「巨大化」とは?

関連ニュース

はるな愛「BON ダンス」で巨大化、振付はアプガ古川小夏 - 02月19日(月)20:51 

はるな愛の新作ミニアルバム「BON ダンス」が3月21日にリリースされる。
カテゴリー:

ロック様VS巨大怪獣! 『ランペイジ 巨獣大乱闘』日本語メッセージ付き特報解禁 - 02月19日(月)17:00 

 ドウェイン・ジョンソンを主演に迎えた映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』が5月18日より公開することが決定し、併せてドウェインから日本に向けた特別コメント付き特報映像が解禁された。【写真】「ドウェイン・ジョンソン」フォトギャラリー 本作は、1986年に発売されたアーケード・ゲーム「RAMPAGE」を基に、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるという巨大怪獣パニック・アクション。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを手掛けた視覚効果VFXチームのウェタデジタル社がCGを担当し、巨獣たちをリアルに表現する。 ある日、遺伝子実験の失敗によりゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化し、凶暴化してまうという事件が発生。さらに巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を開始。軍隊の必死の抵抗もむなしく、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。果たして怪獣たちの目的は何なのか。 今回公開された日本限定の特報映像では、「よぉ!オレはドウェイン・ジョンソン!」と自ら日本語で名乗るドウェインが登場。「日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカく...more
カテゴリー:

巨大怪獣軍団とガチバトル!ロック様が日本語で『ランペイジ 巨獣大乱闘』を激烈アピール - 02月19日(月)08:00 

世界的アクションスターにして、日本でも“ロック様”の愛称で知られるドウェイン・ジョンソンび主演最新作が、巨大怪獣パニック・アクション『ランペイジ 巨獣大乱闘』(5月18日公開)に決定した。本作は1986年に発売されたアーケード・ゲームを基に製作されており、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるという物語だ。注目の怪獣たちを具現化するのは「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや『キング・コング』(05)、『アバター』(09)などを手掛けた世界最高水準のVFXチーム、ウェタデジタル。実際の生き物をもとに創造された巨獣たちをリアルに表現するという。 【写真を見る】陸海空から襲い掛かる怪獣の群れ!『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報をチェック/[c]2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. 製作スタートから話題を集めてきた本作だが、この度ドウェイン・ジョンソンからの日本向け特別コメント付き特報が解禁になり、その驚愕のビジュアルの一端が明らかになった。 コメントでは「日本には何度も行っていて、怪獣映画のすばらしさはよく知っている、最高だ」と日本文化への敬意を示し「今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなるんだ」と作品の見どころを熱く語ってくれたドウェイン。 特報は、巨獣たちが大都会を...more
カテゴリー:

KAIJUの超巨大化にそんな秘密が!? 映画『パシフィック・リム:アップライジング』新予告編 - 02月17日(土)18:00 

Image: ©Legendary Pictures/Universal Pictures. KAIJUは合体するものだったの!? 前作『パシフィック・リム』から監督が代替わりし、劇中でも次世代のパイロットらが第六世代のイェーガーを操縦する続編『パシフィック・リム:アップライジング』。これまでのトレイラーで私たちを圧倒してきた超巨大KAIJUですが、今回の最新版では、それが魚のようなミニKAIJUたちの寄せ集めで合体して巨大化することがわかります。前作でジプシー・デンジャーが身を挺して海底の穴を塞いだというのに、今作ではKAIJUに白いアーマーを着せたロボットたちが穴をこじ開けようとしていたり、さらにはホーミング・ミサイルを撃ってきたり、両手にチェーンソードを備えた謎のイェーガー「オブシディアン・フューリー」も登場します。一体誰がKAIJUを迎え入れているのかもまた、謎のイェーガーらと深く関係していることと思われ、さらなる謎がいくつも生まれてしまいました。まだまだ新しい予告編が公開されると思いますので、それらの中にヒントを探したいですね。『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月に公開予定です。デル・トロ監督のあとを継ぐ、スティーヴン・S・デナイト監督のインタビューもぜひどうぞ! Image...more
カテゴリー:

ドウェイン・ジョンソンとゴリラが町をぶち壊しながら共闘する映画「RAMPAGE」予告編第2弾 - 02月14日(水)21:15 

街を破壊しまくる巨大化した猛獣たちにマッチョな学者のドウェイン・ジョンソンが立ち向かう映画「RAMPAGE(ランペイジ)」の予告編第2弾が公開されました。ドウェイン・ジョンソンの演じるデイヴィス・オコエとゴリラのジョージとの深い絆を感じられる内容となっています。続きを読む...
カテゴリー:

ロック様、今度は巨獣相手に大乱闘!?『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報解禁 - 02月19日(月)18:08 

“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが主演する巨大怪獣パニックアクション『ランペイジ 巨獣大乱闘』。この映画の日本公開が決定し、ジョンソンがノリノリで日本語を披露する特報が解禁となった。 本作は1980年代のアーケードゲーム「RAMPAGE」を実写映画化したもの。遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化&凶暴化。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまい暴れまわるというストーリー。 解禁となった特報では、ジョンソンが冒頭でいきなり「よぉ! オレはドウェイン・ジョンソン」と日本語で挨拶。その後は英語で「日本語しゃべってみたぜ。ずっと練習してるんだ」と話しかけると、「今日、日本のみんなに見てもらいたいのはカッコいい日本限定の予告編だ」と紹介。 「日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく、誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなる!」と主演作の魅力についてコメント。続いて何度も練習したという日本語でノリノリに「キョダイカガ トマラナイ(巨大化が止まらない)」と特報を紹介する。 その後は、巨大化し大暴れするゴリラらが登場。ジョンソン演じる主人公が「動物たちに異変が」「いったい…」とつぶやくと、巨大化した動物たちが檻を...more
カテゴリー:

動物たちの巨大化が止まらないッ!? ドウェン・ジョンソン主演が大暴れ怪獣に立ち向かう『ランペイジ 巨獣大乱闘』 - 02月19日(月)10:30 

ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション! 80年代のアーケード・ゲームを実写映画化した『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:RAMPAGE)の日本公開が、5月18日に決定。特報映像が課金となった。 本作は1986年に発売されたアーケード・ゲーム「RAMPAGE」を基に製作され、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるというストーリー。更に世界最高の視覚効果VFXチーム「ウェタデジタル」社がCGを担当し巨獣達をリアルに表現されています。 【ストーリー】 ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクショ...more
カテゴリー:

ロック様が巨大怪獣と大乱闘!ハチャメチャ映像満載「ランペイジ」5月公開決定&特報披露 - 02月19日(月)08:00 

 “ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが主演した巨大怪獣映画「Rampage」(原題)が、「ランペイジ 巨獣大乱闘」の邦題で5月18日に全国公開されることが決定した。あわせて特報映像(https://youtu.be/VB51KRwebME)が披露され、ジョンソンがノリノリの日本語でアピールする様子のほか、次々に現れる巨獣たちが大都会で大乱闘を繰り広げるさまを収めている。  1986年に発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」を基に製作され、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわる、「パシフィック・リム」「キングコング 髑髏島の巨神」さながらの物語を紡ぐ。CGは世界最高の視覚効果VFXチーム「ウェタデジタル」が担当し、リアルかつ迫力の怪獣たちを創出した。  遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどが巨大化、しかも凶暴化してしまった。その巨大化は止まらないどころか、北米大陸を破壊しながら横断し、一カ所に集結すると大乱闘を始める。高層ビル群が崩壊し、人々が逃げ惑うなか、軍隊も出動するものの、怪獣たちは銃もミサイルも問題にしなかった。  特報では、ジョンソンが日本語で「よう! オレはドウェイン・ジョンソン」と名乗り、「日本のみんなに見てもらいたいのはカッコいい日本限定の予告編だ。日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ...more
カテゴリー:

カジノ入場、週3回まで 実施法案で調整 政府・自民 - 02月15日(木)13:21  news

政府・自民党は14日、統合型リゾート(IR)の中核であるカジノの制度設計について、日本人らの入場回数を週3回、 月9~11回までに制限する方向で検討に入った。 面積についても1万5000平方メートルの上限を設ける方向。今後党内で詳細を詰めた上で公明党などとも調整し、 今国会に提出予定のIR実施法案に盛り込みたい考えだ。 ギャンブル依存症の発生を抑えるのが狙いで、15日の自民党の会合で案を提示する。入場回数制限はすべての日本人と外国人の 国内居住者が対象。日本を訪れた外国人旅行者には適用しない。 政府・自民...
»続きを読む
カテゴリー:

5トンの巨大鏡餅を奉納! 54年ぶりに選ばれた、瀬戸市奉賛会の情熱がすごい - 02月12日(月)17:00 

「はだか祭」、といっても別に好き勝手に服を脱いで騒ぐわけではなく、れっきとした神事として行われているはだか祭は全国各地に存在する。数あるはだか祭の中でも、参加する裸男の数と規模の大きさから、真っ先に名前が挙がるのが、愛知県稲沢市の尾張大国霊神社で行われる「国府宮はだか祭」だ。触れると厄を落とせるという「神男(しんおとこ)」を求めて裸男が冷水をかけられながら揉み合う姿は壮観だが、それだけではない。なんと高さ2メートル以上、直径も最大で2メートル40センチに達するという圧巻の巨大鏡餅も奉納されるのだ。米50俵分、5トンの鏡餅尾張大国霊神社の公式サイトによると「国府宮はだか祭」の正式名称は「儺追神事(なおいしんじ)」。奈良時代に当時の天皇が全国の国分寺で悪疫退散の祈祷を行うよう命じたことが神事の発端だが、江戸時代末期に「寒参り(寒い時期に裸で行う参拝)」の風習と結びついて、現在のようなはだか祭になったという。祭りの開催日は毎年旧暦正月13日と決まっており、2018年は2月28日。例年20万人近い見物人が集まるとあって、稲沢市の公式サイト上では当日は神社周辺が車両通行禁止になると注意されていた。祭り好きの記者としては大注目の祭事のひとつだが、実ははだか祭の前日にも見逃せない一大神事がある。それが「大鏡餅奉納」だ。大国霊神社の公式サイトには大鏡餅の仕様が紹介されているのだが、使用するもち米は...more
カテゴリー:

もっと見る

「巨大化」の画像

もっと見る

「巨大化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる