「市村正親」とは?

関連ニュース

鳳蘭、市村正親は「浮気しない」断言! 『屋根の上のヴァイオリン弾き』会見 - 08月22日(火)16:46 

俳優の市村正親が22日、都内で行われたミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表記者会見に、鳳蘭、実咲凜音、神田沙也加、唯月ふうか、入野自由、広瀬友祐、神田恭兵と友に登場した。
カテゴリー:

市村正親が抱負「屋根の上の-」日本初演50周年 - 08月22日(火)16:10 

 俳優市村正親(68)が主演するミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」(12月5~29日、東京・日生劇場)の会見が22日、都内で行われた。  ロシアの寒村を舞台にテヴィエ一家の家族愛を描いた作品で、今年は故森繁久弥さん主演で67年に…
カテゴリー:

市村正親「一線を越えている」妻・鳳蘭と「屋根の上のヴァイオリン弾き」に意欲 - 08月22日(火)14:45 

 俳優の市村正親が主演するミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」の製作発表が8月22日、都内のホテルで行われた。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  森繁久彌さん主演の日本初演から今年で50周年の節目となる記念公演。2004年に西田敏行から主人公のテヴィエ役を引き継いだ市村は、「森繁さんがいなかったら、日本では定着していなかった。同時に家族、人権の問題など内容が豊富で作品として素晴らしい。また、僕が持つ若さ、エネルギー、情熱が支えていると自分だけで思っている」と自賛交じりに作品の魅力を語った。  09年からコンビを組んでいる妻ゴールデ役の鳳蘭とは40年来の親交があり、「僕らはもう一線を越えていますので、いいミュージカルがお見せできる」と自信ありげ。「女房のあらゆる部分を兼ね備えているツレさん(鳳の愛称)と一緒だと、任せていれば人生がうまくいくと思わせてくれる。豊満な胸の中で生きるようにやりたい」と全幅の信頼を置いた。  対する鳳も、「私が少ししか怒っていなくても、すごくおびえてくれる。市ちゃんのおかげでかかあ天下が成立している」とあうんの呼応を強調。市川の妻で女優の篠原涼子を交えて食事をすることもあるそうで、「世界中で浮気をしない男を1人挙げるとすれば市ちゃん。涼子ちゃんより素敵な人を探さなきゃいけないわけだから」と明かし、市村を慌てさせた。 ...more
カテゴリー:

【実写版 弱虫ペダル】木村達成「ライバルは田所迅役の友常勇気 尊敬する先輩だからこそ負けたくない」 - 08月16日(水)07:00 

渡辺航の人気自転車漫画を実写化したBSスカパー!のオリジナル連続ドラマ「弱虫ペダルSeason2」が8/18(金)よりスタートする。主人公・小野田坂道と同学年のロードレースエリートで、クールなチームメイト・今泉俊輔を演じるのは木村達成。2012年に「ミュージカル・テニスの王子様」2ndシーズンの海堂薫役で俳優デビュー、以降も「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」シリーズ(2015年~2017年5月)の影山飛雄役など、2.5次元舞台を中心に活躍してきた人気若手俳優だ。2018年3月には鹿賀丈史、市村正親が競演する傑作ミュージカル「ラ・ カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち」にも出演が決定するなど、俳優として成長を続ける彼に、過酷なインターハイ編が描かれるSeason2への心構えと、自身のちょっとしたターニングポイントについて語ってもらった。 【全身写真を見る】本当に走っているだけあり素晴らしい肉体美! ■ 「今泉は今回、キツイよ」って、監督に言われました(笑) ――Season2では、激しいレース模様も大きな見どころ。特に木村さん演じる今泉には、前作以上にエネルギーが必要だとか? 「はい。監督からも『今泉は今回、本当にキツイよ』って言われました(笑)。Season2には今泉の名シーンが詰まっているので『俺も頑張らなきゃ!』と。今回の市街地以外のレースシーンでは本当のコ...more
カテゴリー:

鳳蘭、市村正親は「浮気しない」断言! 『屋根の上のヴァイオリン弾き』会見 - 08月22日(火)16:46 

俳優の市村正親が22日、都内で行われたミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』製作発表記者会見に、鳳蘭、実咲凜音、神田沙也加、唯月ふうか、入野自由、広瀬友祐、神田恭兵と友に登場した。
カテゴリー:

市村正親妻鳳蘭と息ぴったり 「僕らは一線を越えているので…」 - 08月22日(火)15:34 

 ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』の制作発表記者会見が22日、東京都内で行われ、出演者の市村正親、鳳蘭、実咲凜音、神田沙也加、唯月ふうか、入野自由、広瀬友祐、神田恭兵が登壇した。  1967年の日本初演以来、“家族の絆”を描き続けてきた本舞台が、このたび新たなキャストを迎えて12月に日生劇場で開幕する。  5人の娘を愛情深く育てる肝っ玉母さんゴールデ役の鳳は「前回、前々回よりも皆さまに感動していただけるよう心を込めて演じます」とコメント。  2004年から一家の父親テヴィエを演じる市村も、09年からコンビを組む鳳を見詰めながら「僕らは“一線を越えている”ので、一線を超えた、素晴らしい家族のミュージカルを皆さんにお見せしたい」とちゃめっ気たっぷりにあいさつした。  また劇中歌「しきたり」にちなみ、自分の中での“しきたり”について尋ねられた市村は、楽屋に亡き両親をはじめ、故蜷川幸雄氏など大きな影響を与えてくれた先輩たちの写真を飾っていると明かし「本番前には『今日も頑張ってきます』『行ってきます』というのは必ずやっています」と話した。  一方、鳳は「しきたりではないけど、宝塚時代に好きな人がいて、親に『結婚したい』と言った時に、許してもらえなかった。なので、自分に子どもができたら、誰を連れてきても絶対に結婚に反対しないというのを決めていた。今その通りにしてうまくいっている。これ...more
カテゴリー:

市村正親「一線を越えている」妻・鳳蘭と「屋根の上のヴァイオリン弾き」に意欲 - 08月22日(火)14:45 

俳優の市村正親が主演するミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」の製作発表が8月22日、都内のホテルで行われた。森繁久彌さん主演の日本初演から今年で50周年の節目となる記念公演。2004年に西...
カテゴリー:

「市村正親」の画像

もっと見る

「市村正親」の動画

Wikipedia

市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本俳優、舞台俳優、声優埼玉県川越市出身。身長170cm、体重60kg。所属事務所はホリプロ。妻は女優の篠原涼子

人物

父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者で、母親は飲食店を営んでいたNHK「ファミリーヒストリー」2016年12月1日放送分。子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、その店の向かいに有った映画館で過ごしていると父親が迎えに来て、そのまま飲み屋に連れていかれ、奥で寝ていたという。電線を拾い集めてはクズ屋に売ってこづかいを稼いでいた。埼玉県川越商業高等学校卒業。舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。

1973年、劇団四季イエス・キリスト=スーパースター(後にジーザス・クライスト=スーパースター)の端役を狙ってオーディションを受け合格、後に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる