「市町村別」とは?

関連ニュース

【人口推計】埼玉の人口、2045年に74万人(10.2%)減 対策急ぐ - 04月20日(金)16:56  newsplus

国立社会保障・人口問題研究所が先月公表した「日本の地域別将来推計人口」によると、2045年の埼玉県内の人口は652万4800人となり、15年と比べ30年間で約74万人(10.2%)減少すると推計された。また、75歳以上の人は15年と比べ1.7倍に増えると推計され、県は人口減と高齢化の対策を急いでいる。【内田幸一】  市町村別に見ると、戸田市や吉川市など県南部を中心に10市町で増加するが、それ以外の53市町村は減少する。人口減少の割合が最も大きいのは東秩父村で、15年の2915人から56.1%減...
»続きを読む
カテゴリー:

<ふるさと納税>東北のトップ3、山形独占 上位10市町のうち8市町 - 04月19日(木)06:05 

東北活性化研究センターは「ふるさと納税」の制度が始まった2008年度から16年度までに、東北6県の自治体が受け取った寄付額をまとめた。市町村別の累計寄付額では上位10市町のうち、8市町が山形県内だった
カテゴリー:

待機児童、3年連続増の5万5,433人…半年で倍増 - 04月12日(木)12:15 

 厚生労働省は平成30年4月11日、保育園などの待機児童数の状況を発表した。平成29年10月1日時点の待機児童数は5万5,433人で、3年連続の増加となった。0歳児を中心に年度途中の申込みが増え、平成29年4月1日からの半年間で倍増している。 平成29年10月1日時点の保育所などの待機児童数は、5万5,433人。平成29年4月1日の2万6,081人から、半年で2万9,352人増加している。3歳未満が5万2,285人と9割以上を占めており、年齢区分別では0歳児2万8,805人、1・2歳児2万3,480人、3歳以上児3,148人と、0歳児がもっとも多い。 厚生労働省によると、保育の申込みは年度途中にも行われるが、保育の受け皿整備は4月開園に向けて行われる場合が多く、年度途中の開園は少ないため、入園できない数は増えるという。 平成28年10月1日時点の4万7,738人と比較すると、7,695人の増加。このうち約9割を0歳児が占めている。厚生労働省では、この結果について「『育児休業中の者』など、待機児童数の取扱いに関する運用の見直しが影響していると考えられる」と分析。待機児童数の調査は、平成29年4月1日から新調査要領が適用されているが、今回の調査では経過措置として新要領を適用した自治体と旧要領を適用した自治体が含まれているという。 都道府県別(指定都市・中核市を除く)では、東京都の1万2...more
カテゴリー:

横手市が3年連続トップ、県内市町村別農業産出額 - 04月19日(木)22:09 

 農林水産省による2016年の市町村別農業産出額の推計値が先月まとまり、横手市が282億円で秋田県内最多となった。野菜、果実、花卉(き)、豚肉の産出額もそれぞれ1位となるなど、複合化が進む産地の実態が…
カテゴリー:

茶摘み跡 鮮やか 南九州市で収穫ピーク - 04月17日(火)13:00 

 市町村別で日本一の茶産地・南九州市で一番茶の収穫がピークを迎えている。今年は3月に気温が上がり、例年より1週間早い2日に始まった。4月末ごろまで作業が続く見込み。
カテゴリー:

「市町村別」の画像

もっと見る

「市町村別」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる