「常盤貴子」とは?

関連ニュース

グラビア界の裏側を生々しく描いた自伝的映画で杉原杏璃が明かしたギラギラな洗礼とは… - 03月23日(木)19:00 

抱きたいグラドルNo.1として知られる杉原杏璃(34)が『週刊プレイボーイ』14号で表紙&袋とじに登場。「杉原杏璃・極」と題された大胆な姿を披露している。 今回は地方のホテルを舞台に撮影。袋とじ8ページの中にはほぼヌードに近い姿も収められ、長年グラビアで美しく磨かれた成熟の肉体を艶(なまめ)かしい表情とともに見せつけている。 普段は白やピンクの衣装を纏い、明るい雰囲気で撮影されることの多い彼女だけにここまで激しいグラビアは極めて稀(まれ)。はたして一体、彼女の中にどんな心境の変化があったのか? そこで彼女を直撃。その撮影の裏話から昨年末にはグラビア引退を匂わせる報道で驚かせた真意について前回記事「正直に言えば、心の中で揺れていたんです」では迫った。 そして今回、3月18日から実体験を基に綴(つづ)った自伝的映画『…and LOVE』も公開中ということで、自らの経験を基にグラビア界の裏側を生々しく描き、ファンを騒がせている、その作品にまつわる思いとエピソードを聞いた。 ―映画は杉原さん演じるグラビアアイドルがトップになるまでを描いていますけど。デビュー時、編集部に行って「ウリがない」と言われてヘコんだり、グループ形式の握手会でファンにそっぽを向かれたり、TVのプロデ...more
in English
カテゴリー:

倉本聰、テレ朝の帯ドラマ劇場で「シルバー革命を起こしたい」 - 03月18日(土)14:00 

テレビ朝日系で4月3日(月)から放送されるドラマ「やすらぎの郷」(毎週月~金曜昼0:30-0:50)の制作発表記者会見が行われ、脚本を務める倉本聰氏、主演の石坂浩二、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、草刈民代、五月みどり、常盤貴子、名高達男、藤竜也、風吹ジュン、松岡茉優、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭の総勢15人が登壇した。 【写真を見る】石坂浩二主演の「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)に出演する豪華キャストが勢ぞろい! 同ドラマは、脚本家・倉本氏とテレビ朝日がタッグを組み、月曜から金曜までの平日の昼に放送枠を新設した帯ドラマ劇場第一弾。 倉本氏は「今、僕の周囲は高齢者ばかりで、朝5時半から6時には起きてしまうという。その後、テレビを見ても情報番組ばかりでやることがないというんです。どうして老人が見られるドラマがないのか、ゴールデンに対抗して“シルバータイム”というものができないかと思い、今回の企画を立てました。若者向けになってしまったテレビに“シルバー革命”を起こせたらいいなと考えております」と思いを語った。 劇中で、国民的ドラマを何本も生み出したシナリオライター・菊村栄を演じる石坂は「私が演じる脚本家の役は、おそらくどなたも倉本先生ご自身のことだと思うでしょうが、全然違います(笑)。見かけは若いのですが年齢を重ねていますので、老骨に鞭を打って日々頑張っているところでございま...more
in English
カテゴリー:

松岡茉優、大物俳優陣に混じり「足がすくむ思い…」 - 03月17日(金)00:43 

松岡茉優が16日、都内で行われたドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列、4月3日スタート 毎週月~金 12:30~12:50)の製作発表記者会見に出席。倉本聰(脚本)、主演の石坂浩二をはじめ、豪華大物俳優陣に混じって少々緊張していたようだったが、“フレッシュパワー”で会場を和ませる一幕があった。この作品は、テレビ朝日と倉本がタッグを組み、新しい挑戦として新設する帯ドラマ枠の第1弾。テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、石坂浩二が演じる、かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちが直面するさまざまな問題がユーモラスに描かれていく。石坂のほか、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、野際陽子、草刈民代、五月みどり、常盤貴子、名高達男、藤竜也、風吹ジュン、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭といったメンバーが出演。そんな中、若手の松岡は、施設内のバー“カサブランカ”で働く明るいバーテンダー・財前ゆかり役で、劇中では、いつも笑顔で周囲を和ませ、入居者から“ハッピーちゃん”というあだ名で呼ばれているが、この会見では、少々緊張した面持ちで「オファーをいただいた時も、今、ここに立っている時も足がすくむ...more
in English
カテゴリー:

シルバー帯ドラマ『やすらぎの郷』近藤正臣、小松政夫がゲスト出演 - 03月19日(日)05:00 

 テレビ朝日系で新たに始まる帯ドラマ劇場『やすらぎの郷(さと)』(4月3日スタート、月~金 後0:30~0:50)第1週のゲスト出演者が発表された。近藤正臣(75)、小松政夫(75)、モデルで女優の山本舞香(19)。これまでに発表されたキャストの中で初の10代となる山本がフレッシュな魅力で彩りを添える。 レギュラー出演者が勢ぞろい  「北の国から」シリーズの脚本家・倉本聰氏(82)がシニア世代をターゲットに書き下ろす人間ドラマ。テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、かつて一世を風靡(ふうび)したシナリオライター・菊村栄を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちが直面するさまざまな問題をユーモラスに描いていく(全26週)。  主人公のシナリオライターを演じる石坂浩二(75)のほか(以下50音順)、浅丘ルリ子(76)、有馬稲子(84)、加賀まりこ(73)、草刈民代(51)、五月みどり(77)、常盤貴子(44)、名高達男(66)、野際陽子(81)、藤竜也(75)、風吹ジュン(64)、松岡茉優(22)、ミッキー・カーチス(78)、八千草薫(86)、山本圭(76)がレギュラー出演する。  第1週は、物語の大事な導入部として、栄...more
in English
カテゴリー:

松岡茉優、大物俳優陣に混じり「足がすくむ思い…」 - 03月17日(金)05:00 

松岡茉優が16日、都内で行われたドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列、4月3日スタート 毎週月~金 12:30~12:50)の製作発表記者会見に出席。倉本聰(脚本)、主演の石坂浩二をはじめ、豪華大物俳優陣に混じって少々緊張していたようだったが、“フレッシュパワー”で会場を和ませる一幕があった。この作品は、テレビ朝日と倉本がタッグを組み、新しい挑戦として新設する帯ドラマ枠の第1弾。テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」を舞台に、石坂浩二が演じる、かつて一世を風靡したシナリオライター・菊村栄を中心に、このホームに入居した往年の大スターたちが直面するさまざまな問題がユーモラスに描かれていく。石坂のほか、浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、野際陽子、草刈民代、五月みどり、常盤貴子、名高達男、藤竜也、風吹ジュン、ミッキー・カーチス、八千草薫、山本圭といったメンバーが出演。そんな中、若手の松岡は、施設内のバー“カサブランカ”で働く明るいバーテンダー・財前ゆかり役で、劇中では、いつも笑顔で周囲を和ませ、入居者から“ハッピーちゃん”というあだ名で呼ばれているが、この会見では、少々緊張した面持ちで「オファーをいただいた時も、今、ここに立っている時も足がすくむ...more
in English
カテゴリー:

倉本聰氏「シルバー革命」ドラマに各世代で活躍する役者たちが集結 - 03月16日(木)15:54 

 「北の国から」シリーズの脚本家・倉本聰氏(82)がシニア世代に贈る、テレビ朝日系帯ドラマ劇場『やすらぎの郷(さと)』(4月3日スタート、月~金 後0:30~0:50)の制作発表記者会見が16日、都内で行われ、倉本氏およびメインキャストが勢ぞろいした。会見では倉本氏が「若者の方を向いているゴールデン帯に対抗して、老人が観て楽しめるシルバータイムを提案しました。テレビのシルバー革命になれば」と気概を見せると、出演者たちは口々にせりふの多さとシーンの長さをボヤきながら、「老体に鞭打って、(撮影を)頑張っているところです」(石坂浩二/75)などと自虐を交えながら、撮影現場で充実した時間を過ごしている様子を語った。  出席者は、倉本氏、主演の石坂のほかに(以下50音順)、浅丘ルリ子(76)、有馬稲子(84)、加賀まりこ(73)、草刈民代(51)、五月みどり(77)、常盤貴子(44)、名高達男(66)、藤竜也(75)、風吹ジュン(64)、松岡茉優(22)、ミッキー・カーチス(78)、八千草薫(86)、山本圭(76)。メインキャストの中で野際陽子(81)のみ「スケジュールの都合」により欠席した。  同ドラマは、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ。イタリア語で“道”の意)」...more
in English
カテゴリー:

「常盤貴子」の画像

もっと見る

「常盤貴子」の動画

Wikipedia

常盤 貴子ときわ たかこ、1972年4月30日 - )は、日本の女優である。株式会社スターダストプロモーション所属。

本名:長塚 貴子(ながつか たかこ、旧姓:常盤)。

来歴・人物

横浜市港北区出身。西宮東高等学校、駒沢女子高等学校(当時)を経て、関東学院女子短期大学(家政科生活文化専攻)卒業。

1990年代から多くのテレビドラマに主演し、1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役級を務めた。コメディーからシリアスまで様々な役柄を演じ出演作の全てがヒットしたため、この当時には「連ドラの女王」と呼ばれた。また、海外の映画俳優との共演や連ドラの海外テレビ放送により、中国や東南アジアでも知られている。

女優としての活動は、30歳を過ぎたころを境に、テレビドラマ(連ドラ)から、映画・舞台へとシフトしているが、本人は雑誌インタビューなどでしばしば「連ドラは私のホームグラウンド。いい作品があればぜひ参加したい」と語っている。

経歴

横浜に生まれたが、父親の仕事の都合により小学校4年になってから兵庫県西宮...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる