「平成ノブシコブシ」とは?

関連ニュース

月収1万7000円、妻子持ちのド底辺芸人(40歳)にさらなる追い討ちが――「嫁が子供を連れて出ていきました」 - 05月24日(水)15:58 

 「芸人って、小器用になったよな」。今のテレビを観て、そう思う人は確かにいるだろう。しかし、それは仕方がない話。ひと言でいえば、“時代”。本来、「やらかしてナンボ」の芸人たちは、コンプライアンスという、テレビのルールと素人の監視下に置かれているからだ。かつて、談志師匠は「落語とは、業の肯定である」と。つまり、笑いの世界はクズとされる人間が口ひとつで肯定される世界なのである。  「クズ」……、この言葉で思い出す芸人が、ひとりいる。それは旧知の仲である、吉本所属のお笑いコンビ「ツーナッカン」の中本幸一。芸歴17年、40歳にして月収2万弱、あろうことか妻子持ち。しかしこの男、最高に面白いのである。現代のテレビのルールから大きく踏み外したこの男の魅力を、芸人連載の構成ライターを意外と長くやってたりもする私、村橋ゴローが電動ママチャリ(略して電マ)に乗って再発見しに行ってきた! ◆電マライター・村橋ゴローの東京ぶらりんこ旅 【第13回】月収1万7000円、妻子持ちのド底辺芸人(40歳)が抱える葛藤「清掃バイトと掛け持ちでも芸人として成功したい」 ――ご無沙汰してます! 中本幸一(以下、中本):ゴローさんとは5年以上の付き合いで、何十回も飲んだことあるのに、仕事するのは初めてですもんね。宜しくお願いします! ――まずは皆様に、ご挨拶を。 中本:そうですね。 ――お前のことなんて誰...more
カテゴリー:

【テレビ】本田朋子アナ「ちんちまんま」発言に、古舘伊知郎も狼狽 - 05月22日(月)21:00 

フリーの本田朋子アナ(33)が、彼女の出身地である愛媛県でしか通じない方言を紹介した。 愛媛では「ごはんおかわり!」という意味で、「ちんちまんまちょうだい!」と言うのだ。この意味深な響きには、男性陣も黙っていられない。 司会の古舘伊知郎アナ(62)は「これはかなりキテますね」と反応し、北海道出身者としてゲスト出演した平成ノブシコブシの吉村崇(36)も「これはヤバイ!」を連呼した。 https://taishu.jp/detail/27868/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

ノブコブ吉村がピース又吉から10年以上借りパクしているもの - 05月17日(水)06:10 

 5月14日、TBSラジオで放送された特別番組『又吉直樹~イヤホンで聴くラジオ』で、平成ノブシコブシ・吉村崇が、ピース・又吉直樹からあるものを“借りパク”していることを告白した。  同期の2人は毎年お正月には一緒に海外旅行に行くほど親交が深く、ラジオではそんな仲の良い2人だからこそ出来る秘蔵エピソードが飛び出した。二人は親しくなった18歳のころに思いを馳せ、又吉が吉村に貸した小説についても話が及んだ。  又吉は「吉村くんに、しょうもないと思われたくないから、自分がすごい好きな小説を渡した。吉村君に『こんな面白い小説知ってるのすごいね!』って言われたくて、ゲーテの『若きウェルテルの悩み』ってのを貸して、ドキドキしながらどんな感想をくれるのか待っていた」と当時の心境を吐露した。しかしドキドキとは裏腹に吉村からの感想はなかった。半年たって吉村の家に遊びに行ったところ、机の上に『若きウェルテルの悩み』が置いてあり「読んでくれたんや」と思ったら、17Pにしおりが挟まっていたと笑った。  吉村は「何が書いてあるのか分からなくて、そこから小説が嫌いになった」とぼやく。「その後にも、俺を(読書に)復帰させようとして勧めたのが三島由紀夫の『金閣寺』。俺もう全く分かんなかった。文字も堅いし、何かいてるかわかんないし、いつの時代かもわかんないし、俺の知ってる金閣寺と違うわけよ」と後日談も披露した。そして...more
カテゴリー:

渡辺直美の実家全焼していた「炎の中から母親が…」 - 05月16日(火)09:10 

 お笑い芸人の渡辺直美(29)が、実家が家事で全焼していたことを明かした。  渡辺は15日深夜放送のTBS系「Momm!!」に出演し、これまでの半生を振り返った。ユニークな家族の話におよんだ際、平成ノブシコブシ吉村崇から「あの話できるの…
カテゴリー:

ピース又吉、ノブコブ吉村と同期トーク 小説『劇場』に秘めた思いを明かす - 05月14日(日)07:00 

 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(36)による特別番組『又吉直樹 ~イヤホンで聴くラジオ』(TBSラジオ 後7:00~8:00)が、きょう14日に放送される。同期で同い年、毎年一緒に正月旅行に行くほどの仲である平成ノブシコブシの吉村崇(36)と、11日発売の小説第2弾『劇場』や若手時代の思い出など、余すことなくしゃべり尽くす。 【写真】同期で同い年!ピース又吉とノブコブ吉村が秘話語る  初めて顔を合わせた時の互いの印象について、吉村が「オレも尖っていたけど、まったんも尖っていたよね。『火花』のあの感じだった」となつかしむと、又吉も「吉村くんとしゃべっていたら感覚も合うなって感じて『自分の好きな趣味を全力で伝えることができる人が見つかった』って思ったよ」としみじみ。  その後も、ピース、ノブコブ、ハイキングウォーキング、イシバシハザマの4組で2005年に結成した「ラ・ゴリスターズ」での活動や、正月恒例の海外旅行、さらには米・ニューヨークに拠点を移す綾部祐二(39)のために3月末に行われた「送別会」でのエピソードまで、同期ならではのゆったりとした雰囲気でトークを展開した。  第153回芥川賞を受賞した『火花』に続く、又吉の2作目『劇場』に関するトークも満載。作品はもちろん、又吉の対談まで読んでいるという吉村が「オレは主人公をまったんに当てはめて読んだから『こんなに劣等感持ってい...more
カテゴリー:

SKE48冠番組で「内山命初ランクイン大作戦」を決行! - 05月23日(火)01:00 

5月30日(火)から「AKB48 49thシングル選抜総選挙~まずは戦おう!話はそれからだ~」の投票がスタート。「SKE48 むすびのイチバン!」(毎週月曜夜0.30-1.00、東海テレビ)では、5月29日(月)の放送で「緊急企画!総選挙直前 内山命初ランクイン大作戦」を行う。 【写真を見る】野外イベントに出演した際の内山命 内山は2009年にSKE48に2期生として加入。選抜総選挙にも第1回から参加しているが、まだランクイン経験はない。 そんな内山をランクインさせるべく、同番組では「内山命初ランクイン大作戦」を実施。内山、江籠裕奈、青木詩織のSKE48メンバー3人は、選抜総選挙の開催地・沖縄について知るため、平成ノブシコブシ・徳井健太と共に名古屋市内の沖縄料理店を訪れる。 店を切り盛りする與那覇(よなは)さんから沖縄の人の県民性を聞き、店自慢の料理を味わった一行は、沖縄のジョーク「テーファー」を考え、披露することに。トリを飾った内山の一人芝居には、徳井も思わず「芸歴が長いと○○○!」と感心。 さらに徳井が「己を知るため」と、予約が取れない占い師として知られる南クララを招くと、“笑顔セラピスト”とも呼ばれる南はメンバーそれぞれの性格や悩みについて占う。 すると、内山だけでなく青木と江籠も涙を流す展開になり、選抜総選挙の順位占いでは、思いもよらない結果が明らかになる。 スタジオには、...more
カテゴリー:

ノブコブ吉村&ロバート馬場、新聞のテレビ欄のタテ読みに挑戦 - 05月19日(金)06:00 

 お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇と、お笑いトリオ・ロバートの馬場裕之が、28日にHBC北海道放送制作、TBS系で放送される『お取り寄せレストラン 今すぐ食べたくなる!おいしい1時間』(後4:00~4:54)の番宣のため、新聞テレビ欄の“タテ読み”に挑戦した。良い文章が書けていれば、放送当日に掲載される、はず。 【写真】千原ジュニアら番組本編の出演者  新聞テレビ欄には限られた文字数で番組内容をわかりやすく伝える文章が横書きされているのだが、各行の頭文字をつなげて読むとメッセージが表れる“タテ読み”が、たびたびネット上で話題になる。番組プロデューサーからこのタテ読みを仕込んだテレビ欄の文章を考えるよう、無茶ぶりされた吉村と馬場。2人はそれぞれ奮闘するが…。吉村は「超むずい!!」と頭を抱え込み、馬場も弱腰になりながらも、得意の料理のうんちくを利用したタテ読みを作った。  ほかにも、「番宣」という名のもとに、バービー(フォーリンラブ)は「お取り寄せ」をテーマに一発芸を、徳井健太(平成ノブシコブシ)は「こんなお取り寄せは嫌だ」というお題でボケを披露。番組のために汗をかいた4人の様子は、番組公式ホームページなどで動画配信される。プロデューサーの無茶ぶりという台本ナシの自由な企画で解放された4人の芸人魂を垣間見ることができる。  肝心の番組は、支配人・千原ジュニアが、選りすぐり...more
カテゴリー:

渡辺直美「しちゃおう」熱愛報道の吉村と開き直り… - 05月16日(火)10:24 

 お笑い芸人の渡辺直美(29)が、平成ノブシコブシの吉村崇(36)との熱愛報道によって吉村のファンから激しいバッシングを受けた過去について語った。  渡辺と吉村は15日深夜放送のTBS系「Momm!!」に出演。11年に一部週刊誌で報じら…
カテゴリー:

【テレビ】茂木健一郎氏「お笑いオワコン発言」を反省「僕が妙な正義感ふりかざす面倒くさいヤツだった」 - 05月14日(日)22:33 

 脳科学者の茂木健一郎氏(54)が14日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(日曜・後9時58分)に出演。「日本のお笑いは終わってる発言で大炎上しちゃった先生」として、登壇した。  茂木氏は今年3月、ツイッターで「日本のお笑い界は本当に終わっている」と発言。多くの批判を受けたが、番組冒頭に「僕が妙な正義感を振りかざす面倒くさいヤツだった」と反省。生徒役の「オードリー」若林正恭(38)から「反省しているんだ?」と聞かれると、「そうです」と即答。「言い方とか多様性とか。アメリカ...
»続きを読む
カテゴリー:

「恋ヘタ」と「得損」がコラボ!羽鳥慎一らがゲスト出演 - 05月12日(金)15:01 

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「恋がヘタでも生きてます」。5月18日(木)放送の第7話に、同じく毎週木曜放送中の「あのニュースで得する人損する人」(日本テレビ系)から、羽鳥慎一、平成ノブシコブシ・吉村崇、ウル得マンこと犬の心・いけや賢二がゲスト出演することが明らかになった。 【写真を見る】佳介(田中圭)に大切にされていることを知り、心の平穏を取り戻した美沙(高梨臨)は、仕事も順調になっていくが…/(C)YTV 藤原晶の人気漫画を原作に、恋愛下手なキャリアウーマン・茅ヶ崎美沙(高梨臨)と、パーフェクトな会社社長・雄島佳介(田中圭)の不器用な恋愛模様を描いた同ドラマ。美沙だけでなく、親友・千尋(土村芳)が結婚を諦め司(淵上泰史)の“セフレ”になる決意をするなど、中盤に差し掛かり物語は怒濤(どとう)の展開を見せている。 今回、ドラマとバラエティーによる“異色コラボ”が実現したのは、羽鳥、吉村ら「得損」メンバーが、番組のロケ企画で「恋ヘタ」の撮影現場を訪れたことがきっかけ。 5月11日に放送された「得損」の人気コーナー「出張!ウル得マン」で、ウル得マンがロケ弁ばかり食べている出演者と大勢のスタッフに、「おいしい料理を食べてもらいたい」と腕を振るうことに。 ウル得マンはメイン食材のマグロを使い、制限時間の30分以内にマグロ料理50人前を作るという企画に挑戦。この際、羽鳥が「成功した...more
カテゴリー:

もっと見る

「平成ノブシコブシ」の画像

もっと見る

「平成ノブシコブシ」の動画

Wikipedia

平成ノブシコブシ(へいせいノブシコブシ)は、吉村崇と徳井健太の2人からなる、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属するお笑いコンビ。若手ユニット「ラ・ゴリスターズ」の一員である。

東京NSC5期生。2000年結成。略称ノブコブ。旧名コブシトザンギ

メンバー

詳しくは個々のページ

徳井健太(とくい けんた、1980年9月16日 - )ツッコミ担当(たまにボケ)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる