間中、5月3日の予選終了後には、お子様連れの方に楽しめるキッズウォークを実施するほか、2日間通してグランドスタンド近くに売店やお子様が楽しめるイベント広場を用意。1人や友達と行くのは勿論のこと、家族で行くのもおススメだ。ぜひサー...more
in English
カテゴリー:

【サッカー】<セレッソ大阪VSセビリア>今夏ヤンマースタジアムで対戦へ! 清武古巣、交渉大詰め - 04月25日(火)08:07 

C大阪が今夏、スペインの強豪セビリアとの強化試合を計画していることが24日、分かった。 複数の関係者によると、すでに正式に開催を要請しており、交渉は詰めの段階に入っているという。 欧州クラブとの試合が実現すれば、13年7月26日のマンチェスターU戦以来。 1月までセビリアに所属していた日本代表MF清武弘嗣(27)にとっては古巣との対戦になり、注目を集めそうだ。 欧州クラブとのビッグマッチを実現するため、再びC大阪が動き出していた。 今年から7月15~23日にJ1でサマーブレイク(中断期間)が...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

横浜DeNA選手寮「青星寮カレー」を給食で、市内学校へ20万人分提供 - 04月24日(月)17:15 

 横浜DeNAベイスターズは4月24日、若手選手寮「青星寮(せいせいりょう)」で選手が実際に食べている「青星寮カレー」を学校給食用にアレンジし、横浜市内の小学校給食として約20万人分を提供することを発表した。食を通し、健康づくりを呼びかける。 「青星寮カレー」は、若手選手が生活する青星寮で長年提供されてきた名物料理。2016年シーズンからは横浜スタジアムでも販売を開始し、選手と同じ味を楽しめる点がファンから好評を得てきたという。 横浜市の小学校給食として提供される「青星寮カレー」は、青星寮カレーのレシピを給食用にアレンジしたもの。5月15日・16日・22日・25日の4日間、横浜市内の私立小学校および義務教育学校前期課程、全341校に提供される。 横浜DeNAベイスターズは、学校給食用にアレンジした「ベイスターズ青星寮カレー」を通じて、横浜DeNAベイスターズをより身近に感じてもらい、「ベイスターズ選手のような強い身体をつくるための食の大切さ」を伝えていきたいとしている。 なお、学校給食提供の取組みは、横浜市と締結したスポーツ振興や地域経済活性化などに向けた包括連携協定「I☆YOKOHAMA 協定」の一環として実施される。◆青星寮カレー 提供日・実施エリア5月15日(月):鶴見区、神奈川区、港北区、青葉区、都筑区などの全部または一部全78校5月16日(火):西区、中区、南区、保土ケ谷...more
in English
カテゴリー:

【悲報】イチローの大記録が韓国人に抜かれそうな件について - 04月24日(月)11:51 

元ロッテの金泰均がイチローに挑戦!連続試合出塁のアジア記録まで残り「4」 ベースボールチャンネル 4/24(月) 11:37配信  元千葉ロッテマリーンズで2シーズンプレーをし、現在はKBOリーグのハンファ・イーグルスでプレーをしている金泰均内野手が、22日のKTウィズ戦で安打を放ち、 連続試合出塁の韓国記録(63)を更新した。23日の試合でも安打を放ち、記録は「65」まで伸ばしている。  金泰均は韓国球界で活躍した後、2010年から2011年までは千葉ロッテマリーンズでプレー。 2010年には打率.268、21本塁打、92打点と活躍...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ドンファンが米国下部Web.comツアーで初優勝!シード落ちから今季日本ツアーでプレー - 04月24日(月)10:02 

4月15日から行われた国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」で8位タイに入るなどしていたドンファン(韓国)が、米国PGA下部ウェブドットコムツアー「ユナイテッドリーシング&ファイナンス選手権」でツアー初勝利を挙げた。 PGAツアーでは石川遼が出場するも最終日乱調… 日本ツアーで2勝を挙げるなど、その明るいキャラクターで日本でも愛されたドンファンは2013年シーズンから米国PGAツアーに本格参戦。13年はシード権を確保したものの、その後はPGAと下部ツアーを行ったり来たり。昨年はPGAツアーでプレーするも予選通過は8回にとどまりシード確保に失敗。入れ替え戦にも回ることができずに、日本ツアー予選会を経て今季はすでに日本ツアーで2試合を戦っていた。 3日目を終えて首位に立っていたドンファンは最終日は2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“74”とスコアを落とすも、リードを守り切って1打差で逃げ切り優勝。夢をあきらめなかった30歳が海の向こうで大きな一歩を踏み出した。 【関連リンク】 ・東建ホームメイトカップでは8位タイに入っていた ・ドンファンのプロフィール ・遼、今季のワースト“82”で72位T「練習がまだまだたりない」 ・マキロイがアイルランドの古城で挙式 お相手は米プロゴルフ協会職員
in English
カテゴリー:

今年もハロハロ販売開始!毎月更新されるフレーバーに注目 - 04月25日(火)10:53 

ミニストップは、夏季限定スイーツ「ハロハロ」を、4月28日(金)より国内のミニストップ全店にて発売する。 【写真を見る】初夏に食べたくなる杏仁をハロハロで 1995年の発売から23年目の夏を迎えるハロハロ。ハロハロとは、フィリピンのタガログ語で「まぜこぜ」という意味で、フィリピンの代表的な“かき氷”を、日本人向けにアレンジした、ミニストップ夏の人気スイーツ。氷とソフトクリーム バニラを組み合わせたスイーツとして誕生し、これまでに様々なフレーバーを生み出してきた。近年はターゲット層の拡大を考え、「女性」や「シニア」向けの商品開発を積極的に行っている。今年は、近年の“氷”スイーツ需要の高まりや“和”テイストアイスクリームの人気を受け、毎月新商品を投入、“和”を切り口とした2品のハロハロを発売する。2017年第1弾は、幅広い世代から人気の「ラムネ」、和のハロハロとして不動の人気となった「黒蜜きなこ」に加え、初夏に販売が伸びる杏仁を使用した「フルーツ杏仁」を発売する。老若男女あらゆる世代に向けたハロハロを発売し、さらなる需要を拡大していく。 ■ ハロハロ フルーツ杏仁(290円) 人気の「杏仁」をフルーツと組み合わせ華やかに仕立てた期間限定のハロハロ。爽やかなフルーツと杏仁ゼリーは、濃厚なソフトクリーム バニラとの相性も抜群。 ■ ハロハロ 黒蜜きなこ(290円) 2015・2016年シー...more
in English
カテゴリー:

【野球】DeNA、「青星寮カレー」を横浜市内の学校給食として約20万人分提供へ - 04月24日(月)17:45 

若手選手が食べるカレーを学校給食用にアレンジ  DeNAは24日、食を通した健康づくりを目的として、若手選手寮である青星寮で選手が実際に食べている「青星寮カレー」を学校給食用にアレンジし、 約20万人分の給食献立として横浜市内学校給食実施校に提供すると発表した。DeNAが横浜市と締結したスポーツ振興、 域経済活性化等に向けた包括連携協定「I☆YOKOHAMA協定」の一環として実施するという。 各球団発表、2016~2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧 「青星寮カレー」は若手選手が生活する青星寮で長年提供されてきた名物...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ウッズ、DJ、ウォーカー…ケガ、病気続きの米ツアーだからこそ【舩越園子コラム】 - 04月24日(月)11:57 

バレロ・テキサスオープン開幕前、とても気になる話を耳にした。2016年の全米プロ覇者、ジミー・ウォーカーがライム病と診断されたという。ライム病は『野生のマダニに刺されることによって媒介される人獣共通の細菌による感染症』(厚生労働省)で、発熱、頭痛、倦怠感などに断続的に襲われるそうだ。 最終日“82”を叩いて厳しい表情を浮かべる石川遼 ウォーカーといえば、2014年シーズン開幕戦のフライズ・ドットコム・オープンで初優勝を挙げ、フェデックスカップ1位にランクされると、それからは水を得た魚のように活躍を続け、同年は年間3勝、翌年はテキサスオープンを含む年間2勝、そして2016年は全米プロを制してメジャー初優勝と米ツアー通算6勝目をマーク。フェデックスカップランク1位、悪くとも2位を維持した強者だった。 だが、全米プロ優勝後は成績が低迷し、フェデックスカップランクは一時は3桁台まで転落。その原因がライム病であったことが今年のマスターズの前週にようやく判明した。「風邪に似た症状だから風邪だと思っていた。ライム病は、いつ症状が出るのかわからず、出たら出たで体がだるく、やる気や集中力が損なわれてしまう」 練習しても身が入らず、頑張るぞと意気込んでみてもプレーに集中できず、「だるい」「熱っぽい」「どうしてなんだ?」そうやって悶々としながらも、どうしたらいいかわからない日々とウォーカーは8カ月...more
in English
カテゴリー:

新井、阿部、鳥谷ら、おじさん選手活躍それぞれの理由 - 04月24日(月)11:00 

 散り際が美しい桜の季節が終わっても、いまだ「満開」の成績を残す男たちがいる。いずれも、“老境”にさしかかった選手たちである。今季のプロ野球の主役たちは、揃いも揃って「おじさん」ばかりだ。加齢とともに成績が残せなくなるのはスポーツ選手の宿命だが、それに抗う活躍には、彼らの若かりし頃を知るファンほど胸を熱くしてしまう。 「『灯火消えんとして光を増す』という言葉があるように、ロウソクが消える寸前にパッと明るく輝くことがある。まさにそれやないですか」と、野球評論家の江本孟紀氏は拍手を送る。 「僕は2桁勝てなくなったら34歳でさっさと引退しましたが、ベテランの置かれる環境は厳しい。シーズン序盤に頑張らないと、後半になればなるほど若手に出場機会を奪われる。そうしたなかで、限られたチャンスを掴んだベテランの活躍が目立っている」  その一人が広島・新井貴浩(40)だ。昨季は2000本安打を達成し、25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。阪神で出場機会を減らした印象を拭い去るかのような「復活劇」は、今季も続いている。 「2つ歳上の黒田博樹が引退し、チームリーダーとしての自覚が強くなった。緒方(孝市)監督には『補強はせずチーム力を底上げする。打線の中心として4番を打ってほしい』とキャンプ中に告げられたといいます。開幕から4番に座り、4月12日の試合では、チームでは衣笠祥雄以来30年ぶりとなる40歳以上で...more
in English
カテゴリー:

ラストダンスは憧れの中野友加里さん使用曲 村上佳菜子 - 04月23日(日)21:14 

 引退を表明した村上佳菜子が23日、ゲストスケーターとして世界国別対抗戦のエキシビションに招かれた。現役最後の曲に選んだのは、2012~13年シーズンのショートプログラム曲「プレア・フォー・テーラー」…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「年シーズン」の画像

もっと見る

「年シーズン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる