「平均賃金」とは?

関連ニュース

【賃金調査】情報労連/ITエンジニアの労働実態調査 大卒35歳モデル31.6万円に - 01月15日(月)05:06 

SEのレンジ26万~40万円 ピークでは初任時の2.1倍 情報サービス産業で働く大卒・基幹職のモデル賃金は、22歳20.7万円、35歳31.6万円、45歳40.3万円、ピークの55歳43.6万円に――。情報労連の「ITエンジニアの労働実態調査」で明らかになったもので、初任時と比べると35歳は1.53倍、ピーク時は2.11倍の水準だった。職種別の平均賃金は、プログラマー22.7万円、SE31.6万円……[続きを読む]
カテゴリー:

経済評論家・上念司 「NHK職員の平均年収は1080万円」「余った受信料は証券投資に消えてる」 - 01月13日(土)11:27  news

※35分27秒から 「NHKの財務分析もしたんですよ。櫻井(よしこ)さんの番組で。 何がすごいかっていうとね、純資産7000億円。家電メーカーでいうとね、ソニー以上パナソニック以下ですよ。 東芝潰れたらNHKつくればいいんじゃないという感じですよ。 それからキャッシュがね、普通預金ね、現預金だけで900億円あります。 なおかつ、受信料でカネ取るでしょ? なんか余っちゃうみたいで。 毎年650億円の証券投資をしてるんですよ。 で、その証券の中身もわかってて、譲渡性預金、要は定期預金ですよ。 定期預金と、非政府保証債...
»続きを読む
カテゴリー:

「平均賃金」の画像

もっと見る

「平均賃金」の動画

Wikipedia

平均賃金(へいきんちんぎん)とは、日本において、労働法上の概念として、休業手当解雇予告手当などの算定の基礎となる賃金のことである。労働基準法(昭和22年法律第49号)第12条に規定されている。

  • 労働基準法について以下では条数のみ記す。
定義

平均賃金とは、「平均賃金を算定すべき事由」の発生した日(賃金締切日がある場合においては、直前の賃金締切日)以前3ヶ月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいう(第12条1項)。なお、1円未満の端数は切り捨てる。

「賃金の総額」には、算定期間中に支払われる、第11条に規定するすべての賃金が含まれる。平均賃金は、労働した日あたりの賃金(労働単価)として算出するのではなく、受けた賃金によって生活する1日あたりの額というとらえ方をする。なお、条文上は「以前」となっているが、実際には算定事由発生日は含めずに算定する。

算定の期間

平均賃金の算定の期間は、賃金締切日がある場合においては、直前の賃金締切日から起算する(第12条1項)。雇入後3ヶ月に満たない者については、雇入後の期間で計算するが(第12条6項)、この場合であっても、賃金締切日があるときは原則として直前の賃金締切日から起算する。賃金締切日に算定事由が発生した場合は、その日ではなく、な...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる