「常盤貴子」とは?

関連ニュース

【ラジオ】常盤貴子、90年代ドラマの“連投”でクレームを受けていた - 12月08日(金)05:09  mnewsplus

2017.12.7 22:28 常盤貴子、90年代ドラマの“連投”でクレームを受けていた  女優、常盤貴子(45)が7日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)に出演。ドラマに引っ張りだこだった1990年代に「そんな連投するなんて」とクレームを受けていたことを明かした。 番組で常盤の出演作を振り返るなかで、『愛していると言ってくれ』(95年・TBS系)でヒロインを務めた次のクールに「まだ恋は始まらない」(フジテレビ系)に出演したときのエピソードを語った。  常盤は「(まだ恋は~)は主役では...
»続きを読む
カテゴリー:

玉木宏:松本清張原作SPドラマ「鬼畜」主演 常盤貴子vs木村多江の修… - 12月03日(日)05:00 

 俳優の玉木宏さんが松本清張さんの短編小説が原作のスペシャルドラマ「鬼畜」(テレビ朝日系、24日放送)に主演することが3日、分かった。玉木さんは葛藤しながら道を踏み外してしまう主人公・竹中宗吉を演じ…
カテゴリー:

玉木宏ドラマ主演、常盤貴子&木村多江と「鬼畜」 - 12月03日(日)04:59 

 俳優玉木宏(37)が松本清張原作のテレビ朝日系スペシャルドラマ「鬼畜」(24日午後9時放送)に主演することが2日、分かった。  同作は57年に松本清張が実際に起きた事件を基に執筆。小さな印刷会社を営む善良で働き者の夫婦が、やがて鬼の心…
カテゴリー:

松本清張『鬼畜』、玉木宏主演で新たにドラマ化 - 12月03日(日)05:00 

 さまざまなジャンルで多数の著書を残した作家・松本清張(1909- 92年)の初期の短編小説を原作としたドラマスペシャル『松本清張 鬼畜』が24日(後9:00)にテレビ朝日系で放送される。主演は玉木宏。『砂の器』(2011年、同局)以来、清張ドラマは2作目となる。 【場面写真】ドラマスペシャル『松本清張 鬼畜』より  清張が実話をもとに1957年に執筆した作品。善良な人間の心に悪魔が生まれる瞬間と親子の絆を描いたセンセーショナルで深い人間ドラマ。78年に映画化(監督:野村芳太郎、主演:緒形拳)、2002 年にはビートたけし主演でドラマ化(日本テレビ)もされている。今回、脚本化するのはベテラン・竹山洋氏。演出は『相棒』シリーズでおなじみの和泉聖治監督が務める。  物語の主人公は、小さな印刷会社を営む竹中宗吉。妻・梅子と共に真面目に働いてきたが、経営が軌道に乗ると宗吉は、愛人・菊代を囲うようになり、3人の子どもまで生ませていた。しかし、事業につまずいて仕送りが滞ると、菊代は宗吉の家に子どもたちを連れていき、自らは失踪。それをきっかけに、宗吉の運命は崩れていく。  現実に追い詰められて哀れにも身を落としていく男と、ただひたすらに父を思い、信じ続ける息子。“人間の業”をまざまざと見せつけながらも、その根底に確かに存在する、せつなくも深い親子愛を浮かび上がらせる。善良で心やさしい人間...more
カテゴリー:

玉木宏、常盤貴子×木村多江の修羅場シーンに「おろおろ」 - 12月03日(日)05:00 

俳優の玉木宏が、テレビ朝日系スペシャルドラマ『松本清張 鬼畜』(24日21:00~)に主演することが3日、明らかになった。
カテゴリー:

【格闘技】真木よう子格闘家へ転身!?「RIZIN」電撃参戦の可能性も - 11月20日(月)23:03  mnewsplus

真木は波乱の人生を歩んでいる。2008年に結婚した元俳優で作家の片山怜雄氏と2015年9月に離婚。2012年には常盤貴子の夫で演出家の長塚圭史氏との不倫疑惑が報じられた。 しかし最近、常盤と長塚が同じ映画イベントで仲睦まじい姿を披露している。そのため、真木が“略奪”に失敗したことが判明するなど、心身共にぼろぼろの状態だと噂されている。 「そのため、真木は心機一転するために女性格闘家への転身が取り沙汰されています。真木は総合格闘技のジムに通って練習に励んでおり、キックボクシングや格闘技イベント『RIZIN』の 会...
»続きを読む
カテゴリー:

「常盤貴子」の画像

もっと見る

「常盤貴子」の動画

Wikipedia

常盤 貴子(ときわ たかこ、1972年4月30日 - )は、日本の女優である。神奈川県出身。身長162cm、血液型はA型。株式会社スターダストプロモーション所属。

来歴・人物

西宮市立春風小学校西宮市立上甲子園中学校、西宮東高等学校、駒沢女子高等学校(当時)を経て、関東学院女子短期大学(家政科生活文化専攻)卒業。

1990年代から多くのテレビドラマに主演し、1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役級を務めた。コメディーからシリアスまで様々な役柄を演じ出演作の全てがヒットしたため、この当時には「連ドラの女王」と呼ばれた。また、海外の映画俳優との共演や連ドラの海外テレビ放送により、中国や東南アジアでも知られている。

女優としての活動は、30歳を過ぎたころを境に、テレビドラマ(連ドラ)から、映画・舞台へとシフトしているが、本人は雑誌インタビューなどでしばしば「連ドラは私のホームグラウンド。いい作品があればぜひ参加したい」と語っている。

経歴

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる