「市村正親」とは?

関連ニュース

高橋克典 伸び過ぎた髪を下ろした姿公開「ブラックジャックみたい」「かっこいい鬼太郎」の声 - 12月12日(火)14:33 

俳優の高橋克典がアメブロに公開した写真が、“ブラックジャックみたい”と話題だ。 この日、体のメンテナンスをしていたという高橋。どうやら最近忙しくあまり美容院に行っている暇がないようで、「もー、髪伸び過ぎ。うっぎゃ~~早く切りたいす 今日サロンが空いていれば行ったのに休み。ぐぅ~~」と、かなり長い髪の毛が気になっている様子。 ブログを見てみると、普段から高橋はこまめに美容院に行っている。あまり大きく切らないからこそ、まめに手入れをおこなう必要があるという事情もあるのか、「そう言えば、昨日髪切りました。 あまりわからないように」と、わからない程度に髪を切ったことを報告したり、10月に更新した「髪切った。」というブログタイトルの記事では、「どこをじゃ!!!!!」とセルフツッコミをいれつつ、「切ったんす まだ、舞台での役の髪型が決まらないと大きくは切れないのですが、とにかく美容院に来たくて。」とコメント。職業柄という事情もあるようだ。 さて今回、とりわけ長い前髪がかなり邪魔そうな高橋だが、ファンからは、「長い髪もかっこいいです」「長い髪の毛も素敵ですよ ラックジャックみたいでカッコええです」「克典さんの長い髪も大好きです」「かっこいい鬼太郎かなッ!」と、絶賛の声が寄せられている。 【関連記事】 ・「一旦戻り、」(高橋克典オフィシャルブログ) ・高橋克典 5日で4kg減、ファステ...more
カテゴリー:

人気声優・内田彩を芸人はオトせるのか!? - 12月11日(月)05:05 

アニメ「ラブライブ!」などに出演した人気声優の内田彩が、日本テレビ系にて12月11日(月)24時9分から放送される『オトせ!』に出演。オチのない話を披露する。同番組では、トーク相手の“オチのないつまらない話”に笑いでオチをつけられるか、人気芸人たちが意地とプライドをかけて挑戦。オチをつける力“オトしNo.1”を決める。今回は、友近が内田とトークを展開。紅白歌合戦出場も果たすなど、アーティストとしても活躍する内田は、「声のお仕事ということで、最近は歌を歌わせていただく機会も多くて……」と、自身のワンマンライブでのエピソードを、独自のテンポと美声で語っていく。話をしっかりと聞き、相槌を入れていく友近。果たして内田をオトせるのか?さらに、平野ノラと有村藍里。小宮浩信(三四郎)と歌舞伎町No.1ホスト。河本準一(次長課長)と動画クリエイター・きりたんぽさんのトークのほか、オネエタレントのぺえ、グラビアアイドルの熊江琉唯、ものまね芸人のビトタケシも、絶望的につまらない話で芸人を翻弄する。出演者からのコメントは以下。<ケンドーコバヤシ>(不定期放送の「オトせ!」に2度出演して)出たくないくらいキツい番組。またこの番組の出演オファーがきたとき、はっきりとお断りしたんですけど、冗談だと思われたんでしょうか(笑) 前回の収録後に、千原ジュニアさんと野生爆弾の川島(くっきー)と、飯尾さん(ずん飯尾和樹...more
カテゴリー:

市村正親が見せる父親の顔 「ウチはママのほうが厳しくて…」 - 12月04日(月)11:00 

「僕がこの作品で初めて主演したのは54歳の時でした。日本での初演を森繁久弥さんが演じられたのも54歳。14年後、3カ月ものロングランを実現されたのが、今の僕の年齢と同じ68歳だったんですよ。そういう縁があるの」 こう語るのは俳優の市村正親(68)。耳になじむミュージカルの名曲。『屋根の上のヴァイオリン弾き』のどこか寂しげな『サンライズ・サンセット』はあまりにも有名だ。日本での初演から50周年を迎える今年、市村が4年ぶりに父親・テヴィエを演じる(12月5〜29日/東京・日生劇場)。 「この作品が長く愛される理由は親子や夫婦、家族というテーマが普遍的だからでしょうね。見る人それぞれが自分と重ね合わせることができる。考えてみたら僕だって、おやじやおふくろは役者にしたかったかどうかはわからない。僕も息子たちには、親が押し付けるのではなくて、自分で本当に好きなものを見つけてほしい。食べていくためじゃなくね。好きなことなら頑張れると思うから。うちでは今のところ、いろんなことを体験させて、たいていは褒めてますけど」 そう話し、父親の顔になる市村。子どもを持ってよかった? 「そりゃよかったに決まってますよ、すべてにおいて。苦労も楽しみでしょ。うちはね、ママのほうが厳しくて、僕は逃げ場って感じかな。とにかく生きていくのは楽しいということを教えられたらいいね」 森繁が本作を演じる14年間に年...more
カテゴリー:

綾小路きみまろ、ビートたけしのネタを丸パクリしていた - 11月29日(水)11:00 

漫談家の綾小路きみまろが、きょう29日(19:00~20:54)に放送される日本テレビ系バラエティ番組『1周回って知らない話SP』に出演。長年人気を保つ秘けつを探っていく。 きみまろは、2003年にCDがミリオンセラーを叩き出したが、それから15年近くたった今でも、年100回を超えるライブが毎回超満員という人気ぶり。しかし、今どきの視聴者からは「どうして中高年からそんなに人気があるの?」という疑問がぶつけられ、ライブに徹底密着して秘密を探る。 ライブでは、冒頭から毒舌に次ぐ毒舌を観客に浴びせ、そのたびに会場中が爆笑の嵐に。終演後、観客は「的を得ている」「きみまろさんだから許せる」と絶賛するが、出待ちはほとんどなかった。きみまろは「これが現状…」と語る。 元々は、芸能界で司会者になることを夢見て上京してきたというきみまろ。しかし、キャバレーで酔った客を相手にネタを披露しても、なかなか聞いてもらえず悩んでいた中、彼を毒舌漫談家へと導く運命の芸人と出会う。 それが、ツービートで漫才を披露していたビートたけし。しかし、あまりに尊敬しすぎて、なんと彼らのネタをそのままパクって披露したことが判明し、後にその話を聞いたたけしが、きみまろに言った言葉が明かされる。 【関連記事】 ・尼神インター、にゃんこスターに宣戦布告「芸人なめんなよ」 ・市村正親、妻・篠原涼子の言葉に「ああ、うれしい!...more
カテゴリー:

綾小路きみまろ、ツービートのネタを丸パクリしていた!たけしからの言葉とは - 11月28日(火)15:42 

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務める『1周回って知らない話SP』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)。11月28日放送の2時間SPに、漫談家の綾小路きみまろが登場する。同番組は、テレビで当たり前になりすぎて、今さら誰も聞かないが故に、“今どきの視聴者”が知らないことを本人に直接聞いていく“新感覚芸能バラエティ”。「そもそも何者?」「なぜ芸能界で恐れられているの?」「一体何がすごかったの?」「結局何がしたいの?」「なぜ結婚しないのか?」など、失礼にも聞こえる今どきの視聴者の疑問を本人にスタジオでぶつけていく。「あれから40年」というフレーズとともに、“中高年あるある”でおばさまたちのハートを鷲掴みにしているきみまろ。2003年にはCDが100万枚以上売れるミリオンセラーを叩き出したが、それから15年近くたった今でも年100回を超えるライブが毎回超満員という人気ぶり。しかし今どきの視聴者からは「どうして中高年からそんなに人気があるの?」という疑問が飛び出す。果たしてなぜそれほど長い間人気を保っているのか、ライブに徹底密着しその秘密を探る。ライブでは、冒頭から毒舌に次ぐ毒舌を観客に浴びせるが、そのたびに会場中に爆笑の嵐が巻き起こる。終演後に、観客は「的を射ている」「きみまろさんだから許せる」と絶賛。ところがなんと終演後の出待ちはほとんどなく、きみまろは「これが現状……」と語る...more
カテゴリー:

哀川翔 出演ミュージカルはラサール石井原案「娘も満足」 - 12月11日(月)11:00 

2年前、初めてミュージカルに挑戦した俳優の哀川翔(56)。ジャージ姿で熱心に稽古をする稽古場の共演者たちを見て、度肝を抜かれたそうだ。 「なんでみんなジャージに着替えてるんだ!? 普段着でいいじゃん、と思って。『一世風靡セピア』で路上パフォーマンスをしていた30年前は、俺たち、スーツで踊ってたくらいだから(笑)。ミュージカルは、歌の練習にしてもありえないくらいデカい声を出していて、びっくりしたよ」(哀川・以下同) '15年、オリジナルミュージカル『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』が産声を上げた。ラサール石井が10年間構想を温め、実現した作品だ。あるミュージカルの仕込みからバラシまで、さまざまな役割を担った人々が奮闘努力する舞台裏に光を当てる。 「ラサールさんから誘いがあってね、俺なんかがしゃしゃり出てもいいことないよ、って逃げたんだけど。足を踏み入れてみたらまんまとハマっちゃってさ」 哀川が演じるのは舞台監督・加賀美。現場の責任者だ。 「一本気というか、すごく不器用なやつ。執着してることがあっても、表に出さないね。自分の中ですべて打ち殺してるんだな。演じていると、もっとうまくやりゃいいのにと思う箇所がいっぱいある。だけど、その不器用さが信用されている理由なんだろうね」 当初は出演に逃げ腰だったものの好評で、ファンの熱望に応えて再演が決まった。 「高校生だったうち...more
カテゴリー:

人気声優・内田彩を芸人は“オトせ”るのか!? - 12月09日(土)23:50 

アニメ「ラブライブ!」などに出演した人気声優の内田彩が、日本テレビ系にて12月11日(月)24時9分から放送される『オトせ!』に出演。オチのない話を披露する。同番組では、トーク相手の“オチのないつまらない話”に笑いでオチをつけられるか、人気芸人たちが意地とプライドをかけて挑戦。オチをつける力“オトしNo.1”を決める。今回は、友近が内田とトークを展開。紅白歌合戦出場も果たすなど、アーティストとしても活躍する内田は、「声のお仕事ということで、最近は歌を歌わせていただく機会も多くて……」と、自身のワンマンライブでのエピソードを、独自のテンポと美声で語っていく。話をしっかりと聞き、相槌を入れていく友近。果たして内田をオトせるのか?さらに、平野ノラと有村藍里。小宮浩信(三四郎)と歌舞伎町No.1ホスト。河本準一(次長課長)と動画クリエイター・きりたんぽさんのトークのほか、オネエタレントのぺえ、グラビアアイドルの熊江琉唯、ものまね芸人のビトタケシも、絶望的につまらない話で芸人を翻弄する。出演者からのコメントは以下。<ケンドーコバヤシ>(不定期放送の「オトせ!」に2度出演して)出たくないくらいキツい番組。またこの番組の出演オファーがきたとき、はっきりとお断りしたんですけど、冗談だと思われたんでしょうか(笑) 前回の収録後に、千原ジュニアさんと野生爆弾の川島(くっきー)と、飯尾さん(ずん飯尾和樹...more
カテゴリー:

中二病の過去を告白! 2.5次元俳優・木村達成の素顔 - 11月30日(木)22:00 

人気作であるミュージカル『テニスの王子様』でデビューを果たした、2.5次元界でも注目の俳優・木村達成さん。そんな木村さんが、デビュー当時の意外なエピソードを明かした。 木村達成さんのデビューは、ミュージカル『テニスの王子様』。 「照明の位置を把握して動くとか、立ち位置でどう魅せるかとか、テニミュの現場で教わったことは、いまもあらゆる現場で役に立っている。本当にやってよかったなと思います。ただ、スタッフさんには本当によく怒られましたが…」 ここで本人からの申告。「当時はかなり態度が悪かった」そう。 「ナメられてたまるかみたいな気持ちで、かなり中二病入っていたと思います。ある日、プロデューサーに『続ける気があるのか?』と呼び出されて、自分から『やらせてください』と頭を下げました。その時には、目の前のお客さんが歓声をくれることに痺れ、舞台の魅力にハマっていたんです」 取材するうちにわかってきたのは、木村さんの一見挑発的だったり攻撃的な言葉は、自身を鼓舞させるためのものだということ。 「大口を叩いているのに、何も成し遂げられなかったら、それが一番カッコ悪い。だから絶対やってやります」 来年には、鹿賀丈史さん、市村正親さんら大ベテランと共演するミュージカルへの出演が控える。 「新たな挑戦は怖いですが、環境が変わるのは嫌いじゃないし、新しいことに出合える楽しみを考えれば、大したことじゃないです...more
カテゴリー:

尼神インター・渚「しばきたいリストNo.1」ハイヒール・リンゴと直接対決 - 11月29日(水)06:00 

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務める『1周回って知らない話SP』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)。11月28日放送の2時間SPに、話題の女芸人として、尼神インター、にゃんこスター、フォーリンラブのバービー、平野ノラが登場する。同番組は、テレビで当たり前になりすぎて、今さら誰も聞かないが故に、“今どきの視聴者”が知らないことを本人に直接聞いていく“新感覚芸能バラエティ”。「そもそも何者?」「なぜ芸能界で恐れられているの?」「一体何がすごかったの?」「結局何がしたいの?」「なぜ結婚しないのか?」など、失礼にも聞こえる今どきの視聴者の疑問を本人にスタジオでぶつけていく。番組冒頭では、『キングオブコント2017』で準優勝したにゃんこスターと、今飛ぶ鳥を落とす勢いの尼神インターが大激突。にゃんこスターが付き合っているのが気に食わない尼神インターの誠子は「男受けしそうな格好しやがって!」と嫉妬。相方の渚は、にゃんこスターが「破局したら解散」と宣言していることについて、「芸人なめんなよ」と真正面からケンカを売り始める。しかし、にゃんこスターのアンゴラ村長はそんな2人を「古い」と一蹴する。その後、1950年代から始まるそうそうたる女芸人たちの歴史を貴重なVTRを交えて紹介するが、有名司会者となった上沼恵美子のコンビ時代、ダウンタウンとウッチャンナンチャンが共演していたコント番組、さ...more
カテゴリー:

「市村正親」の画像

もっと見る

「市村正親」の動画

Wikipedia

市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本俳優、舞台俳優、声優埼玉県川越市出身。身長170cm、体重60kg。所属事務所はホリプロ。妻は女優の篠原涼子

人物

父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者で、母親は飲食店を営んでいたNHK「ファミリーヒストリー」2016年12月1日放送分。子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、その店の向かいに有った映画館で過ごしていると父親が迎えに来て、そのまま飲み屋に連れていかれ、奥で寝ていたという。電線を拾い集めてはクズ屋に売ってこづかいを稼いでいた。埼玉県川越商業高等学校卒業。舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。

1973年、劇団四季イエス・キリスト=スーパースター(後にジーザス・クライスト=スーパースター)の端役を狙ってオーディションを受け合格、後に...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる