「嵐」とは?

関連ニュース

松本潤主演映画「ナラタージュ」主題歌解禁!野田洋次郎が手がけた楽曲を17才現役高校生・adieu(アデュー)が歌う! - 08月23日(水)22:31 

adieu(アデュー)  10月7日(土)に公開が決まっている嵐・松本潤主演、ヒロインに有村架純、恋愛映画の名手・行定勲監督(「世界の中心で、愛をさけぶ」)がメガホンを取った、島本理生原作の映画「ナラタージュ」。 8月23日(水)、その主題歌入り予告編にて、野田洋次郎が作詞・作曲を手掛けた、アーティストad...
カテゴリー:

[松本潤]“ナラタージュン”ケーキ登場に苦笑い 「名前がギャグになるなんて…」 - 08月23日(水)21:05 

 人気グループ「嵐」の松本潤さんが23日、東京都内で行われた映画「ナラタージュ」(行定勲監督)のレッドカーペット&完成披露試写会舞台あいさつに登場。舞台あいさつでは、30日に34歳の誕生日を迎える松本さんにバースデーケーキが贈られるサプライズ……
カテゴリー:

松潤、サプライズ誕生日の仕掛けに苦笑「まさかギャグができるなんて」 - 08月23日(水)20:35 

2006年に「この恋愛小説がすごい!」第1位に選ばれた島本理生氏の小説を、「嵐」の松本潤、女優の有村架純主演で映画化した行定勲監督の最新作「ナラタージュ」の完成披露試写会が8月23日、東京・TO...
カテゴリー:

櫻井翔、初めての校長役クランクアップ!「充実した日々でした」 - 08月23日(水)20:12 

10月スタートの新ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)で、主演の櫻井翔が放送を前に早くもクランクアップ! 櫻井が今の心境を語った。 【写真を見る】櫻井翔、初めての校長役が見られるのは10月スタートの「先に生まれただけの僕」/(C)NTV 最終カットが冬のシーンだった櫻井は、暑い中コートを着てアップを迎えた。演出を手掛ける水田伸生監督から赤い花束を受け取った櫻井は、水田監督とハグ&がっちりと握手を交わした。 「連続ドラマを4年、5年くらいやってなかったので正直緊張はしていたんですが、長いせりふ、長まわしのシーン、掛け合いがたくさんのシーンを演じると、“あ、お芝居やってるなぁ!”って感じがしてすごく楽しかったです。 鳴海校長を演じさせていただいて幸せでした。ありがとうございました」と、スタッフたちの大きな拍手に包まれながら笑顔を見せた。 さらに櫻井は「水田監督の現場は一連で撮影されるので、毎回毎回稽古なしでガチンコ勝負をしているような感じでした。すごく充実感が日々ありましたし、何より豪華な共演者の方々とお芝居できることが楽しかったです」と振り返る。 「職員室のシーンなんて、すごい方々に囲まれていましたから、それに負けないように負けないように、追い付けるように追い付けるようにと思っていました。 どれも思い入れが強いシーンばかりなので一つには絞れませんが、風間(杜夫)さんとはバデ...more
カテゴリー:

嵐・松本潤、サプライズで名前入り誕生日ケーキ登場に照れまくり 有村架純も祝福 - 08月23日(水)20:10 

 嵐の松本潤が23日、都内で実施された主演映画『ナラタージュ』のレッドカーペット&完成披露試写会に、共演の有村架純、行定勲監督ととも出席。今月30日に34歳の誕生日を迎える松本は、タイトルと名前をかけた“ナラタージュンケーキ”で祝福されると、「まさか、タイトルと僕の名前でギャグができるなんて」と笑顔をみせた。【関連】映画『ナラタージュ』完成披露フォトギャラリー 「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生による小説を映像化した本作は、高校教師と生徒として出会った葉山(松本)と泉(有村)が、時を経て再会した後に、究極の恋に落ちる姿を描く。 松本はオファーを受けた時のことを、「以前一度、プライベートで(行定監督に)お会いしたことがあって、その時に『いつか面白い作品があった時にやれたらいいね』って言ってくださったのを、その時に思い出して、本当に声をかけてくださったんだなと思って、すごくうれしかったのを覚えています」と述懐。 ほとんどを富山で行ったという撮影については「画のオリジナリティというか、すごく独特な世界観が広がっていると思いますし、僕らが撮影させてもらった場所じゃないと成立しない画っていうんですかね...状況がすごくたくさんあると思うので。特にラストシーンとか」とコメント。また、「印象的なシーンは雨が降っているところが本当に多いので、撮影も大変ではあったんですけど、逆に行定組が...more
カテゴリー:

松本潤の役作りに行定監督「今日と明らかに違う」 - 08月23日(水)21:09 

 嵐・松本潤(33)が23日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画「ナラタージュ」(行定勲監督、10月7日公開)完成披露試写会で、行定勲監督(49)から「嵐の松潤がいるよ…と思い、声をかけづらかった」と言われ、「嵐ですけ…
カテゴリー:

松潤、サプライズ誕生日の仕掛けに苦笑「まさかギャグができるなんて」 - 08月23日(水)20:35 

 2006年に「この恋愛小説がすごい!」第1位に選ばれた島本理生氏の小説を、「嵐」の松本潤、女優の有村架純主演で映画化した行定勲監督の最新作「ナラタージュ」の完成披露試写会が8月23日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。 ・【フォトギャラリー】有村架純、その他の写真はこちら  劇場前の階段に敷かれたレッドカーペットを、有村の手を取ってエスコートして歩いた松本。4年ぶりの主演映画だが、撮影は昨年夏に行われており「ようやく皆さんに見ていただけるので、ワクワクしています」と期待をにじませた。  高校の教師と生徒として出会った2人が、数年後に再会し許されぬ恋に落ちていく物語。「1シーン1シーン丁寧に、心血を注いだ作品。とても素敵で、とても苦しくて、とても濃密なラブストーリーができ上がった。長く愛される作品になればいい」と自信ありげだ。  有村も、「(撮影)当時は23歳で、大人の恋愛を演じられたことは一生忘れられない出来事でした。今日、この場にいられることをとても誇りに思う」と感慨深げ。「愛する形はそれぞれあると思いますが、共感できる、できないではなく、見終わった後に大切な人を思い出してくれたらとてもうれしい」としみじみ話した。  行定監督は、10年来の構想を実現させただけに「ずっと思い続け、待ったからこそこの2人に出会えた。リスクの高い部分もあったが、一緒に作ることを...more
カテゴリー:

有村架純、シックな肩出しドレスで登場! 大人の恋愛挑戦「一生忘れない」 - 08月23日(水)20:23 

女優の有村架純が23日、都内で行われた映画『ナラタージュ』(10月7日公開)の完成披露試写会舞台挨拶に、松本潤(嵐)、行定勲監督とともに登場した。
カテゴリー:

松本潤「うれしい」一足早い誕生日ケーキに照れ - 08月23日(水)20:12 

 嵐の松本潤(33)が23日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画「ナラタージュ」(行定勲監督、10月7日公開)完成披露試写会で、30日の誕生日を前に一足早いバースデーケーキをプレゼントされ、照れた。  ケーキの上には、…
カテゴリー:

やっぱケチりすぎた!自分でも反省…「結婚式の失敗談」あるある - 08月23日(水)20:00 

結婚式……それは人生最良のひとときでありながら、失敗や後悔など残念エピソードも起こりがちなセレモニー。 そこで自分の結婚式はこれから……という人たちのために、女性たちが経験し、そして目にしてきた様々な“結婚式失敗談”について『BizLady』が調査してみました。   自分の結婚式の失敗エピソード……“ドレス選び”の後悔、多し! 今回は、約300名の女性たちに「自分の結婚式の失敗談や参列した際の驚きエピソードは?」と質問。すると数々の経験談が飛び出しました。 まずは、“自分の結婚式の失敗談”について。多かったのは、やはりこんなこと。 「ドレス選びを妥協してしまった」(49歳・主婦) 「もっと可愛いデザインのドレスを選べばよかった」(42歳・主婦) 中には、「着てみたいと思ったドレスはぜんぶ予約済みで、仕方なく限られた中から選んだ。できることならもう1回やり直したい」(33歳・主婦)という人も。 花嫁が最もこだわりたいもののひとつ、ドレスにまつわることなだけに、後悔している人は多いようです。 他にも、様々な後悔や失敗談が寄せられました。 「花嫁なのにお酒を飲み過ぎてしまった」(49歳・主婦) 「招待客との写真ばかりで、家族だけの写真を撮っていなかった」(30歳・宣伝、広報) 「感謝の手紙でちょっと変なこと言ったかなあと、たまに後悔している」(33歳・デザイン関係) 「一点の曇...more
カテゴリー:

もっと見る

「嵐」の画像

もっと見る

「嵐」の動画

Wikipedia

(あらし)は、自然現象・気象のひとつである。強いを伴う暴風のことを指す。なお、正式な気象学の用語ではない。

概要

日本では台風および東日本東方沖(北海道沖・三陸沖)・日本海などで発達する温帯低気圧などによる暴風雨(天気予報では「風が強く」または「非常に強く」として発表)を指す。地震や津波のような気象学的要因以外の自然災害には用いない。晩秋から春先にかけては、日本付近で急発達する温帯低気圧によってもたらされる場合が多く、季節によって「春の嵐」・「秋の嵐」・「冬の嵐」などと呼んでいる。嵐に伴う季節特有の付随現象として、冬における降雪、夏における雷がある。

比喩的に、何らかの事件や騒ぎ、また、感情が激しく揺れ動くことについても言う。なお、文学表現にある「嵐の前の静けさ」は、気象学的には正しくない。実際の嵐は、襲来する前に辺りが一時静まり返るということはなく、曇天・遠雷・微風・小雨等の予兆があり徐々に風雨が強くなっていくのが一般的である。

関連項目

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる