「市原隼人」とは?

関連ニュース

三船美佳、1ヶ月半で7キロ減量「食事に気をつけて…」 - 10月19日(木)14:17 

 タレントの三船美佳(35)が19日、都内で行われた期間限定バー『Amazon Bar』記者発表会に出席。報道陣からスリムな顔立ちになったことを指摘されると「1ヶ月半で7キロ落としました。食事に気をつけるようにして、無理なくやりました」と笑顔で報告した。 【写真】フェイスラインすっきり?今年3月の三船美佳  具体的なダイエット法を聞かれると「たこ焼き10個食べていたのを減らしたりだとか、母と娘と3人でフラダンスやタヒチアンダンスをやったりとか、運動も取り入れて頑張りました」とにっこり。「あとは、サーフィンも始めました。夏にビキニを着てやりたいなと思っていたんですけど(体型に)危機感を持って(減量を)始めた。まだまだ、減らすところいっぱいあります」と更なる減量に意欲を見せた。  イベントにちなんで「こんなステキなお店で、デートなどはどうですか?」と聞かれると「したいねー。でも、いないんですよ。今は娘の子育てで一生懸命なので」ときっぱり。「父(三船敏郎さん)もお酒が大好きで、普段はシャイで無口なんだけど、お酒を飲んだらいろんなことを話してくれた。お酒にはそういった効果もあると思うので、私も娘が二十歳になったら一緒に飲んでみたいですね」と声を弾ませていた。  Amazonならではの豊富なお酒の品ぞろえを体感できる同店では、世界中から取りそろえたものを提供するほか、限定品や未発売商...more
カテゴリー:

「おんな城主 直虎」主演の柴咲コウが笑顔でクランクアップ 「まだ1年ぐらいできそう」 - 10月12日(木)10:35 

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が11日、ロケ地となった静岡県浜松市内でクランクアップを迎え、最後の撮影を終えた主演の柴咲コウが会見を行った。  季節外れの夏日となったこの日、撮影には市原隼人、小松和重ら共演者数名も参加し、全シーンの撮影が終わったところで恒例の花束贈呈とくす玉割りを実施。さらに、撮影のなかった田中美央も駆けつけ、晴れ渡った空の下、終始笑いの絶えない賑やかなセレモニーとなった。  撮影を終えた柴咲は疲れた顔も見せず、「始まる時には、1年間やり遂げられるかどうか不安で、精根尽き果てて終わると思っていたけど、体力が有り余っています(笑)」と元気いっぱい。「作品からエネルギーやパワーをいっぱいもらった」とのことで、「まだ1年ぐらいできそうな感じではありますが、また違う作品で皆さんとお仕事できることを楽しみにしています」と笑顔を浮かべた。その様子を見た報道陣から「再度、大河のオファーが来たら?」という質問が寄せられると、間髪入れずに「もちろん、やりたいです!」と力強く答えた。  この日、最終回(12月17日放送予定)の撮影が行われた久留米木の棚田は、クランクイン間もない昨年10月にも撮影で訪れた土地。見渡す限りの美しい稲穂が印象的で、第7回では井伊家の隠し里として登場している。今回、再びこの地を訪れるまでの1年について「本当にあっという間。毎日撮影に没頭できた日々でし...more
カテゴリー:

【ドラマ】柴咲コウ:大河「直虎」撮了で満面の笑み 「あと1年できる」 - 10月12日(木)05:20  mnewsplus

2017年10月11日 柴咲コウ:大河「直虎」撮了で満面の笑み 「あと1年できる」  女優の柴咲コウさんが主演し、放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が11日、浜松市内でクランクアップを迎えた。最終シーンの撮影を終えた柴咲さんは「体力がありあまっています。あと1年ぐらいできそう」と満面の笑み。また、大河ドラマをやりたいかと聞かれると「もちろんです! やりたいです!」と力強く即答した。  この日は、柴咲さんは「クランクアップです!」と声をかけられると、共演者らと顔を見合わせ「わー!」と大はしゃぎ。うれ...
»続きを読む
カテゴリー:

山崎ハコ、もたいまさこがユニットハコ&マコ結成!新ドラマ主題歌に - 10月10日(火)22:09 

山崎ハコともたいまさこによるユニット“ハコ&マコ”が歌う「気分を変えて」が、11月に放送・配信スタートの「WOWOW×Hulu共同製作ドラマ『コートダジュールN゚10』」(※読み:コートダジュールナンバーテン)のエンディングテーマに決定した。 【写真を見る】山崎ハコ&もたいまさこ、全身黒の衣装を身にまといギターをかき鳴らす! 山崎が作詞・作曲し、1975年に発表した「気分を変えて」を、新たに音楽家の金子隆博が編曲し、“ハコ&マコ”の2人がギターをかき鳴らしてロックな歌声で曲を披露する。 ■ 山崎ハコ コメント 「気分を変えて」はデビューからずっと歌い続けてきた歌なので、驚きのうれしさだった。明日をつくるのは、自分だ。という言葉が好きで。そうだ、この歌も、バイバイしてから何かが始まる! と自分に向けた歌だった。あらためて気付かされた。 アレンジもカッコ良く、もたいさんのハモリは高難易度! パンクで不思議な「ハコ&マコ」。このままフィギュアになりたいと思ってしまいました。 ■ もたいまさこ コメント 初めてこの曲を聴いたとき、今の時代にマッチしていると思いました。そして、ハコさんが、17歳でこの曲を作ったと聞いて、ビックリしました。その歌を私も歌えと言われた時、さらにビックリしました。 スタジオでの時間が終わり、落ち込んでいましたが、撮影でハコさんと海辺に立ち、流れてくるこの歌を聴いた...more
カテゴリー:

【芸能】市原隼人と温水洋一のドラマ共演で視聴者の目線は頭髪に集中!? - 09月28日(木)10:35  mnewsplus

お洒落っぷりでも知られるイケメン俳優の市原隼人が、ついに“温水化”したのではないかと心配されている。9月24日にスタートしたドラマ「沈黙法廷」(WOWOW)にレギュラー出演する市原について、女性誌のライターが耳打ちする。 「法廷ミステリーの本作で市原は工場作業員の役を務めており、その役柄から坊主頭にしていますが、額がかなりM字型に後退しているんです。それも生え際のポヤポヤぶりが妙に気になって、思わず見入ってしまうほど。以前から市原の髪型には注目が集まっていましたが、ついにキタかという印象ですね」 昨年4...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」 - 10月16日(月)17:51 

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの日、全編の撮影を終えた柴咲は、多くのスタッフに囲まれた温かな雰囲気の中、共演者の市原隼人、小松和重らと共に花束贈呈とくす玉割りのセレモニーに臨んだ。当日は「まだ1年ぐらいできそう」という意気揚々としたコメントを中心に報道されたが、それとは別に印象的だったのは、取材に応じる柴咲が何度も「愛」という言葉を口にしたことだ。  例えば、森下佳子の脚本の魅力を尋ねられ、「一人一人の思いをちゃんとくみ上げてくれるところに、“愛情”をすごく感じました」  演じた井伊直虎という人物については「こういうふうに私は生きるべきだというものの根底に、“愛する心”というものがあって…」  また、ファンの熱気をどう受け止めていたかという質問に対しては「SNSでかなり盛り上がっている印象を受けました。皆さん漫画を描いて下さったり、お手紙を書いて下さったり、“愛情”がすごく深い」と答えている。  これらの発言からは、作品を取り巻く全方位的に愛を感じていた様子がうかがえる。冒頭の言葉は、その全てに対する思いを集約した一言とも受け取れる。  しかもこの日、「愛」という言葉を使ったの...more
カテゴリー:

柴咲コウ、大河ドラマ撮了に思う「私の人生を潤してくれた」 - 10月12日(木)06:00 

 女優の柴咲コウが11日、静岡県浜松市にある久留女木の棚田でNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の最後の撮影に臨んだ。ちょうど1年前の今頃にも稲穂が黄金に輝く同所で撮影を行っており、「あっという間としか言いようがない1年。だからといってただ目まぐるしく、忙しなく過ごしていたわけではなく、毎日、精一杯、撮影に集中した1年でした。この作品から得られたもの、感化されるものがたくさんあって、私の人生を潤してくれたのは確かです」と、振り返った。 【写真】市原隼人、小松和重らと棚田でクランクアップ  1年間にわたって放送される大河ドラマの主役を任され「光栄に思いながらも、1年間、先頭に立って進んでいけるか不安はありましたが、(撮影が終わって)心底ホッとしています」と、すがすがしい表情。撮影終了を祝うセレモニーでは、「体力があり余っている」「あと1年くらいできそう」と発言し、共演者やスタッフ、報道陣を驚かせた。  「撮影が深夜に及ぶ日が続いて疲れを感じ時もありましたが、つらかったことは…、忘れちゃいますね。それを上回る充実感がありました。初めてご一緒する役者さんやスタッフもいる中、皆さんのお芝居や仕事ぶりを目の当たりにして、とても刺激を受けました。作品からエネルギーをいっぱいもらいました」。大きな仕事をやり遂げた自信の表れか、言葉の端々からみなぎるパワーを...more
カテゴリー:

【直虎】柴咲コウ、元気いっぱいクランクアップ「あと1年やれそう」 - 10月11日(水)17:21 

 女優の柴咲コウが11日、静岡県浜松市の久留女木の棚田でNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)のクランクアップを迎えた。昨年10月7日頃にも物語前半の重要なシーン(第7回など)の撮影を行った場所。最後まで撮影を共にした、市原隼人や小松和重らに囲まれて、柴咲は「始まるときには1年間やり遂げられるかな、という不安もあり、精魂尽き果てて終わるんだろうなと思っていましたが…体力があり余っています」と、はっちゃけた。 【写真】市原隼人、小松和重らと棚田でクランクアップ  柴咲は「(スタッフ・キャストの)皆さんが愛を持って接ししてくれたことと、それぞれがプロフェッショナルな仕事をしてくれたことが学びになり、刺激になりました。愛を感じながら撮影できてとてもうれしく思っています。やり遂げられて幸せです。体力が残っていて、あと1年くらいできそうなんですが、また別の作品でご一緒したいです」と、はちきれんばかりの笑顔を見せていた。  この日は、黄金色の稲穂が頭を垂れる美しい棚田の風景の中、最終回(第50回、12月17日放送予定)で井伊谷の民が、郷の豊かな実りに感謝するシーンなどが撮影された。龍潭寺の僧・傑山役の市原、同じく僧・昇天役の小松、井伊谷の民を演じた山中崇、前原滉、TKOの木本武宏、木下隆行らが撮影に参加。クランクアップを祝いに、奥山六左衛門役の田中美央が私...more
カテゴリー:

市原隼人、侍姿で掃除機をのぞく!?『サムライせんせい』場面写真解禁 - 10月09日(月)13:00 

 市原隼人がタイムトラベルで幕末期から現代にやってきた志士・武市半平太を演じる映画『サムライせんせい』の場面写真が公開された。公開された場面写真は、掃除機の管の中をのぞく半平太の姿など過去と現代が融合したユーモア溢れるシーンだ。【関連】『サムライせんせい』場面写真フォトギャラリー 本作は黒江S介の同名人気コミックの実写映画化。幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太が平成の世に迷い込み、奮闘する姿を描いたストーリー。主人公・武市半平太を演じるのは、大河ドラマ『おんな城主 直虎』で傑山役を好演中の市原隼人。『キャプテントキオ』、『新選組オブ・ザ・デッド』を手掛けた渡辺一志がメガホンをとる。 幕末期、尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れる中、失脚して投獄されていた土佐勤王党盟主の志士・武市半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、家に居候することになった半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま学習塾を手伝うことに。 なんとか平成の世の暮らしになじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった…。 今回解禁された場面写真は、平成の世に迷い込んだ半平太が見たこともない“掃除機”をのぞくシーンや、本作でキーとな...more
カテゴリー:

「市原隼人」の画像

もっと見る

「市原隼人」の動画

Wikipedia

市原 隼人(いちはら はやと、1987年2月6日 - )は、日本俳優。愛称は、イッチー

神奈川県川崎市出身。スターダストプロモーション所属。

略歴

小学校5年生の時に渋谷でスカウトされ、現事務所に所属。最初の仕事は日清食品「スパ王」のCMで、たらこ役。

2001年、映画リリイ・シュシュのすべてで主演。

2003年、竹野内豊主演のヤンキー母校に帰るにて物語の最重要生徒を演じる。

2004年、WATER BOYS2で連続ドラマ初主演。同年、主演映画偶然にも最悪な少年カネシロヒデノリ役で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる