「常盤貴子」とは?

関連ニュース

【芸能】夜の方も“プッツン”していた真木よう子 - 10月18日(水)00:05  mnewsplus

 7月クールで放送された主演の連ドラ「セシルのもくろみ」のPRで開設したツイッターが大炎上。今や“新・プッツン女優”と呼ばれる真木よう子(35)だが、発売中の「女性自身」(光文社)で新恋人らしき男性の存在を報じられた。  同誌によると、男性はいくつも飲食店を経営する実業家。真木は騒動の渦中、毎日のようにその男性に励まされていたという。  しかし、同誌が男性を直撃すると、今年1月から交際し、6月に破局していたことを告白。現在は、真木の相談に乗るだけに関係だというのだが…。  「真木といえば自らFカップである...
»続きを読む
カテゴリー:

ムロツヨシ、常盤貴子を「好きになっちゃいました」 - 10月17日(火)11:00 

10月16日放送の「しゃべくり007」(日テレ系)に、ムロツヨシが登場。自ら「人好き」「人たらし」と言うムロが、好きになってしまった共演女優を告白した。 【写真】好きな作家の本をムロのために持ってきたという常盤貴子 上田晋也(くりぃむしちゅー)から「すぐ(人との)距離を縮められる方でしょう?」と問われると、自ら「人好き」「人たらし」と言うムロ。 「ちょっと好きな先輩だとグイグイ行く」と言い、ほぼ初対面の阿部サダヲをご飯に誘い、なんで初対面のお前と行かないといけないんだよ、と言われつつも、結果的に連れて行ってもらえたと話す。 また、仲良くなるために、あまり呼ばれてないであろう呼び方でその人を呼ぶという秘訣を明かし、新井浩文を「浩文」、オダギリジョーを「ジョー」と呼んでいると言う。 そんな中、ムロは共演した女優を好きになってしまうと告白。 最初に好きになったのは常盤貴子で、撮影の待ち時間に本を読んでいたムロに常盤が話しかけてきて、その本の作家名を告げると、翌日、自分が読み終えたその作家の本を持ってきてくれことから、「好きになっちゃいました」と明かす。 他にも柴咲コウから一緒に遊園地に行ったら楽しそう、と言われたことや、高畑充希と食事に行ったことなど、好きになってしまったエピソードを披露。 メンバーを羨ましがらせ、原田泰造(ネプチューン)から「自分で自慢してるのわかってないの!」と注意さ...more
カテゴリー:

「常盤貴子」の画像

もっと見る

「常盤貴子」の動画

Wikipedia

常盤 貴子(ときわ たかこ、1972年4月30日 - )は、日本の女優である。神奈川県出身。身長162cm、血液型はA型。株式会社スターダストプロモーション所属。

来歴・人物

西宮市立春風小学校西宮市立上甲子園中学校、西宮東高等学校、駒沢女子高等学校(当時)を経て、関東学院女子短期大学(家政科生活文化専攻)卒業。

1990年代から多くのテレビドラマに主演し、1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役級を務めた。コメディーからシリアスまで様々な役柄を演じ出演作の全てがヒットしたため、この当時には「連ドラの女王」と呼ばれた。また、海外の映画俳優との共演や連ドラの海外テレビ放送により、中国や東南アジアでも知られている。

女優としての活動は、30歳を過ぎたころを境に、テレビドラマ(連ドラ)から、映画・舞台へとシフトしているが、本人は雑誌インタビューなどでしばしば「連ドラは私のホームグラウンド。いい作品があればぜひ参加したい」と語っている。

経歴

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる