「平岳大」とは?

関連ニュース

名女優が演じてきた役「フェードル」、大竹しのぶの舞台姿 - 04月18日(火)16:00 

 4月30日まで上演されている舞台『フェードル』(Bunkamuraシアターコクーン)の公開舞台稽古に、出演者の大竹しのぶ、平岳大、門脇麦、キムラ緑子、今井清隆が登場した。  同作の舞台はギリシャ・ペロポンネソス半島の町トレゼーヌ。「人間精神を扱った最高傑作」とも評され、サラ・ベルナールやヘレン・ミレンなどの名女優が演じた主人公「フェードル」を大竹が演じる。  公開舞台稽古では、大竹の圧倒的存在感と声が記者の目をくぎ付けにしていた。 撮影■小彼英一 【関連記事】 『あずみ~戦国編』舞台稽古公開、川栄李奈の躍動的殺陣 舞台出演の志田未来 神木は「本当に友達」 大竹しのぶ 女優・ハリセンボン近藤春菜の演技力を絶賛 長谷川京子 背中がドーンと開いたドレス着て注目集める 小泉今日子と風間杜夫が倦怠感ある夫婦演じる『家庭内失踪』
in English
カテゴリー:

【芸能】大竹しのぶ、若者たちに恋愛推奨! 「傷ついてもいいから愛そうぜ」 - 04月06日(木)22:03 

舞台「フェードル」の囲み取材&公開フォトコールが6日、東京都内で行われ、出演者の大竹しのぶ、平岳大、門脇麦、キムラ緑子、今井清隆が登壇した。 ギリシャ悲劇を題材に、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌが創り上げた名作。大竹は、アテネの王テゼの妻でありながら、義理の息イッポリットへの思いに身を焦がすフェードルを演じる。 舞台上で“狂おしいほどの愛”を体現する大竹は「今の時代、愛することに臆病になっている若者たちに、傷ついてもいいし失恋してもいい、相手を憎いと思ってもいいから愛そうぜ…と思わせてくれる作...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】門脇麦、初古典劇に苦戦「仕事始めて5年、何してきたんだろう…」 - 04月07日(金)03:46 

 女優の大竹しのぶ、門脇麦らが6日、東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで行われた舞台『フェードル』公開フォトコール前の囲み取材に出席した。  同作は、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌによる名作古典劇。主人公フェードルの罪深い恋心をきっかけに、人間たちの激情うごめくさまを強靭で美しい言葉の応酬によって描く。「初めての古典劇」と話す門脇は、今までとひと味違う役柄や膨大なセリフ量に「仕事始めて5年くらい経ちますけど、一体5年間何してきたんだろう自分と思っています」と苦戦している様子だ。  劇中では...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「平岳大」の画像

もっと見る

「平岳大」の動画

Wikipedia

平 岳大(ひら たけひろ、1974年7月27日 - )は、日本俳優東京都出身。シス・カンパニー所属。

人物

父親は俳優の平幹二朗、母親は女優の佐久間良子二卵性双生児の兄として生まれ妹がいる。両親は1984年5月に離婚。両親の離婚後は母親である佐久間の元で育った。

暁星小学校、暁星中学校を経て、暁星高等学校在学中の15歳のときに単身渡米。アメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンスのモーゼス・ブラウン・スクール卒業後、ブラウン大学理学部応用数学科へ進学し卒業。ブラウン大学卒業後は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる