「市場化」とは?

関連ニュース

Etc: 飛行自動車を作っているAeroMobilが$3.2Mを調達して物理モデルの生産とデモへ - 04月21日(金)21:00 

Filed under: テクノロジーヨーロッパの企業AeroMobilは、飛行自動車の市場化を目指している。その同社がこのほど300万ポンド(320万ドル)の追加資金を獲得して、その乗り物の物理モデルの生産とデモに挑戦することになった。すでに、機体の設計の数学的および幾何学的テストには成功している。Continue reading 飛行自動車を作っているAeroMobilが$3.2Mを調達して物理モデルの生産とデモへ飛行自動車を作っているAeroMobilが$3.2Mを調達して物理モデルの生産とデモへ originally appeared on Autoblog Japan on Fri, 21 Apr 2017 08:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
in English
カテゴリー:

ターナー社がWCW身売りを模索――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第331回(2000年編) - 04月14日(金)08:51 

 WWEが“WCW買収”に向けて動きだした、というウワサが流れはじめたのは2000年9月。厳密にいえば、ターナー・エンターテインメント社のグループ企業のひとつであるWCW(ワールド・チャンピオンシップ・レスリング)の“身売り”が確実となり、WWEはこの時点ではその“売却先”の有力候補のひとつだった。  WWEとWCWはいうまでもなくアメリカのプロレス界の2大メジャーリーグで、WWEによるライバル団体の買収-吸収合併はそのままレスリング・ビジネス全体の独占市場化を意味していた。  WWEもWCWもこの“大型合併”に関してはメディア向けの公式コメントをいっさい発表していなかった。  アメリカ国内のいくつかの地方新聞、一部の経済誌、ネット上の媒体(ニュースサイト)がありとあらゆるぶつ切れの情報を量産・配信するという状況が数カ月間にわたりつづいていた。  WCWの買収に――あくまでも水面下で――動いていたのは、WWEとラスベガスに本社を置くマンダレー・スポーツ・アンド・エンターテインメント社(以下マンダレー社)の2法人だった。  WCWのフロント業務からも“マンデー・ナイトロ”の画面からもフェードアウトしていたエリック・ビショフ前副社長は、いつのまにかマンダレー社のエグゼクティブ・コンサルタントというポジションにおさまっていた。  ターナー・エンターテインメント社サイドは“赤字...more
in English
カテゴリー:

「市場化」の画像

もっと見る

「市場化」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT市場化テスト...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる