「常盤貴子」とは?

関連ニュース

【芸能】フルヌード入浴…常盤貴子 「次はそっち行くね」 混浴露出癖で"垂涎裸体"シーン解禁 - 04月19日(水)22:43 

常盤貴子(44)は4月3日開始のテレ朝系昼の連ドラ『やすらぎの郷』に出演中。 そのドラマの宣伝で『徹子の部屋』に出演したはずなのだが、突如“混浴温泉露出”ネタをぶち込んだのだ。 その背景には、24年ぶりの“乳首出しヌード”があるのでは、とも囁かれている。  常盤が、テレビ朝日系『徹子の部屋』で、仰天エロ話をぶっちゃけた! なんと、多くの男性が入浴する混浴温泉で、フルヌードを披露したというのだ。  「常盤の告白によると、最近、オレゴン州を旅行中に、現地の混浴温泉に行ったというのです。 そこには高齢男性がたく...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『やすらぎの郷』プロデューサー、倉本聰脚本のテレビ界への皮肉に覚悟 - 04月17日(月)08:10 

 テレビ朝日の昼ドラマ『やすらぎの郷』(月~金曜日 後12時30分~)は、脚本家・倉本聰氏のオリジナル物語で豪華キャストが出演。同作は、テレビ界への痛烈な皮肉も含まれた内容だが、倉本氏の渾身の脚本に現場の士気も高まっているようだ。同局総合編成局ドラマ制作部のプロデューサー・中込卓也氏が、企画の経緯や挑発的なドラマへの思いを語った。 【写真】バーテンダー役で出演の松岡茉優 ◆倉本聰先生に一喝されて本当の覚悟ができた  テレビ朝日が新たに昼の帯枠「帯ドラマ劇場」を設定し、4月3日より『やすらぎの郷』を放送している。倉本聰のオリジナル脚本で、超豪華キャストが集い、テレビに貢献したキャスト・スタッフ専用の無料老人ホームを舞台に、入居者たちの綾なす悲喜こもごもの人間ドラマを丁寧に描き出していく。プロデューサーの中込氏によれば、企画が動き始めたのは15年の夏にさかのぼるという。「8月に最初の打ち合わせをさせていただき、年内にはもう詳細な全話のプロットまで仕上がっていました。企画のいきさつは倉本先生の発案で、高齢者の自分たちが観やすい時間に観たいドラマがない。ならばご自分が書いてしまおうという発想だったと思います。当初は、放送を昼にするか朝にするか、毎話の尺なども含めて未定でしたが、倉本先生が描いてくださるテーマを最も良い形で表現できる枠として、平日の帯ドラマという形式だけは決まっていまし...more
in English
カテゴリー:

【芸能】常盤貴子のクレイジージャーニー!? 地元民の注意を無視して向かった場所とは - 04月12日(水)13:19 

何とも危険な行為だが、それ以上に男性にとっては羨ましいばかりだろう。 女優の常盤貴子が5日に放送されたトーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)にて、アメリカのオレゴン州を旅行した際にとったという、あまりにデンジャラスな行動が視聴者を驚かせた。 大の温泉好きだという常盤は旅行先の周辺に温泉があるとの情報を知り、現地の人に場所を訊ねた。ところが、その温泉が混浴と判明。 「あそこは全部脱がなければいけないから、あなたたちは行かないほうがいい」と注意を受けたというのだ。 しかし、常盤自身は混浴は平気...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】常盤貴子、混浴平気で一緒に入りました…偶然居合わせた男性が歓喜 - 04月05日(水)17:22 

女優の常盤貴子(44)が5日に放送されたテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演し、裸で混浴温泉に入り、偶然居合わせた男性が大喜びしたという仰天秘話をサラッと明かした。 温泉が大好きだという常磐が、米オレゴン州を旅行していたときのこと。周辺に温泉があるというので、どこにあるか道を尋ねたという。すると相手から帰ってきたのは「あそこは全部裸にならないといけないから、あなたたちは行かない方がいい」という警告だった。 ところが常磐は「基本混浴は全然平気」。「私たちは(裸になって温泉に入るの...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【飲料】フランス生まれの果汁炭酸 サントリー「オランジーナ」リニューアル - 03月27日(月)10:35 

https://ovo.kyodo.co.jp/news/culture/a-980855  ここ数年、果汁や果汁ピューレ入りの「果汁炭酸」飲料をよく見かけるようになった。若者の飲み物というイメージの強かった炭酸飲料だが、 サントリー食品によると、最近では40代以上の“大人世代”による「果汁炭酸」の購入本数が伸びているという。 そんな中、同社は果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」を、より果実感が楽しめる“大人のためのオレンジスパークリング”へとリニューアルし 、3月28日に発売する。オレンジを手で搾ったような爽やかな香りと果実繊維を強化し、搾りた...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ドラマ】<脚本は倉本聰>今、日本で最もヤバいコンテンツは昼ドラ『やすらぎの郷』だ。ストーリーは「シルバー世代のギャルゲー」 - 04月17日(月)11:58 

「千本(京都の地名)に当時あったんだよ。こっち(「ヤクザ」を表す手振り)のやってる博打場がさ。当時俺、これ(「おいちょかぶ」を表す手振り)にはまっちゃってさ。それがまたね、清純派のね、栗山たかこを連れてるの。もう、かわいかったんだ、当時の栗山さん。何とかいうね、プロダクションのね、貢物だったらしい。当時はそういうのよくあったんだ」  ミッキー・カーチスがある映画会社幹部にまつわる昔話を身振りや手振りや隠語を交えてそう話し始めると、浅丘ルリ子が平然とこう言い放つ。 「今だって(枕営業は)あるわ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

話題騒然!「やすらぎの郷」上川隆也らオールスターゲスト判明 - 04月17日(月)07:00 

石坂浩二を主役に浅丘ルリ子、八千草薫、加賀まりこら日本を代表する大スターが顔をそろえ、昼の帯ドラマとしては驚異的なキャストの集結で話題を呼ぶ「帯ドラマ劇場 やすらぎの郷」(毎週月~金曜昼0.30-0:50、テレビ朝日系)より、新たな大物ゲストの出演が発表された。 【写真を見る】主演映画「3月のライオン」後編が間もなく公開の神木隆之介も! 今後登場することが決まったのは、片岡鶴太郎、上川隆也、神木隆之介、清野菜名、津川雅彦、冨士眞奈美、向井理といったドラマ・映画で主役級の役どころで出演することが多い、豪華なメンバー。 その他、織本順吉、上條恒彦、きたろう、佐々木すみ江、品川徹、柴俊夫、毒蝮三太夫、布施博、村田雄浩といったそうそうたる名優たちも続々登場するという。平穏なはずの「やすらぎの郷」に、心中穏やかでない波乱を巻き起こしていく。 誰が、いつ、どんな役柄で登場するのか、オールスター俳優たちが運んでくる今後のドラマティックな展開に、期待が大きすぎて心が“やすまる”ことがなさそうだ。 【上川隆也コメント】 倉本(聰)さんの作品に出演させていただくのは2度目になります。そもそも僕は倉本さんの作品がとても好きで、10代の頃からずっと見てきた者の一人として、どんな形でも作品に関われたことを光栄に思っています。今回も石坂さんと二人きりで広大な自然の中で演じさせていただいて、ぜいたくな時間を持っ...more
in English
カテゴリー:

混浴に常盤貴子がいたらどうする? - 04月05日(水)19:33 

女優の常盤貴子(44)が5日に放送されたテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演し、裸で混浴温泉に入り、偶然居合わせた男性が大喜びしたという仰天秘話をサラッと明かした。 温泉が大好きだという常磐が、米オレゴン州を旅行していたときのこと。周辺に温泉があるというので、どこにあるか道を尋ねたという。 すると相手から帰ってきたのは「あそこは全部裸にならないといけないから、あなたたちは行かない方がいい」という警告だった。 ところが常磐は「基本混浴は全然平気」。「私たちは(裸になって温泉に入...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【視聴率】シルバー層向け昼の新ドラマ「やすらぎの郷」初回は8.7%、横並びトップの好発進…脚本・倉本聰氏、主演・石坂浩二 - 04月04日(火)11:54 

シルバー層向け新ドラマ「やすらぎの郷」 横並びトップの8・7%好発進 テレビ朝日系で3日にスタートした連続ドラマ「やすらぎの郷」(月~金曜後0・30~0・50)の 初回平均視聴率が8・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。 横並びトップの好スタートを切った。 同作は中高年向けの「昼の帯ドラマ枠」の新設された同枠の第1弾。 「北の国から」などの倉本聰氏(82)が脚本を担当し、テレビの全盛期を支えた 俳優・作家・ミュージシャンなどが入居できる老人ホームを舞台に、 入居者...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「常盤貴子」の画像

もっと見る

「常盤貴子」の動画

Wikipedia

常盤 貴子ときわ たかこ、1972年4月30日 - )は、日本の女優である。株式会社スターダストプロモーション所属。

本名:長塚 貴子(ながつか たかこ、旧姓:常盤)。

来歴・人物

横浜市港北区出身。西宮東高等学校、駒沢女子高等学校(当時)を経て、関東学院女子短期大学(家政科生活文化専攻)卒業。

1990年代から多くのテレビドラマに主演し、1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役級を務めた。コメディーからシリアスまで様々な役柄を演じ出演作の全てがヒットしたため、この当時には「連ドラの女王」と呼ばれた。また、海外の映画俳優との共演や連ドラの海外テレビ放送により、中国や東南アジアでも知られている。

女優としての活動は、30歳を過ぎたころを境に、テレビドラマ(連ドラ)から、映画・舞台へとシフトしているが、本人は雑誌インタビューなどでしばしば「連ドラは私のホームグラウンド。いい作品があればぜひ参加したい」と語っている。

経歴

横浜に生まれたが、父親の仕事の都合により小学校4年になってから兵庫県西宮...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる