「市民」とは?

関連ニュース

【国際】オランダ・アムステルダムの赤く照らされた夜の通り、通称「飾り窓地帯」に行ってみた - 01月19日(木)15:08 

無数の運河や湖に囲まれ、古くから港町として栄えたオランダ。 飛行機から見下ろすと、「水の都」と言われている所以がよくわかるように、縦横無尽に走る豊富な水路を見ることができます。 昔から世界に向けての貿易が開かれていたり、ヨーロッパ各国に河川輸送が広げられているのもここオランダから。 オランダの雰囲気が何事に対してもオープンで気さくなのには、こういったことが関係しているのかもしれません。 そんなオランダの中心でもある「アムステルダム」は観光スポットとして外せない魅力的な場所を数多く携えたオ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

トランプ大統領就任を目前に、ケイティ・ペリーか公共広告で訴えたメッセージとは - 01月19日(木)14:00 

ケイティ・ペリーは、ドナルド・トランプの外国人への恐怖を煽る物言いが、アメリカがかつての闇の歴史を繰り返し始めていることの兆候ではないかと疑問視する公共広告を制作した。トランプのムスリムの登録制度を日本人強制収容の歴史と結びつけ、"歴史は繰り返しているのではないか?"と疑問を投げかけた。ケイティ・ペリーが、ドナルド・トランプの外国人への恐怖を煽る物言いが、アメリカがかつての闇の歴史を繰り返し始めていることの兆候ではないかと疑問視する新しい公共広告の制作指揮を務めた。「憎悪を普遍化させてはいけない」とペリーは自身の9500万人のフォロワーに向けてツイッターに投稿した。この公共広告は、89歳の日系アメリカ人であるハル・クロミヤのストーリーを語るものである。彼女は第二次世界大戦中、敵性市民として登録され強制収容所に送られた後、4年間をそこで過ごした。「私たちは農家を営むアメリカ人でした。しかし強制収容所では憲法が保証する私たちの権利は取り上げられました」とビデオに映るクロヤマは語る。「全ての始まりは恐れと流言でした。そしてそれが日系アメリカ人への敵性市民登録につながり、次にタグとなり、そしてすぐに強制収容所になりました」。クロヤマは語り終えると、クロヤマを演じていた女優がマスクを脱ぎ、ムスリムでありアメリカ人であるヒナ・カーンとしての本当の姿を現して、「同じ歴史の過ちを繰り返してはいけな...more
in English
カテゴリー:

【トランプ】川崎重工業、トランプ氏の人気番組から撤退 スポンサー降りる - 01月19日(木)11:57 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19H31_Z10C17A1000000/  川崎重工業の米国グループ会社は18日(米国時間)、トランプ次期米大統領が司会をつとめていた 米国の人気テレビ番組「アプレンティス(見習い)」のスポンサーから降りる意向を示した。 米メディアが報じた。トランプ氏がエグゼクティブ・プロデューサーとして番組に関わっていることが理由という。  アプレンティスは米三大ネットワークの一つ、NBCが2004年から放送する人気番組。 有力経営者の会社で一般人の参加者が見習いとして働く様子を追いかける内容...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

美術館舞台にサーカス 坂出、回遊しながら鑑賞 21日から「サカイデマングローブ」 - 01月19日(木)09:41 

現代アートに音楽やパントマイム、アクロバットなどを盛り込んだ日仏共同創作サーカス公演「サカイデマングローブ」が21日から、坂出市寿町の市民美術館で開かれる。
in English
カテゴリー:

フランスがテック関係者を対象に特別なビザの発行をスタート - 01月19日(木)08:00 

国内のスタートアップ業界を盛り上げるため、フランス政府が大統領選前最後の施策を打ち出した。French Tech Visaと呼ばれるこの新しいプログラムのもと、EU圏外のテック系人材とその家族を対象として4年間のビザの発行に関する規制が緩和される。 フランスのデジタル大臣Axelle Lemaireは、今月行われたCESにおけるTechCrunchのステージで、このプログラムについて簡単に触れていた。 フランス政府は2015年にもFrench Tech Ticketと呼ばれる、ビザ、少額の助成金、事務処理のサポートがセットになったパッケージをローンチしている。これまでに2グループのスタートアップが対象企業として選ばれフランスでビジネスを展開しており、このプログラムはうまくいっているようだ。 しかしもしもあなたが優秀なエンジニアやデザイナー、VCもしくはレイトステージにある企業を運営しているとしたら、French Tech Ticketよりも新しいFrech Tech Visaの方が理にかなっている。 EU圏内の市民であればフランスで生活するにあたりビザは必要ないが、EU圏外からの移住を考えている人はこのプログラムに応募することで、ビザ発行までのプロセスを簡素化できる可能性がある。申請者の滞在が許可されればその家族もビザを受け取ることができ、これまでにわかっている限りでは特にビザの...more
in English
カテゴリー:

紙幣が突然、紙クズに? 日本人写真家がインドで遭遇した大混乱 - 01月19日(木)15:00 

毎回一度見たら忘れられない写真を届けてくれる無料メルマガ『素顔のアジア(たびそら・写真編)』の著者で写真家の三井昌志さん。今回は、ご自身5度目という「インド一周バイク旅」の模様をレポートしていますが、いきなりインド政府の政策によってもたらされた「大問題」に直面したそうです。三井さんは、この問題をどう切り抜けたのでしょうか? インドの大問題。500ルピー札と1,000ルピー札の廃止について 今インドを訪れる旅行者を悩ませる最大の問題がキャッシュ。ATMで現金の引き出しが制限されているのだ。1回につき4,500ルピー(8,100円)しか引き出せない(去年末までは2,000ルピーだった)のだが、インド国外で発行されたクレジットカードでのキャッシングなら、この操作を何度でも繰り返せるので問題はなかった。ちなみに僕は20回繰り返しました。 ただしATMで1回キャッシングするたびに108円の手数料が取られるのは問題です。これまでだと通常だと1万ルピー下ろして手数料は216円だったから、かなり損をする計算になります。 しかし町によっては現金を手に入れることさえ難しい場合もあります。とくに地方都市では現金不足が恒常化していて、ATMの前には長蛇の列ができています。街中にATMはたくさんあるものの、大半が紙幣不足で稼働していないマシンなので、現金が供給されたATMには人々が集まってくるのです。 ...more
in English
カテゴリー:

浮具の設置作業続く 辺野古新基地建設 - 01月19日(木)12:54 

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、19日午前9時半ごろ、海上で支柱の付いた浮具(フロート)を設置する作業を進めた。新基地建設に反対する市民らは抗議船やゴムボート、カヌーで抗議した。  米軍キャンプ・シュワブでは午前8時半ごろ、工事車両用ゲートからクレーン付きトラック2台が...
in English
カテゴリー:

玄海原発審査合格 県内で注文や歓迎、抗議も - 01月19日(木)10:02 

九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働問題は、佐賀県側に議論の舞台が移った。原子力規制委員会は18日、審査書の「合格」を決定した。県内の自治体や地元経済界は安全確保を大前提に、国や九電に対して説明責任を求め、反対する市民団体は抗議の拳を振り上げた。世論を二分する国策の大きな節目は、原発との向き合い方を改めて問い掛けた。1面参照 九州電力の山元春義取締役は午後4時半、佐賀県庁を...
in English
カテゴリー:

わいわい言わず、静かに状況見守りたい 自民・二階氏 - 01月19日(木)08:58 

自民党の二階俊博幹事長は慰安婦を象徴する少女像が韓国釜山の日本総領事館前歩道に市民団体の手で設置され、対抗措置に長嶺安政駐韓大使らを一時帰国させている問題で、その後にも、韓国・京畿道(キョンギド)議会の団体『独島愛・国土愛の会』が竹島(韓国呼称では独島)と議会に『平和の少女像』なるものを建設するとして、議会ロビーに募金箱を設置するなど、一昨年12月に日韓両国政府が「最終的かつ不可逆的解決」として合意した内容や趣旨に反する動きが続いていることに「大使ら関係者はかなり憔悴しているなという感じで、早く円満な形で解決することが望ましいと思っている」と事態の鎮静化と早期解決を期待すると18日までの記者会見で語った。
in English
カテゴリー:

【朗報】韓国「慰安婦像は市民団体が勝手に設置していて~」韓国議員「国会に設置するニダ!!」 - 01月19日(木)07:52 

韓国の少数野党「正義党」は旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像を国会にも設置するよう求める集会を開いた。国会で集会を行う同党関係者ら=18日、ソウル http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20170118286500882 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「市民」の画像

もっと見る

「市民」の動画

Wikipedia

市民(しみん)は、政治的共同体である及び都市においての構成員。個々の人間を指す場合と、人間集団をまとめて指す場合とがある。

構成員全員が主権者であることが前提となっている議論では、構成員を主権者として見たもの(現代社会について述べるときはこの意味合いのことが多い)。政治的共同体とは、語源的に都市を指している(citizenとcityは同語源である)。

市民に似た概念として国民があるが、両者の違いは、「市民」がその理想とするところの社会、共同体の政治的主体としての構成員を表すのに対して、「国民」はその「国家」の国籍を保持する構成員を表すという点にある。市民と国民は相互に置き換え可能な場合も多いが、そうでない場合もある。たとえば、絶対王制国家の場合、国民は全て臣民であり、市民ではない。また一方で「欧州連合の市民」のように国家とは直接に結びつかないような形の市民権もあり、この場合市民を国民と言い換えるのは適切でない。

市民の歴史

; ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる