「工藤阿須加」とは?

関連ニュース

「明日の約束」、井上真央と仲間由紀恵がついに直接対決! - 11月21日(火)14:30 

11月21日(火)放送の「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジ系)第6話では、井上真央演じる日向と仲間由紀恵演じる”毒親”真紀子がついに直接対決を行う。 【写真を見る】第6話では、襲撃事件の犯人も明らかに…!/(C)カンテレ 同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向(井上)が、人間関係に葛藤しながら男子生徒の吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。 第5話では、学校でのいじめが圭吾の死の原因だと考え、マスコミや弁護士を巻き込んできた真紀子(仲間)が、椿が丘高校に押しかける。そうした中、第6話では、死の直前に日向と圭吾が体育館で話し込んでいた内容が気になって仕方のない真紀子が、日向との対話を要求。一方の日向も、真紀子による圭吾への激しい干渉が心理的に大きな負担を生じさせていたのではないかと考えていた。 そんな6話の展開について井上は、「日向はずっと誰かの話を通して『真紀子は何を考えているんだろう』『何をしたいんだろう』と思っていたので、ようやく1対1のシーンが出てきたなという感じです」とコメント。 仲間も「日向に思い切りぶつかっていった方が、素直な反応が出て、(圭吾の)母親としての狂気じみた部分を垣間見ることができると思ったので、それを心がけて芝居しました。その分、だいぶ緊迫した雰囲気のシーンになりました」と振り返った。 さらに、第6話では、バス...more
カテゴリー:

井上真央、仲間由紀恵と緊迫の演技バトル「気持ちが動いた」 - 11月21日(火)12:23 

10月21日放送のドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)第6話で、井上真央演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向と仲間由紀恵演じる“毒親”吉岡真紀子の直接対決が実現。井上は「ようやく1対1のシーンが出てきた」、仲間は「意を決して会いに行き、思い切りぶつかった」と、シーンを振り返った。本作は、井上演じる主人公・日向が人間関係に葛藤しながら、男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。仲間演じる圭吾の母・真紀子は、過干渉で束縛の激しい“毒親”と言われる存在で、息子の死を学校のバスケ部のいじめが原因だと考え、マスコミや弁護士をも巻き込んで日向らを攻撃している。また、死の直前、体育館で圭吾が日向に告白していた時、そこで2人が何を話し込んでいたのかが気になっていた。対する日向は、真紀子が圭吾に心理的に大きな負担を生じさせていたと考え、多くの悪評も耳にしていた。そんな中、日向の前に真紀子が現れる。真紀子は、不登校を理由にたびたび圭吾に接触していた日向にも死の原因があると怒りを露わにし、訴訟の準備を進めていると告げるのだった……。井上は対峙する真紀子について、母親・尚子(手塚理美)に重ねる部分が少なからずあり、「圭吾くんを亡くして一番の深い悲しみを負っているのは母親である真紀子だということはどこかで理解していないといけない」と語り、一...more
カテゴリー:

「明日の約束」やばい、あんな母親までかわいそうに見えてくるなんて…なんという辛いドラマだ5話 - 11月21日(火)09:45 

フジテレビ系「明日の約束」(カンテレ制作)第5話。真紀子(仲間由紀恵)側に過剰な加担をしてきた週刊誌記者の小嶋(青柳翔)は、今回、日向(井上真央)たち学校側に有力な情報を提供してきた。しかしこれは、ただ「事件を面白くしたいだけ」という理由からの行動。誰にも平等に悪として動く小嶋、これだけわかりやすい悪がもっといたら、どれだけこのドラマは気楽に見えるのだろう。薄っぺらくなっちゃうけど。このドラマの大きなテーマの一つ“毒親”。日向の母親・尚子(手塚理美)は、ずっと怖い母親として描かれていた。「ママに無断で男の子を好きになったりしない」「ママが良いと言ったお友達以外とは遊ばない」など、幼少期の行動を縛るために日向に強制的に書かせていた「明日の約束ノート」はその代表例で、今でも小さなことで怒り狂い、キツイ言葉を日向にぶつけている。日向も彼氏の和彦(工藤阿須加)に「あの人は良い母親なんかじゃないよ」とハッキリ言い切っている。やばい、あんなに悪い奴だったのにかわいそうに見えてきた!しかし、第4話(11月7日放送)辺りから尚子の母親としての良い側面が見えるようになる。高校生の日向が神社の石段から転げ落ち、それをかばったことが原因で、尚子は今でも腕が不自由だというエピソードが明かされたのだ。さらに今話、日向は風邪を引くと優しくしてくれる尚子の姿を思い返した。尚子は毒親だ。絶対的に悪い部分をもってい...more
カテゴリー:

「明日の約束」出演の工藤阿須加、「本庄は好印象な青年から闇を抱えた青年に」 - 11月15日(水)06:00 

井上真央主演ドラマ「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジ系)に出演する工藤阿須加に、自身の役どころや今後の見どころを聞いた。 【写真を見る】工藤阿須加は、共演の井上真央から「アース」というあだ名で呼ばれている 同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向が、親子関係をはじめとする人間関係に葛藤しながら、生徒の不可解な死の謎を追うヒューマンミステリー。工藤は、ブライダル会社勤務で日向の恋人・本庄和彦を演じる。 ――本庄の役どころを教えてください。 本庄は、ブライダル会社に勤務していてすごく多忙だけれど、日向のことを真剣に思っている優しい青年です。 ただ、それだけではなく、実は本庄にも抱えているものがあるんです。それは5話を見ていただけると分かると思いますが、亡くなった兄や家族に対して何かしらの思いを抱えています。 それは過去の経験が原因にあり、その様子が5話以降に出てきます。そこからは、好青年の印象とは裏腹に、闇を抱えた青年になっていきます。 それによって演じ方も少しずつ変わっていきますし、監督やプロデューサーとは現場で細かく話し合って作品に取り組んでいます。これまでにない役になるので、演じるのが楽しみでワクワクしています。 ――井上さんとのシーンが多いですが、共演されてみていかがですか? 昔から井上さんのドラマや映画を拝見していて、すごく繊細なお芝居をされながら熱いもの...more
カテゴリー:

平埜生成、菅田将暉らとNHK『直虎』3ショット公開に「神ってますね」の声 - 11月14日(火)13:37 

俳優の平埜生成が12日アメブロを更新。徳川家康の長男・徳川信康役で出演するNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の共演者で俳優の菅田将暉、モロ師岡との3ショットを公開した。 「おんな城主 直虎 第45回 魔王のいけにえ ご視聴頂き、ありがとうございました」と感謝をつうった平埜は「どうか来週もこれからも宜しくお願い致します」と感謝を述べ、菅田将暉、モロ師岡との3ショットを公開。「徳川信康×平岩親吉×井伊万千代 皆 実在した」とコメントした。 この写真公開に「神ってますね」「みなさんが一緒におられるのいいですね」「素敵だね」などコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・志きなり。(平埜 生成オフィシャルブログ) ・山崎賢人 親友・菅田将暉との2ショット公開にファン歓喜「最強」 ・高橋一生とは「兄弟だと思ってる」瀬戸康史の仲良しエピソードに反響 ・佐野岳、日曜劇場『陸王』第4話を振り返り「今後の“毛塚節”に注目ですな」 ・白洲迅と工藤阿須加と金子大地、メンズノンノ撮影でのニット姿
カテゴリー:

平埜生成、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』“信康”の最期報告に「泣きながら見ました」の声 - 11月21日(火)13:33 

俳優の平埜生成が19日アメブロを更新。徳川家康の長男・徳川信康役で出演するNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』についてつづった。 「おんな城主 直虎 第46回 悪女について ご視聴頂き、ありがとうございました」と始めた平埜は「第39回から第46回まで。徳川信康の人生を見届けて下さり。本当にありがとうございました」と改めて感謝した。 続けて「信康の姿。信康の言葉。信康の人生。信康の志。心に宿し。生きます」としみじみと役柄を振り返り「万千代。岡崎を。父上との碁を。徳川の行く末を。頼んだぞ」と俳優の菅田将暉が演じる井伊万千代にも語りかけた。 さらに花束を持って衣装を着た自身の写真を公開し「生成と信康 はんぶんこ 素敵なお花」とコメント。最後は「信康。心から。ありがとうございました。どうか皆様の心の隅に、信康が生き続けますように」とつづりしめくくった。 この投稿に「信康の歴史改めて知りました」「堂々とした目が美しかったです」「かっこよかったです」「生成さんの信康様忘れません」「泣きながら見ました」など感動のコメントが寄せられている。 『おんな城主 直虎』は56作目のNHK大河ドラマ。幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる主人公・直虎(柴咲コウ)が、男の名で家督を継ぎ、今川、武田、徳川が領地を狙う中、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守りなが...more
カテゴリー:

井上真央、仲間由紀恵と緊迫の演技バトル「気持ちが動いた」 - 11月21日(火)12:00 

10月21日放送のドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)第6話で、井上真央演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向と仲間由紀恵演じる“毒親”吉岡真紀子の直接対決が実現。井上は「ようやく1対1のシーンが出てきた」、仲間は「意を決して会いに行き、思い切りぶつかった」と、シーンを振り返った。本作は、井上演じる主人公・日向が人間関係に葛藤しながら、男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。仲間演じる圭吾の母・真紀子は、過干渉で束縛の激しい“毒親”と言われる存在で、息子の死を学校のバスケ部のいじめが原因だと考え、マスコミや弁護士をも巻き込んで日向らを攻撃している。また、死の直前、体育館で圭吾が日向に告白していた時、そこで2人が何を話し込んでいたのかが気になっていた。対する日向は、真紀子が圭吾に心理的に大きな負担を生じさせていたと考え、多くの悪評も耳にしていた。そんな中、日向の前に真紀子が現れる。真紀子は、不登校を理由にたびたび圭吾に接触していた日向にも死の原因があると怒りを露わにし、訴訟の準備を進めていると告げるのだった……。井上は対峙する真紀子について、母親・尚子(手塚理美)に重ねる部分が少なからずあり、「圭吾くんを亡くして一番の深い悲しみを負っているのは母親である真紀子だということはどこかで理解していないといけない」と語り、一...more
カテゴリー:

平埜生成、興奮状態で菅田将暉と2ショット「また一緒に舞台に立ちたいのお」 - 11月17日(金)14:09 

俳優の平埜生成が16日アメブロを更新。徳川家康の長男・徳川信康役で出演するNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の共演者で俳優の菅田将暉との2ショットを公開した。 俳優の生田斗真と菅田将暉が出演する舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』を観劇した平埜は、「めちゃくちゃ面白かった。本当に面白かった ハムレットはもちろん、シェイクスピアが繋がる。自分の持つ言葉。来た道/進む道。この世の仕組み。きなり感動」と感動をつづった。 続けて「興奮状態の生成×アドレナリン大将(菅田将暉)」と菅田との2ショットを公開。「キナリ×ギルデンスターン 徳川信康×井伊万千代 ティボルト×ロミオ 面影なし。昔話に花を咲かせた。3年前かのお。懐かしい気持ち。また一緒に舞台に立ちたいのお」と2014年に公演された舞台『ロミオとジュリエット』にもふれながら語った。 また、同じ事務所の後輩の俳優・田川隼嗣との2ショットも公開し「年の差8つ。すごい。羨ましいぴょん。舞台が大好きになってくれたら。おじちゃん 嬉しいぴょん。一緒に頑張ろうぴょん」と語りかけた。 この投稿に「3年前に戻ってもう1度ロミオとジュリエット観たい」「相変わらず仲良しなんですね」などのコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・ローゼンクランツとギルデンスターンがきなり。(平埜生成オフィシャルブログ) ・平埜生成、菅田将暉らと...more
カテゴリー:

「明日の約束」主人公日向を苦しめる毒親の存在 - 11月14日(火)19:07 

11月14日(火)放送のドラマ「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54フジテレビ系)第5話では、主人公・日向(井上真央)と恋人・本庄(工藤阿須加)との関係がいよいよ動き出す。だが、改めて“毒親”の存在が浮き彫りに。 【写真を見る】家族に対して心に闇を抱える本庄の鋭い表情/(C)カンテレ ブライダル会社に勤務する本庄と交際して3年になる日向は、結婚話を切り出され抱き締められながら笑顔を浮かべる。ところがどこか喜びきれない様子。その脳裏に浮かんでいたのは母親の尚子(手塚理美)の存在だった。 日向の交際を知ると「あー、いやらしい。お母さんに隠れてコソコソ恋人つくって」「あんないい人、あんたなんかには釣り合わないわよ!」と“非難”をくり返していた尚子。日向が中学生の頃には同級生の男子と話すことを禁止するほど、日向をゆがんだ形で愛し過ぎている母。果たして日向が結婚話を告げたら尚子はどうなってしまうのか。 一方、恋人の本庄も日向と同様に、家族に絡んだ心の闇を抱えていることが描かれる。制作発表で工藤が「今までの僕のイメージとは相反する、ダークな部分をお見せできるんじゃないかと思っている」と話したその一端が、初めて見えてくる。 ■ 11/14OA第5話あらすじ 1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げ、キャプテンの大翔(金子大地)は加害者として世間から誹謗(ひぼう)中傷されることにな...more
カテゴリー:

工藤阿須加演じる和彦の「ダークな部分」がついに…『明日の約束』第5話 - 11月14日(火)12:06 

カンテレ・フジテレビ系ドラマ『明日の約束』(毎週火曜21:00~)では、きょう14日に第5話を放送。主演の井上真央演じる日向と工藤阿須加演じる和彦との関係が動き出すものの、"毒親"の存在が影を落とす。
カテゴリー:

もっと見る

「工藤阿須加」の画像

もっと見る

「工藤阿須加」の動画

Wikipedia

工藤 阿須加(くどう あすか、1991年8月1日 - )は、日本俳優。本名同じ。埼玉県出身。東京学館高等学校東京農業大学卒業。パパドゥ所属。

略歴・人物

父親はプロ野球福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康、妹はプロゴルファー工藤遥加。五人兄妹の長男で、第一子。自身はテニスをしており、プロを目指す程の腕前だった。野球経験は全くない。

2012年、日本テレビのドラマ理想の息子で俳優デビュー。2013年のNHK 大河ドラマ八重の桜に主人公・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる