「川地民夫」とは?

関連ニュース

川地民夫さん告別式「三悪トリオ」沢本さん涙の弔辞 - 02月16日(金)19:01 

 10日に脳梗塞のため79歳で死去した俳優川地民夫(かわち・たみお)さん(本名・河地猛=かわち・たけし)の告別式が16日、神奈川県逗子市の斎場で営まれ、約200人が参列した。  喪主で妻の河地レスリーさん(67)は告別式前に取材に応じ、…
カテゴリー:

川地民夫さん脳梗塞で死去 文太さんとまむしの兄弟 - 02月13日(火)07:40 

 菅原文太さんと共演した映画「まむしの兄弟」シリーズで知られる俳優川地民夫(かわち・たみお)さん(本名・河地猛=かわち・たけし)が10日午後4時59分、脳梗塞のため、神奈川県横須賀市の病院で死去した。79歳だった。通夜は15日午後6時か…
カテゴリー:

【訃報】俳優の川地民夫さんが死去 79歳 脳梗塞で 映画「まむしの兄弟」シリーズ、「仁義なき戦い」 - 02月12日(月)18:31  newsplus

死去した川地民夫さん 菅原文太さんとコンビを組んだ映画「まむしの兄弟」シリーズなどで人気を博した俳優の川地民夫(かわち・たみお、本名河地猛=かわち・たけし)さんが10日午後4時59分、脳梗塞のため神奈川県横須賀市の病院で死去した。79歳。神奈川県出身。  関東学院大在学中に日活に入社し、1958年映画「陽のあたる坂道」で、石原裕次郎さんの弟役でデビュー。日活退社後は「まむしの兄弟」シリーズのほか、「仁義なき戦い」(73年)など多くの作品に出演。ユニークな個性を発揮した。  テレビドラマや時代劇、バラエ...
»続きを読む
カテゴリー:

訃報:川地民夫さん79歳=俳優、「まむしの兄弟」など - 02月12日(月)17:13 

 菅原文太さんとコンビを組んだ映画「まむしの兄弟」シリーズなどで人気を博した俳優の川地民夫(かわち・たみお、本名河地猛=かわち・たけし)さんが10日午後4時59分、脳梗塞(こうそく)のため神奈川県横須賀市の病院で死去した。79歳。神奈川県出身。
カテゴリー:

俳優の川地民夫さん死去 79歳 - 02月12日(月)16:33 

俳優の川地民夫さんが、2018年2月10日、脳こうそくのため亡くなった。79歳だった。サンケイスポーツなど各メディアが12日までに報じた。
カテゴリー:

三悪トリオ沢本忠雄さん、川地さん棺にバカヤロー - 02月15日(木)20:42 

 10日に脳梗塞のため79歳で死去した俳優、川地民夫(かわち・たみお)さん(本名・河地猛=かわち・たけし)の通夜が15日、神奈川県逗子市の斎場、二葉会館で営まれた。  祭壇には北大路欣也(74)や渡哲也(76)、浅丘ルリ子(77)吉永小…
カテゴリー:

俳優の川地民夫さん死去 「ウルトラマンティガ」総監役 - 02月12日(月)18:34 

 川地民夫さん(かわち・たみお=俳優、本名河地猛〈かわち・たけし〉)が10日、脳梗塞(こうそく)で死去、79歳。通夜は15日午後6時、葬儀は16日正午から神奈川県逗子市久木1の2の6の逗子二葉会館で。…
カテゴリー:

昭和の名優・川地民夫さん(79)死去 - 02月12日(月)17:57 

昭和の名優・川地民夫さん(79)死去:故・石原 裕次郎さんの弟役でデビューし、故・菅原文太さんと名コンビを演じた映画でも知られる、川地民夫さん(79)。...
カテゴリー:

俳優の川地民夫さん死去 - 02月12日(月)16:38 

 川地 民夫さん(かわち・たみお、本名河地猛=かわち・たけし=俳優)10日午後4時59分、脳梗塞のため神奈川県横須賀市の病院で死去、79歳。神奈川県出身。葬儀は16日正午から同県逗子市久木1の2の6の二葉会館で。喪主は妻の河地レスリーさん。 1958年、映画「陽のあたる坂道」でデビュー。故菅原文太さんとともに主演を務めた映画「まむしの兄弟」シリーズなどで人気を得た。 【時事通信社】
カテゴリー:

名脇役の川地民夫さん死去 「まむしの兄弟」で人気 - 02月12日(月)12:25 

 菅原文太さんとのコンビで人気になった「まむしの兄弟」シリーズで知られる俳優川地民夫(かわち・たみお)さん(本名・河地猛=かわち・たけし)さんが10日に脳梗塞のため亡くなっていたことが分かった。  川地さんは神奈川県生まれで、日活に入社…
カテゴリー:

もっと見る

「川地民夫」の画像

もっと見る

「川地民夫」の動画

Wikipedia

川地 民夫かわち たみお、本名:河地 猛(かわち たけし)、1938年7月21日 - )は、日本の俳優。過去に石原プロモーションに所属していた。

神奈川県逗子市に生まれる。逗子開成高等学校卒業、関東学院大学工学部中退。

来歴・人物

大学在学中、逗子の家の隣に石原裕次郎が住んでいたのが縁で、日活に入社する。1958年、陽のあたる坂道でデビュー。小林旭沢本忠雄と「三悪トリオ」として売り出し、アクション物、青春物に次々と主演する。その後、脇役に転じてから独特の個性に磨きがかかり、特に1963年の野獣の青春以来、鈴木清順監督に重用された。

日活退社後は、東映への出演が多く、特に1971年から9本作られた、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる