「工業地帯」とは?

関連ニュース

ドイツのおすすめ観光地20選! 世界遺産や歴史を学べるスポットを紹介 - 10月08日(日)12:00 

ドイツは世界遺産やサッカーなど、観光名所や訪れてみたい場所がたくさんあるため、学生からの人気のスポット! 卒業旅行や留学先として選ぶ学生も多いでしょう。そんなドイツの中でも選りすぐりの観光名所を今回は紹介します。イギリス、フランス、ポーランドなど……ヨーロッパ周遊コースのひとつにも必ず加わるドイツ。基本情報や治安状況を交えながら観光のポイントをご案内します。ぜひドイツの魅力とおすすめポイントをご覧ください。 ■治安 ドイツでは、外国人組織の流入で現在麻薬などの犯罪発生率が高くなっています。また窃盗、傷害、暴行など身の安全にかかわる事件もいたるところで発生しており、日本の感覚のまま旅行してはいけない状況です。治安の悪い場所では麻薬や犯罪が横行しているため、十分に注意しましょう。 テロについても2016年7月のヴュルツブルク近郊、アンスバッハでのテロ事件、10月ザクセン州の爆弾テロ未遂事件、11,12月ラインラント=プファルツ州のクリスマスマーケットを狙った爆弾テロ未遂事件、同じく12月のベルリン市内で行われていたクリスマスマーケットへの車両突入死傷事件(テロと断定)など、近年大幅にドイツ国内ではテロが増えています。 ドイツで治安の悪い地域というのは、夜の人通りが少ない通り、夜のドイツ中央駅や地下鉄駅、移民が集まる場所、危険な雰囲気のところです。また、空港や見...more
カテゴリー:

【第34回】家庭の味が恋しくて。働く男たちが憩う場所「日光橋食堂」 - 10月05日(木)19:41 

のんびりとした田園地帯と、多くの企業が集う臨海工業地帯が共存する愛知県海部郡飛島村。その国道23号名四バイパス沿い付近に立ち、トラック運転手たちの憩いの場となっているのが、朝6:30から営業する「日光橋食堂」だ。 「東海ノスタルジーグルメ」まとめでほかの連載記事も見る! ■ 父の後を継ぎ、家族で支え合う 現在店を切り盛りするのは、2代目店主・伊藤光利さん、そしてその父、母、妻、さらに初代のころから勤めているパートさん。「日光橋食堂」は光利さんの両親が、1965(昭和40)年に始めた店だ。光利さんが初代である父の後を継いだのは今から20年ほど前。東京で料理人をしていたが、初代が身体を壊して店を続けるのが困難になったことをきっかけに、東京の仕事を辞めて戻ることに決めたのだそう。 後を継いだ当初は、東京でも作っていた洋食などを出していたが、お客さんから家庭料理が食べたいと言われてメニューを考え直すことに。「うちに来るのはトラックの運転手さんが多いので、『働いている人にはスタミナが付くものがいいかな』っていう発想から、肉も野菜もとれてバランスよく、ということを頭に置いてメニューを増やしてきた」と光利さん。豊富にそろうメニューは、スタッフの全員が作れるように徹底してあるという。 ■ おかずを選ぶ創業時からのスタイル 「日光橋食堂」の特徴は、店内の棚に10数種類ほど並べられたおかず。ここから自...more
カテゴリー:

NGT48中井りか、大人の世界をいとうせいこうから学ぶ フジ新番組『白昼夢』 - 10月06日(金)05:00 

 アイドルグループ・NGT48の中井りかとタレント・作家のいとうせいこうが出演するフジテレビ系新バラエティー『白昼夢』が、15日からスタートする(毎週日曜 深1:25)。20歳になったばかりの中井と、あらゆることに精通する博覧強記のいとうによる「大人修行」の旅が繰り広げられる。 【番組カット】 初回放送では葛飾・柴又へ  同番組は、9月まで放送されたアイドルグループ・HKT48の指原莉乃がタレントのリリー・フランキーのナビゲートのもと、深夜の世界の扉を開いていった『真夜中』の後継。毎回さまざまなジャンルのゲストを迎え、無垢な中井に“オトナの夢と現実”を突きつけていく。  初回ロケは、いとうの存在をよくしらない中井のため、彼の生誕地の葛飾・柴又でスタート。江戸川の土手で“大人の現実と非現実”“そもそも大人とは何か”など、濃厚ないとうの大人論レクチャーが繰り広げられた。その後、帝釈天や街中を巡り、行き着いたカフェで「なぜマルチタレントになるに至ったか」など、いとうがその数奇な半生と自身について語っている。  第2回のゲストには、タレントで漫画化の蛭子能収を迎え、中井の考える漫画化像と全く相容れない蛭子の破天荒ぶりを追求。さらに、一行は京浜島の工業地帯にある特殊漫画家・根本敬のアート工房に移動し、その半生に迫っていく。  中井は「めてこういうロケ番組をやらせていただいて、レギュ...more
カテゴリー:

土村芳、初主演ドラマが完成「本当に幸せ」 エキストラの役づくりに衝撃 - 10月04日(水)18:22 

 女優の土村芳が4日、東京・渋谷のNHKで行われた北九州発地域ドラマ『GO!GO!フィルムタウン』(18日 後10:00~10:59 BSプレミアム)の試写会に出席した。同局の連続テレビ小説『べっぴんさん』のメインキャストの一人、君枝役で注目を集め、本作でドラマ初主演を務めた。岩手県盛岡市出身の土村は「これまで一度も行ったことがない北九州が舞台のドラマの主演が私でいいのだろうか」と迷ったそうだが、「初主演がこの作品で本当に幸せに思っています。素敵な出会いをたくさんすることができました。たくさんの方に感謝したいです」と、感無量の面持ちだった。  同ドラマは、ドラマ『MOZU』(TBS)や映画『相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』などの大規模ロケで話題になり、映画の撮影が日常になりつつある北九州市と北九州フィルム・コミッション(以下、北九州FC)を題材に、主人公がとある映画作りを通して成長する姿を描く。試写会には、劇中に登場する映画の監督役・藤本隆宏、主演女優役・朝倉あき、土村演じる主人公・北村節子の上司役・光石研が出席した。  オール北九州ロケを行い、FCの職員や北九州市民が現場のサポートやエキストラとして多数参加。クライマックスシーンの撮影には、エキストラ1000人が招集された。土村は現場慣れしているエキストラたちに衝撃を受けたといい、「あるエ...more
カテゴリー:

「工業地帯」の画像

もっと見る

「工業地帯」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT工業地域...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる