「市川海老蔵」とは?

関連ニュース

市川海老蔵 患者家族の心情明かす「ひたすら戦ってます」 - 06月22日(木)16:00 

乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)の夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が22日、ブログを更新。麻央の在宅治療を「日々の戦い」と記した。 海老蔵は「まおは日々戦っています。支える側の家族も懸命に戦い日常を何事もないかのように過ごしながら家の中でひたすら戦っています」と家族一丸となって病と向き合っていることをつづった。 「必ず光明がさすとひらすら信じて支える」と続け、「もう何年たったのか、日々の戦い、病とは恐ろしいものです」と心情を吐露。「よくなってほしい、、ただそれだけ」と願いを込めた。 読者たちからは「毎日祈ってます」「キセキを必ず起こしましょう!」と応援のメッセージが寄せられ、海老蔵も『多くの祈りをありがとうございます』というタイトルで改めてブログを更新。 読者に向けて「本当に嬉しいですし、ありがたいです」と感謝を述べ「わたしたわたしとしておこたらず稽古。こういう時だからこそ、より厳しく、より深く己に喝を私が役者として良くなる事を誰よりもまおがよろこぶから、私はやる」と決意を記した。【関連記事】【17年6月】小林麻央“笑顔の自撮り”公開、楽しみは母の特製ジュース【17年6月】市川海老蔵 麻央への愛つづる「一緒に過ごす事がこんなにも幸せ」【17年6月】小林麻央“iPadで筆談”闘病のママを支える勸玄くんの決断
カテゴリー:

【芸能】海老蔵 病と闘う麻央への祈り「よくなってほしい ただそれだけ…」 - 06月22日(木)10:32 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000045-dal-ent デイリースポーツ  歌舞伎俳優の市川海老蔵が22日、ブログを更新し、乳がん闘病中の妻・小林麻央について「家の中でひたすら戦っています」とつづり、「よくなってほしい ただそれだけ」と切実な思いを訴えた。  ブログでは「日々の戦い、まおは日々病と闘っています」と切り出し、「支える側の家族も懸命に戦い、日常を何事もないかのように過ごしながら家の中でひたすら戦っています」と、麻央も家族も懸命に病と向き合っていることをつぶやいた。  「もう...
»続きを読む
カテゴリー:

市川海老蔵「よくわからない」、元SMAP稲垣吾郎らの退社にコメント - 06月21日(水)12:49 

元SMAPの稲垣吾郎と草なぎ剛(なぎは弓へんに剪)、香取慎吾の3人が今年9月でジャニーズ事務所を退所することが報じられた。これについて、歌舞伎役者の市川海老蔵が21日、ブログで「なぜ?」「よくわからない」と感想を明かしている。
カテゴリー:

【芸能】小林麻央さん、母の絞りたてオレンジジュースの美味しさに感動「朝から笑顔になれます」 - 06月20日(火)17:07 

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)の妻でがん闘病中の小林麻央さん(34)が20日、 自身のブログを更新し、絞りたてのオレンジジュースを毎朝飲んでいることを明かした。  麻央さんはこの日早朝に「オレンジジュース」のタイトルで記事と画像をアップ。 「ここ数日、絞ったオレンジジュースを毎朝飲んでいます」とつづった。  「正確には、自分では絞る力がないので、母が起きてきて、絞ってくれるのを 心待ちにしています」と明かしたが、「今、口内炎の痛さより、オレンジの甘酸っぱさが勝る 最高な美味しさ!朝から笑顔...
»続きを読む
カテゴリー:

【直虎】「たけ」から「梅」へ 1人2役の梅沢昌代「いい思い出をいただいた」 - 06月19日(月)08:00 

 16日放送のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第24回で視聴者を驚かせたのは、主人公・直虎(柴咲コウ)の乳母たけの“勇退”と、たけの姪・梅の“初登場”だった。劇中でも「たけの幽霊」と間違えれられたほどたけにそっくりな梅。女優の梅沢昌代(63)が1人2役を演じている。梅沢は「60歳を過ぎて、いい思い出をいただいた」と目を細めた。 【場面写真】第1回から生き残っているキャストの一人  昨年の大河ドラマ『真田丸』(作:三谷幸喜)で真田信幸の正室だった「おこう」(長野里美)が離縁された同じ回で、新しい正室の侍女としてカムバックしたことはあったが、『直虎』の作者・森下佳子氏や制作陣はその斜め上を行く遊び心を見せた。  たけは、直虎が「おとわ」と呼ばれていた幼少期、向こう見ずな行動に日々振り回され、おとわが出家して次郎法師となったのちも、ずっとその成長を見守ってきた。しかし、年老いて、耳が遠くなるなど、家人としての仕事に支障をきたすようになったたけは、自ら身を引いて里に帰ることを決意。一人、旅立ったたけの後を直虎が馬で追いかけ、たけを馬に乗せて里まで送る姿は感動的だった。たけの代わりに井伊家に仕えることになったのが、梅だった。  共演者からも「小林薫さん(南渓和尚役)には『泣いた涙返してくれ!』、財前直見さん(直虎の母・祐椿尼)も『涙が乾かないう...more
カテゴリー:

市川海老蔵、真央のことを祈るコメントに「本当にありがたいです」 - 06月22日(木)12:18 

歌舞伎役者の市川海老蔵が22日、自宅で闘病生活を送る妻・小林麻央について「よくなってほしい、、」と切実な思いをブログにつづっている。
カテゴリー:

『おんな城主 直虎』武田信玄役に松平健「少しお茶目に演じたい」 - 06月21日(水)16:50 

 NHKで放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に、武田信玄役で松平健(63)の出演が発表された。戦国最強の武将と言われる信玄を初めて演じることになった松平は「大河ドラマで信玄公に挑戦する機会をいただき大変光栄です。井伊家を、今川家を、徳川家を翻弄する信玄公。雄雄しく力強く、そして少しお茶目に演じたいと思います」とコメントしている。7月16日(第28回)より登場する。 【写真】織田信長役は市川海老蔵  同ドラマは、静岡県西部“遠州”の井伊谷を舞台に、家督を継ぐべき男たちが次々と不幸に見舞われ、断絶寸前にあった井伊家を守るため、当主となった井伊直虎(柴咲コウ)の物語。  直虎が活躍したのは、武田信玄や上杉謙信、斎藤道三、毛利元就といった有力大名が各地の覇者となり、「桶狭間の戦い」で今川を下した織田信長が、家康と同盟を組み、天下統一に向けて急速に勢力を伸長させた時代。信玄軍は、直虎の暮らす井伊谷に火を放ったと言われているが、その後、武田兵たちは直虎の後継者・直政の配下に入り、井伊の赤備えとして彼の出世を支えることになる。  また、9月上旬に登場する徳川家康(阿部サダヲ)の母・於大(おだい)の方役に栗原小巻(72)の出演も発表された。大河ドラマは5作目、於大の方役は2回目という栗原は「物語の中で、運命に生きる於大の心を“生ける魂”として、演じるこ...more
カテゴリー:

【歌舞伎】梨園の妻序列で三田寛子優位 麻央、前田愛の下に紀香 - 06月20日(火)21:17 

歌舞伎役者には名跡によって「格」があるように、梨園妻にも“序列”がある。それを決めるのは「夫の格」と「嫁いだ順」とされる。  現在の梨園の格付けの頂点は、人間国宝・坂田藤十郎(85才)と、その妻で参院議長まで務めた扇千景さん(84才)だろう。 扇さんは、さながら“梨園のゴッドマザー”だったが、さすがに藤十郎は重鎮として息子や孫の世代の活躍を見守っている。 「最近までは人間国宝・中村吉右衛門夫人の知佐さん(61才)が『彼女の意向で配役が決まる』と噂されるほど力を持っていました。 大名跡・尾上菊五郎夫人の...
»続きを読む
カテゴリー:

【大河ドラマ】柴咲コウ主演NHK「直虎」海老蔵信長12・4% - 06月19日(月)10:40 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-01842766-nksports-ent 日刊スポーツ  女優柴咲コウ(35)が主演し、18日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第24話の平均視聴率が、関東地区で12・4%だったことが19日、ビデオリサーチの調べで分かった。前週は12・3%だった。  同作は男が絶えた井伊家を「男」を名乗って守り抜き、後に徳川四天王の1人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政、幕末の大老として知られる井伊直弼へと子孫をつないだ女領主・井伊直虎を主人公とし...
»続きを読む
カテゴリー:

【直虎】市川海老蔵、織田信長役で初登場 家康と面会 - 06月18日(日)06:00 

 NHKで放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)第24回(18日放送)に、歌舞伎俳優の市川海老蔵が演じる織田信長が初登場する。この回で共演した松平家康役の阿部サダヲが「近づかれた時に、『殺される』と思ったほど怖かった」と感想をもらしていたほど、迫力のある信長を熱演している。 【場面写真】『おんな城主 直虎』第24回。家康との面会シーンなど  同ドラマは、江戸幕府が起こる40年ほど前、家督を継ぐべき男たちが次々と不幸に見舞われ、断絶寸前にあった井伊家を守るため、当主となった井伊直虎(柴咲コウ)の物語。直虎の生年は定かではないが、信長が「本能寺の変」で自刃した天正10(1582)年に死去しており、直虎と信長はほぼ同世代だった。  直虎が活躍したのは、武田信玄や上杉謙信、斎藤道三、毛利元就といった有力大名が各地の覇者となり、圧倒的な兵力を誇った今川義元(春風亭昇太)を「桶狭間の戦い」で下した信長が、今川から独立した家康と同盟を組み、天下統一に向けて急速に勢力を伸長させた時代。井伊直親(三浦春馬)の嫡男で、直虎の養い子、虎松(後の井伊直政/菅田将暉)が家康に仕官したため、主従ともに信長の天下取りに奔走することになる。  3月2日に出演が発表された際に海老蔵は「私にとっては、2003年の『武蔵 MUSASHI』以来の大河ドラマとなります。久しぶりに大...more
カテゴリー:

もっと見る

「市川海老蔵」の画像

もっと見る

「市川海老蔵」の動画

Wikipedia

市川海老蔵(いちかわ えびぞう、市川蝦蔵市川ゑび蔵とも)は歌舞伎名跡屋号成田屋。定紋は三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょよう ぼたん)。また替紋とほぼ同様の使われ方をする役者文様に寿海老(ことぶき えび)がある。

解説

市川海老蔵は初代團十郎の幼名が海老蔵だったことに由来する名跡である。市川團十郎との関わりは深く、11代の海老蔵のうち、実に10名が市川宗家の御曹司、9名が前後に市川團十郎を襲名している。

かつては市川團十郎と並ぶ大名跡だったが、今日では市川團十郎の前に襲名する名跡となっている。このため前期には團十郎 → 海老蔵と襲名する例が目立つのに対し、後期にはこれが逆転して海老蔵 → 團十郎と襲名する例がほとんどとなる。

なお十二世市川團十郎が市川海老蔵襲名前に名乗ったのが市川新之助だったため、新之助 → 海老蔵 → 團十郎と襲名するのが市川宗家の通例だと誤解されがちだが、実際にこのような順で襲名したのは、他には五代目と六代目があるのみである。

市川海老蔵代々
  • 初代 市川海老蔵
    • 役者・堀越重蔵の子、1660–1704。
    • 初代市川海老蔵 →市川段十郎 →...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる