「常日頃」とは?

関連ニュース

国交省、調布飛行場・小型航空機墜落事故で運輸安全委員会より勧告 - 07月19日(水)06:30 

国土交通省航空局は7月18日、運輸安全委員会により、2015年7月26日に東京都調布市で発生した小型航空機墜落事故に関する航空事故調査報告書の中で、自家用小型機の運航の安全性の向上を図る必要があるとして、勧告を受けたことを発表した。 同件は2015年7月26日に個人所属パイパー式PA-46-350P型機が調布飛行場を離陸直後に住宅に墜落し、住民を含む3人が死亡、5人が負傷した事故に関するもの。報告書によると、同事故は同機が最大離陸重量を超過した状態で飛行したこと、低速で離陸したことおよび過度な機首上げ姿勢を継続したことにより、離陸上昇中の速度が低下したことが事故原因であると推定している。 今回の勧告内容として、自家用小型機の操縦士に対し、飛行前に性能上の最大重量を確認する重要性の理解促進、離陸中に性能低下が発生した時に再接地する等の対処方法の確認について指導強化、を実施することを定めた。また、空港の設置・管理者に対し、滑走路長を最大限に利用するための事例(誘導路の接続方法等)を周知することも勧告している。 航空局では事故直後から、離陸重量等の出発前の確認手順の再点検を含む注意喚起文書の発出、航空安全講習会の開催、安全啓発リーフレットの配布等、再発防止の取組みを実施しているが、今回の勧告を受け、更に取組みを強化していくという。 具体的には、自家用小型機の操縦士に対する理解促進...more
カテゴリー:

歌舞伎俳優・尾上松也が選ぶ男の絆にグッときた映画ベスト3 - 07月12日(水)18:00 

ミュージカル女優・笹本玲奈と映画評論家のグレゴリー・スターがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「スカパー! 日曜シネマテーク」。 7月9日(日)の放送では、歌舞伎俳優の尾上松也さん(以下「松也さん」という)が“男の絆にグッときた映画”ベスト3を選んでくれました。 歌舞伎俳優の尾上松也さん(中央)と、パーソナリティの笹本玲奈(右)と、グレゴリー・スター 松也さんと言えば、言わずと知れた歌舞伎俳優。常日頃から仲間に支えられ、大事に思っているからこそ“男の友情”をテーマにした作品に惹かれるそうです。 そんな松也さんがオススメする男の絆にグッときた映画ひとつ目は、「タイタンズを忘れない」(2000年/アメリカ)。 本作は、人種差別が渦巻いていた1971年のアメリカ・バージニア州に実在した白人黒人混合の高校アメリカンフットボールチームの物語。黒人のコーチが赴任してきてチームをひとつにまとめようとしますが、白人と黒人がいがみ合い、なかなか打ち解けることができない状況が続くなか、合宿をしたり、さまざまな出来事を経て少しずつ打ち解けていき、チーム全員がひとつになって勝利を掴んでいくストーリー。 この作品を初めて観たとき「涙が止まらず男泣きした」と話す松也さんが絶賛していたのは、コーチ役を演じたデンゼル・ワシントンの演技。なかでも、南北戦争の激戦地として知られるゲティスバーグで...more
カテゴリー:

【サッカー】<日本代表MF山口蛍>胸中告白!ハリル監督からきつい言葉も…「結構言われます」 - 06月21日(水)10:55 

テヘランで行われた13日のロシアW杯アジア最終予選でイラク相手に1―1のドロー決着。ハリルホジッチ監督が「中盤に問題を抱えている」と嘆いていたが、その一人がC大阪MF山口蛍(26)だ。 7日のシリア戦で右脛打撲。イラク戦をベンチから見守った山口を18日、C大阪の練習場で直撃した。 「イラク戦の序盤は悪くなかったし、その流れで先制点も取れた。でもそこから全体が少し後ろに下がり過ぎ、相手に支配された。後半のアクシデント(脳振とうのMF井手口が後半17分に退場など)も大きかったけど、もう少しうまく守...
»続きを読む
カテゴリー:

12星座【何かと振り回される】ランキング  魚座は受け身、嫌なことでも受け入れて疲弊する - 07月13日(木)12:00 

 自分の意見を言えない、いつも人のペースに押し切られて疲れるのが悩みという人は、割と多いのではないでしょうか。また、人には振り回されない自信があるけれど、自分の気持ちに振り回されていつも疲れていると感じている人も多いと思います。今回はそんな、何かに振り回される星座を、ランキング形式で紹介します。 ■第1位 魚座……受け身なので、人の意見に振り回される  魚座はどんなことに対しても基本的に受け身で、自己主張が苦手です。周りにいるのが優しい人達の場合はいいのですが、気遣いのない人や個人主義の人との相性はよくありません。自分のことを主張できないので、相手の意見や考えに合わせるしかなく、相手の主張が強ければ強いほど疲れがたまっていくでしょう。嫌なことでもまずは合わせようとするので、どんどん振り回されていく形になるようです。 ■第2位 山羊座……頼られると断れない性分  生真面目で、自分の欲求を表に出すのは苦手な山羊座。そのため、人に頼るのが苦手です。誠実な性格なので頼られることは多く、周囲からは、あの人に頼めばしっかりと引き受けてくれるという印象を持たれるため、結局いつも人のために動いていたりします。ふと気がつくと、相手の希望に振り回されていて、自分のやりたいことが何もできていない……なんてこともありそうです。 ■第3位 蠍座……嫌われるのを恐れて、自ら振り回される  蠍座が最も恐れること...more
カテゴリー:

読書より運動? 学校の休み時間は誰のものなのか - 07月10日(月)10:30 

保育園時代から読書を趣味にし、年長のころには小学校低学年向けの物語はすらすら読むことができていた長男。隔週で図書館から本を借りては返す日々だ。 この4月から学校の図書室を利用できるようになった6歳児は、毎週さまざまなお話を持ち帰っては読みふけっている。 起きているときはずーっと喋っている長男がつらい時期もあったが、本を読むようになってからは静かにしてくれる時間ができて、合間に私も本を読む時間が取れるようになった。 次男(2歳)もほうっておくと、ひとりで黙って本をめくり、「ぱんだ!」「ぞう!」と動物を指さしている。 私の育児は今、読書に助けられている。 ■「本を読んでいる」を理由に注意される事案が発生 「あの……、ずっと机で本を読んでいて、外で遊ばないんです」 5月、はじめて親として“家庭訪問”というイベントを体験した。 私のころは先生が居間に上がり、親がお茶を出し、私は傍らで耳を傾けながら違う遊びをしていたものだったが、「玄関先でけっこうです」という事前告知どおり、我々は玄関先で立ったまま話をした。 「学童の先生からもそのように言われてまして、できるだけ外で遊んで欲しいなあと思っているんですけど」 長男が外遊びを嫌いか、というとそうではない。 10分ほどで担任の先生は次の現場に向かったのだが、校庭で遊んでいた長男が顔にケガをして歯医者に運ばれた、と学童から電話が...more
カテゴリー:

「常日頃」の画像

もっと見る

「常日頃」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる