「市川猿之助」とは?

関連ニュース

中村勘九郎も恋ダンス?時事ネタ、パロディー満載の新作歌舞伎 - 04月21日(金)19:46 

東京・歌舞伎座で行われた「第38回俳優祭」の模様が、4月30日(日)夜9時からNHK Eテレで放送されることが分かった。 【写真を見る】模擬店には中村壱太郎、中村橋之助、中村隼人、中村米吉の獅子と一緒に写れる「写真館」も出店/(C)NHK 前回から約3年ぶりに開催された「俳優祭」では、歌舞伎・新派の俳優が勢ぞろいし、本格的な舞踊はもちろん、時事ネタやパロディーを盛り込んだ新作歌舞伎が上演される。 新作歌舞伎の演目は「月光姫恋暫(かぐやひめこいのしばらく)」。かぐや姫(市川猿之助)が、仕える局たちに大けがを負わせるほどの凶暴な性格が原因で、地球での修業を課せられることになり、おじいさん(尾上菊之助)とおばあさん(市川海老蔵)の下で大暴れするという奇想天外なストーリー。 物語の中で演者が“恋ダンス”を披露したり、大流行した“あの太郎”を歌って踊ったりするなど普段の歌舞伎では見られない舞台が展開される。 さらに、中村七之助らがグッズや飲食物を販売する模擬店の様子や、公演の舞台裏なども放送。ほか、懐かしの名優の秘蔵シーンも公開する。 番組のナビゲーターは「にっぽんの芸能」(毎週金曜夜11:00 NHK Eテレ)でおなじみの“古典芸能好き”の名コンビ、石田ひかりと秋鹿真人アナウンサーが務める。 豪華俳優が一堂に会する華やかな“祭”。参加した人もそうでなかった人も必見の放送になるであろう。 ...more
in English
カテゴリー:

【視聴率】GACKTが51連勝の「芸能人格付けチェック」視聴率12・5% - 04月05日(水)09:35 

スポーツ報知 4/5(水) 9:21配信  4日に放送された放送のテレビ朝日系「芸能人格付けチェック~一流芸能人に『和』の常識はあるのか!?SP」(後7時)の 平均視聴率が12・5%だったことが5日分かった。  団体戦として行われた今回も過去に格付けチェックで48勝0敗と無敗の歌手・GACKT(43)が出演。GACKTの 登場前には、出演者が“失敗”し、すでに「二流芸能人」扱い。「小鼓を打つ」では右手を痛めているとして左手を用いながら 見事な音色を出し、格付け49連勝とした。だが、他のメンバーが「常識なし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】香川照之、CA妻と離婚も「團子とは離れたくない」繰り返される“父子確執” - 04月12日(水)18:37 

4月8日、都内の有名私立中学校の入学式が執り行われた。少年から青年へと成長していく重要な時期、それは歌舞伎役者でも変わらない。 この日、新中学生になったのは市川染五郎の長男、松本金太郎だ。 祖父に松本幸四郎を持つ、高麗屋の跡取りでもある。 来年1月に金太郎は八代目染五郎襲名を予定、同時に染五郎が十代目幸四郎、幸四郎が二代目白鸚を襲名する。 「生まれながらに宿命を背負っているからでしょうか、金太郎はどこか大人びていてクールな印象。 同じ中学校には、親友で1学年上の市川團子が在籍していますが、彼はお...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【映画】野村萬斎主演「花戦さ」の予告解禁、豊臣秀吉、織田信長、千利休、前田利家ら登場 - 03月17日(金)20:00 

http://natalie.mu/eiga/news/224981 2017年3月17日 15:00 野村萬斎の主演作「花戦さ」の予告編がYouTubeにて解禁。あわせてポスタービジュアルも公開された。 篠原哲雄がメガホンを取った本作は、戦乱で荒れ果てた京都を舞台にした時代劇エンタテインメント。 花を生けることで人々の心に平穏をもたらす花僧・池坊専好を萬斎が演じ、そのほかキャストには市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市らが名を連ねる。 このたび公開された予告編では、専好をはじめ豊臣秀吉、織田信長、千利休、前田利家が映し出されていく。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「市川猿之助」の画像

もっと見る

「市川猿之助」の動画

Wikipedia

市川 猿之助(いちかわ えんのすけ)は、歌舞伎役者の名跡屋号澤瀉屋定紋は澤瀉、替紋は三つ猿。

;初代 市川猿之助

浅草の立師の子、1855–1922。役者の門人から立役へ出世、澤瀉屋を権門にのしあげ、ついには歌舞伎界を代表する長老になった反骨の苦労人。 市村長松 → 坂東羽太作 → 山崎猿之助 → 松尾猿之助 → 初代市川猿之助 → 二代目市川段四郎

;二代目 市川猿之助

初代の長男、1888–1963。欧米に留学して舞台芸術を学び、生涯新しい形の歌舞伎を模索した風雲児。「猿之助」の名跡に愛着が深く、53年間にわたってこれを使い続けた。 初代市川團子 → 二代目市川猿之助 → 初代市川猿翁(隠居名)

;三代目 市川猿之助

二代目の長孫(三代目市川段四郎の長男)1939–。「劇界の孤児」という苦境を乗りこえて、明治以後は疎まれたケレンの復活で一世を風靡、古典劇を「復活」したり「再創造」したり、さらに「スーパー歌舞伎」という新境地まで切り開い...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる