「平年並」とは?

関連ニュース

東京都心や九州、桜の開花予想は3月22日 - 01月18日(木)19:13 

 気象情報会社ウェザーニューズは18日、2018年の桜(ソメイヨシノ)の第1回開花予想を発表した。最も早いのは東京都心や九州などの5都市で、3月22日の予想。西日本から東日本で平年並みかやや遅く、北日…
カテゴリー:

平年の約2倍!高値の野菜、いつまで続く? 1/17 18:22更新 - 01月17日(水)18:22 

高値が続く葉物野菜だが、価格が平年並みに近づく兆しが見えてきた。農水省によると、1月上旬の野菜の小売価格はキャベツやレタス、ハクサイ、ダイコンは平年の約2倍と高値が続いている。
カテゴリー:

野菜が高い!それでもお買い得なものは? 1月中旬の野菜のお値段事情 - 01月15日(月)06:30 

農畜産産業振興機構が定期的に発表する、野菜の育ち具合や値段の見通しの最新情報をまとめた「野菜の需給・価格動向レポート」。平成29年12月18日版をもとに、よく育っていて値段(卸値)が落ち着いている、手に入れやすくて食べごろな野菜を「おすすめ野菜」としてご紹介! 全体的に野菜の高値が続く中、比較的買いやすいのがこちら この時期の「おすすめ野菜」は、次のとおりです。   ■ 1月中旬のおすすめは「ばれいしょ(じゃがいも)」・「ごぼう」・「ピーマン」 ◆ばれいしょ(じゃがいも) この時期のじゃがいもは、おもに北海道産が出荷されています。貯蔵されているぶんを計画的に出荷しているので、安定して平年並みの価格を保っています。 温かい料理がおいしい時期なので、じゃがいもを使ったシチューやポトフなどを作ってみてはいかがでしょうか? ◆ごぼう 青森産のごぼうは、生育はよいものの雪などで収穫が遅れているため、出荷量が平年より少なめです。また、茨城産も気温が低く成長が遅れており、出荷量が平年を下回っています。しかし、価格面は全体的な動きが少なく、平年並みのお値段で手に入れられます。 食物繊維たっぷりのごぼうは、積極的に食卓に取り入れたい野菜です。ほかの野菜が高いだけに、ごぼうを使ったレシピで節約しましょう! ◆ピーマン これまで出荷量が少なめだった宮崎産ピーマンが、天気に恵まれたことで平年並みの出荷...more
カテゴリー:

広島中央卸売市場で初競り、瀬戸内海からの水揚げは例年の1.5倍で好調な滑り出し - 01月13日(土)07:51 

[Jステーション-広島ホームテレビ]2018年1月5日放送の広島HOMEテレビ「Jステーション」で、中央卸売市場の初競りが紹介されました。 「県西部の台所」に威勢のいい声が響く県西部の台所、中央卸売市場では、仕事始めの大発会が開かれ、初競りでは威勢のいい声が響きました。午前4時すぎ、大漁を願う三本締めで新年を迎えた広島市中央卸売市場。市場に並んだのは、活きのいいタイやカレイ。全体の入荷量は、平年並みだったものの、正月三が日の天気が良かったこともあり、瀬戸内海で水揚げされた魚は例年の1.5倍だったということです。競り人に注目の魚を聞いてみると、「サワラですね!やっぱり。サワラ1キロ4000円!」とのこと。競り人を驚かせたのは、山口県産のサワラ。数が少なかったこともあり、ご祝儀価格がつきました。広島水産の山本英治郎社長は、「今年はぜひ豊漁で、皆さんに腹いっぱい魚を安く食べていただきたいと願っています」といわれていました。青果市場でも初競りが始まりました。こちらの野菜は、去年の影響を受けているようです。青果市場では、果物は価格、入荷量ともに、平年並みのスタートとなりました。去年10月の長雨や台風での成長不良が影響した野菜は、入荷量が減少しています。中でも白菜などの葉物野菜は、例年と比べ4割ほど高い値がつきました。関係者によると、しばらくは高値が続き、雪によっては価格が不安定になることも考...more
カテゴリー:

【センター試験2018】使い捨てカイロ・薬・昼食場所…持ち物の最終チェックを(服装写真掲載) - 01月12日(金)15:15 

 明日、平成30年1月13日はいよいよ平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の初日だ。持ち物や試験中の対応に不備がないよう、「受験上の注意」を見直している生徒も多いだろう。大学入試センターによる情報をもとに、冊子「受験上の注意」には記載がないが、ネットで質問が多い点や注意したいポイントについてまとめる。使い捨てカイロは利用してよい? 1月12日午前11時時点の気象庁発表によると、センター試験当日の天気や気温は、東日本と西日本の日本海側を中心に13日にかけて大雪となるところがあるほか、首都圏を含め、最高気温・最低気温ともに全国的に平年並か平年より低い。受験中はコートの着脱や座布団、ひざ掛けの利用が認められており、寒すぎる、暑すぎる場合は自身の判断で体温調整を行いたい。 使い捨てカイロも防寒具のひとつ。大学入試センターによれば、使い捨てカイロの利用を希望する場合は、あらかじめ試験教室の監督者に申し出れば問題ない。ただし、使い捨てカイロの柄や諸条件によっては利用が認められない可能性もあるため、持ち込む際にはなるべく無地の使い捨てカイロを用意しよう。頭痛薬や下痢止め、薬は服用してよい? 大学入試センターによると、机の上には置けないが、試験中に腹痛や頭痛などにみまわれ薬を服用したい場合はその場で挙手し、試験監督者の許可を得た場合においてのみ服用できる。錠剤や粉薬を水で飲む際は、ペッ...more
カテゴリー:

オホーツク上空で流氷観測、海保 平年並みに南下 - 01月17日(水)18:22 

第1管区海上保安本部(小樽)は17日、オホーツク海で航空機による流氷観測を実施した。船舶と流氷の衝突を防ぐため毎年...
カテゴリー:

つらい…今年の花粉、関東は前年の1.5倍、東北は2倍超、日本気象協会が予測 - 01月17日(水)00:55 

日本気象協会は、2018年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測をまとめた。東北は前年の2倍超、関東甲信、四国は約1.5倍飛散する見通し。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 今回の予測は第3報。スギ花粉のピークは、福岡では2月下旬から3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋では3月上旬から中旬。金沢と仙台では3月中旬から下旬にピークを迎える見込み。東京のピークは3月上旬から4月上旬。多く飛ぶ期間が長い。 スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉のピークが始まる。福岡では3月下旬から4月上旬、広島では4月上旬、高松・大阪・名古屋・東京では4月上旬から中旬の見込み。金沢と仙台は4月を中心にヒノキ花粉が飛散するが、飛散量は他地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはない。 スギ、ヒノキ花粉のピークはいずれも平年並みとなっている。 2018年春の花粉飛散量は東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前年を上回る見込み。東北から中国、四国地方にかけ前年比で「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要だ。 ただこれは前年の花粉の飛散量が少なかった反動もある。そのため例年比でみると、東北と東海地方ではやや多く、特に青森県では「非常に多い」予想だが、関東甲信、近畿、九州地方では例年並み。北海道、北陸、中国、四国地方では例年を下回る見込みだ。...more
カテゴリー:

【センター試験2018】1日目スタート、大雪影響で一部繰り下げ対応 - 01月13日(土)10:36 

 全国的に冷え込みが厳しくなった平成30年1月13日。全国58万2,671人が出願した平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の1日目がやってきた。 東京都国立市の一橋大学国立キャンパス試験場では、午前8時45分に試験室を開室。「地理歴史・公民」の2科目受験者は国立東キャンパスで試験を開始した。国立西キャンパスには午前9時半ごろから徐々に志願者の姿が増え始め、同大学のシンボルとも言える兼松講堂を背に、続々と試験室へ入っていった。同キャンパス内で午前10時10分時点に確認されている目立った混乱はなく、試験は順調にスタートしている。2,814人の志願者が受験予定だ。正門前では塾・予備校や学校関係者、OGOBが受験生をあたたかく迎え、教え子や後輩に「調子はどう」「いつもどおりでやってみよう」と声をかけていた。 前日1月12日時点の気象庁予報では、全国的に最高気温・最低気温ともに、平年並か平年より低いと予想されており、当日の混乱が不安視されていた。新潟大学試験場(佐渡高等学校試験場は除く)では大雪の影響で交通機関に乱れが生じており、13日の時間割を繰り下げて実施する。受験者入室終了時刻も変更されており、詳細は新潟大学が大学Webサイトで公表している。同試験場における「地理歴史・公民」の試験開始時刻は午前10時半。大学入試センターは午前中に全国の試験場の試験時間繰り下げや再試験情報に...more
カテゴリー:

【センター試験2018】2人追加受理、志願者数は58万2,671人(1/12変更・確定) - 01月12日(金)16:21 

 大学入試センターは平成30年1月12日、平成29年12月8日に公表した確定志願者数の変更を発表。2人の追加受理と、志願者1人の性別登録を女子から男子に修正した。1月12日の発表を持って、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の志願者数は前年度(平成29年度)6,704人増の58万2,671人に確定した。 追加受理があったのは、北海道と兵庫県の高等学校等卒業見込者(現役生)の計2人。追加受理の理由は、志願者本人の責めに帰すことができない事由により、出願期間内に出願できなかったため。神奈川県の高等学校等卒業者(既卒者)については、性別を誤って記載していたことが判明し、性別の登録を女子から男子に修正した。 追加受理を受け、平成30年度大学入試センター試験の確定志願者数は58万2,671人に確定。高校卒業見込者(現役生)の志願者数は、前年度(平成29年度)1,728人増の47万3,570人になった。志願者全体に占める現役生の割合は8割を超える。平成30年3月の高等学校等卒業見込者(現役生)のうちセンター試験に出願した者の割合を表す現役志願率の44.6%(過去最高)や、既卒者と高卒認定等の志願者数に変更はない。 平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の実施期日は平成30年1月13日(土)および14日(日)。気象庁が1月12日午前10時50分に発表した天気予報によると、冬...more
カテゴリー:

【センター試験2018】1/13の天気、日本海側で大雪に注意…東京も寒さピーク - 01月12日(金)12:26 

 いよいよ平成30年度(2018年度)大学入試センター試験が平成30年1月13日と14日に実施される。気象庁によると、日本海側を中心に13日にかけて大雪となる所がある。センター試験当日は、広範囲で寒さのピークに達するという。 気象庁が1月12日午前10時50分に発表した天気予報によると、冬型の気圧配置が続くため、東日本と西日本の日本海側を中心に13日にかけて大雪となる所がある見込み。最高気温・最低気温ともに、全国的に平年並か平年より低いと予想される。最低気温は札幌で-7度、新潟で-5度、仙台で-4度、東京と金沢、広島で-2度、名古屋と大阪、福岡で-1度、高知で-3度、那覇で11度の予報。 ウェザーニュースの天気予報によると、寒気が日本列島を覆い、広範囲で寒さがピークに達する。日本海側を中心に大雪・吹雪の恐れがあり、視界不良、積雪の急増、吹き溜まりによる道路や鉄道、飛行機など交通機関への影響に注意が必要だ。 ウェザーニュースのお天気トピックスでは、「“寒い・暑い”による集中力低下を防ぐ!安心装備5選」を特集。会場や座席によっては、暑かったり寒かったりするため、寒暖に対応できるよう、上着の下に着脱が簡単な衣類を1枚着ておくのがお勧めだという。 大学入試センター試験の受験案内によると、雪や地震などによる災害、試験場の事故、そのほかの事情により本試験が所定の期日に実施できない、または完了し...more
カテゴリー:

もっと見る

「平年並」の画像

もっと見る

「平年並」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる