「常日頃」とは?

関連ニュース

今こそ備蓄をチェック!あなたの家はちゃんと防災対策できてる? - 02月19日(月)02:01 

3月11日で東日本大震災から7年が経過します。里帰り出産中だった私も、生後3週間の娘と共に被災しました。「あの時こうしておけばよかった!」「これがあってよかった!」という体験談をもとに、大地震への備えや防災対策についてご紹介致します!1.最初に止まるのは「ライフライン」LarsHallstrom/shutterstock.com東日本大震災以降、各地で地震が頻発しています。常日頃から大震災への備えについて懸念されていますので「備蓄も万全!」という方も多いかもしれません。 地震が起こるとまず発生すること。それはライフラインの停止です。電気・ガス・水道のすべてが止まってしまいます。電気のない生活には案外すぐに慣れましたが、懐中電灯は必須です。携帯用の充電器も用意しておくことをおすすめします。 ガスに対する備えとしては「カセットコンロ」が役立ちました。電気が止まることで、冷蔵庫のものがすぐに悪くなっていってしまいます。しかし、ここでカセットコンロがあったおかげで、備蓄に手をつける前に冷蔵庫のものから処分することができました。 ライフラインの中でも一番困ったのが水です。復旧までもとても長く、地震から2日後に来た給水車に何度も並びました。飲み水の備えはもちろんですが、生活用水の確保として「お風呂の水は抜かない・ペットボトルに水を貯めておく」という手段を今でもとっ...more
カテゴリー:

会社を辞めて、こうなった。【第67話】 ヴィパッサナー瞑想合宿で、稼げない40歳の自分を直視する!(後編)。 - 02月16日(金)08:53 

図らずともやさぐれモードで始まった二度目のヴィパッサナー瞑想合宿。セルと呼ばれる独房に篭って瞑想し続けた結果、心の深い深い部分まで向き合うことになりました。結果、”40歳を目前とした不安”について延々と語る女性に自らを晒せるほどエネルギーが軽くなったのですが。いったいどんなステップを踏んだというのでしょう。時系列でご報告します。写真/文・土居彩 【土居彩の会社を辞めて、サンフランシスコに住んだら、こうなった。】vol. 67 くしゃみが止まらず、ティッシュが手放せない。 2回目のヴィパッサナー瞑想合宿、前編はこちらをどうぞ。 http://ananweb.jp/column/sanfrancisco/157529/ やさぐれモードで始まった2回目のヴィパッサナー瞑想合宿ですが、始めの3日間はとにかく眠くて、眠くて。あろうことか瞑想中に寝落ちすることが多々あったほど。そこで休憩時間は散歩もせずにひたすら気絶したように爆睡していました。朝の4時半から瞑想がスタートするのですが午前中はくしゃみ、鼻水と涙が止まらず、ティッシュ箱が手放せない状態に。まったく集中できません。健康だけが取り柄だったのに、どうやらアレルギーになってしまったようです(これって、瞑想アレルギー?)。結果、ティッシュ箱と頭からすっぽり被れるぶ厚めのストールが瞑想時の私の必需品に。 ちなみに合宿中にみんながどんな格...more
カテゴリー:

裸にならなきゃ、伝わらない。本当に大切なこと。 - 02月11日(日)19:00 

私にとって美しさとは、「自分らしく」いること。そして、そんな自分を愛すること。多くの女性が、誰かのマネして美しくなろうとしているけれど、どうか“本当の自分”を忘れないで欲しい。自己嫌悪に陥らずに、はじめからステキなカラダであることを忘れないで。 自分の年齢も、鼻も口も目も。リンゴやポテトのような体型でも。自分を愛せる人が、本当に美しい人なのだから。これは昨年、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyanaの言葉。 BodyPositive Activist | Modelさん(@khrystyana)がシェアした投稿 - 12月 5, 2017 at 5:44午後 PST Photo by @aceofnykhrystyanaが、一般の女性たちに下着姿で街を歩くように呼びかけて、#therealcatwalkを決行したのは一年も前のこと。肌の色も体型も関係なく、女として堂々と生きることの大切さを人々に見せつけるために。彼女たちは服を脱いで都会を歩いたのだ。上の写真のような大きなイベントを実行したのは一度だけ。でも、彼女は常日頃から、“本当の美しさ”とは何なのかを、世の中に訴え続けている。「美しい」は誰が決めた?差別を失くすためにできること。 BodyPositive A...more
カテゴリー:

チョコをもらった数と大人になってからのモテ度は比例しない!? 男性100人調査で判明 - 02月10日(土)08:53 

「机やロッカー、下駄箱を整理しておかなきゃ。今年はいくつもらえるかな……」  2月14日はバレンタインデー。女性から好きな男性にチョコといっしょに気持ちを伝える日、まわりのひとたちにも日頃の感謝を義理チョコで……という文化が根付いて久しいが、最近では変わりつつもあるようだ。大手チョコレートメーカーのゴディバが「日本は、義理チョコをやめよう。」というキャッチコピーを日経新聞の広告で打ち出したのだ。バレンタインが盛り上がれば儲かるはずのメーカー側から出された意外な提案。ゴディバはその意図として、「バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます」と説明。ネット上では賛否の声があがった。  とはいえ、甘酸っぱい青春時代の一大イベントとしてバレンタインに淡い期待を抱いていた男性も多いはずだ。だれからもらえるのか、本命・義理チョコをあわせて合計いくつもらえるのか。記者が幼少期を過ごした学校では、学年やクラスで自分自身のモテ度を計るバロメーターにもなっていた。 ◆バレンタインの甘酸っぱい思い出…  思い起こせば記者が小学6年生だった頃――。クラスで気になっていた女のコのあいちゃん(仮名)。彼女はタレントの“加藤あい”によく似ていた。「カワイイなあ、カワイイなあ」と常日頃から思っていた。2月14日の当日、彼女は給食の配膳係だった。あいちゃ...more
カテゴリー:

カップルとして付き合うときに「告白」は必要ですか? - 02月08日(木)12:00 

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。2月7日(水)の「社会人意識調査」のテーマは「付き合うときに『告白』は必要ですか?」。はたして、その結果は……? (TOKYO FM「Skyrocket Company」2018年2月7日(水)放送より) 番組パーソナリティの本部長・マンボウやしろ(右)と秘書・浜崎美保(左) Q.付き合うときに告白は必要ですか? はい  84.2% いいえ 15.8% (回答数:419票) ◆「はい」に関する意見 「告白は必要だと思います! 『付き合ってください!』って言えなくても、『好きです』とか『大事な存在なので側にいたい』とか、友達じゃない存在だってことは伝えてほしいですね。なんとなーく男女の関係になるのは素直に喜べないです。『なんとなくわかるもんだ!』は、わからない! 口にしない言葉なんてわかるわけがない!(笑)。大事な場面を曖昧にする人は、ほかの面でもなぁなぁにされそうで信用できないです」 (埼玉県 28歳 女性 自営業) 「必要ですよ! 以前、某番組で、男性が『一度でも2人でデートしたら彼女と呼んでいいんじゃないの?』と言っていて、大丈夫か、この人?と本気で思いました」 (茨城県 29歳 女性 パート) 「...more
カテゴリー:

塚田僚一、SASUKE5度目の正直誓う アキラ100%はお盆ズレ阻止のため悲壮な覚悟 - 02月17日(土)13:55 

 TBS系スポーツ・エンターテインメント特番『SASUKE』の第35回大会の収録が17日、横浜・緑山スタジオで行われ、大会に出場する塚田僚一(A.B.C-Z)、岩本照(ジャニーズJr.)、アキラ100%、ゴールデンボンバーの樽美酒研二が挑戦前に取材会に参加した。 【写真】塚田僚一とともにSASUKEに参加した岩本照  5回目の挑戦となる塚田は「ジャニーズJr.の…」と小ボケで自己紹介。それでもSASUKEへの本気度はピカイチだ。1本の棒にぶら下がり、懸垂を繰り返して1つ上のフックに棒を持ち上げる「サーモンラダー」をけいこ場に設置するほど。「1番、力を入れたのがサーモンラダー。師匠である(3人の完全制覇者)漆原(裕治)さんや練習仲間の日置(将士)さんに見てもらった。トレーニングもしてきましたけど、今回は自分のやり方でサーモンラダーに挑戦したい」と前を向いた。  そして「5回目になるんですけど、3回目でファーストをクリアした。セカンドステージに2回挑戦したんですけど2回とも突破できなかった。サーモンラダーをクリアしてセカンド突破を目標にした。応援お願いします」と“5度目の正直”に向け、明確に狙いを定めていた。  3回目となる岩本は「前回は(1stステージの)フィッシュボーンで落ちてしまって悔しい思いを今でも引きずっている」と告白。「3度目の正直で1stステージをクリアしたい」と...more
カテゴリー:

会社を辞めて、こうなった。【第67話】 ヴィパッサナー瞑想合宿で、稼げない40歳の自分を直視する!(後編)。 - 02月15日(木)21:00 

図らずもやさぐれモードでスタートした、ヴィパッサナー瞑想合宿の第二ラウンド。無意識レベルで無かったことにしていた、怒りや悲しみがドバドバと顕在意識に浮上し、大変苦しい思いしました。最後は ”40歳を目前とした不安” について延々と語り続ける女性に対して、自らをさらけ出せるほどエネルギーが軽くなったのですが。いったいどのようなステップを踏んだというのでしょう? 時系列でご報告します。写真/文・土居彩 【土居彩の会社を辞めて、サンフランシスコに住んだら、こうなった。】vol. 67 くしゃみが止まらず、ティッシュが手放せない。 2回目のヴィパッサナー瞑想合宿、前編はこちらをどうぞ。 http://ananweb.jp/column/sanfrancisco/157529/ やさぐれモードで始まった2回目のヴィパッサナー瞑想合宿ですが、始めの3日間はとにかく眠くて、眠くて。あろうことか瞑想中に寝落ちすることが多々あったほど。そこで休憩時間は散歩もせずにひたすら気絶したように爆睡していました。朝の4時半から瞑想がスタートするのですが午前中はくしゃみ、鼻水と涙が止まらず、ティッシュ箱が手放せない状態に。まったく集中できません。健康だけが取り柄だったのに、どうやらアレルギーになってしまったようです(これって、瞑想アレルギー?)。結果、ティッシュ箱と頭からすっぽり被れるぶ厚めのストールが瞑想...more
カテゴリー:

モチベーションはなぜ薄れてしまうのか? 自己啓発セミナーが麻薬である理由<魂が燃えるビジネス> - 02月11日(日)08:32 

 いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第36回 「自己啓発セミナーに出てるときはモチベーションが上がるけど、翌朝にはすっかり元通りになってしまう。あの時の強い気持ちはいったいどこに消えてしまったんだろう?」  これはセミナーに限らず、自己啓発書を読んでいてもよく起こります。読んでいる間は「すげぇ、これで俺も成功者まで一直線だ!」とハイテンションだったのに、仕事に戻ったら仏像のような冷めた目線でルーチンワークをこなすだけ。あなたも似たような経験があるかもしれません。  この謎のモチベーション低下に対する私達の反応は二通りです。一つは「自己啓発なんてウソっぱちだ。宗教だ」と足を洗います。もう一つは「モチベーションが下がったのは自分が未熟だからだ。勉強が足りないからだ」と何十万円もするようなセミナーに再び参加します。失われた情熱を取り戻そうとセミナーに繰り返し参加する後者は、麻薬に溺れる中毒者にそっくりです。  しかし、そのような態度は本来の自己啓発ではありません。自己啓発とは文字どおり、「自己を啓(ひら)く」ためにあります。それなのにセミナーで他人の成功例を聞かされて、「私もあの人みたいになりたい。ここにいればそう...more
カテゴリー:

フィギュアスケーター、引退後もタレントとして重宝される理由 - 02月09日(金)08:40 

 ついに開幕する平昌冬季五輪。ケガから復帰した羽生結弦選手の連続金メダルへの期待も高まるなど、やはり日本人が最も注目するのはフィギュアスケートだろう。実際、フィギュア好きの日本人は多く、フィギュアOG・OBで言えば、“国民的妹”だった浅田真央やバラエティ番組のMCまで務める村上佳菜子、“泣き虫キャラ”を確立した織田信成、“イナバウアー”の荒川静香など、元フィギュアスケート選手のテレビでの需要も年々増えており、その活躍ぶりは目を見張るばかりだ。 【ランキング表】堂々1位は注目の若手スケーター! 2018年“期待の新成人”TOP10 ◆伊藤みどりから現在の羽生人気まで 愛され続けるフィギュアスケーターたち  今回の平昌五輪の男子フィギュアスケート代表・宇野昌磨選手は、「2018年期待の新成人ランキング」(オリコン調べ)で堂々の1位に輝いている。もはや日本ではフィギュアスケーターは“期待が持てる若者”の代格表にまでなっているのである。好感度においても、たとえば長年にわたってフィギュア界をリードし、日本国民全員に「真央ちゃん」と親しまれ、昨年惜しくも引退した浅田真央はぶっちぎりの高さを誇る。  その浅田の“妹分”村上佳菜子にしても、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)のMCに抜擢され、はつらつとした司会進行ぶりが好評。また、2006年のトリノ五輪で日本フィギュア初の金メダルを獲得し...more
カテゴリー:

【閲覧注意】マリリン・モンローになりたい男性 何回も整形を繰り返し唇がとんでもないことになる - 02月01日(木)10:13  news

マリリン・モンローになりたいと常日頃から思っていたフランスの男性、シリル・ルー(32)。 それを夢だけでなく現実にするために、度重なる整形を行いマリリン・モンローに近づけたところ、 唇がとんでもないことになってしまった。 整形に使った費用は9700ユーロ(約130万円)。 ウェイターとして働く男性は26歳のときに初めてボトックス手術を行った。そして過去1年6ヶ月の間に6回唇に フィラー(詰め物)を含む20回の手術を行った。現在も2ヶ月に一度、唇に1ミリのフィラー注入を行っている。 ボリューム感のある唇を作る...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「常日頃」の画像

もっと見る

「常日頃」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる