「川中美幸」とは?

関連ニュース

川中美幸、母思い涙「声が続く限り歌っていきたい」 - 10月21日(土)07:24 

 川中美幸(61)が20日、都内で「大江戸うた祭り」に出演した。  今月1日に母の久子さんが亡くなって初の公の場も、気丈に新曲「あなたと生きる」など4曲を披露した。終演後「母は『自分の人生を生きなさい』と最後に言ってくれた。声が続く限り…
カテゴリー:

「川中美幸」の画像

もっと見る

「川中美幸」の動画

Wikipedia

川中 美幸(かわなか みゆき、1955年12月5日 - )は日本の演歌歌手。本名:山田 岐味子、旧姓:川中

経歴

鳥取県米子市出身、幼少の頃に大阪府吹田市に転居。1973年6月、「春日はるみ」の芸名でワーナー・パイオニアより「新宿天使」でデビューするも低迷。1977年4月、「川中美幸」と改名し、テイチク・レコードより「あなたに命がけ」で再デビュー。1980年、文化放送の深夜放送「走れ!歌謡曲」のパーソナリティーに局アナ以外で初めて抜擢され、現在でも歌い継がれている有名なヒット曲「ふたり酒」が生まれることになった。

エピソード

2007年3月末に、世界で唯一レーザーディスクの製造を続けていたメモリーテックが製造を停止し、川中の「金沢の雨」が最後の作品となった。最後にプレスされた盤は記念プレートにされ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる