「工事費」とは?

関連ニュース

森友学園:負債17億円 理事長謝罪 再生法申請 - 04月21日(金)21:24 

 学校法人「森友学園」(大阪市)は21日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。大阪府豊中市で購入した国有地で小学校開校を目指したが、不透明な手続きが相次いで発覚し、中止に追い込まれていた。未払いの工事費など、負債総額は約17億円に上る見通し。学園は今後、管財人の下で債務を減らすなどして再建を図り、幼稚園の運営は続ける意向だ。
in English
カテゴリー:

【豊洲】小池氏に迫られる決断、豊洲延期で95億円ドブに 維持管理費、補償費用…さらに膨れ上がる可能性も - 04月21日(金)14:24 

東京都が、築地市場から豊洲新市場への移転を5カ月延期したことで、すでに約95億円もの巨額の費用負担が発生していることが分かった。18日の都議会特別委員会で、都が公表した。両市場の維持管理費や、現時点の市場関係者への補償費用などの合算で、今後、雪だるま式に膨れ上がる可能性もある。税金の「ワイズ・スペンディング」(賢い使い方)を掲げる小池百合子都知事としては、そろそろ決断すべきではないのか。  豊洲新市場は昨年11月7日に開場するはずだったが、今も移転の可否も含めて見通せない状況だ。こうしたなか、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

森友学園:再生法を申請 債務の支払い一時停止へ - 04月21日(金)13:11 

 国有地を購入して小学校開校を計画していた学校法人「森友学園」(大阪市)は21日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。関係者への取材で分かった。学園は先月、小学校開校を断念したが、未払いの建設工事費が15億円を超えるなど、多額の債務を抱えていた。今後、同法の手続きの下で経営再建を目指す。
in English
カテゴリー:

森友学園:民事再生法申請へ 工事費かさみ経営難 - 04月21日(金)06:30 

 国有地を購入して小学校開校を計画していた学校法人「森友学園」(大阪市)が近く、大阪地裁に民事再生法の適用を申請する方向で検討していることが、関係者への取材で分かった。学園は先月、小学校開校を断念したが、未払いの建設工事費は15億円を超える見通しで、施工業者が支払いを求めて提訴。国に土地を返還する期限も迫っており、多額の債務を抱えたままでの経営は困難と判断したとみられる。
in English
カテゴリー:

マンション修繕:「悪質コンサル」工事業者からリベート - 04月20日(木)08:00 

 分譲マンションの大規模修繕工事を巡り、施工業者選びや仕上がりのチェックをするコンサルタントが、受注業者にリベートを要求して住民に損害を与えるケースが相次いでいる。複数の工事関係者によると、リベートは工事費の20%に上るケースもあるといい、事態を重く見た国土交通省は、住民に注意喚起するよう管理会社や管理組合の団体などに通知した。
in English
カテゴリー:

【社会】森友学園が民事再生法申請へ 工事費支払い滞納 - 04月21日(金)15:07 

 大阪府豊中市の元国有地で小学校開校を目指していた学校法人「森友学園」(大阪市)は21日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した。校舎を建設した請負業者に多額の負債があり、自主再建が難しいと判断したとみられる。   学校建設を請け負った藤原工業(大阪府吹田市)によると、工事費は総額20億円を上回る見込みだが、これまで学園の支払いは約4億6千万円にとどまっており、同社は滞納代金の支払いを求めて大阪地裁に提訴。これに先立ち、大阪地裁は学園が運営する幼稚園の土地・建物など複数の所有不動産について、同社...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【森友学園】近畿財務局、国有地取引の調査ずさん 廃棄物発覚相次ぐ 隣接地は防災公園にする目的で、市が実質的に2300万円で買った - 04月21日(金)14:17 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000011-mai-soci 財務省近畿財務局の国有地取引を巡るトラブル  大阪市の学校法人「森友学園」が国有地を安価で購入した問題を巡り、土地を売った財務省近畿財務局が過去に取引した別の土地からも、契約後に廃棄物や有害物質が見つかっていたことが分かった。少なくとも3件あり、約30億円の契約を破棄されたり、損害賠償を支払ったりしていた。森友学園の問題でも契約後に廃棄物が見つかっており、専門家は「民間であれば当然の調査を怠った結果だ」と指摘する。  近畿財務...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【森友学園】民事再生法申請へ 工事費かさみ経営難 - 04月21日(金)09:11 

国有地を購入して小学校開校を計画していた学校法人「森友学園」(大阪市)が近く、大阪地裁に民事再生法の適用を申請する方向で検討していることが、関係者への取材で分かった。 学園は先月、小学校開校を断念したが、未払いの建設工事費は15億円を超える見通しで、施工業者が支払いを求めて提訴。国に土地を返還する期限も迫っており、多額の債務を抱えたままでの経営は困難と判断したとみられる。 学園は2014年10月、大阪府豊中市の国有地に小学校を開校する計画で、府に学校設置認可を申請。15年1月、府の審議会が条件...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

森友ドアホ理事長、安倍官邸主導で逮捕の横暴 - 04月21日(金)05:59 

 いよいよ、“牢獄行き”が時間の問題となってきた。自らを“籠池砲”と称する籠池泰典前理事長(64)の口封じをすべく、安倍官邸は“国策捜査”によって、森友問題の幕引きを図る構えだ。しかし、ドアホ理事長とはいえ、一私人を相手にしてはあまりに横暴ではないか。  ***  すでに、森友問題は、大阪地検特捜部がターゲットに据えている。  全国紙の社会部記者が解説する。 「籠池さんにはいくつもの容疑が持ち上がっていますが、逮捕の取っ掛かりとして有力視されているのは、詐欺容疑です。2年前、小学校の建設予定地だった国有地の汚染除去工事費として、建設会社に約1億3000万円を立替払いし、のちに国からその費用の支払いを受けています。ところが、籠池さんは立替払いをしてすぐに、建設会社に約2000万円の値引きを要求し、返金してもらっていた。その事実を隠し、国に水増し請求をしたとされているのです」  この不正を、最初に産経新聞(4月7日付)が1面で報じ、各紙も後追い記事を掲載した。 「産経は森友問題において、明らかに政権側の肩を持つような報道が目立ちます。しかも、今回のスクープ記事は大阪発ではなく、永田町発。となると、やはり安倍官邸が、与(くみ)し易いメディアにリークし、“籠池は詐欺にまで手を染める嘘つきで悪いヤツだ”というレッテル貼りに利用したのではないでしょうか」(同)  現在、霞が関は、安倍政権の...more
in English
カテゴリー:

森友学園:昭恵氏らを告発 守秘義務違反容疑で - 04月20日(木)01:31 

 学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市の小学校予定地で実施した土壌改良工事を巡り、安倍晋三首相の妻昭恵氏と、昭恵氏付の政府職員が工事費に関する国の予算情報を学園に漏らしたとして、高松市の男性が国家公務員法(守秘義務)違反容疑で大阪地検特捜部に告発したことが分かった。特捜部は告発を受理するかどうか検討する。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「工事費」の画像

もっと見る

「工事費」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる