「島崎和歌子」とは?

関連ニュース

指原莉乃、AKB選抜総選挙が近づくと増えるモノとは? - 06月23日(金)09:31 

6月20日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』が放送された。 同番組は、タレント・指原莉乃とお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務め、番組スタッフが街頭やオーディションで見つけ出した、普通の男性とは異なる「サイテー男」たち10名を集めて、“サイテーな恋愛事情”を聞き出し、悪い男の人に引っかからないよう学んでいく女性のための恋の教科書番組。 最初のトークテーマ「俺が出会ったサイテー女」では、指原がブラックマヨネーズの2人に「今までサイテー女に出会ったとかありますか?」と尋ねると、吉田が「大阪でコンパして、ホテルの部屋に来てくれて、俺が先にシャワー浴びてる時に“パタン”ってドアの閉まる音がして……案の定、財布からお金が盗られていた」と衝撃事件を告白。 続けて「追いかけたかったけど、靴も持って行かれた」と話し、小杉は思わず「サイテー賢い女やな」とコメント。 また指原も「タレントさんでそういうの引っかかる人いるんですね」と辛辣なコメントをすると、吉田は「2回くらいある」と苦笑いしていた。 サイテー男の一人であるベーシスト・ITARUが「よく行くお店の女将さんが酔うと噛み癖がある人で、ある日深く飲んだ次の日に高熱が出ていて、風邪でもないしおかしいなってなって…何か大型の動物に噛まれましたか? と...more
カテゴリー:

【芸能】北野武、松方さん悼む「ちょっと早い」 “豪快エピソード”も明かす - 06月06日(火)20:39 

 1月21日に脳リンパ腫のため74歳で死去した俳優の松方弘樹さん(まつかた・ひろき、本名目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)を偲ぶ会が6日、都内ホテルで営まれた。  偲ぶ会の発起人の一人である北野武(70)は「病状は聞いていたけど、ちょっと早いね…。マグロ釣って酒飲んで笑っている姿を、もう1、2年は見せてほしかった。こちらの贅沢かもしれないけど」と故人を悼んだ。  北野は、「京都の家にも招いてもらって。いいことばかりだった」といい、松方さんの豪快なエピソードを披露。「お酒でつぶれたことがない。松方さん...
»続きを読む
カテゴリー:

四季折々の異なる顔とおもてなし 島崎和歌子が語る「高知県の魅力」とは - 06月16日(金)20:00 

©sirabee.com「高知県は、ひとつの大家族やき」を合言葉に、5年目を迎えた『高知家』プロモーション。2017年、その新しい顔としてプロモーションビデオやポスターに起用されたのが、高知県出身のタレント、島崎和歌子さんだ。島崎さんといえば、快活な人柄で芸能界の交遊も広く、MCとしても仕切り上手な、まさに「はちきん女子」の代表格。また、高知県人らしい「お酒好き」としても知られている。今年度のコンセプトは「高知家は、いろんな家族で大家族。」。そこで、高知家の撮影現場で、ご本人に意気込みを聞いた。■『高知家の唄』がご縁で島崎:以前、同じく高知県(四万十市)出身の岡本真夜さんが作曲して、私が歌った『高知家の唄』プロジェクトがあったのもご縁で、県のほうからお声がけいただきました。私も、歌手でデビューしてますし、この曲は今でもカラオケに入っていて、地元では結構みんな歌ってくれてるんですよ。さておき、「より多くの人に高知県の魅力を知っていただく」って、すごい役目。おかげさまで芸能界の中では「島崎といえば高知」って知ってもらえていますが、そこから実際にお客さんに来てもらわないといけないですから、少しでも力になれれば、と思っています。■東京で輝く高知の魅力©sirabee.com1989年にアイドルとしてデビューした島崎さん。東京暮らしも長いが、だからこそ感じる故郷の魅力もあ...more
カテゴリー:

「島崎和歌子」の画像

もっと見る

「島崎和歌子」の動画

Wikipedia

島崎 和歌子(しまざき わかこ、1973年3月2日 - )は、日本タレント、女優、司会者、歌手である。高知県南国市出身。血液型O型。所属芸能事務所は、ゴールデンミュージックプロモーション愛称は、「和歌ちゃん」「ワッコさん」「和歌子本名は「しまき わかこ」と読む。明治大学付属中野高校定時制中退。

略歴

1973年、高知県南国市で生まれた。名前は父親が酒井和歌子にちなんで名付けた。生家は裏が山で、窓を開ければカブトムシが侵入し、知人宅を訪ねれば道中にイノシシが出没するという自然豊かな環境にあった。幼い頃は極めて人見知りが強く、来客があると泣き出す子供だったという。幼稚園では同じ園に通う...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる