「常勤講師」とは?

関連ニュース

発毛に効果抜群のミノキシジル「若い女性は絶対飲んではいけない」医師が警告 - 04月25日(水)08:45 

『最強! の毛髪再生医療 – 豊かな髪と再び出会える本』(ワニブックス)など多数の著書で知られる、あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生。前編では、薄毛を予防する方法を伺いました。  では、既に薄くなった頭皮に毛を生やすためには、どうすれば……? 後編では最先端の発毛技術の実態に迫ります! ◆妊娠の可能性がある女性は絶対ダメ。胎児の心臓が危ない ――発毛を目指すには、どうすればよいでしょうか。 「RiUPという育毛剤にも含まれる、ミノキシジルを飲むとすごく生えます。毛を生やすには、ミノキシジルほど効くものはないです。ただ、副作用も強い。元々は血圧の薬で、血管を開いて血圧を下げるんですけど、人工的に血流をよくすると心臓に負担がかかるんですよ。  しかも、意外に医師に言われていない方もいらっしゃいますが、内服中だけ血流がよくなるので、止めれば当然、元の薄毛に戻ります。とくに若い女性が飲むのは非常に危険です」(荒浪先生、以下同) ――なぜでしょうか。 「ミノキシジルは胎児の心臓に強烈な負担がかかるので、妊娠したら絶対にやめないといけないんです。胎児の心臓が危ない。もし妊娠に気づかなくて飲んでいたとしたら、本当にまずい。妊娠初期が一番まずいです。胎児が臓器を作り出す時期で、薬の影響を受けやすいんです。  とはいえ、妊娠しているかどうか、初期には分からないですよね...more
カテゴリー:

【先住民問題】「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー ★3 - 04月22日(日)04:56  newsplus

◆「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー 米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲げる「琉球民族独立総合研究学会」のメンバーが参加し、日本政府は固有の文化を持つ沖縄の人々を「先住民」と認めるべきだと主張、在日米軍基地が沖縄に集中している問題の解決を訴えた。 会議は毎年開催される「先住民問題常設フォーラム」。 今年は16~27日の日程で開かれ、世界中の先住民や支援団体が参加。学会理事で沖縄大非常勤講師の親川志奈子さん(37)は「多くの人から『も...
»続きを読む
カテゴリー:

【先住民問題】「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー - 04月21日(土)19:55  newsplus

◆「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー 米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲げる「琉球民族独立総合研究学会」のメンバーが参加し、日本政府は固有の文化を持つ沖縄の人々を「先住民」と認めるべきだと主張、在日米軍基地が沖縄に集中している問題の解決を訴えた。 会議は毎年開催される「先住民問題常設フォーラム」。 今年は16~27日の日程で開かれ、世界中の先住民や支援団体が参加。学会理事で沖縄大非常勤講師の親川志奈子さん(37)は「多くの人から『も...
»続きを読む
カテゴリー:

わいせつ容疑:高校講師を逮捕 顔見知りの10代女性に - 04月19日(木)22:34 

 18歳未満の女性と知りながらわいせつな行為をさせたとして、県警少年課などは19日、岐阜市粟野東、関市立関商工高常勤講師、山田昇弘容疑者(28)を児童福祉法違反容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。
カテゴリー:

【教育】日本大学が英語の非常勤講師15人を集団解雇、授業は語学学校に「丸投げ」?…違法性が疑われる事態に - 04月18日(水)11:35  newsplus

日大が英語講師15人を集団解雇する事情  日本大学は今年3月、英語の非常勤講師15人全員を解雇した。  解雇されたのは、2016年に新しく設置された危機管理学部とスポーツ科学部の教員で、雇用された際には2020年までの継続雇用も打診されていた。  さらに授業は外部の語学学校に「丸投げ」している恐れがあり、解雇の違法性が疑われている。  解雇された非常勤講師の1人が、プレジデントオンラインの取材に答えた――。 ■何の根拠もなく突然の雇い止め 「大学に雇い止めを通告された時はうちのめされました。経済的に苦しくな...
»続きを読む
カテゴリー:

【先住民問題】「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー ★4 - 04月24日(火)12:33  newsplus

◆「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー 米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲げる「琉球民族独立総合研究学会」のメンバーが参加し、日本政府は固有の文化を持つ沖縄の人々を「先住民」と認めるべきだと主張、在日米軍基地が沖縄に集中している問題の解決を訴えた。 会議は毎年開催される「先住民問題常設フォーラム」。 今年は16~27日の日程で開かれ、世界中の先住民や支援団体が参加。学会理事で沖縄大非常勤講師の親川志奈子さん(37)は「多くの人から『も...
»続きを読む
カテゴリー:

【先住民問題】「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー ★2 - 04月21日(土)23:59  newsplus

◆「琉球独立」を国連会議で主張 「民族独立総合研究学会」のメンバー 米ニューヨークの国連本部で開催中の先住民問題の会議に、沖縄独立を掲げる「琉球民族独立総合研究学会」のメンバーが参加し、日本政府は固有の文化を持つ沖縄の人々を「先住民」と認めるべきだと主張、在日米軍基地が沖縄に集中している問題の解決を訴えた。 会議は毎年開催される「先住民問題常設フォーラム」。 今年は16~27日の日程で開かれ、世界中の先住民や支援団体が参加。学会理事で沖縄大非常勤講師の親川志奈子さん(37)は「多くの人から『も...
»続きを読む
カテゴリー:

社会人サークルに入ったら男性4人からアプローチ!けどモテ期は最悪な形で終わった… - 04月20日(金)08:47 

 特別美人というわけではない女性が、男性の割合が多いサークルに入ったことで姫のように扱われる状況をあらわす「オタサーの姫」という言葉があります。  一般的には学生サークルで起きることが多いそんな状況を、社会人になって経験したという女性に話を聞いてきました。  学生時代であれば、よくある揉め事である「オタサーの姫」をめぐる恋愛のいざこざも、社会人になってお互い立場や状況があると事態は途端にやっかいになるようで…。 ◆少女漫画!?男性4人から同時にアプローチ  小綺麗な外見と優しそうな雰囲気が特徴的な由奈さん(仮名・31歳)は保険会社で事務の仕事をしています。もともと文章を書くのが好きだった由奈さんは、趣味の時間を持とうと作家志望者が通う『作家養成塾』に入ったそうです。 「塾では、自分が書いてきた小説をみんなの前で読み、生徒と先生が講評するんです。生徒は20代~50代、学生から医者までと幅広かったのですが15人の生徒のうち男性が13人とまさにハーレム状態でした」  そこで初日から由奈さんはモテたと言います。 「授業後にみんなで軽い食事をとりながら書いた小説をさらに講評しあうのですが、お酒も入っていたせいで話が盛り上がり数人の男性と連絡先を交換して、その日のうちに4人の男性からデートの誘いを受けました」  小説家志望の男性がかなり積極的なことに驚きます。 「意外にみなさ...more
カテゴリー:

ストレスで女性の薄毛が増加…頭皮シャンプーは効果なし?医師がズバリ - 04月19日(木)08:45 

 お風呂上り、「あれ、髪の毛がずいぶん落ちている……」。鏡の前に立つと、「髪にボリュームがない……」。そんなお悩みを抱えている女性、いませんか?  いまや、薄毛は男性だけのお悩みではありません。バリバリ働く女性は“オス化”していると言われ、体毛が濃くなったり、ヒゲが生えたりする人も。薄毛もその一つで、男性ホルモンが増加することにより、髪の毛は薄くなってしまうのです。  一体、どうすれば薄毛を予防できるのか? 薄くなってしまった毛を増やすことはできるのか? 『最強! の毛髪再生医療 – 豊かな髪と再び出会える本』(ワニブックス)など多数の著書で知られる、あらなみクリニック総院長の荒浪暁彦先生に話を伺いました。 ◆キーポイントは“血流”をよくすること ――女性が薄毛になるメカニズムとは? 「男性ホルモンが増えると、5アルファリラクターゼという物質がDHTという毛根を攻撃して抜け毛を促進する物質に変えます。だから男性ホルモンが多い人は薄毛が多いと言われているんです。  女性も本来、男性ホルモンを持っていますが、女性ホルモンが強いうちは男性ホルモンの働きが抑えられているので、そんなに毛は抜けません。しかし年を取って卵巣機能が低下してくると、女性ホルモンを分泌できなくなるので、男性ホルモンが優位に働くんです」(荒浪先生、以下同) ――ご高齢の女性はヒゲが生えたり薄毛...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】消えてしまう過去、儚い現在、記憶のなかの世界 - 04月17日(火)20:11 

『プラネタリウムの外側』は連作集。有機素子コンピュータで会話プログラム(チューリングテストをクリアするレベル)を開発する南雲助教と、彼の研究室に関わるひとたちの物語だ。ITと現実感覚を結びつけたSFは数あるが、この作品はガジェット/アイデアばかりを前景化するのではなく、わたしたちが暮らしている日常、人間関係のなかで出逢う感情や感覚の地平で語られている。そこがとても新鮮だ。  生活のなかでふと覚える些細な違和感。たとえば、いつのように電灯をつけようとしたら、壁スイッチの位置が思った場所と違っていたとか、毎日通っている町並の一角が空き地がなっていて、前にどんな建物があったか思い出そうとしても思い出せないとか。そんな経験はだれでもあるだろう。たいていは気の迷いだとしてやりすごしてしまうのだけれど、もしかすると「現実は自分が思ったとおりではない」のかもしれない。  その感覚をたくみに小説化したのがフィリップ・K・ディックというひとで、彼の作品ではしばしば些細な違和感を足がかりに現実の虚構性があらわになっていく。  ディックの展開はかなり強迫観念的だったけれど、『プラネタリウムの外側』の物語はそうしたアクの強さはなく、むしろ澄んだイメージだ。繊細な青春小説の匂いすらある。 「日常の些細な違和感」から「現実は思ったとおりではない」への展開がもっともすんなりいっているのが、第一作「有機素子ブレー...more
カテゴリー:

もっと見る

「常勤講師」の画像

もっと見る

「常勤講師」の動画

Wikipedia

  • 転送 講師 (教育)...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる