「市村正親」とは?

関連ニュース

日本最高峰作品のタイトルロールに古川雄大が大抜擢 - 02月20日(火)10:25 

ミヒャエル・クンツェ(脚本/歌詞)とシルヴェスター・リーヴァイ(音楽/編曲)による傑作を、日本ミュージカル界最高のキャスト・クリエイター陣で創り上げる、ミュージカル『モーツァルト!』。35歳で夭折した天才作曲家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの生涯とその真相に迫る本作は、2002年の日本初演以来、多くの賞賛を得てきた。ミュージカル「モーツァルト!」 チケット情報(PC)3年ぶりの上演となる2018年度版のタイトルロールは、前回に続く山崎育三郎と、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のロミオ役やミュージカル『黒執事』のセバスチャン役など昨今、大作の主演を務め、名実ともに急成長を遂げている古川雄大が抜擢された。オーディションでこの大役を射止めた古川は、作品を前にして改めて身を引き締める。「数あるミュージカルの中でも代表的な作品ですし、モーツァルトは中川晃教さん、井上芳雄さん、山崎育三郎さんと歴代のミュージカルスターが演じてきた役。いつかはあの高みに行きたいと思っていましたが、自分自身を客観視してみても、あと何年かかるのだろうと思っていました。なので、このチャンスをいただいたことに僕自身が一番驚いています。かなり挑戦的なことになると思いますが、覚悟を決めて臨もうと思います」。モーツァルトは天真爛漫で自由奔放なキャラクター。これまで演じてきた役とは180度異なり、今までの自分には...more
カテゴリー:

黒沢映画「生きる」初舞台化 鹿賀と市村Wキャスト - 02月19日(月)07:24 

 黒沢明監督(享年88)の映画「生きる」がミュージカル化されることが18日、分かった。市村正親(69)鹿賀丈史(67)のダブルキャストで、没後20年記念作品として、10月から東京・ACTシアターで上演される。世界に多くのファンを持つ黒沢…
カテゴリー:

黒沢明監督の「生きる」市村&鹿賀でミュージカルに - 02月19日(月)05:04 

 黒沢明監督(享年88)の映画「生きる」がミュージカル化されることが18日、分かった。  市村正親(69)鹿賀丈史(67)のダブルキャストで、没後20年記念作品として、10月から東京・ACTシアターで上演される。  世界に多くのファンを…
カテゴリー:

黒澤明の名作『生きる』を、世界で初めてミュージカル化。主演の渡辺勘治役を演じるのは、市村正親と鹿賀丈史(ダブルキャスト)。演出は宮本亜門が担う。10月、開幕。 - 02月19日(月)11:35 

[株式会社ホリプロ] [画像: https://prtimes.jp/i/28143/40/resize/d28143-40-229892-0.jpg ] 詳細はこちら http://hpot.jp/stage/ikiru2018 1952年公開の黒澤明監督の代表作「生きる」が、黒澤明没後20年の今年、ミュージカルと...
カテゴリー:

黒澤明監督『生きる』初ミュージカル化が決定 市村正親&鹿賀丈史がWキャスト - 02月19日(月)06:00 

 日本の映画史上、世界にもっとも影響力のある映画監督・黒澤明氏が、1952年に発表した代表作『生きる』を、世界で初めてミュージカル化することが19日、明らかになった。2018年は、黒澤監督が亡くなってから20年目の年。同作は「黒澤明 没後20年記念作品」として上演する。 【写真】過去には…“夫婦”を演じた市村正親&鹿賀丈史  物語は、役所の市民課に30年勤め、まもなく60歳で定年を迎えようとしている市民課長の渡辺勘治が、当時、不治の病とされていた胃がんになり余命がわずかだと知る。あまり時間が残されていないことを知った渡辺は、これまでの人生を考えて苦悩しつつも、公僕としての自分の仕事に目覚め、人間として自分は何をすべきか「本当に生きる」ことの意味を見つけていく。  今作で、主人公・渡辺を俳優の市村正親(69)と鹿賀丈史(67)がダブルキャストで交互に演じ、演出を手がけるのは、日本を代表する演出家の宮本亜門(60)。音楽は、今もなお全米で愛されるブロードウェイ・ミュージカル『若草物語』の作曲家、ジェイソン・ホーランド氏が務め、脚本・歌詞は、ディズニーアニメ『アナと雪の女王』の翻訳・訳詞を手がけた日本屈指のミュージカル作家、高橋知伽江氏が担当する。  「黒澤監督の映画『生きる』をミュージカルにすると最初に聞いたときは、非常に目のつけどころが面白いと感じました」と話す市村は「今回の...more
カテゴリー:

「市村正親」の画像

もっと見る

「市村正親」の動画

Wikipedia

市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本俳優、舞台俳優、声優埼玉県川越市出身。身長170cm、体重60kg。所属事務所はホリプロ。妻は女優の篠原涼子

人物

父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者で、母親は飲食店を営んでいたNHK「ファミリーヒストリー」2016年12月1日放送分。子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、その店の向かいに有った映画館で過ごしていると父親が迎えに来て、そのまま飲み屋に連れていかれ、奥で寝ていたという。電線を拾い集めてはクズ屋に売ってこづかいを稼いでいた。埼玉県川越商業高等学校卒業。舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。

1973年、劇団四季イエス・キリスト=スーパースター(後にジーザス・クライスト=スーパースター)の端役を狙ってオーディションを受け合格、後に...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる