「市村正親」とは?

関連ニュース

【芸能】篠原涼子 解禁予告か 地上波でギリギリ全裸シャワー放送 - 04月15日(土)16:46 

 篠原涼子(43)が'15年に主演した映画『アンフェア the end』が3月27日、フジテレビ系で地上波初放送され、エロ過ぎる“全裸シャワーシーン”解禁が大反響を呼んでいる。  「篠原が、警視庁の検挙率トップの女刑事を演じるシリーズ最終作なのですが、自ら提案したという“全裸シャワーシーン”が最大の見所でした。あまりの過激さから地上波放送は永久に無理とされていたのですが、篠原サイドが快くOKしたため、奇跡的に実現したというのです」(放送記者)  問題のシーンは、男性視聴者を奮い立たせるほどのものだ。  「立った状態で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【舞台】ウエンツ、キスシーン拒絶され「ギクシャク」 - 03月13日(月)05:37 

(03/12 14:13)  歌手でタレントのウエンツ瑛士(31)が12日、都内で行われたミュージカル「紳士のための愛と殺人の手引き」の公開稽古に出席し、女優の宮澤エマ(28)に“キスシーン”を拒否されたことを明かした。 この日、報道陣の前で稽古中のシーンの一部を公開。ウエンツとWキャストを務める柿澤勇人(29)は、恋人役のシルビア・グラブ(42)と濃厚なキスシーンをお披露目した。直後、俳優・高嶋政宏の妻でもあるシルビアは、若手俳優とのキスシーンに「どうもすみません」とニヤリ。「お稽古に入ってから、これがファーストキスだった...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ドラマ】草なぎ剛:「嘘の戦争」クランクアップ 「よいドラマになった」 きょう最終回 - 03月14日(火)05:14 

2017年03月14日  元「SMAP」の草なぎ剛さん主演の連続ドラマ「嘘の戦争」(関西テレビ・フジテレビ系)がこのほど、クランクアップを迎えた。最後のシーンを撮影した草なぎさんは「(スタッフ・キャストの)皆さんが力を合わせたことで、『よいドラマになったなぁ』『一つでもよい画を視聴者の皆さんに届けようという熱意が素晴らしいドラマを生み出すんだ』と感じることができた現場でした」と話し、「これからもスタッフとキャストが切磋琢磨(せっさたくま)し、お互いが向上し合えるような現場に身を置きたいと思いました。皆さん...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「市村正親」の画像

もっと見る

「市村正親」の動画

Wikipedia

市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本俳優、舞台俳優。妻は女優の篠原涼子。所属芸能事務所はホリプロ。身長170cm、体重60kg。

人物

父親は地方紙の新聞記者で、母親は飲食店で働いていた。 子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、その店の向かいに有った映画館で過ごしていると父親が迎えに来て、そのまま飲み屋に連れていかれ、奥で寝てたという。 電線を拾い集めてはクズ屋に売って こづかいを稼いでいた。  埼玉県川越市出身。埼玉県川越商業高等学校卒業。舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。

1973年、劇団四季イエス・キリスト=スーパースター(後にジーザス・クライスト=スーパースター)の端役を狙ってオーディションを受け合格、後にヘロデ役を獲得してデビュー。翌年正式に劇団四季へ入団。エクウスでは、全裸での演技が話題となった。オペラ座の怪人では...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる