「川内優輝」とは?

関連ニュース

ボストンVから6日 川内、ハーフに出場 - 04月22日(日)16:32 

 16日のボストン・マラソンで優勝し、来年4月以降、プロランナーとして活動することを表明した川内優輝選手(埼玉県庁)が22日、岐阜市で行われた「ぎふ清流ハーフマラソン」に出場後、記者会見した。主なやり…
カテゴリー:

ぎふ清流ハーフマラソン:ボストンVの川内優輝は14位 - 04月22日(日)14:05 

 陸上のぎふ清流ハーフマラソンは22日、岐阜長良川競技場発着で行われ、男子で先日のボストン・マラソンを日本勢として31年ぶりに優勝した川内優輝(埼玉県庁)は1時間4分35秒で14位だった。鈴木洋平(愛三工業)が1時間3分34秒で日本人トップの9位だった。(共同)
カテゴリー:

川内は14位=ぎふハーフマラソン - 04月22日(日)11:06 

 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンは22日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着の21.0975キロのコースで行われ、男子の川内優輝(埼玉県庁)は1時間4分35秒で14位だった。16日のボストン・マラソンで日本男子31年ぶりの優勝を果たしてから最初のレースだった。ニコラス・コシンベイ(トヨタ自動車)が1時間1分12秒で優勝。日本選手は鈴木洋平(愛三工業)の9位が最高だった。 [時事通信社]
カテゴリー:

川内優輝がプロランナーに転向へ - 04月21日(土)19:21 

最強の市民ランナーとして知られている川内優輝が来年4月からプロランナーへ転校することを表明した。
カテゴリー:

川内、凱旋レースに意欲=ハーフマラソン - 04月21日(土)17:42 

 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(22日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着)の招待選手が21日、岐阜市内で記者会見し、16日のボストン・マラソンで日本男子として瀬古利彦氏以来となる31年ぶりの優勝を遂げた川内優輝(埼玉県庁)が「凱旋(がいせん)レース」に意気込みを示した。優勝に伴う所用で帰国予定が1日延びたといい、「練習できていないが、粘って最後まで頑張りたい」と述べた。 19日に帰国後、川内は来春に埼玉県庁を退職しプロ選手として活動する意向を明らかにした。「マラソンが人生そのものになっている。プロになるしかないと思っていた」と胸に秘めていた思いを改めて表明。日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める瀬古氏も会見場を訪れ、「あなたが優勝するなんて思っていなかった。(2020年東京)五輪もやれるよ」と31歳を激励した。 [時事通信社]
カテゴリー:

ランナーと触れ合う川内 - 04月22日(日)14:58 

高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンは22日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場発着の21.0975キロで行われ、川内優輝は1時間4分35秒で14位だった。写真はゴール後にランナーと触れ合う川内(右奥)
カテゴリー:

【マラソン】川内優輝、疲労困憊14位 プロ転向表明後初戦 ボストンVから中5日の強行軍で ぎふ清流ハーフマラソン - 04月22日(日)13:54  mnewsplus

川内優輝、疲労困憊14位 プロ転向表明後初戦 ボストンVから中5日の強行軍で 4/22(日) 11:13配信 デイリースポーツ https://www.daily.co.jp/general/2018/04/22/0011187121.shtml https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000038-dal-spo ぎふ清流ハーフで14位に終わった川内優輝=長良川競技場 「ぎふ清流ハーフマラソン」(22日、長良川競技場発着) 来年4月からのプロランナー転向を表明した“最強市民ランナー”川内優輝(31)=埼玉県庁=は、日本人31年ぶりの優勝を飾ったボストンマラソンから中5...
»続きを読む
カテゴリー:

【マラソン】川内優輝と瀬古リーダーが東京五輪挑戦巡り“舌戦” 瀬古「(東京五輪挑戦拒否は)撤回だよな。今日で撤回します」 - 04月22日(日)02:13  mnewsplus

 来年4月からのプロ転向を表明した男子マラソンの“最強市民ランナー”川内優輝(31)=埼玉県庁=が21日、 岐阜市内でぎふ清流ハーフ(22日)の会見に出席した。  ボストンマラソンで日本人31年ぶりに優勝を飾ってから、中5日でのレースに疲れた表情の川内だったが、 会見には31年前のボストンマラソン覇者でもある日本陸連の瀬古利彦強化戦略プロジェクトリーダーが現れ、 東京五輪出場などを巡り、怒とうのやりとりが繰り広げられた。  川内と瀬古リーダーのやりとりは次の通り。  瀬古リーダー(以下、瀬)「...
»続きを読む
カテゴリー:

川内、凱旋レースに意欲 - 04月21日(土)17:53 

高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンの招待選手が記者会見し、16日のボストン・マラソンで優勝した川内優輝(左から2人目)が「凱旋(がいせん)レース」に意気込みを示した。中央は高橋尚子さん=21日、岐阜市
カテゴリー:

マラソン:川内優輝、来春プロ転向「世界で挑戦したい」 - 04月21日(土)09:59 

 来年4月からのプロ転向を表明した“公務員ランナー”の川内優輝選手(31)が19日夜、勤務先の埼玉県立久喜高校(久喜市本町)で記者会見し、「もっと強くなり、世界で挑戦したい」と決意を語った。公務員をやめる理由については、プロランナーで弟の鮮輝(よしき)選手(27)がプロ転向後に記録を伸ばしていること
カテゴリー:

もっと見る

「川内優輝」の画像

もっと見る

「川内優輝」の動画

Wikipedia

川内 優輝(かわうち ゆうき、1987年3月5日 - )は、埼玉県地方公務員陸上競技選手。専門競技は、主に中距離走長距離走マラソン等。

以前は埼玉陸上競技協会に所属していたが、後に埼玉県庁走友会が陸協登録をし、現在は埼玉県庁に所属。公務員かつ非実業団の「市民ランナー」としての活躍が注目を集める。

2011年世界陸上大邱大会・2013年世界陸上モスクワ大会男子マラソン日本代表(共に18位)、2014年仁川アジア競技大会男子マラソン銅メダリスト。

来歴 生い立ちから大学時代まで

東京都世田谷区生まれ、埼玉県北葛飾郡鷲宮町(現・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる