「工事費」とは?

関連ニュース

マンション大規模修繕工事計画の<見える化>と<総工事費用の軽減>を実現「安心」と「住まう楽しみ」を提案するサービス「re:Premium」(リ・プレミアム)を分譲マンション「プラウド」にて提供 - 10月20日(金)15:00 

[野村不動産ホールディングス株式会社] 1.マンション大規模修繕の現状 住まいを持ち続け安心して暮らしていくために、大切なマンションの修繕は避けられません。しかし計画通りに修繕が行われているマンションは半分に満たないというのが現実です(※図...
カテゴリー:

M大規模修繕、15年保証で総工事費を軽減 - 10月20日(金)09:00 

 野村不動産パートナーズ(株)は20日、野村不動産(株)の分譲マンション「プラウド」に、長期保証を付けた大規模修繕工事「re:Premium(リ・プレミアム)」の提供を開始した。
カテゴリー:

役場庁舎外壁工事費、9千万円増える - 10月18日(水)11:11 

 秋田県井川町が本年度予定していた役場庁舎外壁の塗り替え工事について、事業費の総額が当初見込みより約9千万円増える見通しであることが17日、分かった。外壁にアスベスト(石綿)を含有する塗材が使われてい…
カテゴリー:

JR北海道、札幌駅新幹線ホームを「地下」にすると発表 これで冬も安心だな! - 10月11日(水)23:05  news

建設場所の決定が遅れている北海道新幹線札幌延伸時の札幌駅ホーム問題で、JR北海道と鉄道建設・ 運輸施設整備支援機構が10日、札幌市と北海道に対し、地下にホームを造る案を検討に加えると 正式に表明した。 場所は駅南側の「北5条・手稲通」を想定している。 地下案は工事費が莫大(ばくだい)になることから検討対象から外れたが、協議が行き詰まりになった ことや、札幌市内ではほとんどの区間で地下を走行する計画になったことから、再度浮上した。 協議後の記者会見で機構の小島滋副理事長は「(工費が)高くなる...
»続きを読む
カテゴリー:

高松琴平電鉄:使わない「踏切」販売 警報柱などもセット - 10月20日(金)09:40 

 高松琴平電鉄(高松市)は使わなくなった踏切一式を一般向けに販売する。長さ3メートルのレールと警報柱、遮断かん付き。  3メートル四方以上の庭などに設置できる。売り出すのは1セットのみで、価格は場所によって工事費が異なるため「40万円から」。香川県内(離島以外)に限る。
カテゴリー:

大飯原発、関電苦渋の廃炉検討 燃料費と工事費用の板挟み、国のエネルギー計画にも影響 - 10月18日(水)14:06 

 平成31年に40年の運転期限を迎える大飯原発1、2号機(福井県)について、関西電力が廃炉の検討を始めた。巨額の安全対策費用を投じても回収のめどが立たないという経営上の判断が背景にある。ただ廃炉に踏み切れば、燃料費の高い火力発電への依存度が増すばかりか、政府が掲げる将来の電源構成や電力の安定供給に影響を及ぼしかねない事態だ。出力100万キロワットを超える大型原発の廃炉は東京電力福島第1原発を除いて初となる。
カテゴリー:

韓進グループ会長の逮捕状認めず=検察が補完捜査指示-韓国 - 10月18日(水)06:26 

 【ソウル時事】大韓航空などを擁する韓進グループの趙亮鎬会長が系列社のホテル新築工事費を流用し、自宅の工事に充てたとされる疑惑で、韓国検察は17日、警察当局による背任の容疑での逮捕状請求について「補完捜査が必要だ」として、認めない判断を下した。聯合ニュースなどが18日までに伝えた。警察は検察の指摘内容を検討した上で、再申請するかどうかを決める。 報道によると、趙会長は2013年から14年の間、ソウル市内の自宅のインテリア工事を行った際、約30億ウォン(約2億9800万円)を流用した疑いが持たれている。警察は、裁判所から逮捕状発付を受けるため、検察を通じ請求手続きを取っていた。 趙会長は平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会の会長を務めていたが、16年5月、韓進海運の経営悪化を受け、辞任。また、長女の趙顕娥・大韓航空前副社長は14年12月、ニューヨークの空港で、離陸直前の大韓航空機内でナッツの出し方に怒り、飛行機を引き返させ、「ナッツ・リターン」事件として批判を浴びた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【鹿児島/沖縄】宮古島に警備、ミサイル部隊=石垣、奄美にも、南西防衛強化-防衛省配備計画 - 10月08日(日)15:56  newsplus

宮古島に警備、ミサイル部隊=石垣、奄美にも、南西防衛強化-防衛省配備計画 https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100800308&g=soc  防衛省は、南西地域の離島防衛態勢を強化するため、陸上自衛隊の空白地帯となっている宮古島(沖縄県)に、警備部隊や地対艦誘導弾などのミサイル部隊を新たに配置する計画を進めている。軍事力を増し、海洋進出を強める中国を念頭に置いたもので、配備する規模は計700人以上。2018年度末までに警備部隊を配備する方針だが、ミサイル部隊は19年度以降になる見通し。  尖閣諸島な...
»続きを読む
カテゴリー:

「工事費」の画像

もっと見る

「工事費」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる